excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

遠視も乱視も強くは無く弱視でもない


もうすぐ5歳になる子供です。4歳で遠視性乱視による弱視とのことで、眼鏡を作りました。 眼鏡の度数は右がS(球面)+2.0、C(円柱)-0.50、A(軸)160、PD(瞳孔間距離)50mm、左がS+2.0、C-0.75、A5でした。 処方箋には右目視力が遠見、0.4近見0.7、左目視力0.4近見0.7と書かれていますが、もう少し見えていたように思います。

眼鏡を作ったのが今年の2月ですが8月の視力検査では、右目裸眼視力遠見0.9近見1.0、左目裸眼視力遠見1.0近見1.0で眼鏡着用の場合は両目とも遠見1.0、近見1.2でした。12月の視力検査では裸眼視力で両目とも遠見1.2、近見右目が0.6、左目が0.6で気分が乗らなかったので眼鏡をつけての検査はもちませんでした。

寝るとき以外は装用を指導されているのですが、幼稚園ではプールや体育教室があるため着替えも多く、外したり、レンズを触ったり、壊したりで、担任の先生に眼鏡の管理までお願いするのが申し訳なくて、平日は家庭にいる間と土日しか装用できていません。

12月の結果がよくなかったからか、もうすぐ5歳だからということからか、眼科の先生から幼稚園で製作をしたり本を読んだりもするし、過ごしている時間も長いので寝ている時間以外はかけるように指導されたのですが、なかなか難しいのが現状です。ちなみに本人がいうには眼鏡の方が見えにくいそうです。かけたくなくて言っているのかもしれません。

眼鏡をかけていてもかけなくてもテレビとの距離は注意しないと近いです。本人の眼のために最善を尽くしたいと思っております。視力的に必要ならば担任の先生に相談するつもりでおります。

そこで上記の結果は眼鏡が必須の状態なのでしょうか?またいつごろまでかけることを想定されるものなのでしょうか。長くなるのなら腰を据えて本人にかけるよう何度も説明していこうかとも思います。またかける場合、現状の、家庭にいる間ではよくないのでしょうか?自分で調べた限りでは眼鏡をかけたりかけなかったりはかえって視力が不安定になるとのご意見もありどうすればいいか途方に暮れています。よろしくお願いいたします。

R)S+2.0D=C-0.5DA160°
L)S+2.0D=C-0.75DA5°
の眼鏡を処方されて、0.4だった裸眼視力が1年弱で両眼とも裸眼1.2なのですね。いったいどこが「12月の結果がよくなかった」のか甚だ疑問です。遠見をまず測定してその後近見を測定する場合、気分が乗らなければ悪くなるという事はよくありますよ。

遠視も乱視も強くは無く、調節性内斜視も無く、なおかつ視力も順調に良くなっています。しかもそれは、家にいる間だけ眼鏡装用した結果ですから、今後もその方針で視機能は成長していくと思われます。もちろん眼鏡は必須で、裸眼視力が良くなったからと安心して全く装用しなければ、元に戻ってしまう可能性もあります。

現在の眼科への通院は続けたいのでしょうか。それならば、指示通り装用を続ければ問題なく視機能はさらに成長し、10歳ぐらいで眼鏡を外せるようになります。眼鏡を外せるというのは、眼鏡を掛けなくても完璧に見えるようになるという意味ではなく、眼鏡を掛けなくても矯正視力が低下する心配がなくなるという事です。遠視も乱視も強くは無いですので、裸眼1.5、矯正2.0ぐらいになるということです。「本人の眼のために『最善』を尽くしたい」のであれば、無理をしてでもそれに従ってみてはいかがですか。

「眼鏡をかけたりかけなかったりはかえって視力が不安定になる」というような目のことを知らない人が考える一般論、しかも間違った一般論は無視してください。テレビの距離はどうでも良いです。子供がテレビに近づくのは当然です。で、具体的にどうしたら良いかというと、次の3つのどれかでしょう。どれを選択しても結果はおそらく同じでしょう。

方針その1、指示通りやる。それが可能ならば確実に良くなります。
方針その2、眼科を替えて相談する。きっとご希望の方法になります。
方針その3、現在の眼科で更に相談する。こんなところで相談するという事は、主治医との信頼関係が十分ではないのではありませんか。指導が一方通行になっていませんか。これは出来ない、これなら出来るという事を主治医は把握していますか。話し合う事で妥協点が見つかると思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-12-19 12:16 | 視力・斜視

