excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

登山と緑内障


私は、各地の登山をするのが好きなんですが、緑内障になっても、登山を続けても、大丈夫でしょうか?

尚、目の持病があり、将来を思うと、尚更、山からの絶景を見る事を強く希望しています。 ちなみに、緑内障になって高地に行っても支障を感じた事がなく、(初期でまた矯正視力1,2位出る為)あまり気にも止めていなかったのですが、色々考えると少し不安が、あります。


大丈夫です。登山や飛行機で気圧が下がっても、潜水で気圧(水圧)が上がっても大丈夫です。雄大な自然環境の中に身を置くのは、寧ろ、良い効果があると思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-10-31 15:22 | 緑内障

運転中の残像


車の運転中に視界に黒っぽい紫のような斑模様がたくさん見えました。初めは残像かと思い車を停めて休んでいたところ、紫から赤のようなピンクに変わり、最後は消えました。見え方は飛蚊症というよりは残像のような見え方でした。両目ともほぼ同じように見えて目を瞑っても見えていました。時間としては数分程度だったと思います。

元々近視が強く両目とも飛蚊症と光視症があり3ヶ月前に網膜剥離で手術をしています。先月の定期検診では両目とも眼底検査をしており、問題ないと言われています。目のどこかで出血したのかとも思ったのですが出血した場合すぐ消えて見えなくなるということもあるのでしょうか?


残像でしょう。運転中に明るく光るものが視界に入ったことが原因です。昼間なら太陽の反射、夜なら上向きのヘッドライトかもしれません。 光源は1つでも、運転中ですので車は移動し、視線も常に動かしていますので、複数の残像が発生します。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-10-31 15:20 | 何かが見える

視野測定を受ける時の心構え


視野検査についての質問なんですが、最近、弱い光に対し感度が弱くなり、出だしで弱い光にあまり反応できないと、以後、視野検査機が、ほとんど強い光しか出さなくなり、弱い光の発現は少なく、そういった強い光だと確認しやすい状態です。

検査の係の人には、「見えるか見えないか、はっきりしない光、はボタンを押さないで」 と言われますが、、 質問は、弱い光で一瞬な場合、はっきり見えたか、自信がないので、押さない方が良いんでしょうか? 実は、弱い光だと、確認しづらく神経を使うため、強い光のみの検査だと、すごく楽なんですが、宜しくお願いします。


本当にそのような状態なら、視野は徐々に悪化していると判定されているでしょうね。その結果、必要のない無駄な薬を使わされているかもしれません。

自動視野計の検査は、例えば視野中心から半径30度の範囲の格子状に並んだ76点の正確な感度を調べるものです。弱い光でもボタンを押した場所は感度が高く、強い光でないと押さなかった場所は感度が低いと判定されます。強い光でも押さない場所は感度0です。ですからやるべきことは唯一つ「光ったと感じたら押す」という事だけなのです。

余計なことを考えていたら正しい測定が出来ません。光ったと感じたら速やかに押す。迷ってはいけません。弱い光が一瞬光ったら必ず速やかに押す。1~2秒考えてから押したりしないようにしてください。1~2秒考える必要があるほど曖昧なら、押さないでください。時間が経ったら次の測定点の計測になってしまい、判定結果が出鱈目になります。

「見えるか見えないかはっきりしない光は、ボタンを押さないで」 という無責任な言葉に惑わされないように。その言葉は、「見えていないのに光ったような気がした場合は押さないで」という意味です。はっきりしなくても、ぼんやりしていても光ったのなら押してください。自信が50%なら必ず押してください。自信が10%なら押さなくていいです。自信が30%なら・・・押すか押さないか自分で決めておいてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-10-16 12:06 | 眼科検査

眼球打撲、外傷性白内障の術後のこと


眼球打撲し、角膜裂傷、外傷性白内障で、緊急オペとなり、虹彩、水晶体を取り除きました。主治医からは、網膜まではいってなかったと言われました。

今は、傷の治りが良好なので退院間近なんですが、中の状態を確認するにはまだ充血があったりで数週間先になるだろうとのこと。本人は今のところ光や少しの動きしか分かりません。

だいたいの目安として、人工のレンズを入れられる時期や、今後失明の可能性があるのか?レンズを入れることで視力がどのくらい上がるのか、今後注意点を教えて頂けないでしょうか?


人工水晶体を入れるのは、少なくとも数週間後、眼底の状態を確認できてからでしょうね。気長にお待ちください。ただし、普通の白内障ではありませんので難しい手術になると思います。主治医から失明の可能性の話を聞いてないのなら、それは低いという事ですので、その点はご安心ください。

人工水晶体を入れた後の視力は、角膜、網膜、視神経に問題が無ければ2.0出てもおかしくないのですが、角膜裂傷があったということですので、その分を差し引かなければならないかもしれません。

今後の注意点に特別なものはありません。指示通り受診し、指示通り点眼する事。異常を感じたら早めに受診する事。反対の目に異常を感じた時も早めに受診する事。押さえたり擦ったりしないことぐらいでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-10-15 15:08 | 外傷

光条


光が伸びて線状に見えます。強度近視で飛蚊症は前からありましたが、光が伸びて見えるのは去年からです。夜間電灯や車のライトが線状に伸びて見え、太陽の光も伸びて見えます。近くの眼科で相談したら病的な意味はないと言われましたが、最近は線が増えて見えるので心配です。(去年は1つくらいでしたが、今は線が3つくらい見えます)

線状に伸びて見えるのが嫌で夜のお出かけも控えるようになってます。最近は昼間も線が増えて見えるので心配で怖いです。線が伸びる方向と数は両眼で異なります。これは病気ですか? もっと悪くならないようにする方法はありませんか? すごく心配です。宜しくお願い致します。


明るい星を表現するのに、白い点だけでなく光条を付け加えたりしますよね。白い点だけでは星っぽくないと感じますよね。つまりそれは、全ての人が程度の差はあれ、そのように見えているという証拠ではないのでしょうか。

以前に比べて増えているとしたら、例えば水晶体の混濁などの影響で、回折や異常屈折が起こっているのでしょう。それを白内障と言えなくは無いのですが、誰にでも起こる水晶体の濁りですので、治療が必要かどうかは診察した眼科医と相談してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-10-15 15:00 | 何かが見える