excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ノンコンの数値が高かった以外は異常なし2


以前「ノンコンの数値が高かった以外は異常なし」で回答をいただきました。再度、お伺いしたくメールさせていただきます。

その後、視力矯正で通院しているのに合わせて1週間ごとに眼圧の測定をしています。
初回  空気式27.20 直接式20.19
2回目 空気式20.19
3回目 空気式17.16
4回目 空気式21.19 直接式20.18
OCTは異常なし、器質的な問題もないといわれています。

3回目の診察の後、今までの眼圧は初めてで緊張したり力んだりしていたから高目に出たのだろうとのことで問題ないといわれ、こちらも安心していたのですが、4回目の検査の際には空気式の数値が21.19と標準値を超えているとのことで直接式で測定し直し20.18となりました。

4回目の診察の後医師より、「やはり眼圧は高目ですね。」と言われ、親戚(主人の従妹)に緑内障を患っている者がいることを踏まえてのことだと思いますが、成人(20歳)になったら注意が必要であると言われました。

緑内障を患っている者(主人の従妹)は、若い頃に急性の緑内障を発病し手術をしたそうですが今はほとんど見えていないのか…その辺りはよくわかりません。娘からは随分はなれた血縁になるのですが、遺伝ということでは関係が深いのでしょうか?医師からは、昔は診断できていないだけで緑内障の人がいたかもしれないといわれました。娘にとっての両親(私たち夫婦)祖父母、叔父叔母、私たち親の叔父叔母、祖父母にも緑内障の者はおりません。

眼圧の測定も空気式の場合は、数名いる看護師(?)さんが測ってくださるので毎回同じ方が測ってくれるのではありませんし、娘が苦手なようで毎回瞼や頭を押さえられ10回以上やり直しをしています。益々力んでしまうのではと心配で、直接式のみで測ってもらえないかとお願いしたら、空気式で測るのが一般的なので、その数値が高目に出るというのは眼圧が高目なのだと言われました。空気式も直接式も測り方が違うだけで正確さは関係なく、空気式でも直接式でも力むことはあるといわれました。

今回伺いたいのは、遺伝に関することと、眼圧の数値のことです。今まで空気式では高いときもありましたが直接式で測りなおしたら全て標準値内に入っています。標準値内でも高目の眼圧の場合は、将来緑内障になるリスクを今から心配するほど深刻なのですか?この先将来のことを考えるととても不安です。

今回の主治医の考えについて河野先生のお考えもお伺いして、少しでも娘にとって良い状況になるよう手を打っていきたいと思っています。


結論を言います。他の眼科を受診してください。眼圧が高いと言って再診させておいてノンコンでしか測らず、ノンコンは高く出ることが多いとは言え、低く出る場合もあるのに、2回目3回目に再測定をしていない。

今までの経過を要約すると、眼圧を測ったら1回目は20と19、次は20と18で全て正常値。OCTによる視神経の検査は異常なし。血縁の者に遺伝傾向があると考えられる原発性の開放隅角の緑内障は無し。ここまでで終了です。「ご心配なら1年後に再診してください」となるところです。血縁の方の緑内障は、年齢からすると続発性だと推測します。

前回書きましたように、空気で測るノンコンは無視しましょう。「空気式で測るのが一般的」ではありません。どちらも料金が同じですので、利益優先なら効率が良いのです。目に接触しないので医師免許不要で誰でも測定出来るのです。「その数値が高目に出るというのは眼圧が高目なのだ」なら、医師が測りなおす必要はありませんね。「空気式も直接式も測り方が違うだけで正確さは関係」無しなら、医者は要りません。本当に知りたいのは眼内圧なのですが、人間の目で測定することが出来ませんので、その値に最も近いと言われるアプラネーション(ゴールドマン)が基準になっているのです。ノンコンがいくら頑張っても追いつけないのです。

正しいノンコンの使用目的はスクリーニングです。眼科を初診したすべての患者さんの眼圧を、ノンコンで手軽に測定することが出来ます。その中で、測定値が高めの人は医師がゴールドマンで測りなおします。年齢を問わず、緑内障やぶどう膜炎など眼圧の経過を見ていかなければならない人の眼圧は、特別な事情が無い限り、再診以降ずっとゴールドマンで測定していく必要があります。若い人で眼圧にかかわる病気を持たない人は、初診日にノンコンで測定するのみで、それ以降の眼圧測定は必要ありません。年配の方でも眼圧にかかわる病気を持たない人には、再診以降もノンコンで測定を続けてもかまわないと思います。眼圧が重要な病気の場合、眼圧が重要な病気を疑う場合は、ノンコンだけでの経過観察は、普通は在り得ないのです。

緑内障は眼圧の病気というふうに思われることが多いのですが、実は視神経の病気なのです。極端な話に聞こえるかもしれませんが、視神経の状態を正しく診断できるのなら、眼圧測定無しで緑内障は診断できます。現に正常眼圧緑内障は眼圧の高い(未治療で一般的な正常値を超える眼圧)緑内障より多いのです。診断がついて以降は、眼圧が治療効果判定の一つの目安となりますので正しく測定する必要があります。

毎年10回以上、学会や勉強会へ行くのですが、眼圧の数値が重要な疾患の症例報告で、ノンコンの数値で報告する眼科医なんて誰もいませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-01-12 16:19 | 眼科検査
<< リンデロンとコソプトの疑問 ノンコンの数値が高かった以外は... >>