excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:飛蚊症 ( 97 ) タグの人気記事

視界の端のモヤモヤ


4月に、白い壁に囲まれた部屋で、左目の目尻側の視界に縞模様のようなゼブラ柄のようなものがモヤモヤ見えることに気付きました。 その部分の視野が欠けていると言う感じはありません。 普通に生活している時には気になりませんが、見ようとすればいつでも見えます。 薄暗い部屋では光のようにも見えます。 白い壁などをぼーっと見つめるとはっきり見えます。 目をつぶっても外が明るければ見えます。 逆に真っ暗闇だと目を開けててもつぶっても見えないです。

眼科受診し、眼底検査や眼圧検査等行いましたが異常ありませんでした。 ただ見ようとすれば常に見えるしとても不安でこの事ばかり考えてしまいます。 眼科では何も言われなかったが脳に何か異常があるのでは?と怖いです… 気にしないようにするしかないのでしょうか?


別の眼科で診てもらった方が良いと思います。料金を払って説明を求めているのに、「異常ありません」だけで済ます眼科は駄目です。異常がないのに症状が起こっている原因の説明が抜け落ちています。

「異常ありません」という言葉が意味するのは「私に能力がないために異常を見つけることが出来ませんでした」または「あなたが、異常がないのに症状があるという錯覚をしている、または嘘をついている」という事です。別の眼科医が別の方法で見つけることが出来るかもしれません。

文面だけからは、真っ暗闇では見えないことを重視すると、硝子体混濁による飛蚊症で、特に心配ないように思います。しかし、網膜の端の方に僅かな剥離があった場合に、そのように表現できるような症状が起こっても不思議ではありません。念のために、ちゃんと説明してくれる眼科を受診した方が良いでしょう。また、異常なしと言われた場合に、「異常がないなら、どうして症状が出るのか教えてください」と言うことを忘れないように、心の準備をして受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-07-13 14:59 | 何かが見える

視界の中心に向かってモヤモヤ


昼間外にいる時や白い壁など特に明るいとこで視界の中心に向かってモヤモヤする煙のような渦のようなものが見えてとてもストレスです。眼科で診てもらったところ飛蚊症とのことだったのですが、両目同じ場所、同じ形で見えます。この症状はなんなのか気になってしまいます。返答を宜しくお願いします。


飛蚊症の一種でしょう。眼球内部に充満している硝子体は、外見は卵の白身ですが、中身は透明な線維の集まったものです。目の動きから一瞬遅れてウニョーっと動きます。その動きが明るいところで見えるのでしょうね。液体ではありませんので、いつも同じ形に見えるのでしょう。ストレスになるようなものではありません。気にしないことです。

Q2
お忙しい中、ご返答ありがとうございます。 さらにお聞きしたいのですが両目同時に両目とも同じ形に見えるのですがそれも飛蚊症の症状ですか? 中心部からモヤモヤして見え灰色のような透明のような色です。

A2
そうでしょうね。両目に同じように見えるという事から、元々眼内に存在するものの動きが見えているのでしょう。黄斑部近辺に硝子体混濁の多い方もありますので、それかもしれません。硝子体ポケット(調べてくださいね)の中の混濁かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-06-23 16:45 | 何かが見える

原因不明の光視症?


3ヶ月前から下記の症状に悩まされています。いずれも左目です。

症状1  暗い状態から急に明るくなると視野の一部に光が浮かび上がります。具体的には、目を閉じて、しばらくして開くと視野の右端にひとつ、中央からやや左上にひとつぼんやりとした光が一瞬浮かび上がり消えていきます。位置は動きません。また、手で目を覆って手を退ける、暗い部屋で明かりをつけるといった行為でも同様に光が浮かび上がります。普段のまばたきでは確認できません。大きさは、2m先にあるとすると右端のものが約20cm、左上のものが約6cmで、いずれも円形です。

