excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:飛蚊症 ( 86 ) タグの人気記事

光視症と飛蚊症


2~3日前から、左目にチャカと光の輪の様なものがでます。常時では有りませんが、頻繁です。また、クモの巣のような細い糸みたいな物も同時に見えるようになって来ました。偏頭痛はなく、痛みも痒も有りません。

右目は4~5年まえに光凝固の治療を受けた事が有ります。両親とも網膜剥離の手術を受けた事もあり、遺伝も有りそうで心配です。

チカチカやクモの巣状の出現、何が原因あるのでしょうか?治療法とかもありましたら、教えてください。お忙しい所、すいませんが、ご回答よろしくお願いします。


光視症と飛蚊症が起こっているようです。原因はおそらく後部硝子体剥離でしょう。老化現象として誰でも起こるものです。

後部硝子体剥離というのは、視神経乳頭部と黄斑部にくっついていた硝子体膜が網膜から剥がれることです。その結果、大きく動くようになった硝子体のせいで硝子体中の濁りの影が見えるのが飛蚊症で、網膜周辺部に癒着した硝子体膜が網膜を引っ張ると光視症が起こります。ところが、希ですが、場合によっては周辺部で網膜に穴をあけてしまう事があります。これを網膜裂孔、網膜円孔といい網膜剥離の原因にもなります。

右眼に光凝固を受けたのも、これが原因なのではありませんか。早めに眼科受診することをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-07-29 17:03 | 網膜・脈絡膜

黒い●


最近、視線を右に寄せたまま、顔を右へ向けた時に、一瞬黒い丸(点)が右の視界に見えます。豆くらいの大きさです。ちなみに見える時と見えない時があります。すぐに消えます。残像のようなものに近いような像です。白い壁の時にすごく気になります。

1つのことに関して気になるとトコトン気にしてしまう性格なので困っております。なんでしょうか。よろしくお


飛蚊症の一種かもしれません。ふだん視神経乳頭の陰に隠れて見えない濁りが、何かの拍子に短時間だけ移動して見えるのかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-06-26 17:48 | 何かが見える

それも飛蚊症でしょう


先日、飛蚊症について質問させていただいた者です。机に座っていて白い紙を見たときに、多分両目で1つずつ、グレーの丸が動いていました。ドーナツ状とも丸とも言えないです。机と目は30センチほど離れていたと思います。


体験した現象が、文面から当方が想像するものと違うかもしれませんが、おそらく硝子体内の混濁に由来する飛蚊症の一種でしょう。糸状の物もあれば、リング状、丸い塊など様々な形があってもおかしくはないです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-05-27 12:41 | 何かが見える

黒い線


30年前にに網膜剥離の手術をしました。

本日、黒い線が、一瞬、目の前を流れる感じに見えました。以前から飛蚊症はありますが、いつも見える飛蚊症とは違いました。今のところこの時1度だだけです。網膜裂孔、網膜剥離が心配ですが、様子を見ていて大丈夫でしょうか。眼底検査は2日前にうけたばかりです。


硝子体の動きによって、そのように見えることはあります。1回だけなら気にしなくても良いと思いますが、ご心配なら再診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-12 15:38 | 何かが見える

10センチの大きさは


以前、眼圧について質問の回答をして頂きありがとうございました。今回、また少し気になることがあり質問させて頂きます。

左目視界の耳側に10センチ程の黒い丸い残像のようなものが数分見え消失しました。目で追うとその残像のようなものが動きます。

以前、似たような感じの残像が右目の耳側の視界に見え、散瞳検査をしましたが異常はありませんでした。似たような残像が今回は左目の視界に現れ不安です。

2月は眼底カメラ、3月は散瞳検査をしましたが、その時は異常はありませんでした。中心性網膜症のような病的なものが考えられますでしょうか?また病的なものなら持続的に視界に何か症状が現れるものでしょうか?一過性の症状なら様子を見ても大丈夫でしょうか?お忙しい所、度々申し訳ありませんが宜しくお願いします。


10センチという表現は距離が不明ですのでよくわかりません。どれくらいの大きさなのでしょうか。直径10センチのボールを顔の前に持ってくるとかなりの大きさです。また、例えば満月の直径は何センチと表現しますか。

