excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:錯視 ( 8 ) タグの人気記事

10年以上前から見える


10年以上前からの悩みなのですが、片目で一点をジッと見つめてると、その見つめてる物の周りがボワっと黒くなり、目線を変えるとすぐに消え、またジッと見ていると黒くなり消えるという状況になります。左右どちらもです。最近眼科に行き、眼圧や眼底など様々な検査を受けましたが、特に何も言われませんでした。

また、片目で見るとモザイクのようなものが見えることがあります。これらは何か病気があるのでしょうか。回答お願いいたします。


病気であったら10年以上も放置していたら大変です。眼科で診てもらって異常なしだったのなら、異常がない目に起こる現象だと考えてください。「特に何も言わない」眼科は行く価値がありませんよ。

はじめのものは錯視でしょう。あるいは「黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る」で説明したように、網膜の視細胞の種類や密度の違いによるものかもしれません。

モザイクは「「完全なるメッシュ状」の残像 解決??」と同じものではないでしょうか。原因は不明ですが心配するほどのものでもなさそうです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-21 18:08 | 何かが見える

眼科臨床医は悩まない


何度もごめんなさい。もう少し教えて欲しいのです。以前、文章を読んでいると行間が黒っぽく〔黒い字の場合〕見えてきて、空白の部分を見たり、画面から視線を外したりするとシマシマに見えると質問させてもらいました。そしてお答えは錯視と残像が混じったものじゃないでしょうかといただきました。

なんだかこのように見えるたびに、不思議に思ってしまいます。いまいち原因がわからなくて。黒い字の補色残像は白っぽくなると思うのですが、白い部分は逆に黒っぽくなるから黒っぽく見えるのか?でも、青い字の場合は行間は青っぽく見えます。なので錯視かもしれませんが。。そしてたしかに画面の空白を見てもシマシマがみえたり画面から視線を外しても、シマシマが見えるので残像はあるのと思うのですが、それは補色残像なのか?それともそれとは違う残像なのか?違う残像が何なのかも分かりませんが。。もうわけわかりません。なんだか理由というか原理がはっきりわからないのでモヤモヤします。すごく悩んでます。良かったら教えてください。お願い致します( ´Д`)


同感です。確かに訳が分かりませんね。眼科臨床医である私には、「そういうものです。異常はありません」とは断言できても、原理まで詳しくは知りませんので、説明は出来ません。だいたい解明されているかどうかも疑わしいです。そんな状態でも、同じ現象を自覚している眼科臨床医は全く悩まないのに、いや逆に楽しんでいるというのに、どうしてそんなに悩むのでしょうか。こういうものだと割り切って受け入れることも大事なんじゃないでしょうか。

それでもどうしても知りたいのならば、「網膜の視覚情報伝達のメカニズム」などで検索し、出来れば書籍を購入してご自分で勉強してください。驚異的に複雑なこと、簡単に説明することが不可能に近いことが理解できるでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-28 13:49 | 何かが見える

錯視だとわかっていて怖い


この前、錯視の事で質問させてもらった者です。タイルなどの凹凸に影が入ると、浮き上がって見えたりすると言いましたが、最近はカーテンや脱いだ服などのシワ、ガードレール、段差などでこの症状が確認されるようになりました。

毎日毎日こんな目のことで悩むなんて僕はまっぴらごめんです。でも、この症状が現れる度にすごく怖くなってしまって、結果的に錯視の事で悩んでしまっています。本当に怖いです。この症状が気にならなくなる日は本当に来るのでしょうか...。何度もすみません。


来ますよ。それらの症状からは、目の病気があるという印象は全く受けません。当院の患者さんでそのような症状を訴えて、それが眼科の病気であったことは、覚えている限り一度もありません。

あなたが悩んでいるのは、見え方に問題があるという事よりも、そういう見え方をするという事が、何か重大な病気のサインであるとか、放置したら取り返しが付かないことになるのではないかという不安ではないのでしょうか。

