excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他の疾患( 64 )

目の奥の痛み


目の奥が痛く、額や首の後ろが重い感じがします。

今年の5月まで、原田病でステロイド剤を服用、点眼していました。その当時からも、目の奥の痛みはありましたが、眼圧が20以上ありましたのでそのせいだと思っていました。今、眼圧は14ぐらいです。骨粗しょう症の為、姿勢が悪く猫背になっています。

事務職で、毎日パソコンを見ています。先日、眼科で三叉神経痛と言われ、疲れ目の目薬をもらってきました。特に痛いのは、目の奥で、目を瞑っていると楽な気がします。また、お風呂で肩、首にシャワーを当てると、目が楽になります。このまま疲れ目の目薬で目の痛みは、なくなるでしょうか。


以前から眼科に通院中であり、そこで症状を訴え、診断がついて、点眼治療をしているのなら、そこで聞かれるのが一番良いのではないでしょうか。また、三叉神経痛なら、神経科とか脳神経外科とかを受診するのも方法の一つです。

目の奥が痛いという訴えがあっても、殆どは目の表面からの痛みです。眼圧が20以上あっても目の奥は痛くなりません。毎日パソコンを見ているということですから、集中しすぎて瞬きを忘れ、目が乾燥しているのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-15 00:16 | その他の疾患

目じりの内側の白い盛り上がり


先日はご回答ありがとうございました。 今回の質問ですが、はじめは、目やにと充血・上下の瞼の腫れ(少し)、白眼にキトキトした膜のようなものも見られました。なお、充血する前は花粉の症状が出て眼をこすったりもしたのでそのせいかな?と素人なりに思ったりしてました。すぐに最寄の眼科でみてもらったところ、結膜炎といわれ点眼していました。

1週間後今度は半月ひだ?(目じりの内側の部分です)が異常に(米粒よりやや大きめ)白く盛り上がったので再診すると大学病院を紹介されました。目じりの盛り上がりを調べてもらうことになるのですが、どのようなことが考えられますか?仕事の都合で受診が1週間後になってしますのですが、気が気ではありません。 よろしくお願いいたします。


「充血する前は花粉の症状が出て眼をこすったりもした」からが目の症状です。その後の経過も含めてアレルギー性結膜炎そのものです。「花粉症で目をこすることは普通」と認識している方がありますが、それは大間違いです。何年間も患っているので慣れてしまっているのです。次の症状が出てからでは全然「すぐに受診」とは言えません。

アレルギー性結膜炎で目を擦っていると、細菌やウイルスが目に入り様々な病気を起こします。その結果として、目じりに出来た内麦粒腫かもしれません。あるいは結膜の下に出来た脂肪の塊(脂肪腫)かもしれません。眼球の後ろの脂肪が前の方にはみ出してきたのかもしれません。さらに、それ以外の腫瘍性病変かもしれませんので、大学病院を紹介されたのだと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-23 23:36 | その他の疾患

前を向いているのに目が右の方を向いている


約1年前ぐらいから、下を向くとまぶたが下がるみたいで目が死んでるとよく言われます。

最初は目の疲れからくるのかなと思ったのですが、最近になって下を向くとまぶたが重く感じるようになりました。あと目がよく疲れたり、まぶしさを感じたり、先日前を向いているのに目が右の方を向いているとも言われました。さすがに何かあると思い眼科に行こうと思ったのですが、そんな病気はないし無駄だから行くなと親に言われてしまい行けません。

こういう症状の病気ってあるんですか?教えていただけるとありがたいです。


「前を向いているのに目が右の方を向いている」というのが解らないのですが、その時は前を見ていたのでしょうか、右を見ていたのでしょうか。両目でしょうか、片目でしょうか。ただの勘違いかもしれないですが、もしかしたら右目の外斜視かもしれません。あるいは脳外科的な病気が潜んでいるのかもしれません。

また、重い、疲れる、眩しい等はアレルギー性結膜炎とかドライアイとかの症状である可能性が高いです。無駄かもしれませんが眼科受診をお勧めします。きっと無駄にはならないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-23 23:14 | その他の疾患

