excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:網膜 ( 135 ) タグの人気記事

雨が降っているような


お世話になります。小学生の子供の目の症状につきましてのご相談です。 軽度の斜視があり、半年に一度、眼科にて検診を受けております。 それとは別に、本人曰く雨が降っているように見える症状(常に、ではないようです)と、テレビのザーザーしているような状態があるとのことです。

検診の際にもお伝えはしていますが、検査結果も異常なく、特に治療などは、していない現状です。 また、雨が降っているような状態は、斜視とは関連がないというようなお話でした。

視力は良く、プリズム眼鏡は時折目が疲れる時だけ使用しています。 この症状はこのまま、様子を見ていても良いものなのでしょうか。

ちなみに、一年ほど前、頭痛があったため、脳神経外科にて、造影剤なしの脳のMRIを撮り、異常なく綺麗な脳だと、言っていただきましたが、造影剤を使わないと分からないこともあるとの話を聞き不安があります。 ただ、お薬を使う検査は敢えてする必要があるのか、子供ということもあり、心配です。


をご覧ください。
網膜神経節細胞は常に自発放電しており、それを感じ取り雨が降っているように感じる人もあります。そういうものです。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-12-10 17:13 | 何かが見える

瞬間的飛蚊症


瞬きをして眼を開いた瞬間と、視線を急速に移動した時に右目の視野中央のやや左に、一瞬小さい影のような?ノイズのような?ものが見えます.そして瞬間的に消えます.場所は常に同じで、変わりません. 特に、暗い空間で、明るいところを見ているときに、顕著です.

片目・中央付近・影・残像」と似たような症状ではないかと思い、都内の有名な眼科の大きな病院に行きました. 散瞳して眼底検査したところ、なにも病的なものはありませんでした.一人はベテランの院長、もう一人は若手の先生の計2人に一週間空けてみてもらいましたが、同じ結果でした.そして一瞬見える影は飛蚊症の一つであると言われました.

飛蚊症というのは、ゆらゆらと揺れているものだとおもっていたので、驚きましたが、このような飛蚊症もあるのでしょうか?もし飛蚊症なら、どうして場所が変わらず、ゆらゆらと揺れていないのでしょうか? それとも上記の記事に、「片目だけとすれば、黄斑変性や網膜色素上皮剥離、脈絡膜新生血管なども視野に入れて検査をする必要がありそうです。」と書いてあるように、精密眼底検査をしても異常が見られないなら、OCTをするべきでしょうか?


一瞬の瞬きで見えるでしょうか。それでは見えなくて、しばらく目を閉じた後に開けた瞬間に見えるのでしょうか。前者なら飛蚊症の可能性は小さく、後者なら可能性大です。いわゆる飛蚊症は、硝子体中の濁り等が網膜に対して動いた場合に認識されます。ある1点を見つめた状態で一瞬の瞬きをした場合は、眼球が動きませんので硝子体の位置も変わらず、一瞬だけ見えるような飛蚊症は発生しないのです。目を閉じていると眼球は上転していることが多く、開けた瞬間に正面視になり、硝子体は大きく動きます。

本当に右目の視野中央の左でしょうか。それは勘違いで、実は右目の視野中央から15度ほど右ではないでしょうか。前者なら飛蚊症の可能性は小さく、後者なら可能性大です。右目の右15度付近、左目の左15度付近には盲点というものがあり、視神経乳頭の部分に視細胞がないことで、何も見えない部分になっているのです。実はその部分の直上の硝子体中に、胎生期の血管の跡形などの濁りがあるのです。それが眼球の動きで一瞬顔をのぞかせ、一瞬の飛蚊症となってもおかしくありません。

上の2つが共に飛蚊症の可能性小ならば、黄斑変性や網膜色素上皮剥離、脈絡膜新生血管なども視野に入れて検査をする必要がありそうですね。更に、網膜前膜、硝子体黄斑牽引症候群なども心配です。普通はそこまで考えてOCTをやると思いますが、本当に受けていないのでしょうか。症状を聞いて眼底を見ただけで、OCTは不要だと判断できるほど完璧に症状の原因がわかったのでしょうか。不思議ですが、診察をしていない当方には、これ以上のことは言えません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-11-12 17:34 | 何かが見える

