excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


増え続ける残像様の暗点


2型糖尿病歴24年 単純網膜症あり レーザー治療歴なし

 3年ほど前から、光の残像に似た暗点が両眼の視野にでき、次第に増えています。本を読むとその部分は文字が欠けていますし、パソコン画面上ではその部分ではマウスカーソルが見えなくなります。ですから残像というより暗点と呼ぶべきかと思います。ただし、幸い両目の暗点がそれぞれ視野の異なる位置にあり、両目の暗点が重なって見える部分がないので、両目で見る限りは見えないところはありません。

 この暗点はインスリン治療を始めた半月後から現れ、その後2~3週に一つずつくらいの割合で増え続けており、現在では片目で大小合わせて2~30個ほどあります。場所は視野の中心に集中していますが、最近はその周りを取り囲むように比較的大きな同様の暗点ができてきました。またなぜか朝起きたときに特にはっきりと分かります。また明るい部屋から暗い部屋に移動したときなど、黄色い残像が広範囲にたくさん見え、景色がしばらくよく見えなくなります。

 暗点の場所は正確に同じです。移動したり見えなくなったりすることはありません。ただし、暗点の光り具合(光っていると言うよりあくまで残像)は、暗点のできはじめに強く光り、2~3日で次第に暗くなりそのまま落ち着きます。でも消えません。

 内科の主治医にこの症状について相談した結果、大学病院の眼科を紹介してくださいましたが、糖尿病網膜症以外には何の異常も発見されず、眼科医には「それは病気じゃない」「仮に糖尿から来ているとしても、眼科的には手の打ちようがない」といわれました。緑内障の所見も黄斑部の異常も見れないとのことでした。インドシアニングリーン蛍光眼底検査の必要はないか訊いてみましたが「そんなことより血糖値のコントロールを!」とのことでした(なお最新のHbA1cは7.3です。ここ5ヶ月ほどこれくらいで、それ以前は8台でした)。その後も大学病院から紹介された眼科で、後部硝子体剥離による光視症をうたがって網膜断層撮影を受けたりもしましたが、牽引は見られませんでした。

 しかし、このまま暗点が増えていけば、ますますものが見にくくなるのは明らかです。いつか失明と同じ状態になるのではないかとの強い不安もあります。しかしもはや万策尽きてしまった感があり、河野先生にご相談差し上げる次第です。この状況で、考えられる病名や有効と思われる検査は何かありますでしょうか?


申し訳ありません。大学病院および紹介された眼科で十分な検査を受けられていますので、それが結論ではないでしょうか。それでも不安な場合は、現在の眼科で訴えて、更に調べてもらうしかないと思います。あるいは全く別の眼科を受診してみるのも良いと思いますが、一から検査のやり直しになりますので大変ですよ。(それから「○○検査をしてください」と検査を指定するのはやめたほうが良いですよ。症状を聞いてどんな検査が必要か判断するのは医師の仕事であり、経験をつまなければ不可能です。)

ここでちょっと見方を変えてみます。物が見えるというのは目だけの働きではありません。目、視神経、脳が連携して働くことによって見えるのです。目および視神経は異常無さそうですので、脳を調べてもらったらどうでしょう。視野検査で感知できないほどの症状ですので異常なしという結果になるかもしれませんが、もしかしたら微小梗塞などが出来ているのかもしれません。あくまで脳神経外科素人の眼科医の言う事ですので、聞き流してもらって構いません。責任は持ちません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-01-26 10:01 | 網膜・脈絡膜
<< 「隅角検査」が必要か 斜めに首をかしげる >>