excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:隅角 ( 5 ) タグの人気記事

早期の正常眼圧緑内障


母が急性緑内障で手術、父は正常眼圧緑内障です。今年の職場の健康診断で「緑内障の疑い」を言われました。即、いつもの眼科で視野検査など行いました。(左は問題なく、右に疑いあり)眼圧は16~18です。欠損は今のところないが神経が薄くなっているところがある。過去の検査結果を見比べて目薬しようと言われました。

今のところ緑内障とも言えないし、緑内障じゃないととも言えないと言われました。現在はミケランLA点眼液をさしてます。種類としては「正常眼圧緑内障」で隅角も狭くないと言われました。しかし、隅角検査(コンタクトを入れる)はしてません。それなのに隅角の状態がわかるのでしょうか?

両親が緑内障なので世間よりは緑内障について理解があるつもりです。しかし、やはりショックと不安は消えません。実は昨年別の病気になり○○○の注射(今後1年間)と△△△を服用(今後4年間)しており、これが眼に影響はないのかも心配です。現在の主治医はこの薬は特に問題ないということですが、他の先生の見解も知りたいと思いご相談しました。


隅角検査をしなくても隅角が狭いか広いかはある程度分かります。前房の深さで大体の予想はできますし、スリット光の当て方でほぼ確認できます。しかし、隅角に沈着物などで癒着がある時などは隅角鏡を入れないと正確な判断は出来ません。診察を受けて「隅角も狭くない」と言われたのなら、問題ないと思いますよ。

内服の方には「視力異常,視覚障害(頻度不明) 視力異常,また,角膜の変化,白内障,網膜症,網膜萎縮,視神経症,視神経炎,視神経萎縮等の視覚障害があらわれることがあるので,視力低下,かすみ目等があらわれた場合には眼科的検査を行い,異常があれば投与を中止すること.」という注意書きがあります。それによって過去に緑内障が起こったという報告は無いという事です。眼科医に服用を知らせておくべきだとは思いますが、気にするほどではないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-11-02 10:40 | 緑内障

「隅角検査」が必要か


現在眼圧下げる点眼治療(ルミガン)をおこなってます。それにより今の所眼圧25->19くらいになってます。花粉症のため内服、点鼻などを使用したいのですが、河野先生のこのブログによると開放隅角であれば問題ないとのことですが、それを知るにはどんな検査が必要ですか?「隅角検査」というのでわかるでしょうか?以上宜しくお願いします。


使おうとしている内服点鼻などが、緑内障禁のものでしょうか。もしそうであるのならば、仰る通り開放隅角であれば問題ありません。開放隅角かどうかは主治医に聞けば即判ります。「隅角検査」が必要かどうかは眼科医が決める事です。

以下重要
尋ねるときは「○○という薬を使いたいのですが大丈夫でしょうか」と尋ねましょう。「開放隅角ですか」はあまり良くないです。「隅角検査をしてください」と言うだけで信頼関係が崩れるかもしれません。医師はプロですし、たいていの患者さんには隅角検査などせずとも開放隅角である事は判っているのです。

Q2
早速主治医に電話で尋ねたところそんな薬(処方薬ではなくドラッグストアで買える点鼻(ナザールスプレー)、内服薬(パブロン鼻炎))はしりませんと言われました。なので自分で使える薬を判断したいのですがこの場合は「開放隅角」ですかと聞いても差しさわりないでしょうか? 度々お手数かけ恐縮ですがアドバイス頂けると有難いです。

A2
使おうとしている薬の添付文書を持参して、診察時に直接尋ねれば問題ないと思います。市販薬のことを電話で聞いても即答できるわけないですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-01-28 09:22 | 重要な事

隅角検査で将来の予測


房水の出口を直接見る事ができる隅角検査について質問があります。健康な人より房水の流れが悪かったり隅角の状態が広かったり狭かったりとわかるのであれば、将来どのタイプの緑内障になるのか予測がつくのでしょうか?

