excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


眼球打撲時の対処について


草野球チームの世話係をしています。実際にあった例ですが、ファールチップ(軟式球)が打者自身の眼にあたり、白目の一部分が部分的にめくれたように破れ、明るさはわかるが当たった方の眼が見えないという事故がおこりました。 その時の対応は、
1.ファールチップが眼に当たり、本人は眼を押させてその場にうずくまり、痛がっている。
2.試合を中止し、救急車をお願いする。
3.怪我人をその場に仰向けに寝させる。
4.眼を観察すると、白目の部分が破れていた。明るさはわかるが眼が見えないとのこと。
5.叩くと冷たくなる保冷剤をタオルで巻き、そっとまぶたの上から眼にあてて冷やす。
6.5分後ぐらいで救急車が到着したので救急隊員に引き渡す。
7.その日は土曜日で、救急車は受け入れ病院を探すのに30分ほどかかる。その間、怪我人は救急車の中で仰向けでただ横たわった状態。
8.搬送先病院で、眼の下の卵のからのような薄い骨が骨折していると診断される。手術するかどうか、眼の出血が引くのを待ち、月曜日に再診察を受け、手術はしないことに決定。
9.7ヵ月後に復帰。光の明るさを調節する機能が弱くなり、明るいところにいくとまぶしくて頭痛がしてくるとのこと。現在はサングラスをかけて草野球をしています。  

◆質問1  眼を氷で冷やしてもいいかどうかを教えて下さい。眼にボールが当たった場合に、すぐ病院にいきなさいということまではわかるのですが、病院にいくまでの間は、どうしておくのがベストなのかがよくわかりません。私としては、闇雲に氷でがんがん冷やすのはNGだけど、凍傷にならないように配慮をして、眼を圧迫しないように気をつけて冷やすのなら、何もせずにいるよりも、氷(アイスパック)を使って眼を冷やした方がよりいいはずだ!冷やすことで腫れや出血を抑えらていいはずだ!と思っているのですが、本当のところはいかがなものでしょうか?

◆質問2 怪我人の姿勢について教えて下さい。眼の事故の時は、怪我人を地面にべたっと仰向けに寝かせて救急車を待ちました。その時に完全に寝かせるのと、まくら代わりになるものを使って頭を少し高くするのと、どちらがよりいいのでしょうか。前房出血を防ぐために頭を少し(上体の角度は30度~60度くらいで?)高くした姿勢にした方がいいのではないかと思うのですが、河野先生はどちらがいいと思われますか?又、怪我人をその場から動かさずに、ホームベース上で横にならせて救急車を待ちましたが、そうせずに、ベンチまで(約10mくらい)歩いて移動させても差し支えないでしょうか?

◆質問3 他に何か注意することはありますか?対応の中で、これをやった方がいいよ、とかこれはやめた方がいいよ、とか他にありましたら教えて下さい。

◆質問4 土曜日の午後も診療されておられるとのことですが、例えば上記の例のような、ボールが眼にあたった等の救急患者の受け入れは可能でしょうか?


1.ボールが当たってどうなったのかは、診察してみないとわかりません。前房出血が起こっているかもしれませんし、水晶体が脱臼しているかもしれません。網膜はく離や硝子体出血が起こっているかもしれません。吹き抜け骨折で筋肉が挟み込まれているかもしれませんし、視神経管骨折で視神経が切断されているかもしれません。はっきりしているのは「痛い」ということだけです。それを和らげるため、あるいは「痛みを誤魔化す」ために冷やすのは良い事だと思います。注意すべき点は、氷を直接当てたりして冷やしすぎない事、圧迫しない事、不潔にならない事ぐらいでしょうか。腫れや出血を抑える効果も少しは期待できるでしょう。

2.頭蓋内出血が起こっているかもしれませんので、当然頭は高くすべきでしょう。こちらの方が重要です。自分で歩けるなら少々の移動は構いませんが状況次第です。

3.「まだ何も判らない」と認識する。頭を高くして寝かせて冷やす。絶対に放置せず、意識があるかどうか継続して確認する。救急隊にどんな状況だったか説明できるように準備する。もし患部に土が入っているなら、水道水、お茶、飲料水などで流すこと。

4.受診されても、重症の場合は結局大きな病院を紹介する事になります。まず消防署に聞いてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-07-15 08:42 | 外傷
<< 眼球打撲による瞳孔散大 目の奥の痛み >>