excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:霰粒腫 ( 7 ) タグの人気記事

霰粒腫について


霰粒腫についてです。片方の目の上下に霰粒腫ができ、目立つのは下瞼のほうでした。(※下瞼のものだけ痛みはないのにずっと赤かったのは何故なのでしょう)半年間点眼をして下瞼のものが、まだよく見ると残っていますので、パッと見常に目尻は赤いですが、体面した人にできものだと解らない程度になったので点眼を終了しました。

質問なのですが、下瞼の目立つ部分は小さくなりましたが、瞼をめくると白い点や、透明なぷつぷつのものが、まだいくつもあります。こうやって痕として残ることは少なくないのでしょうか?ちゃんと数えたわかではないけれど、小さな輪郭も曖昧なものを合わせると8個ほどみえます。

そして上瞼の目立たない霰粒腫のほうですが、こちらが時々化膿するのかじくじくいたみます。痛みっぱなしということはなく、痛んでいるときに多少普段より腫れて霰粒腫が、目だっていますが1~2週間で治ります

ドライアイがあり炎症、化膿はしやしいと思いますが同じ目の上下で上だけ化膿しやすいことはあるのでしょうか。悪いものの可能性はほとんど無いと言われていますが、悪いものだから痛むというわけでも無いのでしょうか


霰粒腫にも色々ありますので、色の違いもあるでしょう。

小さなぶつぶつは結膜乳頭か結膜濾胞ではないでしょうか。おそらく結膜炎が起こっているのでしょう。もしかしたらマイボーム腺梗塞かもしれません。眼科で治療は終了だと言われたのですか。

>上だけ化膿しやすいことはあるのでしょうか。

よくあります。また、悪性腫瘍ならむしろ痛くないと思いますよ。

そんなことより、何でこのようなものがよく出来るか、理解し対策をしているのでしょうか。眼を擦るような事があっても、それを異常だとは感じず、そのまま放置していませんか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-11-10 14:51 | まぶた

霰粒腫


今年の元旦に右目上瞼が少し痛くて腫れ、触るとコロコロ米粒半分くらいのしこりを感じました。眼球より上の奥側の瞼部分に一つ感じました。2日で痛みがひいたので、しこりはそのままでしたが気にしていなかったら、二月くらいに目頭側の上奥にさらに二つしこりがあるのを感じました。痛みはありません。

それから、また放置していたら、最近ここ3日ほどですが、寝起きに瞼と眼球がくっついたような感じになり、一瞬あかない感じになり、もしかしたらしこりのせいなんじゃないかと、とても心配になりました。

痛みは無いですが、朝に瞼をあけたときに、眼球に傷がつくんじゃないか、、、とビクビクしています。大丈夫でしょうか?このしこりは、何か病気でしょうか?もし治療をするとしたらどんなものでしょうか?手術なのでしょうか、、?痛いのでしょうか。具体的に教えていただけるとありがたいです。


おそらく霰粒腫(さんりゅうしゅ)でしょう。

細菌感染によって、瞼の縁に並んでいる脂肪の出口の穴が塞がれ、分泌物が溜まり、奥の方でしこりを作ります。細菌の活動があるようなら、点眼や内服で少しは小さくなる可能性があります。そうでない場合は、早く治すためには手術が必要です。小さい場合は放置して数年で消える場合もあります。放置して瞼の裏からキノコの様に飛び出してくることもあります。

くっついたような感じになるのは細菌性結膜炎が起こっているのかもしれません。だいたい、初めに細菌が感染したのは、アレルギー性結膜炎などで目を擦ってしまったからではないでしょうか。以前から治療が必要な状態だったのだろうと想像します。

本当に霰粒腫かどうかは見てみないとわかりません。手術をするかどうか、どんな方法でするか等は、眼科医によって違いますので、眼科受診してご相談ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-31 16:23 | まぶた

