excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:何かが見える( 235 )

光視症に含まれますか


以下の症状は光視症に含まれますか?

1.起床時、寝る前、夜中に目が覚めた時に時々あるのですが、暗いところで動物の目が光っているような緑色っぽい光が2つ見えます。 2つなので両眼とも見えていると思います。光はすぐに消えます。表現がわかりづらくすみません。眼球は動かしていたような気がします。薄暗い場所、または暗い場所で見えます。頻繁ではありません。

これについては今年の3月の定期検査で先生に暗い所で光が見えることがあると相談し、眼底検査を受けた所、老化現象による硝子体剥離で問題ないと言われました。ここまで具体的に症状は伝えられませんでしたが…

2.眼を閉じた時にも眼球を動かすと、1と同じような光が見える時があります。こちらに関しては両眼か片目のどちらかはわかりません。

3.数日前の入浴後、遠くを見ると左目だけ光が見えました。瞬きを何度かしたら消えてしまい、それ以降は見えません。もしかしたら残像かもとは思いますが、左目だけだったので気になります。

4.小さな光の粒が見える時があります。すぐに消えてしまいます。


「光視症に含まれますか」という質問の意図が分かりません。光視症は症状名であって、光の無いところに光が見えるのが光視症ですので、どれも光視症に含まれます。光視症なら安心なのでしょうか。光視症なら心配なのでしょうか。典型的な光視症ではありませんので、「含まれません」という答も間違いではありません。

1と2は残像です。3は不明です。さっぱりわかりません。1回きりの症状ですので様子を見てください。4は「光の粒」で検索してください。よくある症状です。

「老化現象による硝子体剥離で問題ない」という説明を受けたという事ですが、ご質問の症状は当てはまりません。この説明は「典型的な光視症」の説明で、後部硝子体剥離が起こったために、剥離していない硝子体と網膜の接着部分が硝子体に引っ張られ、網膜が刺激を受けて光ったと感じるものです。しかし、接着部分に穴が開くこともあり、「問題ない」と言い切れるものではありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-05-20 15:33 | 何かが見える

片目に睫毛のような影


左目だけ見えるのですが、瞬きすると目の中心よりやや下側にまつげのような影が見えます。新聞などの文字をおって読んだりするとよく見えます。飛蚊症のような浮かんで見えるという感じではなく、いつも同じ所にあるようです。

最初は、髪の毛だと思っていましたが、目の中で見えるのです。光ったりはしません。これは何が見えているのでしょうか? 見えはじめて一週間ですが、薄くなる様子もなく、治るのか心配しています。

寸分の狂いも無く同じ場所に見えるのなら、網膜に異常が起こっていると考えて間違いないと思います。ほんの僅かでも動くのであれば、網膜より手前、硝子体中の濁りによるものでしょう。

OCTで調べたら診断がつくと思いますので眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-05-17 15:05 | 何かが見える

並んだ青い小さな光


先日、横目で右側を見て、一点をじっと数秒見つめていた際、青い小さな丸い光が4こほど浮かんで見えました。視点から右上あたりに弧を描くように並んでいました。びっくりして何度か試したところ、両目に見えていること、(見えた時に片目を隠しました)そのまま見ていても数秒で消えること、目を動かせば消えること、毎回は見えないこと、左を横目で見ても見えないこと 、白い壁だと顕著に見えることが分かりました。

お医者様に相談できるサイトで聞いてみたのですが、緊急性はなさそうなので、見え方に変わりがなければ様子見でとの回答で、どうして見えるのか疑問のままでしたので、思い切って相談メールを送られていただきました。

又、普段も時々青い光が見えてすっと消えることもあります。これについては、12月に眼底検査をした際に先生に伝えましたが、ずっと消えなかったりしなければ、様子見でと言われております。しかし、今回の症状が出てから、なんだか気になってしまいます。

もう一点、家の壁が白なのですが、壁を背景に黒いコードをじっとみていたら、紫色に見ててきました。これは、自然な現象なのでしょうか? 上記2点、心配のない症状ならいいのですが、、、お教えいただけると嬉しいです。


残像です。それを見た直前の視界に、小さなLED照明はありませんでしたか。或いは、赤かオレンジのパイロットランプかも知れません。光源が1個でも目を移動させていると複数の残像が現れます。両目を開けて視界に飛び込んだために両目同じ場所に見えます。残像ですから数秒で消えます。時々見える青い光も同じく残像でしょう。

仮に、両目同時に同じ場所に同じ病気が発生したと仮定すると、右眼の右上に起こる症状は、左目の左上に起こります。

もう1点は、残像の関与した錯視とでも言えるものでしょう。じっと見つめているようでも、目は常に微動しており、黒いコードの残像がコードを囲んで現れるのではないでしょうか。

