excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:角膜 ( 55 ) タグの人気記事

角膜ヘルペスにフルメトロン


2週間前に角膜ヘルペスと診断され、アシクロビル眼軟膏と、ヒアレイン、クラビットを処方されました。

本日の診断で、表面は良くなってきているが、奥にまだ病変があるので薬を変え、フルメトロン0.1パーセントを1日4回、、ヒアレイン一日6回点眼するように言われました。

次は二週間後なのですが、フルメトロンを角膜ヘルペスに使用すると悪化する場合があるとの事を目にしたことがある為、また、医師から詳しく説明がなかったこともあり、使用するのが不安なのです。大丈夫なのでしょうか?よくある処方でしょうか?

お忙しいところすみません。よろしくお願いいたします。


はい、確かに、ここ数カ月で一番忙しいです。内容が内容ですので放置するわけにもいきませんので、本来の仕事や何通もの質問メールを後回しにしてお答えします。

「表面は良くなってきているが、奥にまだ病変があるので薬を変え、フルメトロン0.1パーセントを1日4回、、ヒアレイン一日6回点眼するように言われました」という部分には何も問題はありません。薬を変更する根拠までちゃんと説明できていると思います。根拠を説明しない医師が多い中、これだけ説明したら問題なしです。「角膜ヘルペスの上皮病変があるうちにはステロイドは使えませんが、それが良くなったので角膜実質病変に対してフルメトロンを開始します」とまで説明する眼科医は滅多にいないでしょう。指示通り点眼してください。

同じ病名でも病状・病期によって治療方法が変わることはよくあることなのです。さらに、「フルメトロンを角膜ヘルペスに使用すると悪化する場合がある」というような解説や記事が説明不足なのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-27 12:37 | 角膜・結膜

老人環


20歳位の時ですが、角膜の上部が白いのに気が付きました。その後、さらに水晶体近くまで白く(銀色っぽい)なった部分が下がってきました。瞳は、光った感じで見えるし、人目が気になってしかたありません。まともに人と話す事も避けてしまうほどです。アドバイス宜しくお願いします。写真を送ります。


写真は非公開ですが、老人環ですね。少し大きめですが病的なものではありません。視力に影響することも有りません。どうしても気になるようでしたらカラコンを使用するしかないと思いますが、カラコン自体お勧めはしません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-27 08:46 | 角膜・結膜

「メガネは禁止されていない」


以前、角膜新生血管について質問させたいただいたのですが、もう一度お願いします。

酸素透過生の高いと言われている2weekのエアオプティクスを使っているのですが、やはり血管が気になり、コンタクトを外しても血管が一層濃くなったり数が増えている気がします。

職業が特殊で、メガネはあまり好ましくない上に時間も不規則で、どうしてもコンタクトを着ける時間が長くなってしまいます。血管の他に乾きが気になり辛いです。どうしたら良いでしょうか?

レーシックは後遺症などが怖いし、5日間だけオルソケラトロジーをしたのですが視力はとても上がりましたが、明るいところでもハログレアになったり、手元が見にくくなったりしたのでやめました。

角膜新生血管と目の充血、ドライアイはどうしたら良いでしょうか?眼科で聞いたのですが、目薬くらいしか処方されませんでした。


どの程度の新生血管かわからないのですが、診察した眼科医が特に何も言わないのなら、心配する必要は無いのではないでしょうか。点眼を続けて充血は気にしないようにするべきでしょう。もちろん別のコンタクトを試したり、別の点眼を試したりして、自分に最適なものを見つけられればさらに良いと思います。前回のメールに書かれていましたように、失明の心配をしているのであれば、それは無いから心配するなという事になります。

あるいは、「メガネはあまり好ましくない」という事は、「メガネは禁止されていない」という事ですよね。それなら、コンタクトをやめて眼鏡にすることを強くお勧めします。それさえ妥協できればすべて解決するのではありませんか。

レーシックやオルソなど恐ろしいことは考えないようにしてください。ドライアイや充血が恒常的になってしまう可能性が高いと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-24 15:49 | コンタクト・めがね

角膜ヘルペス?


右眼の下まぶたにものもらいを発症しました。眼科で抗菌点眼薬をもらい、一週間程度で治りました。現在、全く症状はありません。

ちょうど同じ時期、母の左眼の目尻に水泡ができました。指で触って比べても明らかに痛そうで、眼科に行くと角膜ヘルペスと診断されたそうです。今は全快しています。

後になって、単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、患部同士を指で触りあって比べるなどもってのほかと知り、痛く後悔しています。あれから二ヶ月、私には何の異常もありません。私に症状が出ないということは、感染しなかった、もしくは既に抗体があるということですよね。そこで質問です。

既に子供の頃感染していて、私に抗体があったとします。ヘルペスウイルスは三叉神経節に潜伏感染すると聞きます。今回の一件で、母のヘルペスウイルスが私のものもらい患部に付着したとして、それは同じように三叉神経節に行くのか、別の新たな場所(角膜?)に住み着くのか、どうなるのでしょうか?

