excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:飛蚊症 ( 90 ) タグの人気記事

視界のすみから現れるもの


振り向いた時に視界のすみから現れるものが近づいて来て見えたり、首を振ると視界の隅に見えるものがとても大げさに動いてみえる(早く動いてみえる)など、このような症状以外にも文章に表しにくい症状が現れました。

ですがそれらはどれも正面にまっすぐ見ているものが大げさ動いたりするのではなく、いずれも視界の端やピントのあっていない部分で見えます。勉強している時などは特に気になります。

もしかして一生このままなのではないかと考えると不安で押しつぶされそうです。なるべくはやく回答をお願いします。どうか宜しくお願いします。


眼内(硝子体内)にある濁りが動くのでしょうね。一生このままであればむしろ問題ないのですが、もしかしたら、網膜の端の方が剥がれそうになっているのかもしれません。

出来れば早い目に眼科で診察を受けることをお勧めします。


ご回答ありがとうございました。しかし、僕の説明が悪かったようでうまく伝わっていなかったようですね。もう1度詳しく説明します。

例えば自分の横に棒があって、その棒の方へ振り向くと、棒が近づいて(動いて)来て見えるということです。
それと正面を向いて歩いていると、真横にあるガードレールや柵などが上下に大袈裟に揺れて見えるようなことがあったり、目線のしたにペンがあったとして首を縦に振ると、ペンの一番端が曲がるような感じに動くように見えるようなことがあります。とにかく視界の端(上下左右)に違和感があって視界の端に見えてるものに圧迫されるような違和感を感じます。(意識しているから?)
これらの症状は他の目の症状で不安になって、周辺の視野を意識し始めてから起こるようになった気がします。それとこの症状を特に不安になった時や気にしている時はひどく症状が現れるような気がします。

これは不安になったことによる精神的なものなのでしょうか?それとも脳?ネットで調べたりしても該当する症状が見つかりません。説明し難いところがあって説明不足のとこがあるかもしれませんが足りないところがあれば、再度メールします。


錯覚でしょう。別の言い方をすると精神的なものでしょう。

でももし、網膜の周辺部だけが浮かんだ状態になれば、一時的にそのような見え方が起こっても不思議ではないような気がします。どうしても心配ならば、やはり眼科受診でしょう。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-08 17:18 | 何かが見える

「あるある」


小学生のころ飛蚊症で悩み、すごく不安になりました。眼科で診断したところ、大丈夫だと先生に言われました。

それからしばらくして、小さい光がひとりでに飛び回っているようなものが見えるという、飛蚊症とは全く違う症状が現れました。これも不安になり眼科で見てもらいましたが、異常なしでした。

それからたくさんの症状が増えていきました。薄暗いところで動いてるものに白っぽい残像のようなものが見えたり、周辺視野にあるシミや黒っぽいものが震えたり、暗闇でスマートフォン揺らすと、それにつられたかのように周辺視野にある光が揺れたり…などなど(片目でも、両目でも同じ)。これらの症状も眼科で診断してもらいましたが、異常はなく、あまり気にしないようにとだけ言われました。

でも、これからもこんな症状が増えていくのではないかと不安で不安でたまらなく、心配すれば心配するほど、不安になれば不安になるほど、症状が悪化していくような気がします。脳に異常があるのでしょうか?眼科とは違う病院へ行ったほうがいいのでしょうか?今も不安でたまりません。教えてください。僕は大丈夫なんでしょうか?


大丈夫です。それらの症状は、多くの人が「あるある」というような症状です。

専門家に診てもらって大丈夫と言われたのに、それでも不安なのですね。それは、何故そういった症状が現れたのかを医師から説明されていないためですね。しかしそれも無理からぬことで、大丈夫だが原因がわからない症状というものが限りなくあるからなのです。さらに、症状を完璧に医師に伝えることも至難の業ですので、状況を正確に把握できない医師からすれば、説明したくても説明できないのです。

脳に異常があるわけではありません。しかし、診察を受けて大丈夫だと言われて、不安が解消されるべきところで余計に不安を募らせるのは、精神的な問題があるのかもしれませんね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-06-02 14:28 | 何かが見える

目の運動


青い光(床や壁に映ったもの)を見ると視界の中心のみ青くみえません。
ブルーライトカットのメガネを使用しているのですが関係あるでしょうか。
なお、先日別件で眼底検査を行いましたが異常は見つかりませんでした。

