excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:角膜 ( 63 ) タグの人気記事

角膜デルモイド


娘の目の事で相談です。娘の目は生まれつき、黒目の下の部分の一部(米粒半分位の大きさ)が白いです。眼科に行き調べてもらったら、目の形成の時に白目が混入したとの事でした。視力に問題はなかったのですが、白い部分を黒くする事は出来ないのでしょうか?


角膜輪部デルモイドでしょうか。それならば手術で取ることは可能かもしれません。主治医とよくご相談の上、しかるべき病院を紹介してもらってください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-11-01 15:41 | 角膜・結膜

コンタクト装用前後の見え方の違い


先日のご相談でも自宅でメガネを使用していると記載したのですが、メガネの見え方に、とても差があることがあります。

家に帰ってコンタクトをはずしてしてめがねにした後しばらくよく見えるのは、ハードコンタクトにより角膜が矯正?されているせいなのでしょうか。

また体調の悪い日などは、テレビの細かい字幕など、よく見えているときに比べかなりボーっとしか見えないような気がするのですが、こんなに体調が関係するものでしょうか。

入浴前後だと、入浴後の方がはっきり見えるのは、頭がすっきりするからなのでしょうか。よろしくお願いいたします。


コンタクト、特にハードレンズの場合、装用前と装用後で目の屈折度数が変化する事があります。コンタクトをのせている事で角膜が酸素不足になり「ふやけて」度数が変わったと考えてください。例えば角膜周辺がふやけて分厚くなると、近視のコンタクトを乗せているのと同じになり、近視の度数は小さくなります。そのために、眼鏡を処方するときは、少なくとも当日は朝からコンタクトを使わずに受診してもらいます。

体調によって見え方の鮮明さが変わる事は当然あるのですが、角膜自体に変化、例えば傷が出来ているとか「ふやけて」いるとかも考えられます。また、結膜炎がある場合も涙の濁り具合で霞んだりします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-22 09:38 | 視力・斜視

角膜びらんの見え方


先日の日曜日、簾に左目があたり、痛みや異物感があり、すぐに水で洗いながしました。

月曜日にすぐに眼科を受診しました。視力検査と、眼圧検査をし、角膜びらんと診断され、タリビット眼軟膏とベストロン点眼を処方されました。

本日、受診より2日が経ちました。先生には、1週間後に来て下さいと言われています。異物感は、ましになってきました。一番心配なのは、左目だけでみると、霞んで、二重に見えていることです。傷の回復に伴って治っていくものなのでしょうか?


角膜びらんというのは角膜の上皮(一番外側の皮)がはがれた状態のことです。はがれた状態では表面がでこぼこなため、それが角膜中央にある場合は、視力も低下し霞んで見えます。

今の症状が受傷後ずっと続いているのなら、角膜びらんが角膜中央に出来たためですので、順調に回復すれば視力も元に戻るはずです。指示通り1週間後の再診で大丈夫でしょう。

2日たって新たにその症状が出てきたとすれば、細菌感染等が考えられますので早めに再診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-06-29 17:57 | 角膜・結膜

虹視症


夜、電灯を見るとき虹視症の症状があります。ここ1カ月の現象です。虹のようではありませんが、電灯の周りにぼやけた円が見えます。おぼろ月に近いかもしれません。虹視症は緑内障の症状の一つだと調べました。また虹視症の実際は、虹でなく私のような症状だともネットで調べられました。

以下、既往歴です。私は最強度近視で、屈折度は両眼とも-10で、視力は0.02です。6年前に右目の網膜裂孔でレーザー治療をしています。(それ以降は一度もしていません)それから6カ月に1度、眼科で眼圧・視力・眼底の検査をしています。両眼とも検査しています。両眼とも散瞳して、検査しています。直近では3か月前に検査して問題なかったです。その他の病気はありません。頭痛・眼痛・吐き気などはありません。

私は若年性の緑内障の可能性はありますでしょうか。緑内障用の検査を即刻するべきでしょうか。アドバイスいただければ幸いです。


>私は最強度近視で、屈折度は両眼とも-10
最強度ではありません。ご安心ください。

虹視症、或いはそれに類する症状はいくつかの疾患で起こります。緑内障でも起こることが稀にあります。眼圧が上がって角膜がふやけると、角膜表面の回折現象で光が滲んで見えます。ですから、緑内障の可能性はあるとは思いますが、ただの結膜炎かもしれませんし、ドライアイで角膜に傷が出来ているのかもしれません。けれどもここでそんな事を聞いたところで問題は解決しないでしょ。実際に症状があるのですから、迷わす眼科受診すべきでしょう。時間を無駄にしないように。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-12-22 10:53 | 緑内障

眼帯で視力が良くなった?


