excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


近視性の視神経乳頭の変化


近視性の網脈絡膜萎縮について質問させていただいた者です。ご丁寧なお返事ありがとうございました。

本日診察にいきました所、先生の指摘の通り、近視性の視神経乳頭の変化ということでした。視野検査も異常なく、緑内障ではないとのことでしたので、安心いたしました。私の聞き間違えで、勝手に近視性の網脈絡膜萎縮と認識していました。

ここで、再度質問させてください。

1.近視性の視神経乳頭の変化と、緑内障による視神経乳頭凹拡大の違いは、これらの検査で確実に判断がつくのでしょうか?経過を観察しなければ確実な判断はつかないのでしょうか?今回の病院では、今後、一年に一回くらい検診にくればいいとのことでした。

2.近視性の視神経乳頭の変化でも、視野の欠損が発生し、症状が進行することはあるんでしょうか?

本来なら、かかりつけの医師に質問すればいいのでしょうが、かなり、高圧的な先生でして、質問できずにいました。お忙しい中、誠意を持って、対応なさっている姿勢に深く感謝いたします。本当に、ありがとうございます。


1.ほぼ確実に判断できると思いますが、医療を含め何事にも絶対ということは無いと考えてください。そのための1年に1回です。

2.近視性の視神経乳頭の変化というのは、近視が強いために視神経の眼球への付着部が曲げられた状態で起こります。その結果、視神経の循環不全が起こり視野欠損が発生することは考えられます。普通は進行しないものですが、近視が進行している状態なら、変化することもあるのではないでしょうか。

「高圧的」に見えても、質問には理解できるまで答えてくれる医師もいます。再診するうちに変わってくるかもしれませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-06-08 17:30 | 緑内障
<< 強度近視と白内障手術 網膜中心静脈閉塞症 >>