レーシック・レーザー虹彩切除


レーシックの予後が悪く再手術をするかしないかで悩んでいます。そもそも某大型チェーンレーシック施設で年末に手術したのが運のつきでした。過矯正にされました。レフ値ではそれ程ではないのですが、過矯正からくると思われる光のまぶしさ。昼間も反射などで顕れる光のハログレア。スリガラスを覗いているような白っぽい視界と、逆光で見たときの不自然な視界。

これらを解消するために、別の眼科のY先生にかかりはじめ、まずはレーザー虹彩切除からされました。こちらのY先生はレーシックの前処置として、フェイキック以外のイントラレーザーでも、虹彩に孔を開けます。なぜかはよくわかりませんが、孔を開けることでメリットが沢山あるのだといいます。虹彩切除後から見え方がかわりました。光の複視が始まりました。本物の光の左右にプリズムが見えたり、暗い濃い色がバックにあるとはっきりとゴーストが写ったりする現象です。

孔は左右の目の耳側三時の方向に開いていますが、ごく小さい穴です。Y先生はこの孔から光が入ることはあり得ないといいますが、慶応大学病院の先生や兵庫の有名な眼科の先生は、この孔が原因で光が入り込んでいるといいます。ただ、きちんとした検査が出来ないので、すべてが先生たちの推測なのです。何が原因かで手術の仕方が変わるので、原因を究明してくださる施設を探しています。 虹彩の孔なのか、角膜の形状での見え方なのかを判明させたいのです。どちらか検査してくださる施設をご存じないでしょうか?また、左右の耳側三時の方向の孔が二重瞳孔になっているとした場合、本来の瞳孔から見ているものに対して、どんな風に見えるものなのかを知りたいです。


まずレーシック後の症状ですが、過矯正による症状では無いと思います。過矯正の場合はただ単に近くが見難くなるだけで、若い方なら無症状でしょう。レーシックでは角膜をレーザー光線で蒸発させて薄くしますので、表面が平坦でなくなったり、また、ドライアイが起こって傷が出来たりして、そのような症状を起こすことがあります。レーシックの限界です。

その症状を解消するためのレーザー虹彩切除ですか。ちょっと理解不能ですので、その是非については言及しません。しかしその後から複視が始まったのが確かなら、原因は自ずから判明していますね。普通に目を開けて鏡を見たら、虹彩切除の部分は見えますか。見えるならそこから光が入ると思いますよ。

確認は簡単です。黒い紙に2ミリ程度の穴を一つ開け、なるべく目に近づけて覗いてみてください。元の瞳孔からのみ光を入れる方法です。それで複視が消えたらはっきりするじゃないですか。穴の大きさとか、周りの明るさを変えたりして試してみてください。そして今度は逆に、虹彩切除の無い側(鼻の側)から指先をだんだん瞳孔に近づけていってください。例えば正面に電球を見た状態で、ちょうど電球が隠れるぐらいにしたときに、別の位置にぼんやりと電球が見えるのなら、虹彩切除から入った光で見えているということです。もちろんどの場合も、片目はつぶってください。眼科での確認は簡単です。レーザー光凝固装置のガイド光(緑とか青の光です)を虹彩切除部位に照射して、光が見えたら光が入ると考えて良いと思います。

追記
回りくどい事を書きまして申し訳ありませんでした。要は、虹彩切除をやった眼科で調べればすぐに判るということです。レーザー光凝固装置というのは虹彩切除をする機械ですので、その眼科には100%有るのです。しかし一般の眼科ではどこでも細隙灯顕微鏡というものが有り、それで虹彩切除部に光を当てればすぐわかります。特殊な装置は全く必要ありません。

一般の開業医でなく、大学病院等の後ろ楯の大きい組織の眼科に、純粋に現在の症状を改善したいということで受診されるのが良いと思います。もちろん今までの経過は包み隠さず伝えるべきですが。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-05-21 17:21 | その他の疾患

コラーゲン涙点プラグ


数年前からドライアイで悩んでいて、涙点プラグでの治療を考えています。最近、コラーゲン涙点プラグがあることを知りましたが、貴医院でも扱っているのでしょうか?


