excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:虹彩 ( 7 ) タグの人気記事

虹彩捕獲


水晶体嚢内へ眼内レンズを挿入し、その後問題無く過ごしていたのですが、今から半年程、眼内レンズが突然脱臼しまして、脱臼眼内レンズを硝子体手術により摘出及び眼内レンズ逢着術を受けました。 術後の矯正視力は1.2と良好なのですが、術後の合併症で虹彩捕獲と虹彩振盪が起こりました。

虹彩捕獲は暫定的にサンピロを点眼して縮瞳状態を維持しながら回避しているのですが、点眼の度に鏡で瞳孔の形を確認して、捕獲していない事を確認したら点眼するという作業を行なっており、このままだと一生この作業を続ける事になり、気が重くなっています。

虹彩捕獲の原因として、私の目は前房が深く、虹彩が眼内レンズに近いと指摘を受けております。また、虹彩振盪についても、視界が小刻みに震えている状況でストレスを感じています。 サンピロを点眼すると虹彩が突っ張るせいか症状が和らぎます。 主治医(眼内レンズ縫着術の執刀医)には相談したもの、まずはサンピロを点眼しつつ様子見して下さいと言われております。

長くなりましたが、私のような症状は珍しいのでしょうか? いずれは虹彩捕獲、虹彩振盪の根本的な解決の為の治療を受けたいと思っているのですが、手術などによる改善の見込みはありますでしょうか? また、過去に似た症例の患者様がいらっしゃり、治療を行ったご経験などが御座いましたらどのような治療を行ったのか、ご教授頂きたく思います。 宜しくお願い申し上げます。


白内障手術を自らしない眼科医にとっては珍しいのですが、たまに聞きますね。

まずサンピロで様子を見るというのは普通のことです。それで治ってしまう事もあるようなのですが、無理な場合は、虹彩捕獲しにくい形やサイズの眼内レンズに交換するか、レンズと虹彩の間に糸を張って、虹彩が引っかからなくするなどの方法で治療します。主治医はこの程度のことは分かっているはずですので、よくご相談ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-05-11 14:36 | 白内障

虹彩後癒着


子供が虹彩後癒着と診断されました。瞳孔が開くと11時の方向が欠けます。水晶体も目の奥もきれいとのことで、何もなければ受診の必要がないと言われました。

今後瞳孔が丸くなることはないのでしょうか。もし、本人が希望する場合、癒着部分を切り離す手術は受けられますか。また、何が原因だったのでしょうか。色々調べてみても、虹彩後癒着に関する情報が少なく、質問させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。


瞳孔縁の虹彩がその後の水晶体表面にくっついているのですね。先天性の虹彩後癒着は稀にありますね。原因は何なんでしょう。後天性なら炎症の治癒過程でくっつくことはありますが、そういう既往は無いですよね。

現在、そのこと以外は何の問題も無いということですので、指示通り放置で大丈夫です。何かの機会に眼科受診することがあれば、問診票に記入しましょう。眼が痒いとか学校検診で引っかかったとか。

先天性のものなら普通は剥がれる事は無く、瞳孔の形は今のままでしょう。目立つものでもないし、そのままで良いんじゃないでしょうか。見え方にも異常は感じないはずです。

将来、それを手術的に剥がす事はおそらく可能です。眼球の一部を切開して虹彩の癒着した部分を切ることは出来ます。レーザー光線を使ってそれをすることも可能でしょう。しかしそのことで、何の心配も要らなかった眼が、手術の合併症や後遺症の心配をしなければならない眼になります。感染症や緑内障、角膜や水晶体も心配です。触らないのが一番です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-03-27 15:44 | その他の疾患

虹彩切除後の症状


先日、フェイキックの手術のため虹彩切除手術を行いました。その結果、日中、眼の下あたりに白い光が写るようになってしまいました。瞬きする度に光が見え、特に天気に良い日は辛くてたまりません。眼をかなり細めるとこのような症状は出ません。

カラーコンタクトを試したのですが、若干軽減される程度です。ひどい日には頭痛や眼を細めてしまうせいか目が疲れてしまいます。虹彩の穴は塞ぐことはできないそうですが、縫合等何らかの改善策はあるのでしょうか?よろしくお願いします。


虹彩切除をすると切除部位によっては、そこから光が入り、そのような症状がでます。上方から入った光が上方の網膜に達すれば、下方に光が見えます。術前に説明を聞かれたんじゃないでしょうか。虹彩切除部分の縫合は危険ですし、虹彩付きコンタクトレンズぐらいしか思いつきません。主治医とよくご相談ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-05-16 15:49 | その他の疾患

外傷性散瞳を治したい


野球のボールが目にあたり、瞳孔が肥大したままです。もう1年以上経過していますが手術等で元に戻すことは可能でしょうか?


