excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


OCTが変わって悪化した


約5年前に正常眼圧緑内障と診断され、治療を受けています。

半年くらい前から個人的に、評判の鍼灸院の治療(手足に鍼)も追加した所、OCTでも、数ヶ月後に改善の傾向が見られたのですが、最近、octをとったところ、約2ヶ月前に改善傾向にあった緑色の区画が赤になり、 なんと両目とも4分割のうち赤の部分が2つになってしまい、(今まで赤もあったがそれ以外は緑色か黄色が多かったのに)悪化の判定になりました。

1、悪化の判定となったoctの機器は、今までの機器と違い、赤い線が積み重った布地の様な画面に緑のマークだが画面に表示されて、マークが見にくかった。 (通常は黒い画面に緑のマークなのに、一瞬、故障したのかと。ただ、この現象と悪化の判定は関係が無いと言われました。)

2、もう、遠方の鍼灸院には、行かない方が良いのか? 一時でも、改善傾向が見られ、octで、黄色→緑色になる箇所があり、舞い上がるくらい嬉しかったのですが、鍼灸院の件は、主治医に言ってませんが、緑内障の治療に妨げになる様だったら、と心配です。

3、こんなに一気にoctで赤の部分が増えるなんて、ショックが大きいですが、今後、目の方は、老年期まで、持つと思われますか?

4、前回と比べ、今回、大幅に悪化した様に見えるが、主治医は、誤差の範囲と言ってます。短期間でしかも誤差でこんなに悪化するのでしょうか?


違う機械になれば、細かい部分の判定は変わりますので、単純に比較してはいけません。本当に悪化したかどうかは判りません。

また、2か月前の同じOCTによるデータの改善というのも問題です。残念ながら消滅した神経線維は再生せず、従って神経線維層が厚くなることも無いのです。もちろん網膜の出血や浮腫で厚くなることはありますが、これは問題外です。つまり、改善は有り得ないのです。

改善したという判定が出るのは、改善する前のデータが実際より悪く判定されていたからです。水晶体や硝子体の濁りによって網膜断面は不鮮明に(輝度が低く)写ります。輝度の高い神経線維層と輝度の低い神経節細胞層の境目が、全体に輝度が低下したことにより輝度の高い方にシフトし、神経線維層を薄く、神経節細胞層を厚く判断します。OCTの判定は神経線維層の厚みを基準にしていますので、実際より悪いと判定されてしまうのです。

鍼灸による超医学的な力で変化すると信じたいのだと思いますが、自覚症状には影響しても病気そのものには影響しないでしょう。良くも無く悪くも無いと思います。

OCT写真見せてもらいましたが、文章から受けた印象ほど悪くありません。4分割の上下が赤になっているのは、血管の走行が「なで肩」であり、神経線維層の厚みが耳側にシフトしているからです。治療を続ければ老年期まで十分に「持つ」と思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2019-01-13 16:40 | 緑内障
遠視も乱視も強くは無く弱視でもない >>