当院ではまだ扱っておりません。

それより、もし自覚症状だけから御自分で診断し治療方針を決定したのなら、一度ちゃんと眼科を受診し相談した方が良いと思いますよ。診断治療は医師の仕事ですし、実際自覚症状とかけ離れた診断になる事もあります。治療方針の決定は患者さんの意見を尊重しますが、最適な方法はどれかということは、診察をしてみないとわかりません。

また、こういう所で質問するとき、知りたいことさえ解ればよいとお考えかもしれませんが、今までの経過を出来るだけ詳しく書いていただかないと、適切なアドバイスは望めないと思ってください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-09-28 09:52 | その他の疾患

飛行機下降時の痛み


先日出張に行った際、往復で飛行機に乗ったのですが、飛行機が着陸のために高度を下げていった時、右目に異常な痛みが起こり、目を開けて居られないほどでした。始めはちりちりとした痛みが部分的に起こり、それが右目全体に広がっていくような感じでした。また、上昇中は何の痛みも起こりませんでした。

これまで何度も飛行機に乗った際には、このような症状は起こらなかったのですが、今回初めてこのような痛みを経験しました。飛行機内の気圧が関係しているかもしれませんが、どのようなことが考えられるでしょうか?


巡航中の機内は0.8気圧ぐらいに保たれています。下降中は徐々に気圧が上がりますので、鼓膜が外から押されてツーンとなったりします。眼球も周りから押されて、一時的には眼圧(眼内圧)も上昇すると考えられます。しかし、たとえ眼圧が2割上昇したとしても普通は何も感じませんし、短時間ですので視神経にも影響しません。

おそらくその痛みは、眼圧の上昇のためではなく、眼球が気圧の上昇を感じたため(??)だと思います。あるいは、目の周り、まぶたとか眼球の後の組織、周囲の骨などが気圧の変化で何らかの変化を起こし、それを神経が敏感に感じ取っただけかもしれません。大丈夫とは思いますが、ご心配でしたら眼科受診した方が良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-09-11 11:46 | その他の疾患

眼球が勝手に動く


以前より、眼球が勝手に動いて、頭痛がします。眼振のように揺れるのではなく、目の端まで一気に動き(両目)中央に戻ります。左に動くことが多いのですが、右にも動き、以前は上でした。比較的、文章を読む際に起こるようですが、普通に歩いていても、ぼーとしていても起こります。

頻繁に起こるようになったのは、二年前に右目角膜穿孔になってからです。また、四年前にも左目角膜穿孔になっています。

質問なのですが、
・弱視なんですが、そのことと目の動きは関係ありますか?
・これって「眼振」なんでしょうか?


ちょっと良く分からないのですが、どうして左右とも角膜穿孔になったりしたのでしょうか。角膜穿孔にも色んな原因がありますので、全くイメージできません。また、「弱視」というのはどういう「弱視」でしょう。眼科では特別な病気が無いのに十分な矯正視力が出ないことを弱視といいますが、それでしょうか。それとも角膜混濁や白内障で視力が出ないのでしょうか。

眼球が勝手に動くというのは、意識して止めることは全く不可能なのでしょうか。もし注意していれば、例えば数分間でも起こらないように出来るのであれば、それは眼振ではなく、「チック」のような精神的なものかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-09-05 23:56 | その他の疾患

受診する事が迷惑になるか


先日ご返答をいただいた「担当医がコロコロ変わる」の質問者です。早速のご返答ありがとうございました。

先生がおっしゃる通り、確かに担当医が変わるのにも理由があるかもしれません。術前担当医は眼科トップ(硝子体手術もうまいと評判)、執刀医も手術がとても上手な有名な先生です。現在の担当医は手術の時フォローに入った一番若手の先生(たぶん研修に来ている)です。そう考えるとこれまでは最良の手を尽くしてきてもらっていると思うのですが・・・。 先生方が有能なのはよくわかるのですが
”患者の話を聞かない、納得のいく説明がない”
というのがずっと気になって。今回の病気はどんどん悪くなっていくのが自分でも本当によくわかって精神的にもまいってしまったのですが、その時もかなり辛い思いをしました。

同時にかかっていたもう一方の病院も、かなり有名な病院有名な先生でしたが、忙しくてもきちんと話を聞いてくれるし、説明は納得するまでしてくれるし、診察後いつも穏やかな気持ちでいられました。それでどうしてその病院を選択しなかったのかといわれると、いろいろ事情はあるのですが-中略-というのが大きな理由です。 急ぐことでもないので今後ゆっくり考えていきたいと思います。もう一方の先生(手術しなかった方の)も、また診察をお願いしたら迷惑だと思われるのでしょうか(先生同士つながりがあるから関係がこじれるのでは)?河野先生ならそんな患者が来たらどうお思いですか?


