excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2021年 10月
2021年 09月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


術後の腫れ


結膜から瞼の下の脂肪を取る手術をしました。美容目的です。その術後4日から起床時に結膜浮腫。時間がたつと引いていきます。浮腫がひいていくと目頭の涙丘の横の結膜半月ヒダ?というところが膨れているように見えます。術前よりも出ている部分が大きくなっています。

これは一体なんなんでしょうか??また改善できるのでしょうか?

結膜の浮腫が引いたら、相対的にその部分の浮腫が目立つようになったのだと思います。しかし、そういう手術にも色んな術式があると思いますので、それが何というもので改善するのかどうかなどは、当方ではなく、その手術をされた専門の先生にお聞きになる方が良いと思います。

お力になれなくて申し訳ありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2021-10-24 15:11 | その他の疾患

低濃度アトロピン点眼の効果の有無


近視低下を出来るだけ抑えたいと、 以前、低濃度アトロピンのことを相談させていただきました。田舎なので、やっとの事で処方していただける病院を見つけ、小学4年生の時、屈折度数D-3.75 視力0.08の時にマイオピン点眼始めることができました。

2年たち小学6年になりましたが、D-6.0 視力0.04と視力は速いスピードで低下しています。始めた当初、「効果がない人も3割ほどいるので、2年して効果があるか検討しましょう」と言われましたが、この場合、この子にはあまり効果がなかったのでしょうか?

担当医は「これしか今はないからね」と言われ、効いているとも効いていないとも答えてくれません。中学に入ると睡眠時間も確保できないのでまぶしさが心配です。成長期とはいえ、どう判断したらいいでしょか?担当医に相談することなのですが、近視度数の変化も教えてもらえず、今回メガネを交換するにあたり、教えてもらえたぐらいです。よろしくお願い致します。


一番の成長期に2年たってその程度の近視度数で留まっていることを考えると、それなりの効果はあったと思われます。「速いスピードで低下してい」るとも思えません。低濃度とはいえ、アトロピンというきつい薬を2年間毎日点眼して、全く影響しないはずないと思いますよ。

しかし、効果の判定は非常に難しいです。効果があったとしても進行が止まるわけではありません。点眼をしていなかった場合はもう少し強い近視になっただろうと考えるしかないのです。点眼していなければ-8ジオプター以上になっていたかもしれないですよ。こればかりは信じるしかないのです。

例えば一卵性双生児の近視度数を点眼の有無で比較でもしない限り、効果の有無は判断できません。「効果がない人も3割ほどいる」なんてことも分かりません。人それぞれ進行速度や程度が違いますので、効果の無い3割を見つけることは出来ないのです。

別の言い方をすると、点眼の効果があったのか無かったのかを判断する必要すらないのです。有ったらどうするのですか。無かったらどうするのですか。それによってさらに点眼を続けるかどうかを決めるのでしょうか。たしか、2年間続ければ、それ以降は点眼は不要という事になっていたと思いますよ。ただし、身長が伸びている間は眼軸長も伸びると考えて、点眼を続けるのも間違いではないと思います。

「中学に入ると睡眠時間も確保できないのでまぶしさが心配」なんですか? 仮性近視用のミドリン点眼の様な、瞳孔が広がって眩しくなるような強い副作用は滅多に出ませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2021-10-01 16:55 | 視力・斜視

結膜の弛緩


左目の下まぶたの裏(あっかんべーした時に見える赤い部分)と白目の境目に、やや白っぽい半透明の膜?ができていることに今日気づきました。

膜の質感は潤っていて、ジェルのような、ほとんど液体のようなやわらかい質感です。目やにかと思いましたが、涙を出しても溶けないので目やにではないと思います。この膜は目頭側にはできておらず、黒目の下あたりから目尻にかけてできています。痛みや痒みや異物感や出血はないです。普段より特別白目が血走っていたり涙が出たりもしていません。右目の方にその膜はありません。

これは、はやり目というものなのでしょうか?怖くてまだ膜には触っていないのですが、この膜はティッシュでは取れないですよね?お忙しい中恐縮ですが、ご返答をよろしくお願いいたします。


お返事が遅くなり申し訳ありません。

アレルギー性結膜炎の場合、そのようなものが出来ることがあります。白目と瞼の裏を覆っている結膜が、弛緩して(たるんで)いるのでしょう。よく目を擦る人は出来やすいですよ。アレルギー性結膜炎の治療とともに、保冷剤で冷やしたりすると早く引くと思います。はやり目は無関係です。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2021-09-14 11:20 | 角膜・結膜

残像と光視症と夢?


夜中に起きてしまった時に視界がピカーっと一瞬光ることがあります。

一度目は、2.3か月前に寝ぼけた状態で、目をあけたら、緑色の光がピカーっと眩しいくらいに光ってみえました。驚いてその方向を見るとエアコンのランプが緑色だったので、あぁこれが見えたのかな?寝ぼけたのかな?と無理矢理納得しました。一月程前には寝ている最中にキュピューン!!!という大きな音と共に、目の前がオレンジ色に光り、驚いて起きました。これは寝ていたので夢かもしれません。

今日も、また寝起きでピカーっと白く視界全体が一瞬光りました。でも、光っているものは目の前に見当たらないんです。強いて言えばカーテンの隙間から少し弱い光がもれてるな、くらいなんです。(ですが、朝5時だったし、そんなに明るい光ではありませんでした)どれも、寝ぼけていて自分が目を開けていたのか、閉じていたのか、もよくわからない状態でした。

