excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


健康教室>コンタクトの種類

東山書房の「健康教室」という、学校の養護教諭向けの雑誌の10月号に掲載された私の文章です。
5~600字という枠内で言いたい事は書ききれませんが、6回シリーズで転載します。
第1回

コンタクトレンズにはどんな種類がありますか?

硬くて小さいハードコンタクトレンズと、柔らかくて大きいソフトコンタクトレンズがあります。

ハードレンズは硬い素材のため鮮明に見える反面、処方が不適切だったりすると異物感があります。最近のハードレンズは、酸素透過性も高く、適切に処方されたハードレンズは理想的なコンタクトレンズだと言えます。反対にソフトレンズは、異物感は少ないですが、ハードよりは鮮明さが落ちます。また、柔らかい素材ゆえ汚れがつきやすく、それが結膜炎の原因になったりします。

それを解消するために、最近の主流は、使い捨てまたは定期交換のソフトレンズになっています。手入れが不要、または簡単な手入れだけで何日かで新品に交換し、汚れの蓄積による悪影響を排除できるものです。ハードレンズは痛くて出来ないし、ソフトレンズではすぐに汚れてしまって結膜炎を起こし、レンズ寿命も短いというような人には、最適なコンタクトと言えます。

レンズカーブの種類も少なく処方するのも簡単という事で、眼科専門医でない人間によって安易に安売り店などで販売され、さらに快適さから油断して手入れを怠り、結膜炎や角膜炎を起こして眼科受診する人が後を絶ちません。コンタクトレンズは危険なものです。購入するときには、眼科専門医とよく相談しましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-10-10 16:00 | コンタクト・めがね
<< 弱視の治療 市民健康フォーラム(第2報) >>