excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:飛蚊症 ( 105 ) タグの人気記事

片目に見える不思議なもの


朝起きたら、右目の上の左端に黒光したような丸いモノ、感覚的に1センチくらいのが光っていました。一番近いイメージは残像が消えずに見えている感じです。網の目のように見えました。いつもの光視症と違い何度も瞬きしたのですが中々消えず、怖くなってすぐに眼科に向かいました。

その間、30分くらい経って、徐々に薄くはなっていったのですが、それ以降瞬きする度にその光のような黒い影がチラつきます。太陽光の明るいところではあまり気にならないのですが、室内灯に入ると瞬きする度に気になります。薄暗い場所では、黒い丸のように見えるときもあります。また、目を閉じると白っぽく見えたりします。朝起きたとき、しばらく昼寝などでまぶたを長時間閉じていて開いた時が一番はっきりと見えます。以前から光視症はあるのですが、長くても1、2分で消えてしまい、こんなに常に見えていることはありませんでした。また、閃輝暗点もなったことはあるのですが、別物のようです。

2つの眼科へ受診しましたが、角膜や網膜に異常はないから様子を見てくださいとしかいわれません。脳外科でMRIも撮りましたが異常はありませんでした。徐々に薄くなっていっているような感じもするのですが、朝起きる度にまだ見えると不安で仕方ありません。元に戻らなかったら?という不安もありますし、再発したら?という恐怖もあります。また、異常がないのに確かに見えている原因不明の状況が怖いです。

治療の必要やコンタクトレンズの使用は大丈夫でしょうか。二箇所の医院では問題ないと言われました。ブログを拝見し、先生でしたら原因の可能性など教えていただけるのではないかと思い、失礼ながらメールさせていただきました。


眼科二軒の判定は次の3つのうちのどれかです。
1.気のせいです。
2.嘘をついていますね。
3.ごめんなさい。原因を見つけることが出来ません。
脳外科での判定は、
4.脳外科的には異常なし。
ですので、1でも2でもなく4が正しいとすれば3という結論になります。

ではなぜ原因がわからないのでしょう。眼科医の能力不足以外には、情報の伝達が出来ていない事が考えられます。このメールに書かれている程度の訴えで受診したとしたら、実際にざっと診察して異常なしならそのような答になっても仕方ないです。

「右目の上の左端」とは何処でしょう。視野中心から何度ぐらい離れていますか。具体的な位置が分かればピンポイントで検査できます。
「1センチ」とはどれくらいの大きさでしょう。満月より大きいでしょうか。(距離無関係で見える大きさを比較する基準は満月しかありません)
「黒光した網の目のような丸いモノ」ですか。申し訳ないですが不思議過ぎて想像できません。

それはいつも完全に同じ場所に見えますか。微動だにしませんか。微動だにしないのであれば、網膜に異変が起こっているのかもしれません。OCTで、出現する部位に対応した網膜のスキャンが出来ればいいのですが。漿液性網膜剥離とか網膜色素上皮剥離が起こっている可能性も否定できません。網膜分離症かもしれませんし特発性脈絡膜新生血管かもしれません。列挙すると切りがありませんね。可能性だけなら幾らでもあります。

僅かでも移動するとしたら、硝子体中のものかもしれませんが、硝子体中の物が黒光りするとも思えませんし、黒光りするものが徐々に薄くなるのも想像しにくいです。

申し訳ありませんが、何度も再診して調べてもらう以外無いような気がします。コンタクトは無関係ですのでご自由に。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-08-18 15:24 | 何かが見える

飛蚊症?光視症?


光視症が気になり、眼科で散瞳ありの眼底検査を受け、特に問題はないが光が見えているので、9月の定期検査で眼底検査をまたしましょうと言われています。以下二点ご相談させてください。

【質問1】今朝起き抜けに白い壁に向かって、右眼は開いたままで、左眼のみ2、3秒目を瞑り、開けた瞬間、視野の下あたりに光が見えて、瞬きすると消えました。ビックリして何回か試してみたら光が見える時もあれば、黒い影が見えることもありました。光も影も同じ場所に現れる気がします。いずれも数秒の出来事で、瞬きすると消えます。 同じことを右眼でも試してみましたが、同じ症状は現れませんでした。気になって何回も試してみましたが、時々見えるかな?という感じでだんだん症状は出なくなりました。これは一体何だったのでしょうか?飛蚊症や光視症の類なのでしょうか?