症状2 視野の一部に見えづらい(欠けている?)部分があります。位置は視野中央からやや左上で、大きさは、2m先にあるとすると6cm程度の円形です。位置は動きません。症状1の左上に見える光の位置と同じ位置のように感じます。普段は気にならないのですが、白黒の縞模様やテレビの枠など濃淡差がある所に当該部分が重なると影のようなものに遮られ、はっきり見えません。当該部分の背景が薄い色だと黒っぽい影、濃い色だと白っぽく見えます。無地の壁や青空を見ても影のようなものは確認できません。

上記の症状に気づいて眼科を受診したところ、眼底検査、眼圧検査、視野検査(ハンフリー)は異常なし。OCTでは左目の上の方に赤い部分があるが、今回の症状の位置とは異なるし、視野検査でも異常は出ていないから問題ないとのことで、生理的な光視症・飛蚊症の一種という診断結果でした。今のところ症状に変化はないですが、今まで経験した飛蚊症、光視症とは症状が違いますし、このまま放置していていいものか不安です。

そこで質問なのですが
1.生理的飛蚊症・光視症で上記のような症状が出ることはありますか? 他に考えられる病気はないでしょうか。
2.視野検査とOCTで異常がないということは視野の欠損の心配はないと考えていいでしょうか。欠損部分が小さいと検知できない、見落としやすいという事はありますか?
3.頭痛や目眩、吐き気といった症状はありませんが、脳の検査は必要ですか?


1.なんなんでしょうねえ。原因は分からないけれども異常ではないという印象です。症状1は原因不明の光視症。何が原因で、どういうことが起こっているのか文面だけでは分かりません。症状2は生理的飛蚊症の一種と言えると思います。硝子体の一部に濁りがあるのでしょう。よくある症状だと思います。

2.視野欠損部分が小さいと当然検出できません。検査方法を変えると検出できるかもしれません。また、OCTで異常なしと言っても、網膜全域を解析しているはずも無く、「解析した部分だけ」「それを見た医師の見立てでは異常なし」だという事は理解しておいてください。また、視野にしてもOCTにしても、同じ検査結果を見ても医師によって違う結論が出ることはよくあることです。

3.要らないと思います。脳ではなくて目の症状です。

診察を受けて説明を聞いて、その後変化も無いのに心配なのですね。遠慮なくまた再診すればいいと思います。料金を払うのだから堂々と再診して、説明を要求してください。特に症状1は、その目を診察した医師にしか原因は推測できないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-06-23 15:57 | 何かが見える

目の端の残像


3月ぐらいから、目を動かすたび、両目の端あたりで黒あるいはやや紫のような残像が見えます。形はよくわかりません。

はじめは光視症を疑いました。両目に見えたため、もしや中枢性光視症では無いかとも思いました。しかし、真っ暗な場所で目を動かしてもピカピカとは光りません。また症状も特に変化はありません。また、残像の色から白い壁を見て目を動かしている時の方が目立ちます。

飛蚊症は昔からあります。しかしここ最近急に増えたというわけでもありません。今回の症状は飛蚊症とは違う感じです。あまり以前は気にしていませんでしたが、最近やはり何の症状なのかは知りたいところであります。


目を上下左右に動かすと、視野の端の方は、白い壁が見えたり、瞼の皮膚に遮られて暗い状態になったりし、その部分に残像が現れます。瞼を背景に壁の残像が、或いは壁を背景に瞼の残像が見えるという理屈です。普通は誰もそんなことは感じないのですが、一度気にしてしまうと見え続けるのではないでしょうか。

飛蚊症とは違う感じという事ですが、飛蚊症にも色々あり、そのように表現されてもおかしくないような物もあります。その中には網膜剥離が原因の物もあるかもしれません。一度眼科で精密検査を受けてみた方が安心でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-05-18 11:44 | 何かが見える

白内障の症状かも


先日白い影が見えることで相談したものです。白い影は日当たりのいい所でのみあって、細眼をするとよく見えます。影自体は動きませんが、その影の中でも糸くずのようなものは見えています。

飛蚊症自体は、中学生くらいの頃からあり、眼科では特になにも言われませんでした。 また定期受診しておいたほうがいいでしょうか?