また、たまに視界に黒い点やキラッと光る点などが一瞬見えるのですが、眼底検査で何もないと言われたら気にしないで大丈夫でしょうか。

裸眼視力を0.1まであげたいと思い、最近目の上下運動をはじめたのですが、目を早く動かしていると黒い円形の残像のようなものがみえるのですが、病気でしょうか。
また、この間眼科に行った時に、あなたは視力がだいぶ悪いから目の病気になりやすいと言われました。

どうにかして病気にならない方法や、気をつける点、0.1まで裸眼視力を上げる方法などないでしょうか。


青い光については状況がわかりませんが、光沢のある壁の光源の反射が見えているのだと思いますよ。光源は周りの青い部分より白っぽいですが。

黒い点や光る点は時々出るのは普通です。

目は普通に動かすことは問題無いのですが、日常的にはやらないような運動を繰り返すと問題が起こる可能性があります。

目を、限界まで動かすと、眼球後部から出ている視神経の付け根が横に引っ張られます。逆向きに限界まで動かすと、逆方向に横に引っ張られます。これを繰り返したらどうなるか。電気のコードなら断線します。視神経の場合、循環障害を起こし正常眼圧緑内障の原因になるという研究もあります。

近視が強い目は網膜が薄く、周辺部で傷みやすいのです。もしそれで網膜に穴が開いた場合、目の運動をすることで、硝子体が大きく動き網膜を引っ張って、穴を広げて網膜をはがしてしまうかもしれません。網膜剥離です。黒い円形の残像のようなものは、硝子体の濁りです。

目玉を動かす運動で視力が良くなるようなことは考えられませんので、普通にしていましょう。

裸眼視力0.1まで上げる方法とは近視を緩くすることなら、眼鏡かコンタクトか手術しかありませんが、数値だけで満足できるのなら、なるべくメガネ等を使わずに日常生活を送り、視力検査の練習を繰り返せば0.1ぐらいは出るかもしれません。しかし、これは無駄な答かもしれませんね。

近視が強い目は確かに病気を起こしやすいです。毎日片目ずつ見え方に変わりがないか確認することを習慣にしてください。おかしな民間療法は避けましょう。むやみに心配しすぎないことも大切です。目の構造とか目の病気について正しく勉強することも大事です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-05-16 16:11 | 何かが見える

気にしすぎでしょう


最近いろんな目の症状になやんでいます。

ものをじっーと見ていると、夏の暑い日によく見られる蜃気楼のような現象がでてきたり、両目の視界の隅に下から上へと光が走りました。心配で大学病院で見てもらいましたが特に異常はないと言われました。この現象は今でもずっと変わりません。

他には、寝起きに目を開けると、視界が震えたり、点滅したり、必ずあるのはステンドガラスのような光が見えます。

正面を向いたまま首を横に倒すと、目尻の方から黒いものがひょこっと現れ、戻すと黒いものも戻ります。

つい先日からは、白いもの、例えば白いテーブル、白い壁、あとスマホの画面を見て瞬きすると中央に白い丸が出てきます。瞬きしたときにだけですが。

眼科の先生に言っても、なんですかねぇ?で終わってしまいます。これらの現象はなんなのでしょうか?何故こんなにも次から次へといろんな症状が起きてしまうのでしょうか?不安でたまりません。質問が多すぎてすみません。宜しくお願いします。


「蜃気楼のような現象」は、角膜の表面の涙が部分的に乾燥していく時の症状です。

「下から上へと光が走」るのは、後部硝子体剥離の初期段階で起こりやすい症状です。

寝起きに変に見えるのはよくあることです。

首を倒すと、硝子体は一瞬遅れて動きますので、視神経乳頭の上で隠れていた硝子体中の濁りが姿を現すのでしょう。

瞬きして白い丸が出るのは、それも硝子体の濁りまたは硝子体内の空間との境目における光の屈折です。(何のことやら分からないと思いますが・・・)

どれも普通のことと思いますが・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-05-16 11:52 | 何かが見える

視界の端の黒丸


目の相談なんですが、目頭をつまむと視界の端に何か黒い丸のようなものが見えるんですが、普通でしょうか。目頭をつままなければ、何も見えません。

もう一つ。黒い壁などや青空白っぽい壁などを見ていると微粒子のようなものが一面に見えます。飛蚊症を持っているのですが関係ありますか?なお、小さい頃から見えており最近ふと不安になりました。

とても目が悪く何年後かに見えなくなっていたらと不安です。


網膜の周辺部が眼球の外から圧迫されると、その部分が黒丸に、その周囲が少し光ったように見えます。網膜の神経細胞に対する刺激と、脈絡膜圧迫による血流の変化が原因だと思います。試しに、瞼の上から色んな方向から押さえてみてください。押さえた逆の方向に丸が見えますよ。