【質問2】瞬きすると一瞬黒い影が見えます。両眼ともです。意識しないとわかりません。また昔から見えていたと思います。薄暗い部屋で瞬きすると一瞬光ったこともあります。先生のブログの「瞬きした瞬間に見える」と同じような現象なのでしょうか?


ご質問が大雑把すぎてよくわかりません。情報量が少なすぎます。ご心配なら9月を待たず早急に受診してください。

1.はい。何度も書いていますように、そういう症状ですから飛蚊症や光視症の類です。しかし、診ていませんのでそれが安全なものかどうか不明です。左目の網膜に穴が開きそうな部分があるのかもしれません。

2.黒い影の位置、大きさ、形、数、継続時間等が分からなければ想像すらできません。「瞬きした瞬間に見える」と同じような現象かも知れませんし、「一瞬光ったことも」あるということですので、1と同じかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-06-13 15:31 | 何かが見える

片目に睫毛のような影


左目だけ見えるのですが、瞬きすると目の中心よりやや下側にまつげのような影が見えます。新聞などの文字をおって読んだりするとよく見えます。飛蚊症のような浮かんで見えるという感じではなく、いつも同じ所にあるようです。

最初は、髪の毛だと思っていましたが、目の中で見えるのです。光ったりはしません。これは何が見えているのでしょうか? 見えはじめて一週間ですが、薄くなる様子もなく、治るのか心配しています。

寸分の狂いも無く同じ場所に見えるのなら、網膜に異常が起こっていると考えて間違いないと思います。ほんの僅かでも動くのであれば、網膜より手前、硝子体中の濁りによるものでしょう。

OCTで調べたら診断がつくと思いますので眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-05-17 15:05 | 何かが見える

網膜に穴


10日前くらいに、目の前に小さな虫が前後左右に動くようになりました。

20歳代から飛蚊症はありましたが、今回は目の前の視界を塞ぐようになり、慌てて近くの眼科に行き、眼底検査をしました。視野や眼圧は問題ありませんでしたが、今回飛蚊症を感じた右目に穴が開いていると言われました。左も二ヶ所、右ほどではないが穴があるそうです。 大きな変化があればすぐに来て、そうでなければ1ヶ月後にまた瞳孔を開いて検査しましょうということになりました。

しかし、落ち着いて考えてみると、穴から網膜剥離に移行していくのではないかと心配になりました。今すぐ、レーザーをした方がいいのではないでしょうか?

なぜ、1ヶ月様子を見るのか、眼科医の思いが分からず、藁にもすがる思いでこちらのサイトでご質問させていただきました。

レーザー治療に眼科医の腕により差は出るのか、その後、後遺症はないのかとても心配です。 レーザー治療すれば、飛蚊症は無くなるのかも気になるところです。 お忙しいところすみませんが、考えるほど心配になり、お早目のご回答いただきたくお願い申し上げます。

今回の症状は、後部硝子体剥離が起こると同時に、硝子体膜に癒着していた網膜が剥がれ、網膜円孔を作ったものだと想像します。

小さな網膜円孔の場合、円孔の縁の網膜が剥離しておらず、かつ、その部分で硝子体膜が網膜を引っ張っていなければ、網膜円孔が網膜剥離に進行することは殆ど考えられません。その眼科では、こう判断して1か月の経過観察にしたのではないでしょうか。ただし、その判断が正しいかどうかは当方には分かりません。

レーザー治療というのは、網膜円孔の周囲の網膜をレーザー光線で焼き固めて、いわゆるスポット溶接のような事をして、穴が開いたままでも網膜が剥離しないようにするものです。当然、術者による差はありますし、後遺症は無いにしても、レーザーの効果が無かったというような事もありうる事です。また、必要のないレーザー治療と考えられる状態も目にすることがあり、眼科医によって考え方が違うのだなと憂慮することもあります。

なお、レーザー治療をしても、飛蚊症は決して無くなりません。網膜を焼き固めても、硝子体の濁りは取れませんので。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-03-07 15:09 | 網膜・脈絡膜

瞬間的飛蚊症


瞬きをして眼を開いた瞬間と、視線を急速に移動した時に右目の視野中央のやや左に、一瞬小さい影のような?ノイズのような?ものが見えます.そして瞬間的に消えます.場所は常に同じで、変わりません. 特に、暗い空間で、明るいところを見ているときに、顕著です.