耳側に見える黒いものなら盲点だと思うのですが、普通は認識できません。常にそこにあり大きさも変わらないからです。ところが、視神経乳頭の真上(盲点の位置)に濁りがあることが多く、それが目の動きなどの影響で一時的に位置が変わって、盲点からはみ出して見えることがあるのです。そうすると、盲点も含めて大きな黒い影として認識されたりします。

この通りであれば全く心配いらないのですが、10センチの件もあり正解かどうかわかりません。診察した眼科医からは説明は無かったのでしょうか。異常なしで終りでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-05 16:39 | 何かが見える

positive dysphotopsia その後


早速のお返事ありがとうございます。先日左眼端にきらきらするものが見えるとご相談させて頂いたものです。

コンタクトレンズ、確かにハードレンズ使用者です。

ご回答にとても納得させられ、早速メガネでは現象が起こらないのか確認のため、メガネで外に出てみました。残念なことにメガネでも同じ症状が出てしまいました(涙)

先生から見られても不思議な症状なのですね。

・・・以下略・・・


うーん、これしかないと思ったのですが、残念です。申し訳ありません。メールで「心の問題かも」と仰っていますが、もしかしたらそうかもしれません。但し病的なものという印象は全く持ちませんのでその点は大丈夫です。

片目の視野の隅で起こる。日光の下で起こる。瞬きをすると現れ、瞬きをせずにまっすぐ見ていると消えたまま。スピードは早い。このことから、瞬きをした直後に起こる何かが原因となっていると考えられます。

瞬きをした直後に何が起こるかといえば、まず涙が目の表面で大きく移動します。角膜と結膜の境目あたりの涙が作る特殊な波立ちが、太陽光を屈折したのでしょうか。

また、眼球内の硝子体中に小さな光沢のある混濁が発生することがあります。目を閉じたときには眼球は上転し、開けると正面に戻ります。一瞬遅れて硝子体も動き、その中にある光沢のある混濁が、ある一定の場所を通過するときに、太陽光を反射するのかもしれません。これならば、眼球の上転のない一瞬の瞬きでは起こりません。

今、考えられるのはこれくらいです。眼科で検査しても確かめられないことですので、しばらく様子を見ることしか出来ないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-13 15:43 | 何かが見える

砂嵐のような霧雨のような


薄暗いところで砂嵐のような、霧雨のようなものが見えるようになりました。

気づいたのは半年ほど前で、外を歩いていたとき、小雨が降っているように見えたのですが、降っておらず。そのうち室内でも、茶色い窓枠や、背景が黒っぽいものに目を向けると霧雨が見え始め、最近は本棚の本の背表紙やテーブルクロスの柄など、濃い色と薄い色のコントラストを見ると、小刻みに揺れて見えます(陽炎のような感じです)。一定以上の明るさの元では見えませんし、また、暗闇でも目立たなくなります。目立つのは夕方や、昼間でも薄暗い店内、室内などでです。ちなみに両目どちらにも同じ症状があらわれます。

これまで3回、違う眼科に掛かりましたが、視野検査、眼底検査ともに異常なしで、「網膜が薄いので、血流が見えてるんじゃないか」と言われました。

病名がつかないので、心配事がいつまでも消えず。前は遠くのものにしか見えなかったのが、最近は手元のものにも注視すると霧雨が見えるようになり、不安です。

気にするから見えてしまうのかもしれませんが、病気ではないとするならば、以前は見えなかった霧雨が、見えはじめた理由というのはあるのでしょうか?また、眼科以外に行くとすれば、どの科に診てもらうのが良いでしょうか。


3軒も眼科を受診して異常なしですから、それは異常無しでしょう。病気ではありませんので病名が付かないのは当然です。安心してくださいという意味です。3軒とも再診してくださいとは言わなかったでしょう。

