excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


瞬間的飛蚊症


瞬きをして眼を開いた瞬間と、視線を急速に移動した時に右目の視野中央のやや左に、一瞬小さい影のような?ノイズのような?ものが見えます.そして瞬間的に消えます.場所は常に同じで、変わりません. 特に、暗い空間で、明るいところを見ているときに、顕著です.

片目・中央付近・影・残像」と似たような症状ではないかと思い、都内の有名な眼科の大きな病院に行きました. 散瞳して眼底検査したところ、なにも病的なものはありませんでした.一人はベテランの院長、もう一人は若手の先生の計2人に一週間空けてみてもらいましたが、同じ結果でした.そして一瞬見える影は飛蚊症の一つであると言われました.

飛蚊症というのは、ゆらゆらと揺れているものだとおもっていたので、驚きましたが、このような飛蚊症もあるのでしょうか?もし飛蚊症なら、どうして場所が変わらず、ゆらゆらと揺れていないのでしょうか? それとも上記の記事に、「片目だけとすれば、黄斑変性や網膜色素上皮剥離、脈絡膜新生血管なども視野に入れて検査をする必要がありそうです。」と書いてあるように、精密眼底検査をしても異常が見られないなら、OCTをするべきでしょうか?


一瞬の瞬きで見えるでしょうか。それでは見えなくて、しばらく目を閉じた後に開けた瞬間に見えるのでしょうか。前者なら飛蚊症の可能性は小さく、後者なら可能性大です。いわゆる飛蚊症は、硝子体中の濁り等が網膜に対して動いた場合に認識されます。ある1点を見つめた状態で一瞬の瞬きをした場合は、眼球が動きませんので硝子体の位置も変わらず、一瞬だけ見えるような飛蚊症は発生しないのです。目を閉じていると眼球は上転していることが多く、開けた瞬間に正面視になり、硝子体は大きく動きます。

本当に右目の視野中央の左でしょうか。それは勘違いで、実は右目の視野中央から15度ほど右ではないでしょうか。前者なら飛蚊症の可能性は小さく、後者なら可能性大です。右目の右15度付近、左目の左15度付近には盲点というものがあり、視神経乳頭の部分に視細胞がないことで、何も見えない部分になっているのです。実はその部分の直上の硝子体中に、胎生期の血管の跡形などの濁りがあるのです。それが眼球の動きで一瞬顔をのぞかせ、一瞬の飛蚊症となってもおかしくありません。

上の2つが共に飛蚊症の可能性小ならば、黄斑変性や網膜色素上皮剥離、脈絡膜新生血管なども視野に入れて検査をする必要がありそうですね。更に、網膜前膜、硝子体黄斑牽引症候群なども心配です。普通はそこまで考えてOCTをやると思いますが、本当に受けていないのでしょうか。症状を聞いて眼底を見ただけで、OCTは不要だと判断できるほど完璧に症状の原因がわかったのでしょうか。不思議ですが、診察をしていない当方には、これ以上のことは言えません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-11-12 17:34 | 何かが見える

近視度数と裸眼視力

子供の視力低下で、眼科に行き近視と判断されましたが、裸眼視力と矯正視力は教えていただけますが、屈折度数は教えてもらえないのはなぜでしょうか? 近視の進行度合いや裸眼で本を読むのに30cm間をあけれるかなど重要だと思うのですが。

また、屈折度数が-2.5で裸眼視力が0.7の人と屈折度数が-1.0で裸眼視力が0.7の人では見え方はどう違うのでしょうか。


何故でしょうね。当方は、屈折度数やピントの合う距離について説明することに生きがいを感じていますので、その眼科で屈折度数を言わない理由は分かりませんねえ。混雑していて面倒なのではないでしょうか。言ってしまったらその意味まで説明しなければ意味が無いですからね。まあ、理解できるまで説明「できる」眼科も多くは無いと思いますが・・・。

