excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:斜視 ( 15 ) タグの人気記事

子供の外転神経麻痺


はじめまして、中学生の子供の症状です。 左の眼球が中央から左(外側)へ動きません。

顔を固定で以下の状態です。 目だけで右を向くと左右の眼球が右へ正常に動作します。 目だけで左を向くと右目は正常、左目は黒目が中央から全く左に動きません。

症状は幼少期からありましたが、本人が不都合を自覚せずだったため現在に至りました。 左を向くと人が2重になると言い出したことで今回の相談に至りました。 何か該当の症例があればアドバイスいただきたくよろしくお願いいたします。


左目の外転神経麻痺という状態です。幼少時からあったのなら急を要するものではないと思いますが、念のために眼科受診してください。

急に発症したものならば、脳の血管障害とか脳腫瘍とかが心配ですが、先天性の場合はデュアン症候群が疑われます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-03-23 16:13 | その他の疾患

調節性内斜視


もうすぐ3歳の子供です。調節性内斜視と診断され、眼鏡をかけています。眼鏡の処方箋を見たところ、両目とも+6で、強めの遠視だと言われました。現在眼鏡をかけ始めて1週間です。斜視の頻度は、眼鏡をかける前はたまになる程度だったのが、眼鏡をかけるようになってから斜視の頻度が酷くなりました。

質問1.これは、良い兆候なのでしょうか?また、これから先もずっと、裸眼だとずっとこの頻度で斜視が起きるのでしょうか。

質問2.遠視は成長と共に度数が下がると言われていますが、+6という強度遠視から+1や+2くらいまで下がることはあるのでしょうか。

質問3.強度遠視の場合、やはり一生眼鏡なのでしょうか。もう素顔を昼間に見ることは出来ないのでしょうか。遠視の度数が下がれば斜視がなくなり、眼鏡を卒業できる、と思っているのですが、+6の強度遠視だとそんなに劇的に度数が下がることはほぼないのでしょうか。


近くを見る時には、人間の目は二つの作業を同時に行います。一つ目は、左右それぞれの眼の中で、近くにピントを合わせるために毛様筋を収縮させ水晶体を分厚くします。これを「調節」と言います。二つ目は、左右の目を内側に寄せるために、眼球を内側に回転させる内直筋を収縮させます。これを「輻輳(ふくそう)」といいます。調節と輻輳がセットになっているのです。

正視の場合、1メートルの距離の物を見る時には、1ジオプターの調節をすることでピントを合わせることが出来ます。それと同時に1メートルの距離に見合うだけの輻輳をします。1ジオプターの調節と、1ジオプターに見合うだけの輻輳が同時に起こります。

+6ジオプターの遠視の目を考えましょう。正視の人が遠くを見る場合、必要な調節は0ジオプターで、輻輳もゼロで視線は平行です。ところが+6ジオプターの遠視の場合、遠くにピントを合わせるためには、6ジオプターの調節が必要です。同時に自然に6ジオプター分の輻輳が起こってしまいます。計算してみましょう。正視の眼が6ジオプターの調節をすると、100÷6=16.666、約17センチの距離にピントが合います。つまり、6ジオプター分の輻輳というのは、17センチの距離の物を見る時に起こる程度の寄り目なのです。

指先を目の前17センチにかざして見つめてください。指が1本に見える時、背景は完全に2重になっていますね。これが、+6ジオプターの調節性内斜視の人が遠くにピントを合わせた時の「複視の」見え方です。両目が見えていると脳が混乱しますので、片目の視力が抑制されて片目しか見えなくなります。

回答1 眼鏡をかけるようになってから、裸眼時の斜視の頻度が酷くなったのですね。今まで調節もせずに、つまりピントを合わせる努力をせず、ぼーっとした状態で世の中を見ていたという事じゃないでしょうか。ピントを合わせると、2重にはなっても鮮明に見えることを脳が認識しているのでしょう。良い兆候ではないでしょうか。

斜視の頻度ですか。調節と輻輳が完全に連動しているならその通りかもしれません。しかし、緩い遠視で調節性内斜視が全く起こらないことを考えると、完全に連動はしておらず状況によって変わってくるものと考えられます。

回答2 少しは下がるかもしれませんが、そこまでは無理でしょう。

回答3 コンタクトレンズがありますよ。コンタクトレンズでも調節性内斜視に対して同様の効果が望めますが、小さいお子さんの場合はレンズ装着自体が無理ですので、眼鏡しか話題にならないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-10-30 15:41 | 視力・斜視

「外側に寄る」とは


はじめまして。相談なんですが、モノを見てると眼球が外側に寄ります。

人から、どこ見てるのか、ちらちら見てくるなと言われます。大きい病院で診てもらっても、異常がないと言われました。 何が考えられますか?