それは無知によるものかもしれません。知らないから怖いのです。心霊現象など存在しないことを知らない人が幽霊を怖がるのと変わりないように感じます。カメラの知識、写真の知識のない人が、偽物の心霊写真を怖がる番組はいくらでもあります。科学的な思考を出来ない人向けのUFO雑誌というのもあります。○素の知識のない人向けの○素○とか。この際、徹底的に、錯視に関する情報を調べてみてはどうでしょう。知識が増えれば徐々に解決するかもしれません。

あるいは、こんなところで相談するよりも、一度実際に眼科受診して異常でないことを確認してもらったうえで、「異常がないのならばどこの科を受診すればいいのですか」と質問してみるのも良いかもしれません。

中学高校大学にはスクールカウンセラーとして臨床心理士が派遣されたりしていますし、大企業であればそういう部署もあると思います。このような環境であれば、そこに相談するのがお金もかからず一番近道かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-03 16:46 | 何かが見える

気にしすぎ


今までにも何度か相談させて頂いたものです。先生から気にしすぎと言われて気にしないようにして、二三ヶ月ほど目の症状を気にせず生活することが出来ました。しかし、ある日また大丈夫だと分かっているのに不安になりだしました。何故自分にだけこんな症状が起こるのか、これから先また新たな症状が発症するのではないかと色々考えていると不安から抜け出せなくなってしまいました。なのでもう1度相談させて下さい。

僕が今不安に思っている症状なのですが、まず目の前で手を振ったりすると、その周辺視野に見えている食器の光沢や白いものや光っているものがその手の動きに合わせて揺れて見えたり、暗い所で歩いたりしていると光っているもの(蛍光灯など)が大袈裟に揺れて見えたり地面に敷いてある凸凹のタイルに影が入ると形が変わるというか浮き上がるというかなんと言うか変に見えるのです。僕の様な症状を訴えてくる患者さんはいらっしゃるのでしょうか?そして、何故このような症状が現れるのでしょうか?精神的なものだとしたらこれらの症状は治る日が来るのでしょうか?教えて頂けると幸いです。


錯視の症状を日常的に感じているのでしょうね。誰でも感じている症状なのに、誰も気にしないのでしょう。気の持ちようで、即、治ります。治るというか、症状自体はあるわけですので、気にしないようにするだけですが。眼科からのアドバイスはこれくらいですね。念のために眼科受診して、本当に異常がないかを確認しておいた方が良いと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-20 12:27 | 何かが見える

錯視です


最近、ふとギンガムチェックのズボンを履いている時に一部分を見たときに、その部分だけが揺れて見えることがありました。目の錯覚だろうと思い気にしないでいましたが、また後日、その同じズボンのギンガムチェックの一部分を見るとやはり揺れていました。その他、日常生活では何も目に異常を感じたことはありません。

眼科は、2年前くらいに閃輝暗点でかかりました。それ以降はかかっていません。なお、ネット上の加齢黄斑症チェックシートを試して見ましたが、普通に何も異常がなかったです。ご回答よろしくお願いします。


錯視です。画像検索してみてください。心配するものではなく楽しむものです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-04-18 11:18 | 何かが見える

一種の錯視


いつも大変お世話になっています。注視していると、その内視界が歪んできて、回転する様な、真ん中を切れ目にして左右上下にずれたりなど、なんと説明したらよいか分かりませんが、その様な感覚があります。

これは人間普通の現象なのでしょうか?主人にいってもそんなのないよと言われ、余計心配になってしまいます。

以前ご相談させて頂いた時、注視していると小刻みに揺れると言いましたが、今回は歪んだり大きな動きになった気がして・・・。でも考えすぎてそう気にしすぎてるのか分かりません。毎日目の事を考え疲れてしまいます。

1ヶ月前に眼科で眼底検査を受けています。網膜裂孔両目レーザー手術と、近視、乱視があります。お忙しい所大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。


過敏な眼と脳をお持ちなのだと思います。それは一種の錯視なのでしょう。

錯視を取り上げたサイトは数多くありますが、自分自身では錯視が起こるパターンと起こらないパターンがあります。ところが、それを職員に見てもらうと、同じ画像でも「これは動いてない」という人から「回転して吸い込まれそうになる」という人まであり、個人差が大きいと感じます。ご主人に見えないとしても仕方ないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-23 10:41 | 何かが見える

錯視!?