そのように表現できそうな現象は誰にでもあります。私にもあります。網膜のバックグラウンドノイズや飛蚊や錯視など、様々な要因が関与していると思います。気が付かない鈍感な人には見えませんが、一旦気が付いたら見えるようになります。大抵の人は、異常のない自分の眼に起こる症状なので異常の無い現象だと判断し、心配しません。たまに眼科受診する人もありますが、異常なしだと知ってそれ以降は気に留めません。稀にそれでも心配な人はありますが、そうなると眼科では手に負えません。心の問題を解決してくれる診療科を探してください。

「網膜が薄いので、血流が見えてるんじゃないか」というのは嘘です。網膜と血管の位置関係からして、そんなことはあり得ません。網膜が見えるのを邪魔するわけでなく、網膜で見ているのです。説明できないので適当なことを言ってごまかしただけです。説明できなくても異常は無いという事は言っている訳ですので、許してあげてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-24 15:43 | 何かが見える

飛蚊症


ここ最近、たまに一瞬右目の前を虫?点のようなものが通りすぎる感覚があります。そのときに振り払うというか避けるようにするとすぐに消えます。これは一体何なのでしょうか。

脳の病気なども心配です。6月頃脳のMRIを受ける機会がありましたがそのときは異常なしでした。目はコンタクトを使用しているので3か月に1回は診てもらっていますが異常なしです。


その症状名(病名ではありません)は「飛蚊症」です。眼球内にある濁りの影が見えるものです。おそらく生理的飛蚊症だと思います。脳は無関係です。コンタクト検査ではそこまで見ていないと思います。その症状を訴えて眼科受診し「症状の原因は何か」ということを聞いてください。「異常なし」で済まさないように。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-29 13:30 | 何かが見える

飛蚊症が増えた?


飛蚊症が気になり、受診したところ、加齢による後部硝子体剥離が始まっていて、現在のところ網膜に異常はないが、網膜にうすいところがあるので、飛蚊が急に増えたら再受診するように言われたのが、およそ1ヶ月半ほど前のことです。

最近、飛蚊が2個ほど増えたような気がするのですが、それは「急に増えた」うちに入りますか?後部硝子体剥離の症状と、病的(網膜裂孔、網膜剥離など)な変化と区別できることは何かありますか?少しの変化にとても敏感になっています。どうか、アドバイスをお願いいたします。


その程度なら急に増えたとは言えませんが、それをもって、何も起こっていないとは断言出来ません。また、何かが起こるとしたら、後部硝子体剥離が発生して1~2カ月と言われていますので、受診した方がよいでしょう。

毎日、片目を隠して視野の確認をしていますか。一部分が見えないという事があれば網膜剥離等が起こっている可能性が高いです。急いで受診しましょう。ただし、そのような症状が無いのならば、起こっていないというわけではありません。気が付かないだけかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-13 11:27 | 網膜・脈絡膜

受診しても無駄


本を読んでいる時に限り、時々カメラのフラッシュの残像のようなものがほんの一瞬見える時があります。(2カ月に1度位)また、2か月前に眼科で飛蚊症の眼底検査を受けて「異常なし」と判断されました。

また、このフラッシュの残像のようなものは、白い紙の本を読んでいるため、電球の光が反射して見えたのか、下を見て読んでいるから何らかの血流障害で一瞬見えてしまったのか、閃輝暗点なのか、不安になりました。

最近健康には神経質になりすぎているのかもしれません。「異常なし」と判断されたにも関わらず毎月の様に眼科へ通っていたら、精神的におかしくなってしまうと思い、せめて3か月前に1度は眼科受診をしようと思っておりますが、不安になった為質問させていただきました。

このような事はよくある事なのか、皆さん見えても気にしないだけで問題にならないことなのでしょうか。お忙しい中大変お手数ですが、ご回答頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。


フラッシュの残像というのは、おそらく、白い紙を背景に見える飛蚊症でしょう。硝子体中の濁りが見えているのです。生理的飛蚊症と言われるものです。誰でも起こりますが、気が付かない人も多いでしょう。

>2か月前に眼科で飛蚊症の眼底検査を受けて「異常なし」と判断されました

ということですが、「異常なし」で終わりですか。異常がないのに症状が出る原因の説明はありましたか。そのような説明をしない眼科には、繰り返し受診しても無駄ですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-08 16:32 | 何かが見える