「外側に寄る」という事は、左右の眼球が離れるという事ですよね。外斜位または間歇性外斜視が考えられます。病院で症状が出なかったのなら間歇性外斜視でしょうか。「どこ見てるのか」と言われるのなら、きっとこれでしょう。但し、小さい鏡で自分の眼を観察すると、異常がなくてもそういう風に見える場合があります。

「外側に寄る」というのが、単に、見ようとしているもの以外を両眼で見てしまうという意味でしょうか。それなら、「集中力がない」とか「見つめているもの以外が気になる」というような、精神的な問題でしょう。「ちらちら見てくるな」と言われるのなら、これだと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-05 14:17 | 視力・斜視

下斜筋過動か


複合斜視で外斜視で上斜視です。外斜視で上斜視なので基本逸れる方向は斜め外なのですが、寄り目の練習をしているときや、眼の内側にちょっと意識して力を入れてみた時、本当に希にですが、眼が内側斜め上に一瞬逸れる事がありますがこれは気にしなくて良いのでしょうか? 寄り目はあまりできなくて、真ん中より少し内に動かせるかどうかというのが普段なのですが、練習中時々、クッと内に入ることがあります。内に引き寄せようとしているのだからそれはいいことなのですが、そうなった時に眼が上に行くということです。 非常に希に、内側に力を入れてる自覚が無くても、内気味の上のこともあるみたいです。無意識に力が入っていた場合もあると思いますが。

もうひとつ、眼圧について。本日、霰粒腫が気になり眼科を受信したところ、風を当てる機械で眼圧が25、21と出たようです。 私はどうも風を当てるのが苦手で、風が当たった瞬間にビクッとおでこが離れてしまいます。 以前に別の眼科で測った時も風で測るやつでは高めに出ました。その時の数字は聞いていませんが、そのときは、目に直接触れさせて眼圧を測るやつだと両目17で問題なしでした。 今日は眼科も違ったのでそれはやっていません。風を当てるタイプの誤差は結構おおきくでる場合もあるのでしょうか?


下斜筋過動という状態でしょう。気にする必要はないと思いますが、これが現在のその眼にとって本当に問題がないかどうかは、主治医にお尋ねください。

眼球を動かす筋肉は6本あり、上直筋・下直筋・内直筋・下斜筋の4つは動眼神経が、上斜筋は滑車神経が、外直筋は外転神経が動かします。寄り目にしようとすると内直筋を収縮させるために動眼神経が働きますが、力を入れすぎると、同じ動眼神経で動いている下斜筋が動きすぎるのでしょう。

眼圧計についてはその通りです。何度も書いていますのでそれをお読みください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-24 12:11 | 視力・斜視

斜視と鏡


恒常性斜視で2度、幼少期に手術をしています。上斜視と外斜視の複合です。両眼視は基本あまりできていませんが3Dは完全な平面にしか見えないわけではありません。より目は出来ませんが鼻のあたりに力を入れると不完全ながら自分の意志で正眼に近い状態まで戻すことが出来ます

最近飛蚊が出てきたために目の事を気にするようになり気づいたのですが、手鏡を自分の顔のすぐ近くまで寄せると斜視が強く出ます。

両親や昔からの友人が言うには、真っ直ぐではないけれど鏡で見てる時ほど強く出てないから気にしないでいいと言います(私の後ろに立って、鏡で大きく外れた状態を見てもらいました)

確かに鏡でも、顔から離していくと斜視はありますが目立たない程度になります。ですので他人と話すときはもっと距離があるので現状、さほど目立たないのは間違いないとおもいます。

飛蚊の件で眼科を受診した時そのことを少し話してみると、「多分、上に上がってから外に行くから、気づいたら気になるんだと思うけど、上斜視は基本ほとんど悪化しないし、外斜視も、悪化していくとしても十年とかそんな感じでゆっくりとだし20年経ってこれなら、この先数年で悪化するとは思わない。」とのことでした。

質問1 上斜視は悪化しないのでしょうか?

質問2 鏡で特に斜視が強く出るのは何故ですか?距離の問題?だとしたら普通の眼鏡をかけるだけでも違うのでしょうか?