中程度の近視がありますが、先日"ものものらい"ができ5日ほど市販の抗菌目薬と眼帯をしておりました。"ものもらい"はほぼ直ったので眼帯を外したところ、その目の近視視力が軽くなっており眼鏡が合わなくなっています。約10日ほど経っていますが、視力はそのままのようです。

視力が悪くなることはあっても、良くなると言うことがあり得るのでしょうか?


今回の状況は「視力が良くなった」ではなく、あくまで「近視の度数が下がった」ということですので、それに沿ってお答えします。

近視の度数が下がる原因はいくつか考えられます。まず一つ目は、角膜中央が圧迫されて平坦に近くなること。近視のめがねを見ればわかると思いますが、中央がへこんだ凹レンズになっています。その状態を角膜上で実現するのがコンタクトです。また無理やり凹ますのがオルソケラトロジーで、手術ならレーシックで角膜中央をレーザーで薄くして平坦に近くします。もし上眼瞼の中央に大きな"ものものらい"が出来ていたのなら、5日間眼帯をしていた事によってオルソケラトロジーと同様のことが起こったのでしょう。ただし10日も続くのは不思議です。

2つ目の考えられる原因は水晶体の老化です。水晶体は年齢と共に硬くなり老眼が進んできます。それと同時に水晶体の厚みにも変化がおこり屈折状態が変わる場合があります。近視が強くなる方が多いですが、その逆もあります。今回の事で初めてそれに気がついたのかもしれません。

網膜の変化によっても起こりうることなのですが、この場合近視は緩くなっても視力は「悪く」なります。「視力が良くなった」と感じていますので、ここでの説明は省略します。

注意!!
これを読んで眼帯で視力回復できると勘違いして、お子さんに眼帯をさせることは絶対におやめください。可能性があるというだけの話ですので、誰でもそうなるとは考えられません。また小学校低学年以下では眼帯によって弱視になる可能性が高いです。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-11-05 11:27 | 視力・斜視

「角膜穿孔」治ってからの心配


先月、「角膜穿孔」にて回答をいただきました。先生のお話では、脱色素ということは起こりますが、完全に色が抜けてしまうようなことは普通は無いということで、少し安心しました。 救急医療の眼科医によりますと、今のところ炎症もみられないということで、レティノール含有のクリームを処方されただけでした。

事故直後も、かなり深い傷であるにもかかわらず痛みや不快感を訴えなかったものですから、炎症や何らかの後遺症が発症しても気付かずに過ごし手遅れになってしまうのではないかと心配です。角膜穿孔や角膜外傷によって緑内障や虹彩異色が引き起こされる可能性があるというのは本当でしょうか。本人も眼に水が入るのを怖がってプールに入りたがりません。

ちょうど白濁している眼の写真がありますので添付します。右目ですが、右下に大きな黒い円があり、その淵が白くなっているのがわかります。ブログ等にアップされても何ら問題はありません。ご見解をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
e0137559_17224183.jpg


パッと見て「調子良さそう」と推測できる目です。
その根拠は、
1.角膜穿孔が深いと、水晶体を傷つけ外傷性白内障が起こりますが、全く無い。
2.角膜穿孔部に虹彩が噛みこんだり、虹彩と角膜が癒着する事があるが、全く無い。
3.瞳孔が中央でほぼ正円形である。
4.角膜の反射に乱れが無い。
等です。

あまり心配しすぎずに様子を見られたらどうですか。実際、角膜穿孔からは色んな病気が引き起こされます。両眼失明するような恐ろしい病気もあります。しかし、その危険な状況はほぼ過ぎ去ったと考えて良いと思います。状態の観察と定期検査を怠り無くしていれば、何も心配ないと思います。また、プールの水が眼球の中に入る事は有りえません。写真はトリミングしています。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-04-28 17:24 | 外傷