大きくなった(眼科では散大といいます)瞳孔を手術で小さくすることは、可能か不可能かといわれれば可能でしょう。瞳孔の縁を縫い合わせたりして縮められれば出来るはずですが、そんな手術は普通はやりません。今度は瞳孔が大きくならなくなるからです。もし手術をしたとすると、暗いところで見えなくなったり眼底検査が出来なくなったりして、問題が多すぎます。

虹彩付コンタクトレンズというものがあります。虹彩欠損にも対応できます。当院では扱っていませんが、メーカーに問い合わせてみれば、処方できる眼科を紹介してくれると思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-11-25 09:19 | 外傷

レーシック・レーザー虹彩切除


レーシックの予後が悪く再手術をするかしないかで悩んでいます。そもそも某大型チェーンレーシック施設で年末に手術したのが運のつきでした。過矯正にされました。レフ値ではそれ程ではないのですが、過矯正からくると思われる光のまぶしさ。昼間も反射などで顕れる光のハログレア。スリガラスを覗いているような白っぽい視界と、逆光で見たときの不自然な視界。

これらを解消するために、別の眼科のY先生にかかりはじめ、まずはレーザー虹彩切除からされました。こちらのY先生はレーシックの前処置として、フェイキック以外のイントラレーザーでも、虹彩に孔を開けます。なぜかはよくわかりませんが、孔を開けることでメリットが沢山あるのだといいます。虹彩切除後から見え方がかわりました。光の複視が始まりました。本物の光の左右にプリズムが見えたり、暗い濃い色がバックにあるとはっきりとゴーストが写ったりする現象です。

孔は左右の目の耳側三時の方向に開いていますが、ごく小さい穴です。Y先生はこの孔から光が入ることはあり得ないといいますが、慶応大学病院の先生や兵庫の有名な眼科の先生は、この孔が原因で光が入り込んでいるといいます。ただ、きちんとした検査が出来ないので、すべてが先生たちの推測なのです。何が原因かで手術の仕方が変わるので、原因を究明してくださる施設を探しています。 虹彩の孔なのか、角膜の形状での見え方なのかを判明させたいのです。どちらか検査してくださる施設をご存じないでしょうか?また、左右の耳側三時の方向の孔が二重瞳孔になっているとした場合、本来の瞳孔から見ているものに対して、どんな風に見えるものなのかを知りたいです。


まずレーシック後の症状ですが、過矯正による症状では無いと思います。過矯正の場合はただ単に近くが見難くなるだけで、若い方なら無症状でしょう。レーシックでは角膜をレーザー光線で蒸発させて薄くしますので、表面が平坦でなくなったり、また、ドライアイが起こって傷が出来たりして、そのような症状を起こすことがあります。レーシックの限界です。

その症状を解消するためのレーザー虹彩切除ですか。ちょっと理解不能ですので、その是非については言及しません。しかしその後から複視が始まったのが確かなら、原因は自ずから判明していますね。普通に目を開けて鏡を見たら、虹彩切除の部分は見えますか。見えるならそこから光が入ると思いますよ。

確認は簡単です。黒い紙に2ミリ程度の穴を一つ開け、なるべく目に近づけて覗いてみてください。元の瞳孔からのみ光を入れる方法です。それで複視が消えたらはっきりするじゃないですか。穴の大きさとか、周りの明るさを変えたりして試してみてください。そして今度は逆に、虹彩切除の無い側(鼻の側)から指先をだんだん瞳孔に近づけていってください。例えば正面に電球を見た状態で、ちょうど電球が隠れるぐらいにしたときに、別の位置にぼんやりと電球が見えるのなら、虹彩切除から入った光で見えているということです。もちろんどの場合も、片目はつぶってください。眼科での確認は簡単です。レーザー光凝固装置のガイド光(緑とか青の光です)を虹彩切除部位に照射して、光が見えたら光が入ると考えて良いと思います。

追記
回りくどい事を書きまして申し訳ありませんでした。要は、虹彩切除をやった眼科で調べればすぐに判るということです。レーザー光凝固装置というのは虹彩切除をする機械ですので、その眼科には100%有るのです。しかし一般の眼科ではどこでも細隙灯顕微鏡というものが有り、それで虹彩切除部に光を当てればすぐわかります。特殊な装置は全く必要ありません。

一般の開業医でなく、大学病院等の後ろ楯の大きい組織の眼科に、純粋に現在の症状を改善したいということで受診されるのが良いと思います。もちろん今までの経過は包み隠さず伝えるべきですが。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-21 17:21 | その他の疾患

虹彩異色


はじめまして。私は左右で目の色が違うのですが、これはなにかの病気なのでしょうか?それとも単に左右で日焼けの度合いが違うだとか、なんでもないことなのでしょうか?

