excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:水晶体 ( 6 ) タグの人気記事

可能性は無限ですが


「今年1月頃より右目が全体的にぼやけています。」で質問させていただいたものです。お返事ありがとうございました。「白内障かもしれない」ということですが、若年性白内障の可能性もあると思いますので、次回、診察の際に聞いてみます。「ネットで眼科医に~」などとは決して言いません。

また、以下の可能性はありますでしょうか?
・脳の病気。 MRI・MRAを撮らない限りは分かりませんが、片目だけぼやけることはありますか?
・眼精疲労。さすがに3ヵ月もぼやけたままなので違うような…。
・加齢によるもの。近くだけでなく遠くもぼやけているのでこれも違うと思ってます。
・精神的なもの(心因性視力障害)子供だとあるようですが。大人でも発症しますでしょうか?


ここで、あれこれ想像をしてみても仕方がないでしょう。眼科医はプロフェッショナルです。あらゆる可能性を考え、診察によって一つ一つ潰していくのです。気長にやるしかないでしょう。

当方は診察をしていませんので、あらゆる可能性があるとしか言えません。その内、一番疑わしいと感じたのが白内障なのです。視力が悪くなく、一見白内障は無いように見えても、コントラスト感度が低下しているのかもしれません。左右の水晶体を注意深く比較すれば判ります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-05-09 11:47 | 白内障

白内障の症状かも


先日白い影が見えることで相談したものです。白い影は日当たりのいい所でのみあって、細眼をするとよく見えます。影自体は動きませんが、その影の中でも糸くずのようなものは見えています。

飛蚊症自体は、中学生くらいの頃からあり、眼科では特になにも言われませんでした。 また定期受診しておいたほうがいいでしょうか?


動かない影が状況によって見えるのなら、もしかしたら白内障の症状かもしれません。水晶体の濁り方によっては起こりうることです。定期受診が必要かどうかは、実際に眼科受診して相談してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-04-04 12:05 | 何かが見える

放射状に光の線が拡散


一ヶ月ほど前から、夜、電灯や車のライトなどの光を見ると、その周囲がぼやけたり、放射状に光の線が拡散したように見えます。レーシックの後遺症や、白内障の症状の一つというハロ・グレア現象と全く同じ様な感じです。ネットで画像検索をかけて出てくる、まさにそのような状態です。(変形・拡散する形は微妙に違いますが、ほぼ両目同時進行しています)

しかし、レーシックはしたことがありませんし、白内障というのも考えづらい気がするのです。視界の白っぽさも(今は)感じません。ドライアイや眼精疲労の可能性についても、目が霞んだり痛いということもありません。視力は両目1.0はあり、乱視が原因ということもないと思います。

なにより、二ヶ月~半年ほど前までに三度眼科を訪れており、少なくともその時は異常は無いとのことでした。診てもらったのは半年前に右目下部の視野欠損に気づいたためで、その時は先天性の低形成と診断されました。その後の二回は、進行していないか不安になり視野検査をさせて頂きました。結局、変化は無く気にしすぎだったのですが。また、視力の低下も感じてはいますが、気のせいだと強く言われれば信じてしまいそうな程度です。

やはり、白内障が一番疑わしいのでしょうか。そうだとすると、その白内障自体は一体どんな原因が考えられるでしょうか。もしくは、ここに上げた以外の病気の可能性もあるのでしょうか。緑内障や、網膜色素変性症でこのような症状が出てくることもありますか?
長くなってしまい申し訳ありません。ご回答、是非とも宜しくお願いします。


症状が出てから眼科受診されていないようですので、まず眼科受診することですね。僅かな知識を駆使しても、プロに一度見てもらうのには到底及びません。白内障でも緑内障でも、ドライアイ、角膜炎、ぶどう膜炎、結膜炎などでも、或いは異常なしでも、その程度の症状が出る可能性はあります。思い悩んでいても時間の無駄です。

また受診時には、疑問点は全部診察した眼科医に聞いてください。受診して説明を受けて納得して帰宅後に出てきた疑問は、診察をしてない眼科医にメールで聞くより、診察した医師に直接電話で聞いてください。