質問3 外斜視が数年で目に見えて悪化する可能性は低いですか?悪化を防ぐためにできることはありますか?


斜視が悪化するかどうかは、眼科で言われた通りだと思います。なるようになると考えるべきでしょう。悪くなったら再々手術という手もありますよ。

鏡の件は錯覚でしょう。鏡を使って良い方の目で外斜視の目を観察するとそうなるのです。普通の外斜視の場合、左右の目は常にある角度離れていると考えてください。意識して力を入れればある程度寄せることは可能でしょうが、限度があります。それが斜視というものなのです。

例えば異常のない右目で5度外斜している左目を観察するとします。左目は斜視弱視ですからよく見えていません。認識できるのは右目からの情報だけです。

鏡が遠い時は左目は5度(と、もう少し)外を向いているように見えます。

鏡を徐々に近づけましょう。顔の前10センチぐらいまで近づけた時に、右目で、鏡に映った左目を見るためには、20度左を見る必要があります。

その時左目は、右目と同じく20度左を向いているのです。他人が観察すると、元の斜視角の5度と合わせて25度も外斜しているように見えます。

それではその時、鏡越しに右目からはどう見えるか。鏡を通して右20度の方向から、正面から25度外斜した左目を観察することになり、なんと45度も外斜していると感じるのです。眼鏡の有無は関係なしです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-06-13 17:57 | 視力・斜視

目が勝手に動いてしまう


5歳の子供のことについてです。

以前より、保育園の先生の方から「視線が合いにくい」「どこをみているかわからない」という指摘を受けていました。子供いわく「目が勝手に動いてしまう」と言っています。

実際、全く視線が合わないのでなく、最初は合っているものの、すぐにそれる(そらす?)。「目を見て」と言うと、上目遣いのような、横目遣いのような不思議な視線で一生懸命こちらを見ようとしていますが、視線(眼球?)は、こちらを向いていません。が、子供としては一生懸命こちらを見ているようです。

1歳前から内斜視?(間接性斜視?)と思えるような視線がおかしい時があったこと、(これは、1歳半健診、3歳健診でも異常はなく、また、個人的に2~3歳の間に定期的に受診した小児専門の眼科でも 異常は言われませんでした。) 3歳頃から、ストレスが来ると瞬きが頻繁にあること、などから、精神的なものか、発達的なものか、目の異常からくるものか、何かよくわからずにいます。

ここだけの内容で、お答えいただくには難しいとは思いますが、よろしくお願いします。


どちらか一方の目だけが横を向いているのなら斜視ですが、視線が逸れるのは両目ですよね。

「1歳前から内斜視?(間接性斜視?)と思えるような視線がおかしい時があった」ということですが、それはおそらく偽内斜視と言われるもので、顔の向きによって内斜視に見えるだけです。ですから、以前から斜視は無かったと考えて良いでしょう。

「2~3歳の間に定期的に受診した小児専門の眼科でも 異常は言われませんでした」ので、眼科疾患は除外して考えて間違いないでしょう。つまり「精神的なものか、発達的なものか」の可能性があるということです。「ストレスが来ると瞬きが頻繁にある」というのも、何かのサインかもしれません。これ以上のことは眼科医にはわかりません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-03-06 11:20 | その他の疾患

斜視(?)による複視


数年前から斜視による複視に悩んでいます。近視もあります。 プリズムレンズのメガネをかけて生活していますが、この1,2年の間は車の運転を控えるなど生活しづらく、改善方法がないか悩んでいます。 

家の中でメガネをかけていてもカレンダーやテレビのテロップなどは、直感で推測して読んでいます。家族の顔なども、すべてが重なり、どこにもピントを合わせられません。 このままの状態でまだ先の長いかもしれない人生を過ごすのは、大変つらいと感じています。 

幸いにも、視力が両目とも0.1以下のため、裸眼で間近のものを見ること・ぼんやりとすごすことには、なにも問題はありません。 かかりつけの眼科では、メガネ以外に改善方法はなく、レンズも今のままでよい、とのこと(9月の診察で)。  診察が必要なら、ぜひ見ていただきたいと思っています。 それとも、この程度なら、特別につらい症状とは言えないのでしょうか?


