excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

どちらの眼科が


去年眼科を受診した際に、強度近視なので年に一回は受診したほうがいいと言われ、先日別の眼科を受診しました。

去年は視力検査、眼圧検査、眼底検査、octなど様々なことをやったのですが、今年行ったところは視力検査、眼底検査のみでそこの先生は「年に一回ペースでは受診しなくてもいいと思いますけどね。でもあなたが気になるようなら受診してもいいですよ。」と言われました。

去年やったことと今年別の眼科でやったことに差がありすぎて、正直この検査だけでいいのか不安です。 別の眼科で去年やった検査をやってもらったほうがいいのでしょうか? それとも先生はそこまでやる必要がないと判断したからやらなかっただけなのでしょうか?


眼科医の能力も考え方も様々です。それぞれの考えがあってそう指示をしたのでしょう。どちらも間違いではないと思います。何軒もの眼科にかかるとそうなって当然です。本当に能力があって信用できる眼科医かよく考えて継続してください。その眼科医二人を知りませんので当方には判断できません。

経過観察というのは、特に緑内障関連は同じ眼科で継続してやらなければ意味のない場合が多いです。全く異常なしでの経過観察ならどこでも構わないと思いますが、強度近視のみという事ならば、その中間ぐらいでしょうか。 毎年あらゆる検査をしても一生緑内障にならないかもしれませんし、3年ごとに必要最小限のチェックをするだけで、早期発見が出来るかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-02-25 11:04 | 緑内障

中心部位に黒い丸い影


過去に何回か質問させて頂いた者です。 その節は親切丁寧に回答して頂き大変感謝しております。近視性黄班変性症について大変お忙しい所申し訳ありませんが回答して頂ければと思います。

最近になり気になりだしたのですが、一瞬ですが中心部位に黒い丸い影が浮かんで消えるという症状が一日に頻繁でありませんが何度かあります。歪んで見える事はありませんが黄班変性の症状ではないかと不安です。病的症状でしたら継続的に黒い丸い影が見え歪んで見えているのでしょうか?

一週間前に散瞳無しのドクターが光を直接当てる眼底検査をしましたが特に問題無いようでした。気にし過ぎのような気もします。黒い丸い影は部屋の照明の残像のような気もします。お忙しいと思いますが回答して頂ければと思います。宜しくお願い致します。


照明の残像かもしれませんが、黄斑そのものが認識されているのかもしれません。
黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る」 をご覧ください。
これも残像の一種と言えなくもないのですが。

「継続的に黒い丸い影が見え歪んで見えている」のならば病気でしょうが、そうではありませんので病気の症状とは言えません。しかし、病気の症状が無ければ病気が無いとは言い切れませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-02-21 11:58 | 何かが見える

緑内障の疑いがあるが断定できない


お願いいたします。60代後半。眼圧14から16。 眼底は強度近視によるとみられる乳頭陥没。 oct画像は真っ赤な状態。視野検査では<固視不良>が20から25%あり信頼性が低いものではあるが盲点の下に見えていない部分あり。これらから、きわめて緑内障の疑いがあるが断定できないとのこと。経過観察となりました。

教えていただきたいのは
➀<固視不良>20から25%のデータはつかえるのか?
②視野検査での信頼性が低いためすぐ治療に入らないのか? このデータで点眼を始める選択もあり得るか?
③疑いの段階で点眼治療するメッリトはありますか?
④高齢での発症ですが、寿命まで視野を保つ可能性はどの程度でしょうか? よろしくお願いいたします。


1.もちろん使えますよ。信頼度は75~80%ですが。

2.視野検査だけで決めたわけでは無いと思いますが、主治医の選択ですので主治医にお聞きください。というか「きわめて緑内障の疑いがあるが断定できない」という判断を、視野を含めて総合的に検討し導き出したんじゃないでしょうか。

3.疑いが現実のものとなった場合、早期治療が出来たことになり、その分だけ視神経が長持ちします。疑いが晴れた場合、無駄なことをしたことになります。しかし、点眼を続けて変化がない場合、点眼したから変化がないのか、しなくても変化はないのか、どちらか判断しかねる場合もあります。