ところで水晶体はこういう構造になっています。星を見た時に6本の放射状の光芒が見えるのは、この構造のせいなのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-12-20 12:33 | 何かが見える

乱視と感じるような症状


強度近視のため、普段より2カ月に一度の頻度で、眼底検査を受けています。今年の1月ごろに受けた眼底検査の翌日、なんか右目が見にくいなあ、と思いましたが、眼底検査の目薬は、数日その効果が続く場合もあるということで、そのままにしており、その後も2カ月ごとに検査を受けておりました。

しかしながら、右目の様子が一向に変化なく、8月ごろに、いつもの眼科の先生に「1月の検査以降、乱視のような物が二重に見える症状が治まりません。」と話したところ、「薬が効きすぎたかな」とおっしゃられ、いつもの眼底検査に加えて、眼球に直接検査用のレンズをくっつけて中を見る検査もおこなってもらいました。結果は、「しばらく様子をみましょう、特段の変化は見られないので」とのことでした。さらに聞きましたが、「まあ、これは言ってもしょうがないんだけど、やっぱり近視が強いからね。」とのことでした。

また、いつもメガネを作っているところでも、この乱視の症状が出た後で訪れたところ「近視の度数は変わっていないですね。乱視の度をいれてもあまり変化ないということは、ちょっと矯正しにくいのか?」ということでした。

もともと右目は左に比べて乱視が強く、それでも今まではメガネでほとんど矯正できていたのです・・・、かなりつらく、乱視が矯正されている左目で主にみているような感じです。見え方は、本来の画像に、水平方向にずれて薄い画僧が見える、倒乱視的な感じです。遠くも近くも二重に見えます。

質問ですが、「乱視はほおっておくと、この年齢からでも斜視になるのか?」、「メガネ等できちんと矯正しないと、さらにひどくなるのか?」、「乱視の原因には、角膜や水晶体の他にも網膜の新たな疾患等でも症状がでてくるのか?」といったことです。


前提が間違っています。「乱視」でなく「乱視と感じるような症状」です。

>「乱視はほおっておくと、この年齢からでも斜視になるのか?」
なりません。斜視は眼球を動かす筋肉の問題で、乱視とも今回の症状とも無関係です。

>「メガネ等できちんと矯正しないと、さらにひどくなるのか?」
メガネは無関係です。メガネには病気を進行させたり、眼球を変形させるような作用はありません。

>「乱視の原因には、角膜や水晶体の他にも網膜の新たな疾患等でも症状がでてくるのか?」
乱視様の症状なら網膜の疾患でも起こるかもしれませんが、ちゃんと検査を受けていますのでおそらく無関係でしょう。

「乱視」にとらわれていては答は出ません。「薬が効きすぎたかな」という眼科医の言葉からすると、瞳孔がやや大きくなっているのではないでしょうか。その場合、水晶体の歪みとか濁りの影響が現れます。

人間の水晶体はカメラに例えればレンズに当たります。しかし、それほど精度の高い物ではないために、水晶体の中心付近を通った光は正しい像を結ぶのに、周辺部を通った光は歪んだり滲んだりします。精密に作られた光学レンズでも、何枚も組み合わせなければ歪みや滲みを完全に取り除くことは出来ません。これを収差といいます。

水晶体は発生のメカニズムから3つ或いは6つに分かれており、光点を見ると「*」のような光芒が見えます。また、加齢に伴って部分的に硬くなってきて、屈折率も変わってきます。屈折率の違う部分を通った光は網膜上にずれて投影され、二重に見えることになります。また、水晶体の濁りである白内障も周辺から発生してきます。

瞳孔が小さいと水晶体の「おいしい」ところだけを光が通りますので、鮮明な像を見ることが出来ます。ところが、瞳孔が大きい状態では水晶体周辺部を光が通るため、収差や屈折率の影響を受け、乱視様の見え方が起こっても不思議ではありません。もちろん、白内障が進んでくると小さい瞳孔でも症状は出ます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-11-24 09:42 | 視力・斜視

夜、光が伸びて見える


夜間、街灯や蛍光灯を見ると光がビヨーンと伸びて見えるのですが何かの疾患でしょうか?