上まぶたのしこり


10日程前から上まぶたが腫れしこりのようなものができ、眼科を受診するとものもらいだと診断されました。

受診時に目薬と飲み薬を処方していただいたので、それで腫れ、しこり、痛みがなくなるものと思っていたのですが、しこりと痛みがまだ残っています。

しこりをとる処置をしていただこうと考えているのですが、幼少時に眼瞼下垂手術を受けており、上まぶたが裏返らないので処置ができないのかと悩んでいます。

よろしくお願いします。


おそらく霰粒腫(さんりゅうしゅ)でしょう。

瞼が裏返らないかどうかは眼科医がやってみないとわかりません。また、処置にも色んな方法がありますので、再診するしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-08-27 10:05 | まぶた

霰粒腫?を取るべきか


繰り返すマイボーム腺梗塞で相談させてもらった者です。前回の回答で殆どはアレルギー性結膜炎が原因との事で、花粉症の為目のアレルギーは確かにありました。なので、マイボーム梗塞は一旦治療せずアレルギーを抑える治療になりました。それで処方された目薬は3種類です。この目薬でかなり良くなり、目も全くかゆみ・痛みもなくなりました。約2週間この目薬をさしています。

ところが、何か目がゴロゴロするなとふと上まぶたをめくりましたら、今までのマイボーム梗塞で悩まされていた所よりも更に奥側(まぶたの真ん中位の箇所)に、大きな出来物が出来ていました。見た感じ約5mmはあるかと思います。

慌てて眼科に行ったのですが、目薬を処方されただけでした。自分としてはごっそり取って欲しかったのですが、手術の必要はないの一点張りでした。とにかく目が圧迫されている様な気がして気になって仕方がないのです。この時に処方された目薬はベガモックス点眼液です。今は、上記に書いた3種類の目薬+今回の1種類の目薬計4種類の目薬をさす様に言われています。次回は4月中旬頃に来るようにと言われています。

この状態のままずっと過ごさなくてはいけないのでしょうか?それとも手術をした方がいいものなのでしょうか?今までは温めろと言われ今度は冷やす方がいいと言われ正直どうなの??とパニックです。行くたびに、診察料と薬代を払い一向に良くならない為、金銭的にちょっと辛い部分も正直あるのですが、この処置は致し方がないのかどうかをお聞きしたいです。宜しくお願い致します。


おそらく霰粒腫でしょう。マイボーム腺の感染がきっかけで発症します。点眼する事でだんだん小さくなることはあります。手術が必要ないと説明されたとしたら、そうなのでしょう。何か理由があるはずです。

どうしても何とかしたいなら、別の眼科を受診してみてはどうでしょう。眼科医により見立ては違いますよ。

偶然ですが、この回答を書いている最中に霰粒腫の手術を一件しました。正直言いまして、手術は余り好きではありません。好きな眼科医もいることでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-29 17:36 | まぶた

まぶたの中のしこり


ちょっと心配な事があり相談させて下さい!! 下瞼の下部、クマができるところの下あたりの内部にしこりが三ヶ月くらい前からあります。しかも、両目です。腫れと多少の赤みがあります。多忙で受診ができません。 どんな病気が考えられるのか教えてください。 よろしくお願いします。


霰粒腫だと思います。非常に稀ですが、まぶたの悪性腫瘍というものもありますので、時間を作って眼科受診してみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-12 11:47 | まぶた

妊娠8ヶ月の霰粒腫


2ヶ月くらい前に左の上瞼に5mm位のしこりを見つけました。段々と大きくなったので2週間前に眼科に行きました。そのときすでに1cm位になっていました。(下を向くと目立ちますが前を向いていると目立たないのでそこまで気にしていませんでした。)クラビット点眼液をもらいました。

妊娠8ヶ月なので目薬もしない方がいいと言われましたが産婦人科に尋ねると気にしなくていいと言われたので使用しています。一週間後に来院するよう言われもう一度見てもらいました。瞬きすると違和感が出てきていました。しこりもやわらかくなっているし今は切開をしても薬が飲めないので治りが悪いから産後にしようといわれ目薬をさすようにといわれました。

少し黄色いところがあるので針でさしたらうみが出て少し小さくなるかもともいわれました。現在、赤くはれて見た目にも悪いのでとても気になります。いつまでこのような状態が続くのでしょうか。産後も授乳をすれば薬が飲めないのではないでしょうか? 又、針で刺しましたがまだうみは出ません。タイミングはいてなのでしょう。分かりません。やぶれて出てこないのでしょうか。