覚醒時の視野中心の黒


朝、目が覚めると視界の中心が黒く、その周りに砂嵐が見えます。片目で見ても、両目で見ても、目をつぶってもみえます。しかし数分で収まります。日中はこのような症状は起きません。

飛蚊症を患っており、最近また眼底検査をしましたが異常なしと言われました。また閃輝暗点も患っておりその前兆でもないと分かるのです、この症状は何なのかと気味が悪いです。両目でも目をつぶっても見えるという事は脳の関係かもしれませんが、飛蚊症持ちであることや、失明の恐怖もあり質問いたしました。よろしくお願いいたします。


それで正常です。
をご覧ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-11-01 12:28 | 何かが見える

加齢黄斑変性のチェックシートで歪み


加齢黄斑変性のチェックシートで右目に歪み(中心部ではない)があったため、眼科で相談し、OCTや画像診断をしてもらったのですが、黄斑には異常がなく、様子見ということになりました。

2軒の眼科に見てもらったのですが気持ち悪く気になって仕方ありません。飛蚊症を目で追ってしまう癖で、視神経が疲れてしまったのでしょうか?

「飛蚊症を目で追っていると失明する」というような迷信を信じている人もあるようですね。そういう事をしても何も起こりません。好きなだけやって構いません。但し、目が痛くなるぐらい極限まで横を見るようなことを繰り返すと、視神経の根元が影響を受け、緑内障の原因になるかもしれません。

2軒の眼科で異常なしなら、きっと大丈夫ですよ。もちろん、2軒とも何かを見落としているという可能性も否定は出来ませんので、3軒目に行ってみるという選択肢もあるでしょう。でもそれじゃあ切りが無いですので。どこかで妥協しましょうよ。

加齢黄斑変性のチェックシート(アムスラーチャートですね)を見た時に、毎回100%全く同じように同じ場所が歪むのなら、確かに何かあるのでしょう。眼科でこのことを強く訴えましょう。しかしもし、場所や大きさや形が変わる事があるのなら、硝子体中の濁りの影響と考えられます。つまり飛蚊症の一種という事ですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-09-19 15:17 | 何かが見える

「思い切り寄り目」にする


明るい場所で目を閉じて、意識的に思いきり寄り目みたいに眼球を動かしますと黒い丸い影が見えます。目を閉じてるので見えると言うか、感じるというべきでしょうか? そのまましばらくその影を見るように集中して目を開けますと、その丸の形にモザイクと言うか、チカチカするのが見えるのをふと気づきました。

左右交互に目を閉じてみると両方同じように見えまして、2~3分したら消えました。ふと気づいたら、気になってしまい、何回が同じように試してみたら見えるんです。明るい光が入る所だと顕著です。普段の見え方に変化はないし、定期的に散瞳検査など検査はしていて、飛蚊症、光視症も生理的なものと言われてるので、病気を疑ってはないのですが、不思議な症状だなと思いまして。両目に見えるということは目ではないのでしょうか?


意識的に思いきり寄り目みたいに眼球を動かす様な事は、目に悪いと考えられますので、しない方が良いですよ。 そのようにすると何が起こるか考えてみましょう。
e0137559_17132436.jpg
右目を上から見た図です。この図を見ながらこれ以下を読んでください。
「思い切り寄り目」にするという事は、内直筋を極限まで縮めて眼球の左側を後へ引っ張り、眼球を左へ回転させることです。内直筋の付着部位では、眼球壁が外へ引っ張られるため、その下の網膜も引っ張られ、耳側の視野の端に丸い影が出現するかもしれません。

その時、外直筋は眼球の回転によってピンと張られ、眼球の壁を右側から押すことになり、網膜も外から圧迫されて、鼻側の視野に不思議な影が現れるかもしれません。

一方、視神経の眼球付着部位では、眼球が左に回転し付着部位は右に移動しますので、視神経を後ろから斜め左に引っ張るような形になり、視神経の付着部の左の網膜は圧迫、右は伸展され、それにより正面のやや右に変な影が現れるかもしれません。

