excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ドライアイの原因と予防

健康教室 第3回

ドライアイって何ですか?


目の乾燥によって、黒目の表面を覆っている角膜上皮細胞が剥がれて傷ができるなどの障害を起こす病気です。「乾燥感」だけでなく「疲れる」「重い」「ゴロゴロする」「赤くなる」「目やにがでる」など様々な不快症状を起こします。主な原因は、年齢やストレス、ある種の薬剤や病気などによる涙の減少や涙の質の悪化により、目の表面の保護が十分に出来なくなることです。

しかし最近多いのが、生活習慣によるドライアイです。平均的なまばたきの回数は1分間に20回と言われています。ところがゲーム、パソコン、車の運転など目を酷使する作業をする時は、誰でもまばたきを忘れてしまい、極端に回数が減ってしまいます。まばたきをせずに何秒か経つと、眼球の表面を覆いつくしていた涙の膜がところどころで破れて、濡れていないと生きられない角膜上皮細胞がむき出しになります。するとそこから脳にまばたき命令を要求する信号が発せられます。ところが見ることに集中して作業をしていると、まばたき命令の実行が後回しになってしまい、この繰り返しで、角膜上皮細胞が死んで脱落して傷になります。

ですから集中して目を使うときには、意識してまばたきを繰り返す必要があります。作業中は音楽をかけて、それに合わせてまばたきをするなどの工夫をするのも一つの方法です。

まばたきをしすぎても害はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-10-27 16:59 | 角膜・結膜
<< 飛蚊症が10個!! 偏頭痛(片頭痛)とスーパーライザー >>