左瞼は、赤くなっているので毛穴にばい菌があるとタリビット軟膏をもらっています。左瞼も少し良くなっていると言われましたが完璧に治りません。あまりだらだらとつけてもしょうがないと最初に言われてたのですがまだ続けるべきでしょうか。

調べてみると、軟膏をつける眼科もあるようです。この軟膏ではだめでしょうか? つけるとすれば、裏瞼全体につけるのでしょうか? 長くなりましたがよろしくお願いします。


霰粒腫(さんりゅうしゅ)だと思います。まぶたの縁に並んでいる脂肪の分泌腺(マイボーム腺)への細菌感染で起こります。病態は人それぞれですので、診察をした医師以上のアドバイスは出来ません。現在全く痛みが無くて、大きくなってこないようなら、点眼だけで経過観察でも差し支えない場合もあります・・・

が、しかし、

妊娠8ヶ月ですので主要な器官、臓器は出来てしまっていますので、使えない薬というのは早産の危険のある、ごく一部のものだけです。ですから、切開をしない理由が「薬が飲めないから」ということであれば、それは明らかな間違いです。

違う眼科を受診してみる事をお奨めします。総合病院の眼科が良いと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-10-05 16:15 | まぶた

6歳児の霰粒腫


6歳の娘の左目に、今年の2月くらいから5mm程度のしこりがあります。かゆみ、痛みは全くないようです。少し目の上に何かが見える様な事は言っております。 近くの眼科の診断は「ものもらい」です。最初のうちは小さくなったり大きくなったりと繰り返していたのですが、ここ二ヶ月くらいは5mm程度の大きさを維持したままです。(フルメトロン・クラビットを処方されて点眼しています。) あまりにも治らないので切ってもらえないだろうかと、病院に相談したところ、「まだ切る程の大きさではなく、視力が落ちてきてからじゃないと、リスクが高すぎる」との事。違う薬も処方されず「三ヵ月後に」と言われました。

他の先生の意見も聞きたく、違う病院を受診したところ、「今切ると顔が変形してしまう。必ず軟膏で治る」と言われ、ネオメドロールという軟膏を処方されました。しかし、軟膏を塗り始めて一ヶ月程経ちますが、全く小さくなる気配がありません。10月初めにまた受診します。 来年は小学校にあがります。このご時世ですから、いじめの原因になり得る見た目の問題を入学前に取り除いてあげたいと思う親心だったりするのですが・・・


それはおそらく「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」という、ものもらいの一種です。

「視力が落ちてきてからじゃないと、リスクが高すぎる」というようなことは普通は言わないと思いますよ。「視力が落ちるまで待て」と言われたのでしょうか?霰粒腫で視力が落ちるとすれば、前が見えないほど大きくなって、それを数日放置して弱視になるということです。普通はそこまで大きくなりませんので、「もし、霰粒腫が大きくなってそれが原因で弱視になるようなことがあれば手術が必要ですが、そこまで大きくなることはありませんので、危険を冒して手術をする必要はありません」というようなことを言われたのではないでしょうか。

「今切ると顔が変形してしまう。必ず軟膏で治る」ですか。・・・・ちゃんとした手術なら、顔は変形しないと思いますよ。肉の塊みたいな物ですので軟膏で必ず治るという物でもないです。まして、軟膏を皮膚に塗っていたのなら全く効果は無いでしょう。

普通、6歳児の霰粒腫は、現在化膿していないなら放置します。点眼や眼軟膏を処方する場合もあります。何ヶ月か何年かすれば気にならなくなります。まぶたの裏側に「きのこ」のように飛び出してくることもあります。そうなったらしめたもので、根元をチョキンと切るか、ぐるぐる回して引きちぎります。寝ている間に無意識にこすってとれてしまう事もあります。

それでも、どうしても気になるようであれば、手術で摘出することになります。でも、6歳児が局所麻酔の手術中じっとしていられるでしょうか。どう考えても無理なように思います。ですから何とかしたいのであれば、全身麻酔の手術が出来て入院が出来る、小児科のある病院の眼科を受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-09-23 13:52 | まぶた