動かない影が状況によって見えるのなら、もしかしたら白内障の症状かもしれません。水晶体の濁り方によっては起こりうることです。定期受診が必要かどうかは、実際に眼科受診して相談してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-04-04 12:05 | 何かが見える

目がいいんですね


飛蚊症と光視症があるのですが、 夜家の白い壁を見ると、黒い物が動くように見えます。 昼間の明るい時は当然見えるのですが、 夜の室内で電気を付けた状態でした。 明かりは全灯より少し暗めでした。

気のせいかと思い何度か白い壁を見るとやはり、見える時があります。 テレビの画面でも1回だけ見えましたが見間違いかなと思ったり。 室内の白い壁やテレビの画面で見えた黒い点の症状についての質問です。 よろしくお願いします。


昼間明るいときに見えるものが、夜、白い壁やテレビの画面などの周囲より明るいものを背景にして見えるという事でしたら、心配に及びません。他人より少し目が良いという事ではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-04-03 15:00 | 何かが見える

飛蚊症ではないでしょうか


はじめまして。数年ほど前からなのですが、目を動かすと何ヶ所か、光が当たる向きにもよりますが、その時に白い影が見える時があり、気になっています。形は丸が多いです、よろしくお願いします。

軽度ですが白内障があり、眼科にも2年前まで通っておりました


大きさとか動きとかが分からないので断言は出来ませんが、目の中に詰まっている(卵の白身状の)物質、硝子体の中の濁りの影が、光の加減で見えているのでしょう。背景が暗い色だと白っぽく見えるのでしょう。このような症状を飛蚊症といいます。白内障の濁りとは無関係です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-03-28 15:56 | 何かが見える

風呂で光の点


自宅てお風呂に入っていて目を閉じてしばらくすると、左目に光の点がでて目を開けてもしばらく見えます。移動もします。

自分としては部屋内の光の反射での残像かな?と思ってたのですが、気にしだすと頻繁になるし、左目に多いので左目の網膜でも弱い所があるのかな?とか心配になってしまっています。もともと、飛蚊症、光視症があります。一週間前に眼科で眼底検査はうけており、異常はありませんでした。先生にも聞いてみたのですが、うまく伝わらず何だかわからないと言われました。

自分でも気にしすぎかな?と思ってはいるとですが。眼底検査で異常なしなら、心配いらないでしょうか?


光の粒がひとつ」とか「銀の粒々」ではないでしょうか。

入浴で血流が良くなって、どういう訳か詳しくは分かりませんが、見えるのでしょうね。見えるのが光で、しかも移動するという事ですので、光の残像ではありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-11-29 16:35 | 何かが見える

飛蚊症と光視症


飛蚊症と時々光が点滅する光視症があり眼科で眼底検査は定期的にしていて、生理的なものと診断をうけておりますが、色々見えるとどうしても神経質になってしまいます。先日目が痒く軽くかいたら光りが見えました。目を押さえた事で光が見えたのでしょうか?あとは目を強めに瞑ったときにも光が見える感じがします。これは光視症なのでしょうか?気になると気になってしまって。

あと1つ質問よろしいでしょうか?飛蚊症の見え方なのですが、普段はアメーバや糸くずが固まったような半透明なものが多量見えていてこれは慣れてきたのですが、1日のうちに数回小さな黒い点が紛れて出現します。この黒い点が気になって仕方ないのです。しばらくすると消えたりするのですがこれも飛蚊症なのでしょうか?こういう訴えの患者さんもいらっしゃいますか?度々の質問申し訳ありませんがお時間ある時でも回答頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。