片目・中央付近・影・残像」と似たような症状ではないかと思い、都内の有名な眼科の大きな病院に行きました. 散瞳して眼底検査したところ、なにも病的なものはありませんでした.一人はベテランの院長、もう一人は若手の先生の計2人に一週間空けてみてもらいましたが、同じ結果でした.そして一瞬見える影は飛蚊症の一つであると言われました.

飛蚊症というのは、ゆらゆらと揺れているものだとおもっていたので、驚きましたが、このような飛蚊症もあるのでしょうか?もし飛蚊症なら、どうして場所が変わらず、ゆらゆらと揺れていないのでしょうか? それとも上記の記事に、「片目だけとすれば、黄斑変性や網膜色素上皮剥離、脈絡膜新生血管なども視野に入れて検査をする必要がありそうです。」と書いてあるように、精密眼底検査をしても異常が見られないなら、OCTをするべきでしょうか?


一瞬の瞬きで見えるでしょうか。それでは見えなくて、しばらく目を閉じた後に開けた瞬間に見えるのでしょうか。前者なら飛蚊症の可能性は小さく、後者なら可能性大です。いわゆる飛蚊症は、硝子体中の濁り等が網膜に対して動いた場合に認識されます。ある1点を見つめた状態で一瞬の瞬きをした場合は、眼球が動きませんので硝子体の位置も変わらず、一瞬だけ見えるような飛蚊症は発生しないのです。目を閉じていると眼球は上転していることが多く、開けた瞬間に正面視になり、硝子体は大きく動きます。

本当に右目の視野中央の左でしょうか。それは勘違いで、実は右目の視野中央から15度ほど右ではないでしょうか。前者なら飛蚊症の可能性は小さく、後者なら可能性大です。右目の右15度付近、左目の左15度付近には盲点というものがあり、視神経乳頭の部分に視細胞がないことで、何も見えない部分になっているのです。実はその部分の直上の硝子体中に、胎生期の血管の跡形などの濁りがあるのです。それが眼球の動きで一瞬顔をのぞかせ、一瞬の飛蚊症となってもおかしくありません。

上の2つが共に飛蚊症の可能性小ならば、黄斑変性や網膜色素上皮剥離、脈絡膜新生血管なども視野に入れて検査をする必要がありそうですね。更に、網膜前膜、硝子体黄斑牽引症候群なども心配です。普通はそこまで考えてOCTをやると思いますが、本当に受けていないのでしょうか。症状を聞いて眼底を見ただけで、OCTは不要だと判断できるほど完璧に症状の原因がわかったのでしょうか。不思議ですが、診察をしていない当方には、これ以上のことは言えません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-11-12 17:34 | 何かが見える

加齢黄斑変性のチェックシートで歪み


加齢黄斑変性のチェックシートで右目に歪み(中心部ではない)があったため、眼科で相談し、OCTや画像診断をしてもらったのですが、黄斑には異常がなく、様子見ということになりました。

2軒の眼科に見てもらったのですが気持ち悪く気になって仕方ありません。飛蚊症を目で追ってしまう癖で、視神経が疲れてしまったのでしょうか?

「飛蚊症を目で追っていると失明する」というような迷信を信じている人もあるようですね。そういう事をしても何も起こりません。好きなだけやって構いません。但し、目が痛くなるぐらい極限まで横を見るようなことを繰り返すと、視神経の根元が影響を受け、緑内障の原因になるかもしれません。

2軒の眼科で異常なしなら、きっと大丈夫ですよ。もちろん、2軒とも何かを見落としているという可能性も否定は出来ませんので、3軒目に行ってみるという選択肢もあるでしょう。でもそれじゃあ切りが無いですので。どこかで妥協しましょうよ。

加齢黄斑変性のチェックシート(アムスラーチャートですね)を見た時に、毎回100%全く同じように同じ場所が歪むのなら、確かに何かあるのでしょう。眼科でこのことを強く訴えましょう。しかしもし、場所や大きさや形が変わる事があるのなら、硝子体中の濁りの影響と考えられます。つまり飛蚊症の一種という事ですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-09-19 15:17 | 何かが見える

カラフルな小さい粒


幼い頃から飛蚊症なのですが、中学生頃から空にカラフルな小さい粒が飛び回ったり血流のようなもやもやした感じが見えるようになり、それが白い壁やノートでも目立つようになってきました。それに加え、電灯の色がワントーン暗くなっているようなきがします。