残像にしても錯視にしても、心配の対象ではありません。楽しむべきものです。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-04-19 16:13 | 何かが見える

視野の端の方で点滅


電球(蛍光灯など)を周辺視野で見たとき無数に点滅して見える事があります。 視点が合っている時は普通に見えるのですが。全てではありませんが、何か問題等の可能性はありますでしょうか。

また、同じく特定の物に限りますが、電球、電光表示板、車の尾灯など、特にLED 製の物だと思いますが、目線を動かしたりして、視界の中を光が移動する時に同じく点滅して見えます。

とてもチカチカして疲れるのですが、気になりご相談させて頂きました。お忙しいところ恐縮ですが、宜しく御願い致します。


視野の端の方でのみ症状が出るのなら、網膜の端の方に問題がある可能性があります。けれども何の症状も無いのに病気があることもありますので、誰にでも幾らかの可能性があるという事ですよ。心配なら眼科受診してください。

LEDの件は、そのLEDが本当に点滅しているのではないでしょうか。検索してみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-03-14 14:37 | 何かが見える

夜中に「もや」がかかる


夜中の3時頃トイレに行くのに電気を点けると視界全体的にもやが掛かったような感覚になり、(薄黄色いもやに感じました)10秒ほど見て怖くなり電気を消しました。 次に点けると、もやは無くなりいつも通りの視界でした。

しかし、その後明るい所と暗い所で目を閉じると、まぶたの中がチカチカする見え方がありました。 その見え方も少し経って目を閉じると消えました。

もやがかかる体験は一瞬しかした事が無く、不安です。 なみに飛蚊症、光視症、SSOHがあります。

いたって普通です。

眠っている時の目の表面は水分が少なくなっており、相対的に脂分などそれ以外の成分が多くなっています。つまり、目の表面を覆う涙が粘っこくなるために、そのように見えることがあります。

チカチカの件ですが、それに類する症状はいくらでもあります。「カテゴリ>何かが見える」を探してみてください。全く同じ症状が見つからなくても、色んな状況下で色んな見え方があるのだと理解できると思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-02-12 10:00 | 何かが見える

雨が降っているような


お世話になります。小学生の子供の目の症状につきましてのご相談です。 軽度の斜視があり、半年に一度、眼科にて検診を受けております。 それとは別に、本人曰く雨が降っているように見える症状(常に、ではないようです)と、テレビのザーザーしているような状態があるとのことです。

検診の際にもお伝えはしていますが、検査結果も異常なく、特に治療などは、していない現状です。 また、雨が降っているような状態は、斜視とは関連がないというようなお話でした。

視力は良く、プリズム眼鏡は時折目が疲れる時だけ使用しています。 この症状はこのまま、様子を見ていても良いものなのでしょうか。

ちなみに、一年ほど前、頭痛があったため、脳神経外科にて、造影剤なしの脳のMRIを撮り、異常なく綺麗な脳だと、言っていただきましたが、造影剤を使わないと分からないこともあるとの話を聞き不安があります。 ただ、お薬を使う検査は敢えてする必要があるのか、子供ということもあり、心配です。


をご覧ください。
網膜神経節細胞は常に自発放電しており、それを感じ取り雨が降っているように感じる人もあります。そういうものです。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-12-10 17:13 | 何かが見える

黄色い光と紫の影


数日前の夜中に目を覚ました時に眼球を動かしたらピカっとした光が見えました。また眼球を動かした時に両目とも黄色がかった光が見えたり、紫色のぼんやりした影が見えました。光は一瞬で消え、紫色の影みたいなものも数秒で消えました。光は意識して眼球を動かした時に光る感じでした。特に紫色の影みたいなものが気になります。

今までも暗闇で光が見えるような時もあったような気もしますが、あまり気にしてこなかったのですが、これはやはり光視症でしょうか?来年3月の定期検査で先生に相談しようかと思ってますが、受診を早めた方がよろしいでしょうか?


光視症です。

光が無いのに光が見えますので光視症です。数秒で消える紫色の影は光視症の残像です。目を動かしたときに見えますので、眼球内から硝子体が網膜を引っ張っているからでしょう。今の状態が続くようでしたら特に問題ありません。でも、光視症がある日突然大きな飛蚊症に変わったら、網膜に穴が開いたのかもしれませんので、早急に眼科受診してください。

光視症も飛蚊症も症状名であって病名ではありません。そのような症状を起こす病気は様々で、飛蚊症だから、光視症だから安心というわけではありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-12-10 17:06 | 何かが見える

瞬間的飛蚊症


瞬きをして眼を開いた瞬間と、視線を急速に移動した時に右目の視野中央のやや左に、一瞬小さい影のような?ノイズのような?ものが見えます.そして瞬間的に消えます.場所は常に同じで、変わりません. 特に、暗い空間で、明るいところを見ているときに、顕著です.