ご相談したい症状は、①まぶしい所で、②黒いものを見ている(あるいはコントラストがきつい中で暗い部分を見ている)と、③焦点に黒くちかちかした点が一つ、二つ…と現れてきて、瞬きをすると消えますが、また出てくる…という症状です。片目を閉じてテストすると、どちらの目でも見えているようですが片目を閉じた時点で消えてしまう時もあります。

この症状は十数年前から時々ありましたが①~③の条件が重ならないと出てこないのであまり気にしていませんでした。しかし、最近白地の紙の上の文字などを見ていてもチカチカし、この点滅する黒い点が出てくることがあります。

感覚では目が疲れた時になり易いですが、朝でもなる時もあります。瞬きをしないで見ていると黒い点の数が増えて行きます。昔はかなり瞬きをしない時にしか出なかったのですが最近はすぐに出て来る時もあります。この黒い点は明らかに電気的で、飛蚊などではありません(飛蚊は昔からたくさんあります)。

これはいったい何なのでしょうか?今まで眼科でこのことを言っても取り合ってくれた先生はいません。両目共ということから、視神経の奥の方か脳が原因かと勝手に思ってもいるのですが・・・?

なにより、この黒い光る点は焦点ど真ん中のみに見えるので、もしも黄斑の疾患だと怖いなというのがあって質問させていただきました。(OCTで右目の中心あたりの赤いラインがほんの少し乱れていると言われたことは1度だけありますが、その後の再検査では何も言われず、左目は元々綺麗と言われていますし、光る黒い点は左右どちらも見えます)

色々な論文を読んだり医学書も調べましたが謎が解けません。ハイコントラストが誘因になっているように思えますが、これはやはり脳が原因でしょうか?ちなみに頭のCTは最近とりましたが異常なしでした。MRIは十年以上前に取りましたがこれも異常なしでした。


黒いところに黒い点が出現しても見えないと思うのですが。黒いところに白く光る点滅が出現するのではないでしょうか。また「ど真ん中のみ」なら複数の点は有り得ません。真ん中付近ではないでしょうか。

「ハイコントラストが誘因になっているように思え」るのでしたら、錯視ではないでしょうか。3つ前の回答にもあるのですが、NTT コミュニケーション科学基礎研究所の運営する「イリュージョンフォーラム」というサイトにある「バーゲン錯視」とか「きらめき格子」に近いものではないでしょうか。少なくとも病的なものには思えません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-10-16 16:04 | 何かが見える

「視覚 錯覚」


蛍光灯や明かり(蛍光灯が一番分かりやすいです)に視線をうつした時に光が遅れてあとから蛍光灯をなぞるように見えることに気づきました。 左右両目です。気にしたら気づいたことですのでいつからそうだったのかは分かりません。でも子供の頃にはなかった気がします。

目の動きも左右どちらに動かしてもみえます。通院中の先生にも飛蚊症が増えたこともあってコンタクト新調の際に相談しましたが網膜が一部薄くなっている他は異常が見当たりませんでした。 目の動きに伴っていたので最初その飛蚊症のせいかなとも思いましたが
両目で飛蚊症は異なりますし、蛍光灯をなぞるように光がふわっと現れて消えるのでそれとは違った感じに思います。

また、チェック柄や複雑な柄をみるとゆらゆらその部分だけが揺れてみえることにも気づきました。これも以前はなかったと思います。


蛍光灯の件は残像でしょう。蛍光灯に視線を移したときには、蛍光灯の像は視野の端から中央に向かって移動するわけで、その残像が短時間見えていてもおかしくはありません。普通は気がつきませんが、気がつく人、気がつく状況があっても不思議ではありません。

チェック柄が揺れて見えるのは、眼球運動によって起こる錯覚です。「視覚 錯覚」で検索してみてください。面白い情報が山ほど出てきて大いに楽しめますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-09-25 17:51 | 何かが見える