どんな斜視でしょうか。外斜視でしょうか。外斜位でしょうか。或いは内斜視でしょうか。数年前からということは何か原因があるのでしょうか。プリズムレンズということですが、そのこととピントが合わないのは別です。両眼視が出来ていないのであれば、プリズムの強さを変えると改善するかもしれません。

「裸眼で間近のものを見ることには、なにも問題はありません」ということは「開散麻痺」なのでしょうか。もしそうであれば、脳の疾患の可能性もありますので、脳神経外科のある病院の眼科を受診する事をお勧めします。

でも、まずやるべきことは、今までの経過を含めて一番情報を持っている現在の眼科で質問して、納得できるまで説明してもらう事です。別の眼科に行っても、一から調べなおす必要があるため、相当な手間と時間がかかると思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-11-26 14:28 | 視力・斜視

斜視手術についての疑問


斜視についての相談です。

斜視は、軽い場合(物の見え方には問題がない場合)は手術をしてもらえないと人に聞いたのですが、本当でしょうか?

目つきのことで(少し両外向き)、かなり精神的にまいっています。リスクを十分覚悟のうえで、保険を使わなかったとしても、やはり手術はあり得ないことですか?教えてください。お願いいたします。


まず、眼科医以外の言う事は完全無視でお願いします。そして、診察をしていない眼科医の言う事も本気にしてはいけません。

それが本当の斜視かどうか、手術が可能かどうかは、眼科医が診察しないとわかりません。このメールの情報だけでは正直言って全く何もわかりません。仮に「斜視」というのが確かだとしても、その原因、種類、程度など不明だらけです。一般的な「斜視」の手術適応について書くとしても、分厚い本を何百ページ分も書き写さなければなりませんし、それがあなたにあてはまるとも限りません。

「リスクを十分覚悟のうえで、保険を使わなかったとしても」とはどういうことでしょうか。どんな手術になるかわからないのにリスクの話はないでしょう。それに、斜視手術は保険適応です。

不確かなものに惑わされず、確かなものを得るための努力をする」よう心がけてください。具体的には、斜視の手術を多く手がけている病院を探し、そこを受診するだけです。もし現在、健康保険をお持ちで無いとしても、診察を受けて説明を受けても1万円以下だと思います。手術を受けるかどうかは相談して決めてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-03-12 11:52 | 視力・斜視

間欠性外斜視


「間欠性外斜視」(裸眼両目0.05、矯正後1.2、斜視近視と乱視有り、両眼視機能有り、普段は眼鏡使用)です。眼鏡等をかけることでだいぶよくなるとのことで、訓練を進められています。

最近気になるのですが、眼鏡をかけて鏡を見るとどこを見ているか分からないような表情になります。洗面台の明かりをつけている鏡でそう感じます。他の鏡で見ると焦点は合っているのですが・・。目を気にするあまりそう感じるのか、どういうことなのかよく分かりません。また普段、自分自身が分からないだけで他人から見ると常にどこを見ているか分からない表情になっているのか、とても気になります。精神的に参っているので、手術した方がよいのではと悩んでいます。どうかアドバイスを頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。


現在かかられている眼科が、斜視の診療やその手術の経験豊富な眼科ならば、そこでご相談されるのが最善でしょう。そうでない(当院もこれにあたります)ならば、そういう病院を紹介してもらってください。このメールの内容(主治医が知り得る情報の100分の1程度か)だけで適切なアドバイス(特に手術の是非)をすることは無理です。それくらい難しい内容なのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-03 22:55 | 視力・斜視

前を向いているのに目が右の方を向いている


約1年前ぐらいから、下を向くとまぶたが下がるみたいで目が死んでるとよく言われます。

最初は目の疲れからくるのかなと思ったのですが、最近になって下を向くとまぶたが重く感じるようになりました。あと目がよく疲れたり、まぶしさを感じたり、先日前を向いているのに目が右の方を向いているとも言われました。さすがに何かあると思い眼科に行こうと思ったのですが、そんな病気はないし無駄だから行くなと親に言われてしまい行けません。

こういう症状の病気ってあるんですか?教えていただけるとありがたいです。


「前を向いているのに目が右の方を向いている」というのが解らないのですが、その時は前を見ていたのでしょうか、右を見ていたのでしょうか。両目でしょうか、片目でしょうか。ただの勘違いかもしれないですが、もしかしたら右目の外斜視かもしれません。あるいは脳外科的な病気が潜んでいるのかもしれません。

また、重い、疲れる、眩しい等はアレルギー性結膜炎とかドライアイとかの症状である可能性が高いです。無駄かもしれませんが眼科受診をお勧めします。きっと無駄にはならないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-23 23:14 | その他の疾患