今のところ特におかしな症状等は感じておりませんが、少し気になるので本日質問させていただきました。

片目が茶色(銅色?)で、もう一方が瞳孔と同じくらいの色をしています。先天的なのか後天的なものなのかは、わからないです。


「虹彩異色」といわれる状態です。それ以外の症状が無いということですので、おそらく先天的に、左右の虹彩の色素の量が違うだけでしょう。日焼けではありません。

体内の色素の減少する先天性の疾患、ワールデンブルグ症候群などでも、同様の症状を起こすことがあります。また、目の疾患でも色素の減少する、あるいは増加するものがありますので、ご心配ならば、一度眼科受診することをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-04-30 23:38 | その他の疾患

虹彩縫合が必要かどうか


はじめまして30代女性です。よろしくお願いします。
1年近く前に外傷で目を怪我し、前房出血に伴い続発性緑内障・虹彩離断がおきました。外傷性白内障・後発白内障にもなり手術を終えました。虹彩の上部、円周の1/4近くが切れ動きません。下部はごく弱くですが縮んでいます。現在、特殊加工した色付のメガネをしています。ですが、これでも辛く感じる時もあり、何より色付メガネをした自分の姿が嫌になったりします。後発白内障術後、特に暗順応が鈍いと感じる時が多くなりました。

白内障手術をしていただいた先生に相談したら、虹彩縫合という方法もあると言われ考えています。ただ、暗い所で少し見えにくくなる可能性はあると言われました。また、反応については変わらないと言われました。

他にもリスクがないか心配になり、他の病院でも聞いたりしましたが、感染症や稀に手術の影響で網膜剥離や緑内障になる可能性もあるので慣れた医師を選ぶようにという先生もいらっしゃいました。また、網膜が慣れる場合もあるし、縫合自体ゆっくり考えたらという先生もいらっしゃいました。網膜に弱いところがあるので虹彩縫合を考えているならレーザーを当てた方がいいといわれ、先日レーザーを当てました。担当の先生は慣れた医師かどうか判りませんが、虹彩縫合の数自体は少ないし、やって良かったと明確に答える人も多いとは言えないし、術後眼底になにかあれば縫合をはずすこともある言われました。

白っぽく眩しいのを減らしたい、普通のメガネやコンタクトに変えたいという気持ちは変わらないのですが、現在、縫合手術が少し怖くなり躊躇しています。やはり虹彩縫合は効果があるかどうかわからないものなのでしょうか。リスクも多いのでしょうか。


「白っぽく眩しい」という現在の症状が、確かに外傷による虹彩の欠損によるものでしょうか。症状の一部分(もしかしたら大部分)は、水晶体摘出による症状ではないかなと思うのです。

水晶体は年齢とともに徐々に変色し、茶色っぽくなってきます。年配の方の白内障を手術すると、皆さん「青白く眩しい」「違う色に見える」と仰います。30代であっても水晶体は濁っています。白内障でなくても、完全な無色透明ではないのです。ですからそれを摘出すると、眩しくなるのは仕方ないのです。

虹彩縫合で効果があるかどうかを予測するために、虹彩付のコンタクトレンズを試してみてはいかがですか。それで現在の症状が改善されるのであれば、虹彩縫合も無駄にはならないと思います。リスクについては主治医にお聞きください。

でもまあ、まだ1年も経っていないのですよね。あと1年や2年は様子を見ても良いんじゃないでしょうか。(以下2/5追加)網膜も慣れると思いますし、心理的にも慣れてくるはずです。効果が有るかどうかわからない事を、危険を冒してまで急いでやる必要は無いと思いますが、いかがでしょう。

(2/6追加)虹彩縫合を疑似体験するために、名刺大の黒い紙を用意してください、名刺の片面をマジックで黒く塗っても構いません。その中心付近に直径3ミリ程度の丸い穴をあけてください。黒い面を目の方に向けて、その穴を通して見え方を確認してください。虹彩の位置とは違いますので、周辺視野がけられますから、なるべく目に近づけてください。その見え方が、虹彩縫合をしたときの見え方だと思ってください。・・・・・・期待した効果が得られましたでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-02-04 00:08 | 外傷