近視の人の裸眼視力は、5メートルというピントの合っていない距離で測りますので、かなりばらつきが出ます。同じ度数の近視でも、Aさんは裸眼視力が0.2、Bさんは裸眼視力が1.0だったりします。ピントは合っていないが切れ目は分かるという事です。瞳孔径などの被写界深度に影響を及ぼす因子や、体調、精神的なもの、性格的なものなど、様々な要因が影響します。ですからその数値は、多くの人が感じているように絶対的なものではなく、流動的でかなり「いいかげん」なのです。ちなみに当院では、何年間も裸眼視力を測っていない人も多いですよ。

度数が違うのに裸眼視力が同じ0.7の場合は、たまたま2人とも0.7までしか分からなかったためで、見え方が同じというわけではありません。当然度数の緩い方が良く見えている筈です。

もしあなたが正視(近視も遠視も無い)なら、100円ショップで+1.0Dと+2.5Dの老眼鏡を買ってきて掛け比べてみれば、-1.0Dの近視の目と-2.5Dの近視の目の見え方の違いを疑似体験できます。正視でないなら、ご自分で計算してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-11-10 15:24 | 視力・斜視

抗アレルギー点眼


パタノールという目薬の事でお聞きしたいです。

3年程前から夏から冬の初めにかけて目頭が痒くなり軽いアレルギーと診断されました。 上記の目薬を痒みが気になるシーズン中(1年のうち半年程)毎日1日朝夕2回もしくは朝夕寝る前3回指しています。 今の所、特にトラブルは無いのですが季節性アレルギーですので今度もずっと長期の点眼は避けられないです。 このパタノールは年単位による長期点眼でも副作用は大丈夫でしょうか? 眼圧が上がったり、それによる緑内障の原因なったりするのでしょうか?

この目薬とは長い付き合いになると思いますので、不安がありメール相談させて頂きました。


通年性アレルギーでずっと休みなく点眼している人もいます。この程度の使用量で悩む必要はありません。もちろん副作用はあります。長期に使用して大丈夫かどうかは、使ってみなければわからないのです。問題になる副作用が発生したら、変更すれば済むことですので、今から悩んでも仕方ありません。幸い、緑内障関連の副作用は報告されていません。

抗アレルギー点眼は他にも色々ありますので、心配なら主治医に相談してみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-11-10 15:22 | くすり

覚醒時の視野中心の黒


朝、目が覚めると視界の中心が黒く、その周りに砂嵐が見えます。片目で見ても、両目で見ても、目をつぶってもみえます。しかし数分で収まります。日中はこのような症状は起きません。

飛蚊症を患っており、最近また眼底検査をしましたが異常なしと言われました。また閃輝暗点も患っておりその前兆でもないと分かるのです、この症状は何なのかと気味が悪いです。両目でも目をつぶっても見えるという事は脳の関係かもしれませんが、飛蚊症持ちであることや、失明の恐怖もあり質問いたしました。よろしくお願いいたします。


それで正常です。
をご覧ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-11-01 12:28 | 何かが見える

近視は回復する?


小学3年生です。屈折度数-2.75の近視で視力は0.2です。

ある、子供の視力回復を謳っている眼科医のブログで 「10歳前後の子は回復力があるので、この間も3カ月トレーニングで-3ジオプターから-0.5ジオプターまで改善しました。」 とあったのですが、そんなことはあるんでしょうか?

強度近視になるのが心配で低濃度アトロピンを考えていたのですが、こちらは抑制であって改善ではないので。 教えていただけますか。


近視というのは、眼軸長(眼球の奥行きの長さ)が延びることで起こります。「回復する」という事はないのです。成長して身長が伸びるのと同じなのです。

10歳前後の子に回復力ですか。どんな力で眼球を縮めるのでしょう。押したりひっぱたりして大きくなった眼球が小さくなるのでしょうか。それが可能なら、トレーニングで身長を縮めることも出来そうですね。それが出来ない以上、本当の近視は回復させることが出来ないという結論になります。