微粒子は硝子体の濁りかもしれませんし、白血球かもしれません。昔から見えるものについては不安がる必要はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-04-27 15:02 | 何かが見える

緑内障発作を起こす可能性が高い


先日、眼に黒い点の様なものが一個みえて数分で消えました。何年も前から薄い丸いものは見えましたが黒い点は初めてでした。ひぶんしょうは網膜剥離の可能性もあると聞いた事があったので眼科に行きました。

その先生が検査した結果、私は遠視が強く眼のどこかの部分が人よりもかなり狭いらしく、眼底検査をすると急性緑内障発作を起こす可能性があると言われました。レーザーで穴をあけてからの方がいいと言われ怖くてやめました。そして、将来的にも急性緑内障発作を起こす可能性が高いと言われました。

そこで、質問なのですが遠視が強く私のように眼のどこかが狭い場合はやはりレーザーで穴をあけた方が良いのでしょうか?いつ、急性緑内障を起こすかわからないのは怖いです。でも、レーザーで穴をあけるのも怖いのです。

それから、網膜剥離のひぶんしょうは沢山見えるものなのでしょうか?私のように黒い点が一個だけですぐに消える場合は心配ないのでしょうか?


数分で消える黒い点は、おそらく何か光るものを見たための残像でしょう。特に心配は要らないでしょう。

「眼のどこかの部分」というのは隅角と言われる部分で、そこが狭いと眼底検査のために散瞳(瞳孔を広げる)をすると、狭い隅角がさらに狭くなって閉塞してしまい、眼内の水が出て行かなくなり緑内障発作を起こすことがあります。眼底検査をしたら発作を起こすわけではなく、散瞳をしたら起こすかもしれないのです。散瞳せずに眼底検査をしたらいいだけのことです。網膜の端の方までは見えなくても、網膜剥離を起こしてるかどうかぐらいは判ります。

レーザー光線で穴をあけた方が良いかどうかは診察した眼科医にしか判りません。いや、たとえ診察した眼科医でも判るとは限りません。診察した眼科医の処方した点眼で緑内障発作を起こした人を診察したこともあります。別の眼科を受診するのも良いでしょう。最後はご自身で決めてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-04-01 16:34 | 緑内障

鈍感になりましょう


目の調子が悪く眼科を受診しました。飛蚊症と光視症があるとのことで治療の必要はないとのことでした。その後、頭痛の前にギザギザした光が見え、眼科を受診し、偏頭痛によるものだと言われました。それから、目のことが常に気になって仕方ありません。

1、目を閉じると指紋のようなものが見えるのですが誰にでもあることですか?
2.また、日中、特に暗闇で、目全体にうっすら斜線/////みたいなものが一瞬見えるような気がするのですが精神的なものなのでしょうか?

説明が下手ですが、指にはじっくりみたら指紋が見えますが、物体に線がないのに一瞬見えるような気がします。すでに3回眼科を受診しているのですが、この2点の症状についても受診する必要はありますか?

大変お手数ですか、ご回答いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。


人間の目は完璧なカメラではありません。涙の濁り、角膜の濁り、房水の濁り、水晶体の濁り、硝子体の濁りや、それぞれの境目での屈折や乱反射や回折などで不可解なものが見えて当然なのです。通常、そういった見えて当然のものは、見ようとする対象でないため、脳が抑制して見えなくされているのです。

そんなものは一切見えないという人は、単に鈍感なだけなのです。見えているのに脳が抑制して意識していないのです。もっと鈍感になっても大丈夫ですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-03-19 12:36 | 何かが見える

動かない?飛蚊症


2年前に右目の左端に黒い丸っぽい影を見つけました。白い壁などで見ると黒色に見えますが、暗めのところだと透明にも見えます。まばたきをするとピョコっと右に少し動き、またすぐ左端に戻ります。視線を動かしても付いてくることはありません。

気がついてすぐに眼科を受診し眼底検査を受けましたが異状なしで飛蚊症だろうとのことでした。その時はそれで安心したのですが…動かない飛蚊症は危ないと最近聞き、不安になり質問させていただきました。

元々、虫のようなものが浮遊している飛蚊症はあります。動かない飛蚊症でも問題ない場合もあるのでしょうか?強度近視は将来眼の病気になりやすいと知ってから、いつか失明してしまうんじゃないかとすごく不安になり…片目ずつちゃんと見えているか確認していたときに黒い影を見つけました。もしかすると昔からあったのに気がついてなかったのかもしれません。


