excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


原因不明の光視症?


3ヶ月前から下記の症状に悩まされています。いずれも左目です。

症状1  暗い状態から急に明るくなると視野の一部に光が浮かび上がります。具体的には、目を閉じて、しばらくして開くと視野の右端にひとつ、中央からやや左上にひとつぼんやりとした光が一瞬浮かび上がり消えていきます。位置は動きません。また、手で目を覆って手を退ける、暗い部屋で明かりをつけるといった行為でも同様に光が浮かび上がります。普段のまばたきでは確認できません。大きさは、2m先にあるとすると右端のものが約20cm、左上のものが約6cmで、いずれも円形です。

症状2 視野の一部に見えづらい(欠けている?)部分があります。位置は視野中央からやや左上で、大きさは、2m先にあるとすると6cm程度の円形です。位置は動きません。症状1の左上に見える光の位置と同じ位置のように感じます。普段は気にならないのですが、白黒の縞模様やテレビの枠など濃淡差がある所に当該部分が重なると影のようなものに遮られ、はっきり見えません。当該部分の背景が薄い色だと黒っぽい影、濃い色だと白っぽく見えます。無地の壁や青空を見ても影のようなものは確認できません。

上記の症状に気づいて眼科を受診したところ、眼底検査、眼圧検査、視野検査(ハンフリー)は異常なし。OCTでは左目の上の方に赤い部分があるが、今回の症状の位置とは異なるし、視野検査でも異常は出ていないから問題ないとのことで、生理的な光視症・飛蚊症の一種という診断結果でした。今のところ症状に変化はないですが、今まで経験した飛蚊症、光視症とは症状が違いますし、このまま放置していていいものか不安です。

そこで質問なのですが
1.生理的飛蚊症・光視症で上記のような症状が出ることはありますか? 他に考えられる病気はないでしょうか。
2.視野検査とOCTで異常がないということは視野の欠損の心配はないと考えていいでしょうか。欠損部分が小さいと検知できない、見落としやすいという事はありますか?
3.頭痛や目眩、吐き気といった症状はありませんが、脳の検査は必要ですか?


1.なんなんでしょうねえ。原因は分からないけれども異常ではないという印象です。症状1は原因不明の光視症。何が原因で、どういうことが起こっているのか文面だけでは分かりません。症状2は生理的飛蚊症の一種と言えると思います。硝子体の一部に濁りがあるのでしょう。よくある症状だと思います。

2.視野欠損部分が小さいと当然検出できません。検査方法を変えると検出できるかもしれません。また、OCTで異常なしと言っても、網膜全域を解析しているはずも無く、「解析した部分だけ」「それを見た医師の見立てでは異常なし」だという事は理解しておいてください。また、視野にしてもOCTにしても、同じ検査結果を見ても医師によって違う結論が出ることはよくあることです。

3.要らないと思います。脳ではなくて目の症状です。

診察を受けて説明を聞いて、その後変化も無いのに心配なのですね。遠慮なくまた再診すればいいと思います。料金を払うのだから堂々と再診して、説明を要求してください。特に症状1は、その目を診察した医師にしか原因は推測できないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから

by kounoganka | 2018-06-23 15:57 | 何かが見える
<< 視界の中心に向かってモヤモヤ 低濃度アトロピン点眼の裏事情 >>