もし‐3.0ジオプターが‐0.5ジオプターまで緩くなったというのが本当なら、それは仮性近視、調節緊張だったという事です。毛様筋の緊張で遠くにピントが合わなくなっていますので、ミドリンなどの毛様筋の緊張をとる点眼で回復します。勿論トレーニングを併用しても悪くないでしょうが、その数値は誇張でしょう。そんなに強い仮性近視は無いとは断言できませんが見たことはありません。眼軸長を縮めて近視を緩くしたわけでは無いのです。

屈折度数-2.75の近視と診断された経緯が分からないのですが、もし仮性近視の治療の経験があるとか、仮性近視ではないという診断があるのなら、無駄なことに時間を浪費せず、低濃度アトロピン点眼が良いと思います。

余談かもしれませんが、10歳前後の女の子に多い心因性視力障害の場合、短期間で0.1の裸眼視力が1.5まで回復することがあります。何もしなくても回復します。眼科に行けば簡単に診断がつきますが、眼科受診しない場合、視力回復業者の餌食になる場合があり注意が必要です。眼科医は国家資格を持っている医師です。いかがわしい業者のような事をやっている眼科医は、日本には1人もいないと信じたいです。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-11-01 12:24 | 視力・斜視

登山と緑内障


私は、各地の登山をするのが好きなんですが、緑内障になっても、登山を続けても、大丈夫でしょうか?

尚、目の持病があり、将来を思うと、尚更、山からの絶景を見る事を強く希望しています。 ちなみに、緑内障になって高地に行っても支障を感じた事がなく、(初期でまた矯正視力1,2位出る為)あまり気にも止めていなかったのですが、色々考えると少し不安が、あります。


大丈夫です。登山や飛行機で気圧が下がっても、潜水で気圧(水圧)が上がっても大丈夫です。雄大な自然環境の中に身を置くのは、寧ろ、良い効果があると思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-10-31 15:22 | 緑内障

運転中の残像


車の運転中に視界に黒っぽい紫のような斑模様がたくさん見えました。初めは残像かと思い車を停めて休んでいたところ、紫から赤のようなピンクに変わり、最後は消えました。見え方は飛蚊症というよりは残像のような見え方でした。両目ともほぼ同じように見えて目を瞑っても見えていました。時間としては数分程度だったと思います。

元々近視が強く両目とも飛蚊症と光視症があり3ヶ月前に網膜剥離で手術をしています。先月の定期検診では両目とも眼底検査をしており、問題ないと言われています。目のどこかで出血したのかとも思ったのですが出血した場合すぐ消えて見えなくなるということもあるのでしょうか?


残像でしょう。運転中に明るく光るものが視界に入ったことが原因です。昼間なら太陽の反射、夜なら上向きのヘッドライトかもしれません。 光源は1つでも、運転中ですので車は移動し、視線も常に動かしていますので、複数の残像が発生します。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-10-31 15:20 | 何かが見える

視野測定を受ける時の心構え


視野検査についての質問なんですが、最近、弱い光に対し感度が弱くなり、出だしで弱い光にあまり反応できないと、以後、視野検査機が、ほとんど強い光しか出さなくなり、弱い光の発現は少なく、そういった強い光だと確認しやすい状態です。

検査の係の人には、「見えるか見えないか、はっきりしない光、はボタンを押さないで」 と言われますが、、 質問は、弱い光で一瞬な場合、はっきり見えたか、自信がないので、押さない方が良いんでしょうか? 実は、弱い光だと、確認しづらく神経を使うため、強い光のみの検査だと、すごく楽なんですが、宜しくお願いします。


本当にそのような状態なら、視野は徐々に悪化していると判定されているでしょうね。その結果、必要のない無駄な薬を使わされているかもしれません。

自動視野計の検査は、例えば視野中心から半径30度の範囲の格子状に並んだ76点の正確な感度を調べるものです。弱い光でもボタンを押した場所は感度が高く、強い光でないと押さなかった場所は感度が低いと判定されます。強い光でも押さない場所は感度0です。ですからやるべきことは唯一つ「光ったと感じたら押す」という事だけなのです。