4.もしそれが緑内障であった場合、点眼をしたとしても少しは視野が欠けると思いますが、既に眼科にかかっていますので視野の消滅などは在りえません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-02-20 16:23 | 緑内障

コンタクトをとると出てくる線


コンタクトをソフトからハードに変えてから、少し奥二重のような線が出来てしまい、なんとなく瞬きがしにくいというか重いです。あまり瞼を触らないようにしていますし、取るときも専用のスポイトで取っています。

どうしてこの線ができるのでしょうか?またどうすれば消えるでしょうか?2週間くらい前からあります。 また、コンタクトをつけているときはこの線が消えるため瞼は重くないのですが、取るとこの線が出てきて重いです。感覚が重くなければこの線があっても良いのですが…


何でしょうね。見当もつきません。初めて聞く症状です。

何か問題があってソフトからハードに替えたのなら、その問題が原因かもしれませんね。ハードレンズが原因で眼瞼下垂が起こることも有りますので、ハードレンズが何らかの要因だとは思うのですが、それ以上のことは診てみないと、いや、見てもわからないかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-02-20 12:24 | まぶた

視神経乳頭出血


何度かご相談させていただいております。毎回分かりやすく回答くださりありがとうございます。 今年で治療を始めて4年目になりました。左目初期、右目中期と発症当時とそんなに変わりはありません。

治療開始時に右目乳頭は出血していました。その一年後位に左目乳頭出血しましたが、今の点眼薬にしてからしばらく落ち着いていました。毎日かかすことなくきちんと点眼をし、視野検査も4ヶ月に一度、眼底検査は一年に一度。自宅では目を温めたり、有酸素運動をして自分なりに目に良いと言われることもずっと続けてきました。

なのに、先月末右目の上の血管が出血。ショックです。出血してるということは100%進行を意味してますよね?眼圧もちゃんと下がってるのに、何故?とホントに悔しくてたまりません。 担当医は同じ場所を繰り返し出血してる人もいますよ!同じ場所を繰り返し繰り返し出血してる人よりかまだ良い方です。今までは24度の視野検査だけでしたが、次からは10度の視野検査も4ヶ月に一回やりましょう。と言われました。これ以上眼圧を下げることは難しいようです。

①出血はやはり進行してることを意味してるのですよね?
②出血するとどのくらいの早さで進行していくのですか?
③視神経保護をしてくれる点眼薬がないかぎり、私の目は進行を止めることはもう出来ないのでしょうか?
④ここ最近、目の奥が痛みます。緑内障と関係ありますか?開放型と言われてますが、急性緑内障発作をおこすことはありますか?
⑤よく、早期発見と言いますが、それは視野欠損が出る前のことでしょうか? 私の場合(右目-7.45db.左目-5.53db)はもう早期発見ではないですか? 早期発見ではないとこの先30年、40年視野を保つことは無理なのでしょうか?
⑥担当医は病院をでたら、普段は視野のことはあまり気にしないようにとおっしゃいますが、私はそのうち目が見えなくなる病気なんだと常に見えるとこ見えないとこを気にしてしまいます。先生は緑内障患者の方に日頃の過ごし方、心構えなどどんなアドバイスをされますか?


ご心配お察しします。今後、治療を継続していく上で、目の状態をすべて把握している主治医との信頼関係は非常に重要です。そちらを最優先にして、当方からのアドバイスは聞き流す程度にしてくださいね。

1.出血はおそらく進行している状態なのですが、現在の眼圧が高過ぎるから進行しているとは限りません。以前の眼圧の影響が今頃になって出てきている可能性もあります。「現在の治療を続けていては進行する」というわけでは無いのです。
2.見当もつきません。初診時に出血していたのに、無治療で経過観察し、何年たっても悪化しない人もあります。逆に、出血もしないのに進行する人も多いです。
3.そんな事はありません。手術という方法もあります。それに、出血があったからと言って、現在進行していると断言できるものではありませんよ。
4.開放型であれば緑内障発作は起こしません。ご安心ください。疲れ目とかドライアイとか、もしくは精神的なものかもしれませんよ。
5.早期発見という言葉の定義が曖昧ですので何とも言えませんが、たしか、別の症状で眼科受診して見つかったのでしたね。自覚症状が無いうちに見つかったのなら早期発見ではないでしょうか。
6.患者さんはみんな違います。その都度考えながらそれぞれに適切なアドバイスをしているつもりです。「緑内障の事は忘れて生活してください」という場合もあれば「見えなくなる時のための、心の準備と身辺の準備をしてください」というふうな話をする場合もあります。