角膜穿孔


河野先生こんにちは。数ヶ月前に相談メールを差し上げた者ですが、お忙しいのでしょう。残念ながらまだ、回答をいただいておりません。

去年の夏に不意の事故で黒目をヤシの木の尖った葉先で突き、角膜穿孔によって虹彩が脱出。同日に手術をしました。幸い結果は良く心配された角膜炎症もなく、視力を失うこともありませんでしたが、角膜の損傷に直径約2ミリ程度の丸い傷跡と縫い傷が2針できました。角膜のちょうど輪郭部分を損傷しているので、角膜は完全な円形ではなく変形しています。

担当医師から、今の状態であるのは不幸中の幸いで、角膜にできた孔を塞ぐ手術をするのはその危険性を考えると勧められない。瞳孔が2つあるような状態なので光に対して敏感になるのは仕方ない。慣れるしかないと告げられ、1月に抜糸。治療を終了し通常生活に戻りました。

現在、視力低下や不快感、痛みなどを全く感じることはないのですが、傷跡と縫合部分の角膜の色が白くなってきました。炎症があれば感じるはずだと思うのですが、虹彩異色がはじまったのではないかと不安です。もし、そうだとすると完全に色が変わってしまう前に治療はできないのでしょうか。視力等に影響するのでしょうか。レーシックによる治療は考えられないのでしょうか。

何度もしつこく申し訳ないと思いつつ、ご相談させていただきました。何卒、よろしくお願いいたします。尚、webメールフォームでも同内容にて相談させていただいています。送信ボタンを押したのですが、確実に送信されたかどうかわからないので、確認のため再送いたしました。お許しください。


どうも角膜と虹彩がごっちゃになっているようですので、少しだけ説明します。角膜というのは眼球の前面のドーム状の「透明な」直径12ミリぐらいの円形の膜です。角膜は透明ですのでその下の虹彩(東洋人は普通は茶色)が透けて見えており、虹彩の中心部は瞳孔という円形の窓で、その奥に水晶体が見えます。
e0137559_0574776.gif


「瞳孔が2つあるような状態」というのは虹彩に出来た穴の事だと思いますが、これは仕方が無いですね。眼圧によって角膜穿孔部から虹彩が飛び出してきますので、それを切り取る必要があったのでしょう。「虹彩異色がはじまったのではないかと不安」ということですので、白くなってきたのは虹彩でしょうか。脱色素ということは起こりますが、完全に色が抜けてしまうようなことは普通は無いと思いますよ。

透明なはずの角膜が白濁してきたのなら、もしかしたら炎症が起こっているかもしれません。手術を受けた病院を受診することをお勧めします。レーシックは関係ないと思います。言葉だけでは本当に解りませんね。ピントはずれな答になったかもしれません。変化があったり不安があるのなら診察を受けましょう。

なお、数ヶ月前のメールも河野眼科ホームページのフォームからのメールも受けとっておりません。何かの手違いがあったのかもしれませんね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-03-28 00:58 | 外傷

角膜びらん


幼稚園で、友達が片付けようとしたおもちゃが子供の目にぶつかり、素人の目でも分かるような傷(広い範囲にわたる剥がれたようなあと)が黒眼にあるので眼科を受診したところ、重症ですといわれました。あまりに驚いたので眼球に傷があるのかも聞けず、抗生剤を処方されて帰宅、本人はとても痛がっています。 失明の心配と、角膜が戻るのか気になっています。


ご心配なことと思います。お母様の観察と「重症です」という言葉から、角膜の表面が広範囲に剥がれたもの(角膜びらん)だと思われます。角膜修復のための点眼(フラビタン、ヒアレイン、コリマイC、タチオン等)は必須です。感染を防ぐための、抗菌剤または抗生剤の点眼も普通は処方します。軟膏を追加することもあります。痛みが強い場合は消炎鎮痛剤(アセトアミノフェン等)の内服と、同時に抗生剤、ビオフェルミンなどの内服も処方します。

