excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


老眼の治療


40歳を過ぎて、近くのものが見えにくくなってきました。いわゆる老眼です。視力は子供の頃から良く、両目とも1.5より悪くなったことが有りません。故に老眼の進行は早いとも聞いております。

老眼は、放っておくしかないのでしょうか?、何か施す手段はないのでしょうか?巷によくある「視力回復センター」などでは、近視の矯正などはあるのですが、老眼(遠視)の矯正なども行なっているのでしょうか。

御社(御医院)でそのような治療を行なわれているのでしょうか。老眼治療(矯正)を専門(得意とされている)に行なっている医療機関をご紹介いただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。


近くが見えにくくなってきたのなら、おそらく老眼でしょうが、そうでない場合もありますので、ご注意ください。近くが見にくいという症状だけで受診し、進行した緑内障だったという事もありました。くれぐれも自分で診断を付けてしまわないように。

視力回復なんとかは、医療機関ではありませんので屈折異常の矯正はできません。もちろん治療はできません。非医師のやっている民間療法は、きっぱりと忘れてください。

目の中の水晶体というレンズあります。遠くを見るときは薄くなります。逆に近くを見るときは厚くなって、近くにピントが合うようになります。つまり、水晶体の厚みを変えることで、ピントのあう距離を変えているのです。若い人でも、遠くと近くの両方に同時にピントが合う事はありません。ところが年齢とともに水晶体の弾力がなくなって、厚くなれなくなってきます。それでだんだんと近くにピントが合わなくなってくるのです。

ですから、老眼の治療とは水晶体の弾力を復活させる事になりますが、残念ながら、今の医療では不可能です。そこで老眼を残したまま、不便の無いように矯正する事になります。眼鏡や遠近両用コンタクトレンズで、たいていの眼科でできます。

眼鏡もコンタクトも使用せずに老眼の矯正をやっているところもあるようです。電磁波による治療ということですが、片目の角膜の表面に手を加えて、遠くにも近くにも同時にそれなりにピントが合うようにする方法です。決して若いころの状態に戻すものではありませんので、期待し過ぎるとがっかりします。片目というのがミソですね。他人のやっていることには責任は持てませんので、紹介はできませんが、ご自分で探せば見つかると思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2007-09-12 15:41 | 視力・斜視
<< 6年前の眼球打撲で視野欠損 フラッシュの残像? >>