余計なことを考えていたら正しい測定が出来ません。光ったと感じたら速やかに押す。迷ってはいけません。弱い光が一瞬光ったら必ず速やかに押す。1~2秒考えてから押したりしないようにしてください。1~2秒考える必要があるほど曖昧なら、押さないでください。時間が経ったら次の測定点の計測になってしまい、判定結果が出鱈目になります。

「見えるか見えないかはっきりしない光は、ボタンを押さないで」 という無責任な言葉に惑わされないように。その言葉は、「見えていないのに光ったような気がした場合は押さないで」という意味です。はっきりしなくても、ぼんやりしていても光ったのなら押してください。自信が50%なら必ず押してください。自信が10%なら押さなくていいです。自信が30%なら・・・押すか押さないか自分で決めておいてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-10-16 12:06 | 眼科検査

眼球打撲、外傷性白内障の術後のこと


眼球打撲し、角膜裂傷、外傷性白内障で、緊急オペとなり、虹彩、水晶体を取り除きました。主治医からは、網膜まではいってなかったと言われました。

今は、傷の治りが良好なので退院間近なんですが、中の状態を確認するにはまだ充血があったりで数週間先になるだろうとのこと。本人は今のところ光や少しの動きしか分かりません。

だいたいの目安として、人工のレンズを入れられる時期や、今後失明の可能性があるのか?レンズを入れることで視力がどのくらい上がるのか、今後注意点を教えて頂けないでしょうか?


人工水晶体を入れるのは、少なくとも数週間後、眼底の状態を確認できてからでしょうね。気長にお待ちください。ただし、普通の白内障ではありませんので難しい手術になると思います。主治医から失明の可能性の話を聞いてないのなら、それは低いという事ですので、その点はご安心ください。

人工水晶体を入れた後の視力は、角膜、網膜、視神経に問題が無ければ2.0出てもおかしくないのですが、角膜裂傷があったということですので、その分を差し引かなければならないかもしれません。

今後の注意点に特別なものはありません。指示通り受診し、指示通り点眼する事。異常を感じたら早めに受診する事。反対の目に異常を感じた時も早めに受診する事。押さえたり擦ったりしないことぐらいでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-10-15 15:08 | 外傷

光条


光が伸びて線状に見えます。強度近視で飛蚊症は前からありましたが、光が伸びて見えるのは去年からです。夜間電灯や車のライトが線状に伸びて見え、太陽の光も伸びて見えます。近くの眼科で相談したら病的な意味はないと言われましたが、最近は線が増えて見えるので心配です。(去年は1つくらいでしたが、今は線が3つくらい見えます)

線状に伸びて見えるのが嫌で夜のお出かけも控えるようになってます。最近は昼間も線が増えて見えるので心配で怖いです。線が伸びる方向と数は両眼で異なります。これは病気ですか? もっと悪くならないようにする方法はありませんか? すごく心配です。宜しくお願い致します。


明るい星を表現するのに、白い点だけでなく光条を付け加えたりしますよね。白い点だけでは星っぽくないと感じますよね。つまりそれは、全ての人が程度の差はあれ、そのように見えているという証拠ではないのでしょうか。

以前に比べて増えているとしたら、例えば水晶体の混濁などの影響で、回折や異常屈折が起こっているのでしょう。それを白内障と言えなくは無いのですが、誰にでも起こる水晶体の濁りですので、治療が必要かどうかは診察した眼科医と相談してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-10-15 15:00 | 何かが見える

4歳の+6ジオプターの遠視


近所の眼科にて、4歳の子どもが強度遠視と分かりました。 度数は両目ともに+6.0です。 後日、小児眼科専門の眼科を受診し、やはりサイプレジン点眼後の検査で+6でした。 メガネを薦められるかなと覚悟したのですが、小児眼科の主治医からメガネ治療はせずに経過観察でと言われました。