高校生になり眼底検査や光を感じる細胞の検査、脳のMRIを撮るなど詳しく調べましたが異常はありませんでした。心理的なものが原因なのでしょうか。またそのような場合気にしないしか方法はないのでしょうか。


誰の目の中にも必ず濁りがありますので、そういう症状は多かれ少なかれ誰にでもあります。ところが殆どの人は気にも留めません。症状があるのは現実ですが、それが気になるのは心理的なものです。そういうものだと悟って、気にしないようにしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-09-01 13:32 | 何かが見える

視界がチカチカ


以前から明るい部屋や薄暗い部屋、真っ暗な部屋で、古い蛍光灯が光るように視界がチカチカすることがあります。 この前は、外から帰ってきて暗い部屋に入った時にチカチカする症状がありました。 飛蚊症と光視症があるのですが、関係ありますか?

光視症で青や普通の光はよく見るのですが、たまに赤など色の違う光も見えることがあります。光視症の症状の一つでしょうか?


網膜が急激な明るさの変化に対して過敏になっているのでしょう。あるいは精神的なものかもしれませんが、心配するほどの物ではないと思います。

いわゆる光視症は網膜が硝子体に引っ張られて起こります。その時の引っ張られる強さによって微妙に色合いが変わったり、発生時の視界の状況でも違って見えることは十分考えられます。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-08-31 14:57 | 何かが見える

視界の端のモヤモヤ


4月に、白い壁に囲まれた部屋で、左目の目尻側の視界に縞模様のようなゼブラ柄のようなものがモヤモヤ見えることに気付きました。 その部分の視野が欠けていると言う感じはありません。 普通に生活している時には気になりませんが、見ようとすればいつでも見えます。 薄暗い部屋では光のようにも見えます。 白い壁などをぼーっと見つめるとはっきり見えます。 目をつぶっても外が明るければ見えます。 逆に真っ暗闇だと目を開けててもつぶっても見えないです。

眼科受診し、眼底検査や眼圧検査等行いましたが異常ありませんでした。 ただ見ようとすれば常に見えるしとても不安でこの事ばかり考えてしまいます。 眼科では何も言われなかったが脳に何か異常があるのでは?と怖いです… 気にしないようにするしかないのでしょうか?


別の眼科で診てもらった方が良いと思います。料金を払って説明を求めているのに、「異常ありません」だけで済ます眼科は駄目です。異常がないのに症状が起こっている原因の説明が抜け落ちています。

「異常ありません」という言葉が意味するのは「私に能力がないために異常を見つけることが出来ませんでした」または「あなたが、異常がないのに症状があるという錯覚をしている、または嘘をついている」という事です。別の眼科医が別の方法で見つけることが出来るかもしれません。

文面だけからは、真っ暗闇では見えないことを重視すると、硝子体混濁による飛蚊症で、特に心配ないように思います。しかし、網膜の端の方に僅かな剥離があった場合に、そのように表現できるような症状が起こっても不思議ではありません。念のために、ちゃんと説明してくれる眼科を受診した方が良いでしょう。また、異常なしと言われた場合に、「異常がないなら、どうして症状が出るのか教えてください」と言うことを忘れないように、心の準備をして受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-07-13 14:59 | 何かが見える

視界の中心に向かってモヤモヤ


昼間外にいる時や白い壁など特に明るいとこで視界の中心に向かってモヤモヤする煙のような渦のようなものが見えてとてもストレスです。眼科で診てもらったところ飛蚊症とのことだったのですが、両目同じ場所、同じ形で見えます。この症状はなんなのか気になってしまいます。返答を宜しくお願いします。


飛蚊症の一種でしょう。眼球内部に充満している硝子体は、外見は卵の白身ですが、中身は透明な線維の集まったものです。目の動きから一瞬遅れてウニョーっと動きます。その動きが明るいところで見えるのでしょうね。液体ではありませんので、いつも同じ形に見えるのでしょう。ストレスになるようなものではありません。気にしないことです。

Q2
お忙しい中、ご返答ありがとうございます。 さらにお聞きしたいのですが両目同時に両目とも同じ形に見えるのですがそれも飛蚊症の症状ですか? 中心部からモヤモヤして見え灰色のような透明のような色です。

A2
そうでしょうね。両目に同じように見えるという事から、元々眼内に存在するものの動きが見えているのでしょう。黄斑部近辺に硝子体混濁の多い方もありますので、それかもしれません。硝子体ポケット(調べてくださいね)の中の混濁かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-06-23 16:45 | 何かが見える