こんなことをするとこんな症状が起こるというだけなら、それだけのことです。しかし、ここで重要なことは別にあります。このような機械的ストレスの繰り返しで正常眼圧緑内障が発生しやすくなるという報告があるのです。家電の差し込みプラグのコードの根元を繰り返し曲げたり伸ばしたり引っ張ったりしていると、いつか内部で断線してしまいます。それと同じ事が目でも起こり得るのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-08-07 17:14 | 何かが見える

硝子体手術後の残像感


左目の硝子体混濁のため、1ヶ月前に硝子体手術を受けました。 術中に眩しい光を見続けたせいかレーザー治療の為か、この1ヶ月、左目にだけ視野の中心に術中の照明のようなサイズ感の残像がずっと残っています。 主治医の先生には、聞いたことがないと言われたのですが、こちらで公開されていた2009年の記事に同様の症状の方の書き込みを見つけ、藁にもすがる気持ちで書かせていただきました。現在、原因など分かるようになっていたら是非お教えていただければと思います。お忙しい中お手数かと思いますがお返事心待ちにしております。


硝子体混濁が起こった元の病気は何でしょう。糖尿病性網膜症でしょうか。硝子体手術の方法はいかなるものでしょう。どれだけの部分を切除したのでしょう。網膜の内境界膜はどれだけの範囲を剥離したのでしょうか。どれだけの範囲をどれだけの強さでレーザー治療したのでしょう。また術後の眼内には何が残っているのでしょう。これだけの情報が与えられたとしても、その眼を術前から診ていない医師には、正解を導き出すことはまず不可能でしょう。つまり残念ながら、こういうところで質問する内容ではないという事なのです。

主治医、または手術した医師にお聞きください。自分が一番知っている、自分しか知らないのに「聞いたことが無い」はあまりに無責任です。もう少し食い下がってみるべきです。或いは見切りをつけて別の眼科を受診しても良いかもしれませんが、その症状の原因とか治療方法が見つかると期待しない方が良いでしょう。

で、推測です。術中の照明を集中して長時間当てすぎたために、照明の残像がいまだに残っているのかもしれません。そうしなければならないほど、眼内の混濁が強かったのかもしれませんし、難しい手術で予定以上に長時間になったのかもしれません。術前に黄斑浮腫があってそれが手術によって治ったからかもしれませんし、浮腫のなかった黄斑に術中術後に浮腫が起こっているのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-07-31 18:16 | 何かが見える

視界の端のモヤモヤ


4月に、白い壁に囲まれた部屋で、左目の目尻側の視界に縞模様のようなゼブラ柄のようなものがモヤモヤ見えることに気付きました。 その部分の視野が欠けていると言う感じはありません。 普通に生活している時には気になりませんが、見ようとすればいつでも見えます。 薄暗い部屋では光のようにも見えます。 白い壁などをぼーっと見つめるとはっきり見えます。 目をつぶっても外が明るければ見えます。 逆に真っ暗闇だと目を開けててもつぶっても見えないです。

眼科受診し、眼底検査や眼圧検査等行いましたが異常ありませんでした。 ただ見ようとすれば常に見えるしとても不安でこの事ばかり考えてしまいます。 眼科では何も言われなかったが脳に何か異常があるのでは?と怖いです… 気にしないようにするしかないのでしょうか?


別の眼科で診てもらった方が良いと思います。料金を払って説明を求めているのに、「異常ありません」だけで済ます眼科は駄目です。異常がないのに症状が起こっている原因の説明が抜け落ちています。

「異常ありません」という言葉が意味するのは「私に能力がないために異常を見つけることが出来ませんでした」または「あなたが、異常がないのに症状があるという錯覚をしている、または嘘をついている」という事です。別の眼科医が別の方法で見つけることが出来るかもしれません。

文面だけからは、真っ暗闇では見えないことを重視すると、硝子体混濁による飛蚊症で、特に心配ないように思います。しかし、網膜の端の方に僅かな剥離があった場合に、そのように表現できるような症状が起こっても不思議ではありません。念のために、ちゃんと説明してくれる眼科を受診した方が良いでしょう。また、異常なしと言われた場合に、「異常がないなら、どうして症状が出るのか教えてください」と言うことを忘れないように、心の準備をして受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-07-13 14:59 | 何かが見える