老眼の目と同じ状態


小学3年生で、夏に初めての眼鏡を購入し、授業で困った時だけつける感じだったのですが、3ヶ月たち最初の眼鏡を慣れさせるため度数を緩く作ってしまったためにすぐに見えにくくなったので、2回目の眼鏡の処方箋を眼科で作っていただきました。

その処方箋で眼鏡を作ったのですが、遠くはよく見えるのですが、近くが60cm~70cm離れないとぼやけて見えないといいます。屈折度数が-3.25もあるので、眼鏡を常用するように言われたのですが、これでは本も読めないようです。

予約制の小児眼科の先生で直接受診出来ず、電話で予約を入れたいことをお伝えしたのですが、混んでいてすぐ受診出来ず、「慣れていないからかもしれないのでそのまま様子を見てください」と言われた状態です。

一つ目の眼鏡は屈折度数-2.5の時に作った眼鏡で-1.25のレンズを入れて両眼0.7ほどで作りました。その眼鏡が3ヶ月で遠用視力0.3 近用視力1.0になり、今回は散瞳剤を使用して屈折度数が点眼前後変わらず-3.25だったので両眼共-2.75のレンズで片眼0.9で処方箋でつくりました。(両眼-3.00のレンズを入れ院内で10分テストしたのですが、気持ち悪くなり、両眼共-2.75に緩くしてもらいました。)

手元60cm以内がぼやけるのはどのような状態と考えられますでしょうか。常用することを考えるとどれくらいが適切なのでしょうか?


それが本当なら、50~60歳ぐらいの老眼の目と同じ状態です。考えられる原因は、

1.屈折検査を1%アトロピン点眼を使用して行い、それから日数が経っておらずアトロピンの調節麻痺がまだ続いている。

2.以前に使っていた仮性近視の治療薬(ミドリン等)を点眼している。

3.心因性視力障害かも知れません。この病気の好発年齢ですので。

4.ありえないとは思いますが、眼科で処方された手書きの処方箋の字を、眼鏡店で読み間違えて、2.75のはずが7.75で作成されてしまった。ぐらいでしょうか。

正しい度数の眼鏡であれば全く問題ありませんので、そのまま様子を見てください。何日たっても同じことを訴えるなら、どこの眼科でも良いと思いますので受診してください。小児眼科である必要は無いです。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-12-11 15:10 | 視力・斜視

雨が降っているような


お世話になります。小学生の子供の目の症状につきましてのご相談です。 軽度の斜視があり、半年に一度、眼科にて検診を受けております。 それとは別に、本人曰く雨が降っているように見える症状(常に、ではないようです)と、テレビのザーザーしているような状態があるとのことです。

検診の際にもお伝えはしていますが、検査結果も異常なく、特に治療などは、していない現状です。 また、雨が降っているような状態は、斜視とは関連がないというようなお話でした。

視力は良く、プリズム眼鏡は時折目が疲れる時だけ使用しています。 この症状はこのまま、様子を見ていても良いものなのでしょうか。

ちなみに、一年ほど前、頭痛があったため、脳神経外科にて、造影剤なしの脳のMRIを撮り、異常なく綺麗な脳だと、言っていただきましたが、造影剤を使わないと分からないこともあるとの話を聞き不安があります。 ただ、お薬を使う検査は敢えてする必要があるのか、子供ということもあり、心配です。


をご覧ください。
網膜神経節細胞は常に自発放電しており、それを感じ取り雨が降っているように感じる人もあります。そういうものです。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-12-10 17:13 | 何かが見える

黄色い光と紫の影


数日前の夜中に目を覚ました時に眼球を動かしたらピカっとした光が見えました。また眼球を動かした時に両目とも黄色がかった光が見えたり、紫色のぼんやりした影が見えました。光は一瞬で消え、紫色の影みたいなものも数秒で消えました。光は意識して眼球を動かした時に光る感じでした。特に紫色の影みたいなものが気になります。

今までも暗闇で光が見えるような時もあったような気もしますが、あまり気にしてこなかったのですが、これはやはり光視症でしょうか?来年3月の定期検査で先生に相談しようかと思ってますが、受診を早めた方がよろしいでしょうか?


光視症です。

光が無いのに光が見えますので光視症です。数秒で消える紫色の影は光視症の残像です。目を動かしたときに見えますので、眼球内から硝子体が網膜を引っ張っているからでしょう。今の状態が続くようでしたら特に問題ありません。でも、光視症がある日突然大きな飛蚊症に変わったら、網膜に穴が開いたのかもしれませんので、早急に眼科受診してください。

光視症も飛蚊症も症状名であって病名ではありません。そのような症状を起こす病気は様々で、飛蚊症だから、光視症だから安心というわけではありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-12-10 17:06 | 何かが見える