自分を信頼して受診してくれる患者さんを、「迷惑だ」なんて思う医師はいませんよ。どうぞ安心して転院してください。迷惑な患者とはズバリ「医師を信頼していない患者」です。診察をしていたら誰がそういう人なのかよーく判りますよ。「嫌なら他所へ行けばいいのに」と思うことも有ったような無かったような・・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-09-03 12:19 | その他の疾患

担当医がコロコロ変わる


今年5月、黄斑円孔の手術をしました。元々両眼近眼(-7D程度)で、術後経過は順調のようです。術後経過観察やもう片方の眼に飛蚊症があることなどから、現在も定期的に受診しています。

定期的に受診することは私も希望しているのですが、手術を受けた病院では術前担当医~→手術執刀医(非常勤/月一)→術前担当医とは別の新しい担当医と次々と説明もなく担当が変わり、その新しい先生も多分期間限定なので、今後もこの調子でコロコロ担当が変わっていくと思うと不満で不安な気持ちになります。

この病気になったとき、まだ視力も出ていて経過観察期間があった為、不安もありもう一か所別の病院(手術が決まるまで定期的にかかっていました、そこの先生も硝子体手術をされ他の病院で手術をすることになった経緯も知っておられます)にかかったのですが、できたらその病院に、今回の術後検診が終了した時点で変わりたいと思っています。そういう風に病院を移ることは、私にとってあまり良くないことなのでしょうか?また先生にとっても嫌な患者になってしまうのでしょうか?


担当医がコロコロ変わるのは嫌ですよね。カルテがあれば誰が診ても問題は無いのですが、責任感は希薄になるような気がします。

遠慮なく転院を申し出たらよいと思います。理由は担当医が変わることではなく、通院のしやすさなどにするとよいでしょう。紹介状さえ書いて貰えれば問題なく経過観察は出来るでしょう。一人の医師がずっと診ているのであれば、良い気持ちはしないと思いますが、そうではないですので気にする必要は無いでしょう。

ただし、

術前の担当医は初診をした医師、手術は一番腕の良い医師、術後経過観察はその疾患に一番詳しい医師というように役割分担をしているのであれば、一概に悪いとは思えません。その辺がどうなっているのか、聞いてみてからでも遅くは無いように思いますが・・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-08-30 23:40 | その他の疾患

別の病院で診察を受けることは


80歳になる高齢の母の事で相談させてください。逆まつげによる角膜損傷(角膜の白目化)と白内障があります。

総合病院の形成にて逆まつげは上下共に手術を行ったのですが、再度上瞼が被ってきたので、そのままで電気メスでまつげを焼き切ることにし、白内障を手術出来ないか眼科で相談したところ、今の状況では一か八かで執刀することになる、通常のやり方では難しい、旧式で切開部分を大きくすると細菌感染が心配との見解です。

現状の視力は調子がよい時で30cm先に手をかざすと指が何本あるかわかる程度ですが、完全な失明も困ります。できれば他の眼科にも行って診断を受けたいのですが,
そのようなことは出来るのでしょうか?またしてもよいのでしょうか?わかりづらい文章で申し訳ないですが、回答よろしくお願いいたします。


もちろん、どこの眼科を受診するのも自由ですが、主治医に遠慮されているのですね。

実際、逆まつげが常に存在する目の眼内手術は、非常に危険です。主治医はそれを率直に言ったようですね。

素直に「安全な方法で手術をしてくれる病院を紹介してほしい」と頼んでみるのが良いのではないでしょうか。どうも主治医は手術に乗り気ではないような気がします。案外その申し出を待っているのかもしれませんよ。

現在の眼科は、総合病院の眼科でしょうか。それなら、そこから紹介するとなると大学病院か、特別に腕のいい眼科医のいる病院でしょう。申し出る価値はあるのではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2009-05-22 00:14 | その他の疾患