一つ気になることがあるのですが、「自分なりに目に良いと言われること」という事の中に、「目のマッサージとか目の運動」は入っていませんか。どちらも視神経を痛める原因になりかねませんので、もしやっているのならばお止めくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-02-14 17:41 | 緑内障

気にしすぎです


河野先生昨年は色々と質問に返答頂きありがとうございました。おかげさまでだいぶ不要な心配はしなくなってきました。が、まだなかなか慣れない症状があり再度相談させて頂きたくメールさせてもらいました。光視症、目を動かした時視野が一瞬ぴかっと光るものと思っていますが、私に見えるのは、目を動かしてなくてもポッと主に視界の中央あたりに光の点が出てきて、1分くらい?で消えていきます。眼科の先生にも一般的に聞く症状じゃないね。との事ですが、良く眼底検査もしてもらったのですが、異常なしなので様子見て。との事。確かに視力も低下してないし、飛蚊症が増えてるわけではないのですが、今後病的なものに移行したらどうしようと不安で。河野先生の患者さんではこのような訴えの患者さんはいらっしゃいませんか?気にしすぎで見えてるのかな?先生から見て気にしすぎでしょうか?お忙しい所申し訳ありませんが先生のご意見頂けたらうれしいです。よろしくお願いします。


気にしすぎです。眼科でちゃんと診てもらっていますので、心配ないと思います。そういう光の点が見えることも有りますよ。当ブログ内を検索してください。
by kounoganka | 2018-02-13 17:58 | 何かが見える

片目が暗く見える


右目でものを見たとき、両目や左目で見たときよりやや暗く見えます。ですが見る場所によってなのか、たまに左目のほうがやや暗く見える場合もあります。(基本的には右目ほうがやや暗く見えます。)

小さい頃からそうだった気がしますが、-8.0の強度近視なのですごく心配です。1年前に眼科に行ったときは特に何も指摘はされませんでした。このような症状は眼病の症状なのでしょうか?


異常ありません。その根拠は「左目のほうがやや暗く見える場合も」あるからです。「左目のほうがやや暗く見えることは決して無い」ならば右の病気かもしれません。

太陽光や照明の光が右目に多く当たると、その後しばらくの間、右目は左目に比べて暗く感じます。日常生活の中で、そういう事があるのではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-02-13 17:33 | その他の疾患

アレルギーで痒いのに


昨年より、花粉症の影響で目の痒みが強く、眼科で点眼薬を処方していただいているのですが、その目薬の効果をあまり感じられません。目薬の名前は「ムルキナ」です。

主治医に「この目薬ではあまり効果が感じられないのですが」と申し出ましたが、また同じ「ムルキナ」を処方されました。ネットでこの薬について調べたのですが、効能にピンときません。

そこで質問なのですが、アレルギー性の目のかゆみに、この「ムルキナ」という点眼薬はよく処方されるものなのでしょうか?


診察時に、処方する薬の説明は無いのでしょうか?

一般名プラノプロフェン点眼液です。二フラン点眼とかプロラノン点眼と同じもので、非ステロイド消炎剤です。副作用の少ない穏やかな効き目の薬ですので。全く効かないと感じるのも無理はありません。

花粉症・アレルギーと診断されたのなら、抗アレルギー剤の点眼が不可欠だと思います。インタールとかアレジオンとかパタノールなどです。それで不十分な場合、きつい場合はステロイドを、そうでないなら非ステロイド消炎剤を追加するのが普通です。

アレルギー性結膜炎が軽快してきて、ほとんど症状が無くなったならば、症状があるときのみ非ステロイド消炎剤を使うことも有ります。痒みがあるのに初めからそれだけというのは、当方では考えられません。効かないという訴えがあるのに変更しないというのも不思議です。

しかし、主治医にもそれなりの考えがあってのことだと思いますので、よく相談してください。それでも納得できる説明がないなら別の眼科を受診しましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2018-02-13 15:56 | くすり