目の端の残像


3月ぐらいから、目を動かすたび、両目の端あたりで黒あるいはやや紫のような残像が見えます。形はよくわかりません。

はじめは光視症を疑いました。両目に見えたため、もしや中枢性光視症では無いかとも思いました。しかし、真っ暗な場所で目を動かしてもピカピカとは光りません。また症状も特に変化はありません。また、残像の色から白い壁を見て目を動かしている時の方が目立ちます。

飛蚊症は昔からあります。しかしここ最近急に増えたというわけでもありません。今回の症状は飛蚊症とは違う感じです。あまり以前は気にしていませんでしたが、最近やはり何の症状なのかは知りたいところであります。


目を上下左右に動かすと、視野の端の方は、白い壁が見えたり、瞼の皮膚に遮られて暗い状態になったりし、その部分に残像が現れます。瞼を背景に壁の残像が、或いは壁を背景に瞼の残像が見えるという理屈です。普通は誰もそんなことは感じないのですが、一度気にしてしまうと見え続けるのではないでしょうか。

飛蚊症とは違う感じという事ですが、飛蚊症にも色々あり、そのように表現されてもおかしくないような物もあります。その中には網膜剥離が原因の物もあるかもしれません。一度眼科で精密検査を受けてみた方が安心でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-05-18 11:44 | 何かが見える

湾曲して見える


軽度の緑内障があるため、2年ほど前から定期的に眼科へ通っています。他には、強度近視、飛蚊症、光視症などの症状があります。

6年ほど前に片目だけで縦線、横線、縦横の交差部分を見ると、やや湾曲していることに気づき、眼科を受診しました。
・右目で見ると、縦線がやや右に湾曲、線が交差する部分が完璧な直角に見えず、やや右寄りに 湾曲している。
・左目で見ると、縦線がやや左に湾曲、線が交差する部分が完璧な直角に見えず、やや左寄りに 湾曲している。
・アムスラーチャートで確認すると、見本のような真ん中の欠損や歪みはないが、凝視すると歪 んでくるように見える。
眼科を受診し、散瞳ありの眼底検査、OCT検査を受けましたが、変な膜もないし特に問題なしと言われ、それ以降気に留めていませんでした。

一週間ほど前に片目の見え方チェックをしてから、何となく気になりだし、眼鏡、コンタクト、裸眼(ぼやけるので至近距離で確認)でも確認しましたが、同じように見えました。 これは錯視の一種と考えてよろしいのでしょうか? 毎日見え方のチェックをしていたら、歪んで見えてくるような気がして、疲れてきています。 一か月ほど前に、飛蚊症が気になり、散瞳ありの眼底検査で特に問題ないといわれています。

毎年人間ドックでの眼底写真も受けてますし、緑内障のため時々視野検査とOCT検査も受けています。 (最後にOCT検査を受けたのは1年以上前ですが。) 来月に定期検査を受けに眼科へ行く予定なので、先生に質問してみようかと思いますが、錯視なのか眼に異常があるのか心配になってきています。 ちなみに、散瞳なしの眼底検査で黄斑変性症などはわかるものなのでしょうか?2か月に一度眼科へ通っているので、何か病気があったらわかるかな?と軽く考えていました。


錯視でもないし、目に異常があるわけでもありません。

視機能は10歳ぐらいまで成長し、網膜の各部と脳の各部の対応もその頃に完成します。網膜のある位置が刺激された場合は、脳も特定の場所が興奮し特定の位置に物が見えると判断します。この状態でアムスラーチャートを見ると、寸分の狂いも無くきっちり正確に見えます。と言うより、この時の見え方が寸分の狂いも無い正常な見え方だと脳は認識してしまうのです。