診察時、どこがどうなっているのか詳しい説明は無かったのでしょうか。質問が無くても説明はするはずだと思いますので、明日(今日?)受診時に聞いてください。角膜の傷だけなら、順調に回復すれば視力低下は起こさないと思います。場合によっては弱視になる可能性もありますが、それは後日治療することが可能です。打撲がありますので、表面だけでなく眼球内部の状態が心配です。そのあたりも受診時に確認してください。

傷が大きいですのではじめは痛いですが、不潔になっていなければ回復は早いですよ。不安なら、遠慮せず毎日受診したって良いんですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-02-24 00:12 | 外傷

幼児の角膜外傷


3歳児のことですが、お友達が振り回した傘の先が目に当たりました。激しく泣いて血の混ざった涙が流れてきたのですぐに眼科へ連れて行きました。

診察の結果、黒目と白目の上の皮膚が剥がれている(角膜上皮剥離のことでしょうか?)と言われ、目自体には問題はないと言われました。後遺症もないと言われましたが、幼い子供のことですのでとても心配です。

タリビット眼軟膏を塗っていますが、完治後、視力低下等の後遺症は起こりませんか?また、診察時に上皮以外の傷を見落とすということはないでしょうか?お友達や親御さんには大丈夫と伝えましたが、内心、本当に心配です。アドバイスをいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。


ご安心を。一つ前の記事にもあるように、前が見えない状況が続いたりしない限り、視力には影響しません。傘の先が不潔であった場合は、治癒してからの再発の可能性も有りますが、「後遺症もない」ということですから、傷は「きれい」だったのだと思います。

>診察時に上皮以外の傷を見落とすということはないでしょうか?

どんな名医でも見落としが絶対無いとは言えないでしょう。特に、診察に協力的でない幼児の場合はなおさらです。けれども、そのことを考慮しても「目自体には問題はない」ということですので、それで十分ではないでしょうか。

幼児の場合、眼底の検査をなかなかさせてくれません。網膜中心部は見えても端の方はいい加減になりがちです。しかし、傷の具合から受傷の状況を推測し、不十分な眼底検査でも大丈夫と判断する事もあるはずです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-10-07 17:12 | 外傷

子どもの角膜外傷


子供がお友達の目に木片を当ててしまい、角膜に傷をつけてしまいました。しばらくは、泣いていたみたいなのですが、30分後には、また一緒に遊んでいました。翌朝、はれ上がって、眩しがって痛がられたようで、お母様が病院へ連れて行かれました。角膜に傷が深く付いていてバイ菌が入っていたのか、角膜潰瘍を起こしているということで、網膜はく離を起こすかもしれないと2週間絶対安静で、学校を休まれました。

2週間後まだ傷がふさがらないところがあるということでしたが、学校には、行き始められました。その後週に2回通院1か月過ぎたころから週に1回通院されて、2ヶ月後に通院を終わられました。視力の低下は、怪我の翌日の検査から、これまで見られなかったとのことです。今は、サッカーの試合などにも出られるようになりました。完治されたのですかとお尋ねしたところ、はい とお答えになりましたが、将来目になにか起ったら、と大変心配されているようですし、私どもも心苦しく、どうしていいかわからなく過ごしています。なにか起る可能性があるのでしょうか。どうかよろしくお願いいたします。


子どもの角膜外傷で一番心配なのは、傷自体または眼帯などで中心視野が遮られることによる弱視です。片目がよく見えない状態が数日続くと、その眼はメガネで矯正しても視力が出なくなってしまう事があるのです。幸い視力低下を起こすことなく治癒したようですので、角膜潰瘍などが再発しない限り心配は無いでしょう。

原因となった木片はきれいな物でしょうか。もしそうでないなら、つまり汚れた木の枝や葉などで傷を作った場合は、傷が再発することがあります。数ヶ月ごとに再発を繰り返すこともありますが、その都度正しく対処すれば、徐々に再発しなくなってきます。そして数年経てば、全く何も無かったかのような状態に完治するはずです。

始めの1年で再発が無い場合は、もう再発しないと考えて良いでしょう。つまり、1年再発がなければ、受傷から2ヶ月で完治していたという意味です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-10-07 00:08 | 外傷