裸眼視力が遠見で左右それぞれ0.8、近見が左1.0、右0.9。矯正視力は1.0。弱視ではなく、両眼視も良好。遠視とは関係ない内斜位は右目だけ若干あるが内斜視ではないとの診断です。これから2カ月に一度の受診で視力検査はしていくそうです。

強度遠視でもメガネ治療はしない場合もありますか? 別の眼科でまた診てもらおうかとも思ったのですが、小児眼科がありません。 小児眼科の主治医曰く、メガネをかけてしまうと遠視の度数が下がりにくくなるそうです。 将来的には遠視の度数が少しでも多く下がって欲しいので、メガネ治療はせず経過観察でもいいのかなとも思うのですが、6歳までのゴールデンタイムの間にメガネをかければ矯正視力をもっと上げてあげられるのではないか?とも思います。 今のところ本人は眼精疲労もなく、塗り絵やビーズ遊びなど近くを見る遊びも大好きです。


多くの親御さんは、なるべくメガネを掛けさせたくないと考えています。このブログでもそのような相談は幾度もありました。眼鏡をかけさせることが「かわいそう」とかは序の口。自分に眼鏡をかけさせてくれた親と眼科医に感謝どころか恨み言を言う人までいました。あなたのように、お子さんの将来を考えて眼鏡に積極的になる人は、むしろ少ないのです。

そういう一般的な傾向を踏まえて、なるべく眼鏡を掛けずに、あわよくば遠視の度数の軽減も可能かもしれないという事で、眼鏡無しでの経過観察を提案したのだと思います。眼鏡を掛ける時期を出来るだけ遅らせ、矯正視力は出来るだけ出し、最終的な遠視度数を出来るだけ弱くするという事です。ただしこれとて、将来にわたって眼鏡が必要なくなるわけでは無いのです。

眼鏡はいつか必要になります。2か月後か1年後か3年後か分かりませんが、視力が下がってきたとき、或いは調節性内斜視が出て来た時には掛ける必要が出てきます。たとえ5年間眼鏡無しで乗り切ったとしても、その頃には今より調節力が衰え、眼鏡を掛けなければ近くが見えにくくなり、眼精疲労や情緒不安定なども発生します。それまで主治医の言う通り眼鏡無しで頑張ってみるのも良いし、少しでも早く安心したいという事を主治医に訴えてみるのも良いでしょう。どちらでも間違いはないと思います。別の眼科を受診する必要は無いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-09-28 15:10 | 視力・斜視

加齢黄斑変性のチェックシートで歪み


加齢黄斑変性のチェックシートで右目に歪み(中心部ではない)があったため、眼科で相談し、OCTや画像診断をしてもらったのですが、黄斑には異常がなく、様子見ということになりました。

2軒の眼科に見てもらったのですが気持ち悪く気になって仕方ありません。飛蚊症を目で追ってしまう癖で、視神経が疲れてしまったのでしょうか?

「飛蚊症を目で追っていると失明する」というような迷信を信じている人もあるようですね。そういう事をしても何も起こりません。好きなだけやって構いません。但し、目が痛くなるぐらい極限まで横を見るようなことを繰り返すと、視神経の根元が影響を受け、緑内障の原因になるかもしれません。

2軒の眼科で異常なしなら、きっと大丈夫ですよ。もちろん、2軒とも何かを見落としているという可能性も否定は出来ませんので、3軒目に行ってみるという選択肢もあるでしょう。でもそれじゃあ切りが無いですので。どこかで妥協しましょうよ。

加齢黄斑変性のチェックシート(アムスラーチャートですね)を見た時に、毎回100%全く同じように同じ場所が歪むのなら、確かに何かあるのでしょう。眼科でこのことを強く訴えましょう。しかしもし、場所や大きさや形が変わる事があるのなら、硝子体中の濁りの影響と考えられます。つまり飛蚊症の一種という事ですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-09-19 15:17 | 何かが見える