あなたの目を診察した眼科医が異常なしと言っているのに、知識のない素人の戯言を真に受けて不安になっているのですね。だったらもう一度眼科受診すればいいじゃないですか。

「ピョコっと右に少し動き、またすぐ左端に戻」ることから、これは目の中のある一定の場所に存在し、眼球運動によって移動し、眼球の動きが止まると元に戻ることがわかります。透明に見えることもあるということから、透明なもの、つまり硝子体であると考えられます。硝子体は透明な繊維でできており、このような構造をしています。これの一部がそう見えるのか、または、硝子体の内部にできた丸い空洞が見えているのかもしれません。しかしそれが見えるようになった背景に、別の問題が起こっているかもしれません。

「動かない飛蚊症は危ない」んですか?初耳です。動かなければ「飛」蚊症ではありませんし、動かなければ気が付かないと思います。それにあなたの飛蚊症は動いています。ただし、動いているから安心というわけではありませんので、そのうちに眼科に行かれてはいかがですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-29 09:41 | 何かが見える

気にすれば色んなものが見えます


3週間ほど前から、夜寝る時に目を閉じてからしばらくすると青と赤が混じったような光が見えます。光はまぶしいという感じではなく、形は常に変化しており動いていますが、円のような丸いような形が多いと感じます。最初は残像かなと思ったのですが、目を閉じてしばらくしてから、見えるのでなんだか怖いです。

見えるようになったきっかけは、青、赤、黄のギザギザした光の輪が見えてからです。これについては眼科に行き片頭痛の一種なので心配ないと言われました。ただ、私が心配性で気にしすぎる性格であるので、その後も目を閉じた後の世界を見ようを意識的に見てしまいます。ずっと見えているわけではなく、目を開けると残像のように見える気がします。近視が強く暗いのではっきりとは断言できません。最近見えるものはギザギザした光とは全く違うように思うのですが、ほぼ毎日見えているので心配です。このように、暗いところで目を閉じたときに光が見えるのは何か病気なのですか。それとも気にしすぎですか。
ちなみに、1か月ほど前に飛蚊症の症状で眼科に行き眼底検査をしましたが、異常はありませんでした。この眼科は上記の眼科と別の眼科です。

他にも、飛蚊症の症状を確認しようと空をじっと見ると、自分がじっと見つめている中心部分がざわざわ見えることがあります。先日は空が円状にうねるというか波打つように見えました。全体ではなく、自分が見つめている中心部分だけです。

もう一つ2週間ほど前の夜、トイレに起きた際、まぶしかったため、目を閉じていると黒い点がびっしりと見えました。中心部分だけは、カエルの卵のようなものがぐるぐる回っていました。びっくりして目を開けると、黒い点は見えませんでしたが、中心のものは見えました。しばらく目を開けたり閉じたりしていると徐々に明るさに慣れ、上の方に消えていき全く見えなくなりました。

どの症状も意識しすぎではないかと思っており、自分が見ようと思わなければ見えないのではないかと考えてしまいます。特に、夜寝る時の光に関しては、見ないように努力すれば見えないのですが、自然と目に力が入り疲れてしまい、逆に変なものが見える気がします。

これらの症状はよくあることでしょうか。気にしすぎですか。それとも、やはり病院に行った方がよいですか。


完全な暗黒状態でも網膜の神経細胞が活動している事が原因の症状です。誰でも見えます。気が付かない人は鈍感なだけです。

2番目の症状は錯視の一種でしょう。飛蚊の一種かもしれません。

もう一つの症状は、飛蚊と残像の混ざった症状です。これもよくあることです。気にしすぎです。病院に行く必要性を感じません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-20 10:08 | 何かが見える

黒いもや


半年ほど前に気付き始めたのですが、下の方を見ていてパッと急に上の方を見る(目を急に上に動かす)と、視界の右上に黒いもやが一瞬だけ見えます。(一部分だけ暗くなる?) その時右目がピクッとなっているような気がします。

二ヶ月ほど前に眼底検査を受けて異常なしで4ヶ月ほど前にMRIを受けましたが異常はありませんでした。

ブログの方に書かれていた黒いもやの件ように網膜が引っ張られて起こったものなのでしょうか。結構な頻度で起こるので不安になり相談させていただきました。よろしくお願いします。


硝子体は完全に無色透明ではありません。小さな濁りはたくさんあり、状況によりその影が見えることは異常ではありません。いわゆる生理的飛蚊症というものです。「黒いもや」ですから、網膜が引っ張られているわけではありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-12-14 17:40 | 何かが見える