近視の場合、眼球は軸方向に延長し、近視が強くなっていきます。普通は、黄斑を中心にバランスよく延長し、網膜も全体に均等に伸展し、湾曲して見えるような事は起こりません。ところが強度近視の場合、必ずしも網膜が均等に伸展するとは限らないのです。例えば視神経乳頭を中心に延長した場合は、黄斑の耳側と鼻側で網膜の伸ばされ方に違いが起こり、見つめたものの右と左で長さが違って見えたり、連続したものが湾曲することもあります。網膜が伸ばされる程度が大きいほど、そこに写った物は小さく見えるのです。

具体的に、黄斑と視神経乳頭の間の網膜が伸展した場合、見つめたものの外側が小さく見えます。右目でアムスラーを見たと考えると、左の四角より右の四角が小さくなり、全体として連続して変化しますので、中央の縦線は「く」の字のように湾曲します。ご相談の表現がよくわからないのですが、この通りならこの説明の通りでしょう。

いろんな伸展のパターンがありますので逆のパターンも考えられます。また、眼軸長の伸び方によっては、網膜面の傾きが変わり、大きさが変わって見えることもあります。プロジェクターでスクリーンに映像を投影する時、斜めに投影すると大きく映ってしまうのと同じです。

ちなみに、散瞳なしの眼底検査でも黄斑変性症などは分かります。散瞳すればもっと分かります。OCTを使えばほぼ確実です。けれどもOCTを使っても診断しかねる所見もありますし、OCTを使っても判断できない医師も少なからず存在します。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-05-12 14:20 | 何かが見える

それ、白内障かも


今年1月頃より右目が全体的にぼやけています。視界全体がぼやけていて文字が読みづらく、薄暗いです。 夜のライトがぼんやり見えます。緑内障で見られる虹がかかったような感じではありません。左目は全く問題ありません。 右 -5.25、左 -4.75の近眼。乱視はほとんどありません。眼圧は両目とも19mmHgで正常範囲内では少し高め。 矯正視力は1.0出ていますが、ぼやけているので実際はかなり見にくいです。両眼ならカバーしているので問題ありませんが…

眼底検査⇒コーヌスに若干の視神経萎縮あり。ただし、近視の人にはよく見られる現象とも言っていました。 視神経乳頭陥凹拡大はないようです。
OCT検査⇒右目に網膜が弱い部分?が一部あるようです。 赤く表示されていました。
視野検査⇒右目の右下部分(耳側下)が欠けています。欠けているというよりぼやけていて見えない感じです。先天性で盲点が少し大きいのかも?と言われました。
その他⇒当初ドライアイの症状がありましたが、これはジクアス点眼にて傷も完全に綺麗になっています。

眼科は2軒受診しましたが、これといって原因が分からず、「緑内障の疑いあり」と診断され、定期的に視野検査を行って治療方針を決めていくことになりました。 ここで疑問があるのですが、
1.全体的にぼやけているのが気になります。視野が欠けている部分だけがぼやけるなら分かるのですが… コーヌスに若干の視神経萎縮ありと言われましたが、これが原因なのでしょうか?
2.気のせいかもしれませんが、比較的よく見える瞬間があったり、調子が悪かったり1日の中でもコロコロ症状が変わります。視神経がダメージを受けている場合にこのようなことはありますでしょうか。以上、宜しくお願い致します。


緑内障で虹視症が起こるのは特殊な場合です。緑内障発作とかポスナーシュロスマンとかで、緑内障の方の99%以上はそのような経験をしません。また、ご質問の中の視神経萎縮と言うのは、近視によくみられる網脈絡膜萎縮の間違いでしょう。

1.当方の考えている網脈絡膜萎縮では、全体にぼやける原因になりません。メール通りの視神経萎縮だとすれば起こりうることです。

2.視神経の病気や緑内障では、コロコロ症状が変わるようなことは、普通は起こりません。人によっては、そう感じることもあるかもしれませんが。 明るさによって見え方が変わるとすれば白内障かもしれません。白内障全てがそうなるという事ではなく、濁り方によってそうなる場合があるという事です。次回受診時に「白内障はないでしょうか」と聞いてみてください。但し、「ネットで眼科医にアドバイスを受けたのですが・・・」というような事は、口が裂けても言わないように。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-04-06 09:44 | 白内障