網膜剥離が起きる時に視界の端がピカピカっと光る、と聞いたことがありとても、とても心配になっています。図々しく申し訳ありませんが、教えていただけたら嬉しいです。


お返事が遅くなり申し訳ありません。

なんなんでしょうね。網膜剥離の前兆の光視症の可能性は無くは無いと思いますが、音はしません。残像と光視症と夢がごっちゃになっているのでしょうか。ご心配なら眼科受診ですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2021-09-14 11:18 | 何かが見える

網膜伸展による歪みでしょうか


10年ほど前に両目とも後部硝子体剥離を起こしています。両目ともグリア環が見えました。数年前に左目だけ硝子体手術(硝子体混濁がひどかったから。網膜などに異常なし。)しています。ここ2年ほど前から術後白内障がでてきて、どんどん近視が進んでいました。

一方、右目は年齢相応の水晶体だそうです。ただ、その右目でも十数年前は-6d、数年前にはー7dだったのが、最近では-8dになってきて、眼軸が伸びているのか、水晶体の老化なのか、とにかく近視がまだ進行していているようです。

現在、右目裸眼-8D 乱視-1.25 矯正1.2 、左目裸眼-16D 乱視? 矯正0.2 (白内障になる前は右目と似たようなデータ)。眼軸長は26.5mm

左目はコンタクトと眼鏡を重ねて騙しだましやってきましたが、もうそろそろ限界なので白内障手術をするつもりでいました。その矢先、左目だけ眼鏡の端でぐにっと歪むことがあったので、重ねたレンズのせいかと思っていたら自分の目のせいでした。

怖くなって右目も調べたら左目ほどではないのですが左目と対称な感じに似たような歪みがありました。中心に歪みをあまり感じません。四角いものの外枠がひずんで見えるという感じです(例えばパソコン枠、スマホ枠、窓枠)。目を動かすと、ひずみの角度はぐにっと変化します。(カーブが変形するのが左目が顕著なようです。両目でもPC作業中の画面中の四角い枠が変化すると気持ち悪いです)。今まで両目でうまく補完していたのかこれまで歪みに気付かなかったのか、左目が顕著になってバランスが崩れて、右目でも歪みに気づくやすくなったのか、よくわかりません。あるいは両目ともひずみが悪化したのか。

執刀医(網膜専門医)のもとで定期検査(眼底検査 OCTなど)は年に2~3回やってきましたし、先日の診察時でも眼底検査、OCTで両目とも網膜には異常がないといわれました。

ひずみは屈折のせいではないかと。水晶体が加齢で硬くなってきたりなどが関係しているかも。あるいは眼軸が長いのも影響あるかもしれないと。あまり聞く症状ではないので、そもそも両目にその症状があるようだし、白内障の左目のほうが顕著な理由もよくわからない、という感じでした。だから、眼内レンズに変えたところで、今よりはひずみが軽くなる方向には予測するけれど、どうなるかわからないと言われました(怖いです)。

黄斑チェックシート(1辺17cm 20マス)のを見た場合でお話しします。中心部分などに何も歪みは感じません。チェックシート格子一つ一つというよりもチェックシート外枠がわずかにひずみを感じます(右目なら左端、下端。右目なら右端、下端。)。ただ中心点から斜め上方など視点を動かすと(右目なら中心点から左上隅っこなどへ)、そのひずみのカーブが変化して深くなったり変形が顕著になります。右目に特徴的なのは盲点付近に電気パルス信号のようなものが格子2マスにわたって見えます。これはカーブがあまり変化したりしないようです

・両目の歪曲はやはり眼軸長による網膜伸展によるものと思われますでしょうか?(主治医は網膜伸展とはいわなかったのですが、眼軸の長さを気にしていたのでそういうことなのでしょうか。)・この網膜伸展は眼軸が伸びるにつれどんどんこれからもひどくなっていくのでしょうか。近視がまだ止まりません。・白内障の左目は目を動かすとカーブ変形が顕著なのは、水晶体の屈折変化による影響と思われますでしょうか。

歪みについての左目をきっかけに自覚が起きたばかりなので、白内障手術はお預けとなり、経過観察となりました。私の両目の歪みは強度近視による網膜伸展が主な要因と考えてよさそうでしょうか。他に検査が必要だと思われるなら、それも教えていただけるとありがたく思います。よろしくお願いします。


既に、設備の整った眼科で能力のある眼科医に診てもらっていますので、当方の出る幕ではないと思います。

眼軸長を以前と比較して、伸びているのであればその通りだと思いますが、そういう説明は無かったのでしょうか。眼軸長が伸びていないとすると、水晶体の膨化・屈折率の変化などでしょう。眼軸長にしろ水晶体の屈折率にしろ、変化が大きければ、それ以前の慣れ親しんだ見え方との違いが気になるのは当然でしょう。どちらかはっきりさせないと先へ進めないとは思えないのですが。

カメラのフィルム面(受光素子面)は平面で、まっすぐな線はまっすぐに写ります。一方、人間の目は丸くて、まっすぐな線もまっすぐに写るわけではありません。なのにまっすぐに見えるのは、脳が見え方を補正しているからなのです。視機能が完成して、その後ある程度の年齢になってから歪みや湾曲を自覚する様になったとすれば、眼球の変化による見え方の変化に、脳がついていけなくなったのではないでしょうか。

白内障が進行して近視化することはよく遭遇することです。ご質問を読んでも何か特殊な病気が隠れている様な印象を持ちません。歪みや湾曲についてもたまに聞く症状ですし、添付画像を見ても、特に問題はなさそうです。異常がないという事は定期的に確認している訳ですので、それを信じて気楽に構えていいと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから

# by kounoganka | 2021-07-28 18:23 | その他の疾患