excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


硝子体手術後の残像感


左目の硝子体混濁のため、1ヶ月前に硝子体手術を受けました。 術中に眩しい光を見続けたせいかレーザー治療の為か、この1ヶ月、左目にだけ視野の中心に術中の照明のようなサイズ感の残像がずっと残っています。 主治医の先生には、聞いたことがないと言われたのですが、こちらで公開されていた2009年の記事に同様の症状の方の書き込みを見つけ、藁にもすがる気持ちで書かせていただきました。現在、原因など分かるようになっていたら是非お教えていただければと思います。お忙しい中お手数かと思いますがお返事心待ちにしております。


硝子体混濁が起こった元の病気は何でしょう。糖尿病性網膜症でしょうか。硝子体手術の方法はいかなるものでしょう。どれだけの部分を切除したのでしょう。網膜の内境界膜はどれだけの範囲を剥離したのでしょうか。どれだけの範囲をどれだけの強さでレーザー治療したのでしょう。また術後の眼内には何が残っているのでしょう。これだけの情報が与えられたとしても、その眼を術前から診ていない医師には、正解を導き出すことはまず不可能でしょう。つまり残念ながら、こういうところで質問する内容ではないという事なのです。

主治医、または手術した医師にお聞きください。自分が一番知っている、自分しか知らないのに「聞いたことが無い」はあまりに無責任です。もう少し食い下がってみるべきです。或いは見切りをつけて別の眼科を受診しても良いかもしれませんが、その症状の原因とか治療方法が見つかると期待しない方が良いでしょう。

で、推測です。術中の照明を集中して長時間当てすぎたために、照明の残像がいまだに残っているのかもしれません。そうしなければならないほど、眼内の混濁が強かったのかもしれませんし、難しい手術で予定以上に長時間になったのかもしれません。術前に黄斑浮腫があってそれが手術によって治ったからかもしれませんし、浮腫のなかった黄斑に術中術後に浮腫が起こっているのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-07-31 18:16 | 何かが見える
<< 「思い切り寄り目」にする 視界の端のモヤモヤ >>