3歳の乱視


3歳3ヶ月のこどものことで相談です。テレビや本を見るときに近づいたり斜めから見たりするのが気になり眼科を受診しました。

結果は乱視遠視がひどいので、点眼薬を入れてはかった結果が、
右S+3.75 C-4.5
左S+3.25 C-4.75 となりました。

片目ずつ図る(円のどこが切れているか)視力検査は途中で飽きてきて切り上げたのですが、その結果は0.5でした。 弱視なので今すぐメガネを作るようにと言われ治療しないと将来運転免許とれないこともあるよ、とのことでした。

裸眼・矯正視力の検査(片目ずつ隠して回答する)を本人がしっかりできなくても度数だけで弱視となるのでしょうか? 日常生活では、遠くから歩いてくるパパを見つけたり、対向車のエンブレムを見ながら楽しそうに話していたので、本当にぴんぼけで?見えてるのかな?という気持ちです。


右-4.5D、左-4.75Dという乱視度数だけで、視力測定が出来なくても、弱視と診断して問題ないでしょう。何も迷う必要はありません。指示通り眼鏡を作ってあげましょう。

どんな見え方かは、眼科で体験できますので頼んでみてください。逆の乱視度数の眼鏡をかければお子さんの見え方の疑似体験が出来ます。驚くほど見えにくいですよ。このまま放置するのは一種の虐待だとさえ感じられますよ。

眼鏡を作るのが遅れると、矯正が十分できなくなります。「乱視の矯正をせずに見ている歪んでぼやけた世の中が普通の状態だ」と脳が認識してしまうのです。そうなると、正しく矯正すると余計に見えにくく感じるようになり、緩い度数でしか矯正できず、最終的な矯正視力も1.0止まりだったりします。本人にとってはそれで十分かもしれませんが、もっと見えるはずの目を、眼鏡をかけるのが遅れただけで十分機能させられないのは、すごく残念なことです。

弱視の治療は10歳までしか出来ません。早ければ早いほど結果は良くなります。このチャンスを逃さないよう、将来に悔いを残さないよう前向きに考えてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-09-11 16:19 | 視力・斜視

カラフルな小さい粒


幼い頃から飛蚊症なのですが、中学生頃から空にカラフルな小さい粒が飛び回ったり血流のようなもやもやした感じが見えるようになり、それが白い壁やノートでも目立つようになってきました。それに加え、電灯の色がワントーン暗くなっているようなきがします。

高校生になり眼底検査や光を感じる細胞の検査、脳のMRIを撮るなど詳しく調べましたが異常はありませんでした。心理的なものが原因なのでしょうか。またそのような場合気にしないしか方法はないのでしょうか。


誰の目の中にも必ず濁りがありますので、そういう症状は多かれ少なかれ誰にでもあります。ところが殆どの人は気にも留めません。症状があるのは現実ですが、それが気になるのは心理的なものです。そういうものだと悟って、気にしないようにしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-09-01 13:32 | 何かが見える

エアガンで出血


○○在住の母親です。子供は△△で働いてまして、友達からエアガンで目を打たれて、近くの総合病院に行きそのまま入院しているそうです。出血が止まらなくて点滴をして様子をみるとの事ですが、ネットで調べると失明の可能性もあるという事でいてもたってもいられません。

私の希望としては、地元の病院で診て欲しいと思っているのですが、この状態では移転するのはやめた方がよいのでしょうか?又、河野先生の所にもこのような症例で来院された患者さんがいらっしゃいましたでしょうか?ブログで拝見しまして藁にもすがる思いです。もしアドバイスがあれば、よろしくお願いいたします。


エアガンで出血という事故はたまにあります。放置して良いほど軽症の物から、前房出血、硝子体出血が起こり、外傷性白内障、網膜剥離まで起こっていることがあります。その場合は手術が必要です。

全力で治療中でしょうから、そのまま任せるのが良いと思いますが、安定すれば移送は可能だと思います。こんなところで聞くよりも病院に直接お聞きください。 点滴で出血が引いて来たら、眼底は何ともなかったという事もありますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2018-09-01 09:47 | 外傷