眼底、眼圧、視野検査の状態については説明があり、眼圧は高めだが緑内障ではないと診断されました。眼圧が高いのは房水の流れが悪い事も考えられますか?隅角検査については何も説明がありませんでした。


隅角というのは、角膜と虹彩の間にある、目の中の水分である房水の出口付近のことで、そこに線維柱帯というメッシュ状の排水口があります。(文字では理解困難かもしれませんね)

隅角検査によって、将来どのタイプの緑内障になるのか、予測が付く場合も「無くはない」です。隅角が狭いことで閉塞隅角になることは予測できますし、色素沈着や癒着によって眼圧が上昇してくる事は予想できます。しかし、異常無しと判断できる若い人の隅角が、将来どう変化するかまでは、予測できるものではありません。遠視の強い女性は隅角が狭くなりやすいですが、これは隅角検査をしなくても言えることです。

眼圧が高めだということですので、房水の流出に問題があると考えるのが普通でしょう。隅角検査で排水口(線維柱帯)の目づまりが見つかることもありますが、多くの場合は原因不明です。しかし、眼圧の正常値は個人個人で違いますので、少々の高眼圧は心配ないのかもしれませんよ。隅角検査をしたのにその説明が無いという事でしたら、特別な所見が見つからなかったと言う事ではないでしょうか。ちゃんと経過観察をしてもらっているのなら、あれこれ思い悩む必要は全く有りません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-08-07 14:13 | 緑内障

CMCPと緑内障


私は緑内症で点眼で経過観察中です.昨晩頭痛がありCMCPを貰って飲みました.コントール散が含まれていることを知らず飲んでしまい調べたら緑内症禁忌薬と書いてあり心配です.1包しか飲んでないのですが影響がでるでしょうか?


CMCPは偏頭痛などに効果のある特別処方の薬ですね。
それに含まれるコントール(クロルジアゼポキシド)には、

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 急性狭隅角緑内障のある患者[本剤の弱い抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状が悪化するおそれがある。]

という注意書きがあります。
つまり、急性狭隅角緑内障(閉塞隅角緑内障)でない緑内障は問題ないという意味です。そう言われていなかったら大丈夫ですよ。もしそうであったとしても、一回の服用で発作を起こしたりしませんし、半日たって異常なければ大丈夫です。鏡を見ながらライトで自分の目を照らして、瞳孔が小さくなるようなら、影響は受けていませんのでご安心ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-24 17:20 | くすり

ブスコパンと緑内障の関係


胃の検査に使われる消化管の動きを少なくする(鎮けい剤、ブスコパン)について、緑内障等の疾患がある方には原則として使用しませんと注意書きがあります。

お伺いしたいのですが、緑内障の方が使用すると危険性があるのでしょうか?私は緑内障の疑いがあり眼圧高めですが使用を控えた方がいいのでしょうか?よろしくお願いします。


あなたの場合は大丈夫です。何も気にせず使用してください。内科で眼圧の事を言う必要もありません。聞かれたら、眼科医がブスコパンの使用は問題ないと言ったと答えてください。

ブスコパンの説明書には、下の様な記述があります。

禁忌(次の患者には投与しないこと)
2. 緑内障の患者[眼内圧を高め、症状を悪化させることがある。]

重要な基本的注意
3.眼の調節障害、眠気、めまい等を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

その他の副作用
眼  0.1~5%未満  調節障害


怖いですねー。
ブスコパンには抗コリン作用と言うのがあって、近くにピントが合いにくく(調節障害、老眼症状)なり、瞳孔が大きくなります。そのときに、隅角(虹彩の付け根と角膜の間で、目の中の水を排出する部分)が狭い人の場合、そこがさらに狭くなって、時には塞がってしまって、眼圧が急上昇します。これを緑内障発作と言います。

ですから、眼科で隅角が狭いと言われている人、つまり狭隅角緑内障や閉塞隅角緑内障の人は、ブスコパンの使用は危険です。眼科で相談してください。特に年配の女性で、無治療で経過観察している人は要注意です。

ちなみに狭隅角だけでは何の症状もありません。ですから本当に怖いのは、眼科受診をしたことのない、健康だと思っている高齢女性です。これを禁忌にすべきではないでしょうか。眼科にかかっていなかったら、緑内障は無いという前提のようです。私はこれがいちばん心配です。

緑内障でも、狭隅角と言われてない方は、無関係です。若い方はほとんど広隅角です。安心して投与を受けてください。緑内障発作は起こりません。眼科医以外が読む注意書きに、緑内障の分類を要求する注意事項を言っても解りませんから、あのような記述になっています。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-22 17:20 | くすり