excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


4歳の+6ジオプターの遠視


近所の眼科にて、4歳の子どもが強度遠視と分かりました。 度数は両目ともに+6.0です。 後日、小児眼科専門の眼科を受診し、やはりサイプレジン点眼後の検査で+6でした。 メガネを薦められるかなと覚悟したのですが、小児眼科の主治医からメガネ治療はせずに経過観察でと言われました。

裸眼視力が遠見で左右それぞれ0.8、近見が左1.0、右0.9。矯正視力は1.0。弱視ではなく、両眼視も良好。遠視とは関係ない内斜位は右目だけ若干あるが内斜視ではないとの診断です。これから2カ月に一度の受診で視力検査はしていくそうです。

強度遠視でもメガネ治療はしない場合もありますか? 別の眼科でまた診てもらおうかとも思ったのですが、小児眼科がありません。 小児眼科の主治医曰く、メガネをかけてしまうと遠視の度数が下がりにくくなるそうです。 将来的には遠視の度数が少しでも多く下がって欲しいので、メガネ治療はせず経過観察でもいいのかなとも思うのですが、6歳までのゴールデンタイムの間にメガネをかければ矯正視力をもっと上げてあげられるのではないか?とも思います。 今のところ本人は眼精疲労もなく、塗り絵やビーズ遊びなど近くを見る遊びも大好きです。


多くの親御さんは、なるべくメガネを掛けさせたくないと考えています。このブログでもそのような相談は幾度もありました。眼鏡をかけさせることが「かわいそう」とかは序の口。自分に眼鏡をかけさせてくれた親と眼科医に感謝どころか恨み言を言う人までいました。あなたのように、お子さんの将来を考えて眼鏡に積極的になる人は、むしろ少ないのです。

そういう一般的な傾向を踏まえて、なるべく眼鏡を掛けずに、あわよくば遠視の度数の軽減も可能かもしれないという事で、眼鏡無しでの経過観察を提案したのだと思います。眼鏡を掛ける時期を出来るだけ遅らせ、矯正視力は出来るだけ出し、最終的な遠視度数を出来るだけ弱くするという事です。ただしこれとて、将来にわたって眼鏡が必要なくなるわけでは無いのです。

眼鏡はいつか必要になります。2か月後か1年後か3年後か分かりませんが、視力が下がってきたとき、或いは調節性内斜視が出て来た時には掛ける必要が出てきます。たとえ5年間眼鏡無しで乗り切ったとしても、その頃には今より調節力が衰え、眼鏡を掛けなければ近くが見えにくくなり、眼精疲労や情緒不安定なども発生します。それまで主治医の言う通り眼鏡無しで頑張ってみるのも良いし、少しでも早く安心したいという事を主治医に訴えてみるのも良いでしょう。どちらでも間違いはないと思います。別の眼科を受診する必要は無いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-09-28 15:10 | 視力・斜視
<< 光条 加齢黄斑変性のチェックシートで歪み >>