「光視症」「飛蚊症」は病名ではありません。症状名です。その症状を起こす原因は様々で、安心なものもあれば心配なものもあります。

光っているわけでは無いのに光が見えるのが光視症です。ですから、その症状は光視症です。その光視症の原因ですが、目を動かしたり、目に対して外部から圧力を加えることで目の中の硝子体が動き、その時、眼球周辺部の網膜と硝子体の接着部分で、硝子体が網膜を内側から引っ張ることで、網膜の視細胞が刺激されて信号を脳に送るためだと想像できます。

接着部分はそのうちきれいに剥がれ、光視症も収まります。しかし、どうしても接着が剥がれない場合は、接着部分ごと網膜をひき剥がし、網膜に穴が開くことがあります。網膜円孔、あるいは網膜裂孔といい、網膜剥離の原因になります。光視症があるうちは、網膜に穴が開く心配があるという事です。ですから、見えるうちは定期検査が必要です。

黒い点ですが、他の飛蚊症と同様に動いているのなら、硝子体の中の濁りに起因する飛蚊症です。動かないなら強い光、例えば太陽光が何かに反射したものの残像ではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-11-13 12:07 | 何かが見える

今更知っても仕方ないこと


度々申し訳ないです。先日、飛蚊症のことで相談した者です。今更ですが、疑問に思っていることがあるので質問させて下さい。

1.昨年の秋に白内障を自覚してから間もなく飛蚊症の症状が出ました。白内障術後に飛蚊症を認識し易くなるのは分かりますが、白内障を患っている時に、濁りのある状態で何故、飛蚊症の症状が出たのか分かりません。白内障を自覚するまでは全く飛蚊症が気になりませんでした。白内障で急に眼が霞んでから心配で心配で仕方が無かったのですが、意識が眼にばかり集中してしまったせいでしょうか?主治医にきいても、そういうこと(白内障を自覚して飛蚊症も気になる)は聞いたことがない、の一言でした。今更知っても仕方ないことですが。

2.かれこれ飛蚊症の症状を認識してから一年くらい経ちます。白内障手術後に飛蚊症の症状が出ても3、4ヶ月位で気にならなくなるとききました。私は一向に変化なしです。こんなに長く変化がなくても、気にしなければ気にならなくなるのでしょうか?先生の仰る通り、悪い病気の前触れのような気がしています。白内障で急に視界が霞んだことが物凄くショックだったので、トラウマになっています。


1.偶然にその時期に後部硝子体剥離が起こったのだと思います。後部硝子体剥離で起こる飛蚊症は、生理的飛蚊症より強烈ですので、白内障で霞んだ視界でも飛蚊症が出現したのでしょう。但し「そういうこと(白内障を自覚して飛蚊症も気になる)は聞いたことがない」は聞き間違いではないでしょうか。当院では時々耳にしますよ。「白内障が起こって、それが原因で飛蚊症が起こるという事を聞いたことが無い」ではないでしょうか。取るに足らない些細な症状なので一言で済まされたんだと思います。

高齢になって白内障になることと、高齢になって飛蚊症が起こることが重なって、何の不思議があるでしょうか。「心配で心配で仕方が無かった」「意識が眼にばかり集中してしまった」ような状況なら、僅かな変化でも気になるのでしょう。「今更知っても仕方ないこと」と分かっているじゃないですか。その通りだと思います。済んだことはどうでもいいじゃないですか。

2.それ自身は消滅しませんので、気にならなくなるかどうかはあなた次第です。「悪い病気の前触れのような気が」するのなら、繰り返し再診し繰り返し検査してもらうしかないでしょう。ここでいくら「飛蚊症は誰にでもあります」「飛蚊症があってもいいじゃないですか」と言ったところで聞く耳を持たないんじゃありませんか。あるいは眼科以外の診療科、特に心の問題を診てくれる科を受診するのも良いかもしれませんね。

「左眼に一つ、右眼に三つ、視線を動かすとフワーッと付いてきて暫くすると消え」るという程度の軽い飛蚊症でも、悩んでいる人は多いことでしょう。しかし、眼科で異常なしと診断されて、それでもなお悩んで不安がってる人なんて滅多に無いですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-10-14 13:19 | 何かが見える