片目・中央付近・影・残像」と似たような症状ではないかと思い、都内の有名な眼科の大きな病院に行きました. 散瞳して眼底検査したところ、なにも病的なものはありませんでした.一人はベテランの院長、もう一人は若手の先生の計2人に一週間空けてみてもらいましたが、同じ結果でした.そして一瞬見える影は飛蚊症の一つであると言われました.

飛蚊症というのは、ゆらゆらと揺れているものだとおもっていたので、驚きましたが、このような飛蚊症もあるのでしょうか?もし飛蚊症なら、どうして場所が変わらず、ゆらゆらと揺れていないのでしょうか? それとも上記の記事に、「片目だけとすれば、黄斑変性や網膜色素上皮剥離、脈絡膜新生血管なども視野に入れて検査をする必要がありそうです。」と書いてあるように、精密眼底検査をしても異常が見られないなら、OCTをするべきでしょうか?


一瞬の瞬きで見えるでしょうか。それでは見えなくて、しばらく目を閉じた後に開けた瞬間に見えるのでしょうか。前者なら飛蚊症の可能性は小さく、後者なら可能性大です。いわゆる飛蚊症は、硝子体中の濁り等が網膜に対して動いた場合に認識されます。ある1点を見つめた状態で一瞬の瞬きをした場合は、眼球が動きませんので硝子体の位置も変わらず、一瞬だけ見えるような飛蚊症は発生しないのです。目を閉じていると眼球は上転していることが多く、開けた瞬間に正面視になり、硝子体は大きく動きます。

本当に右目の視野中央の左でしょうか。それは勘違いで、実は右目の視野中央から15度ほど右ではないでしょうか。前者なら飛蚊症の可能性は小さく、後者なら可能性大です。右目の右15度付近、左目の左15度付近には盲点というものがあり、視神経乳頭の部分に視細胞がないことで、何も見えない部分になっているのです。実はその部分の直上の硝子体中に、胎生期の血管の跡形などの濁りがあるのです。それが眼球の動きで一瞬顔をのぞかせ、一瞬の飛蚊症となってもおかしくありません。

上の2つが共に飛蚊症の可能性小ならば、黄斑変性や網膜色素上皮剥離、脈絡膜新生血管なども視野に入れて検査をする必要がありそうですね。更に、網膜前膜、硝子体黄斑牽引症候群なども心配です。普通はそこまで考えてOCTをやると思いますが、本当に受けていないのでしょうか。症状を聞いて眼底を見ただけで、OCTは不要だと判断できるほど完璧に症状の原因がわかったのでしょうか。不思議ですが、診察をしていない当方には、これ以上のことは言えません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-11-12 17:34 | 何かが見える

覚醒時の視野中心の黒


朝、目が覚めると視界の中心が黒く、その周りに砂嵐が見えます。片目で見ても、両目で見ても、目をつぶってもみえます。しかし数分で収まります。日中はこのような症状は起きません。

飛蚊症を患っており、最近また眼底検査をしましたが異常なしと言われました。また閃輝暗点も患っておりその前兆でもないと分かるのです、この症状は何なのかと気味が悪いです。両目でも目をつぶっても見えるという事は脳の関係かもしれませんが、飛蚊症持ちであることや、失明の恐怖もあり質問いたしました。よろしくお願いいたします。


それで正常です。
をご覧ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-11-01 12:28 | 何かが見える

運転中の残像


車の運転中に視界に黒っぽい紫のような斑模様がたくさん見えました。初めは残像かと思い車を停めて休んでいたところ、紫から赤のようなピンクに変わり、最後は消えました。見え方は飛蚊症というよりは残像のような見え方でした。両目ともほぼ同じように見えて目を瞑っても見えていました。時間としては数分程度だったと思います。

元々近視が強く両目とも飛蚊症と光視症があり3ヶ月前に網膜剥離で手術をしています。先月の定期検診では両目とも眼底検査をしており、問題ないと言われています。目のどこかで出血したのかとも思ったのですが出血した場合すぐ消えて見えなくなるということもあるのでしょうか?


残像でしょう。運転中に明るく光るものが視界に入ったことが原因です。昼間なら太陽の反射、夜なら上向きのヘッドライトかもしれません。 光源は1つでも、運転中ですので車は移動し、視線も常に動かしていますので、複数の残像が発生します。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-10-31 15:20 | 何かが見える