excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ポスナーと立ちくらみ


4月に右目の眼圧が上がり、原因不明のまま大学病院でレーザーでの虹彩光凝固術で穴を開けました。その後、一度ひどい霧視や虹輪視でポスナーシュロスマン症候群の診断となりました。

穴を開ける前によく立ち上がった時に右目が数秒真っ暗になっていましたが、レーザー後はそれが無くなり安心してましたが、先週あたりからまたそのような状態になりました(程度は以前ほどでは無いけど)。

手術した大学病院で「穴が塞がる人も居る。そしたらまた開ける事はできる。時々見ると良い」と言われてたので心配になり今日、個人眼科に受診して穴が塞がって無いか診てもらいましたが「程度もあるし開けた先生にしかわからない」と言われました。開いてるかどうかもわからないとの事です。そういう物なんでしょうか。

大学病院は気軽には行けませんし一生通う事もできません。レーザーの穴は開けた医師しかわからないのですか?

それと立ち上がりに右目だけ真っ暗になるのはポスナーの症状では有り得ないと言われました。ネットでポスナー患者のブログ等を見るとよく同じように立ち上がりの真っ暗の方が多くいらして、「ポスナーの発作症状」として書かれていますので私はそうだと思ってましたが、「ネットで見る物は忘れて下さい、そんな症状はありません。全く無関係です。」と叱られてしまいました。確かにネットの情報をうのみにするのはいけませんが、同じ病気の方たちが同じ症状なら全く無関係だとは思えないのですが、先生の仰るとおり切り離して考えた方がいいのでしょうか?

立ち上がりの真っ暗は関係無いけど今日、眼圧が高めなのでコソプトを出されました。


現在の眼科への通院を続けてください。大学病院を受診する必要はありません。

レーザーで虹彩に穴を開けるのは、閉塞隅角緑内障の場合で、はじめはそうに診断したのでしょう。それでも眼圧が上がったために、ポスナーシュロスマンという正しい診断が確定したのでしょう。ということは、本来、虹彩に穴を開ける必要は無かったのですが、それをしておいたおかげで、確定診断に到ったのでしょう。

また虹彩の穴は、術者が器具を使って見なければ分からない角度と大きさなのでしょう。穴が開いているかどうかは、普通は、眼科医ならば誰が見ても分かるのですが、このようなことも絶対在りえないとは言い切れません。確定診断がポスナーだけならば、穴が開いていなくても問題ないのですが。

ポスナーシュロスマンの症状は、虹彩炎による見え方の変化と、高眼圧で起こる角膜浮腫による見え方の変化。及び痛みの一種です。立ちくらみ(?)のように、一時的に真っ暗になるのは、眼への血流が途絶えた時の症状であり、ポスナーでは起こりません。しかし、片眼の眼圧が高い状態で起立性低血圧が起これば、眼圧が高いために眼内に血液が送り込まれなくなり、症状が出てもおかしくないとは思います。単なる想像です。本当に起こるかどうかは検証していません。

もし心配であれば、脳、心臓、血管なども調べてもらうと良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-09-01 17:50 | その他の疾患
<< 「よくわからないけど心配ない」 点眼順序 >>