excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


老眼の目と同じ状態


小学3年生で、夏に初めての眼鏡を購入し、授業で困った時だけつける感じだったのですが、3ヶ月たち最初の眼鏡を慣れさせるため度数を緩く作ってしまったためにすぐに見えにくくなったので、2回目の眼鏡の処方箋を眼科で作っていただきました。

その処方箋で眼鏡を作ったのですが、遠くはよく見えるのですが、近くが60cm~70cm離れないとぼやけて見えないといいます。屈折度数が-3.25もあるので、眼鏡を常用するように言われたのですが、これでは本も読めないようです。

予約制の小児眼科の先生で直接受診出来ず、電話で予約を入れたいことをお伝えしたのですが、混んでいてすぐ受診出来ず、「慣れていないからかもしれないのでそのまま様子を見てください」と言われた状態です。

一つ目の眼鏡は屈折度数-2.5の時に作った眼鏡で-1.25のレンズを入れて両眼0.7ほどで作りました。その眼鏡が3ヶ月で遠用視力0.3 近用視力1.0になり、今回は散瞳剤を使用して屈折度数が点眼前後変わらず-3.25だったので両眼共-2.75のレンズで片眼0.9で処方箋でつくりました。(両眼-3.00のレンズを入れ院内で10分テストしたのですが、気持ち悪くなり、両眼共-2.75に緩くしてもらいました。)

手元60cm以内がぼやけるのはどのような状態と考えられますでしょうか。常用することを考えるとどれくらいが適切なのでしょうか?


それが本当なら、50~60歳ぐらいの老眼の目と同じ状態です。考えられる原因は、

1.屈折検査を1%アトロピン点眼を使用して行い、それから日数が経っておらずアトロピンの調節麻痺がまだ続いている。

2.以前に使っていた仮性近視の治療薬(ミドリン等)を点眼している。

3.心因性視力障害かも知れません。この病気の好発年齢ですので。

4.ありえないとは思いますが、眼科で処方された手書きの処方箋の字を、眼鏡店で読み間違えて、2.75のはずが7.75で作成されてしまった。ぐらいでしょうか。

正しい度数の眼鏡であれば全く問題ありませんので、そのまま様子を見てください。何日たっても同じことを訴えるなら、どこの眼科でも良いと思いますので受診してください。小児眼科である必要は無いです。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-12-11 15:10 | 視力・斜視
<< 遠視も乱視も強くは無く弱視でもない 雨が降っているような >>