また数ヶ月前に網膜裂孔のレーザー治療を受けた事と関係あるのでしょうか?


人間の水晶体は、均一な材質のレンズではなく、透明な繊維を集めて固めたようなものだと思ってください。しかも、ところどころ濁りがあったりします。それで回折などの影響でそのように見えたりします。星が「星型」に見えるのもそのせいです。レーザー治療とは関係ないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-03-12 23:57 | 何かが見える

虹彩縫合が必要かどうか


はじめまして30代女性です。よろしくお願いします。
1年近く前に外傷で目を怪我し、前房出血に伴い続発性緑内障・虹彩離断がおきました。外傷性白内障・後発白内障にもなり手術を終えました。虹彩の上部、円周の1/4近くが切れ動きません。下部はごく弱くですが縮んでいます。現在、特殊加工した色付のメガネをしています。ですが、これでも辛く感じる時もあり、何より色付メガネをした自分の姿が嫌になったりします。後発白内障術後、特に暗順応が鈍いと感じる時が多くなりました。

白内障手術をしていただいた先生に相談したら、虹彩縫合という方法もあると言われ考えています。ただ、暗い所で少し見えにくくなる可能性はあると言われました。また、反応については変わらないと言われました。

他にもリスクがないか心配になり、他の病院でも聞いたりしましたが、感染症や稀に手術の影響で網膜剥離や緑内障になる可能性もあるので慣れた医師を選ぶようにという先生もいらっしゃいました。また、網膜が慣れる場合もあるし、縫合自体ゆっくり考えたらという先生もいらっしゃいました。網膜に弱いところがあるので虹彩縫合を考えているならレーザーを当てた方がいいといわれ、先日レーザーを当てました。担当の先生は慣れた医師かどうか判りませんが、虹彩縫合の数自体は少ないし、やって良かったと明確に答える人も多いとは言えないし、術後眼底になにかあれば縫合をはずすこともある言われました。

白っぽく眩しいのを減らしたい、普通のメガネやコンタクトに変えたいという気持ちは変わらないのですが、現在、縫合手術が少し怖くなり躊躇しています。やはり虹彩縫合は効果があるかどうかわからないものなのでしょうか。リスクも多いのでしょうか。


「白っぽく眩しい」という現在の症状が、確かに外傷による虹彩の欠損によるものでしょうか。症状の一部分(もしかしたら大部分)は、水晶体摘出による症状ではないかなと思うのです。

水晶体は年齢とともに徐々に変色し、茶色っぽくなってきます。年配の方の白内障を手術すると、皆さん「青白く眩しい」「違う色に見える」と仰います。30代であっても水晶体は濁っています。白内障でなくても、完全な無色透明ではないのです。ですからそれを摘出すると、眩しくなるのは仕方ないのです。

虹彩縫合で効果があるかどうかを予測するために、虹彩付のコンタクトレンズを試してみてはいかがですか。それで現在の症状が改善されるのであれば、虹彩縫合も無駄にはならないと思います。リスクについては主治医にお聞きください。

でもまあ、まだ1年も経っていないのですよね。あと1年や2年は様子を見ても良いんじゃないでしょうか。(以下2/5追加)網膜も慣れると思いますし、心理的にも慣れてくるはずです。効果が有るかどうかわからない事を、危険を冒してまで急いでやる必要は無いと思いますが、いかがでしょう。

(2/6追加)虹彩縫合を疑似体験するために、名刺大の黒い紙を用意してください、名刺の片面をマジックで黒く塗っても構いません。その中心付近に直径3ミリ程度の丸い穴をあけてください。黒い面を目の方に向けて、その穴を通して見え方を確認してください。虹彩の位置とは違いますので、周辺視野がけられますから、なるべく目に近づけてください。その見え方が、虹彩縫合をしたときの見え方だと思ってください。・・・・・・期待した効果が得られましたでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-02-04 00:08 | 外傷