将来、私も角膜ヘルペスを発症する可能性はどのくらいありますか?検索した結果、単純ヘルペスに感染している人のうち、角膜ヘルペスを発症する人の割合は0.05パーセントという記事を見ました。患部を触った指で自分の炎症部分を触ったことにより、その可能性はもっと高くなったのでしょうか?

今は良い薬があって失明の心配はないとの話ですが、今後を考えると気になります。わかりやすく教えていただけると幸いです。


まず、目尻に水泡が出来ただけのものが、本当に角膜ヘルペスだったのでしょうか。毎日5回ずつ軟膏を入れ続けていましたか? それが本当だったと仮定すると、たぶん感染は起こっているでしょうね。

感染しても発症するとは限りませんし、抗体があっても感染しないとは限りません。また、感染したウイルスは三叉神経節に行くのでしょうが、それで発症率が上がるかどうかは、そこまでの知識を持ち合わせておりませんのでお答えできません。たとえ0.05%が10倍になったところで0.5%です。僅かな頻度です。

多くの人が持っているウイルスですし、疲労やストレス、免疫力の低下などで、誰が発症してもおかしくない病気です。気を付けていれば、発症したとしても早期治療で完治できます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-22 17:25 | 角膜・結膜

黒目に向かってのびる血管


以前からソフトコンタクトを使用しています。そこで気になるのが角膜新生血管なのですが、両目の白目にいくつもの血管が黒目に向かって伸びているのです。心配性なので、別件でも結構眼科に行ってその都度きちんと目を見て貰っているのですが特に何も言われません。見た目も嫌ですし、失明しないか不安です。治る方法はないでしょうか?


細胞は血管から酸素をもらって呼吸しています。ところが角膜には血管がなく、表面から酸素を取り入れているのです。コンタクトによって角膜が覆われていることで角膜が酸素不足になり、酸素を送ろうとして白目の血管が延びてくるのです。

コンタクトをやめる。または、出来るだけ酸素透過性の高いレンズを、出来るだけ短時間の使用にとどめる。結膜炎やドライアイがあれば治療する。ドライアイがなくても、ソフトサンティアなどの、余計なものの入っていないドライアイ用の点眼を続ける。「充血をとる」という効能の点眼は決して使わない・・・ぐらいでしょうか。

黒目が小さく、つまり、黒目の周辺部が白くなってくることはありますが、そのことで失明したりしません。けれども酸素不足で角膜内皮細胞の減少を起こし、角膜の浮腫、混濁の原因になるかもしれません。眼科で何も言われていないのなら、悪い状態ではないと思いますが、次の診察時に直接質問することをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-20 12:31 | 角膜・結膜

角膜炎で視力低下


1ヵ月ほど前に左目が角膜炎にかかり、黒目が濁る様になりました。その時は曇りガラスの中にいる様でほとんど見えませんでした。

3週間程、通院と目薬をさしていく内に濁りが小さくなり徐々に見える様になりました。ですがそこから濁りの大きさは変わらず視力も低下(1.5から0.1)したままです。

このまま濁りと視力低下は続くのでしょうか?主治医の先生に聞いても「今は何とも言えない」との事で・・。濁りが小さくなり黒目にかからなくなっただけでもマシなのでしょうか?宜しくお願い致します。


何が原因の角膜炎でしょうか。感染性のものでしょうか。細菌ですか。それともヘルペスウイルス。カビやアメーバでしょうか。カラコンが原因ですか。免疫反応などの非感染性のものですか。全く原因不明でしょうか。「角膜炎」といっても列挙しきれないほどの種類があり、この程度の情報ではアドバイスは到底無理なのです。

主治医にどれほどの能力があり、どういう方針で治療をしているのか伺い知ることはできませんが、「今は何とも言えない」と言うだけで、病気についての説明が無いのなら、別の眼科を受診した方が良いかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-03-01 11:25 | 角膜・結膜

黒目に傷


5月20日の夜、マスカラの繊維が混入したみたいで左目が充血し、少し痒みが出たのですぐにコンタクトの使用をやめました。翌日市販されている結膜炎の目薬をさしたら充血と痒みはおさまったのですが、白っぽくぼやけて眩しさを感じて遠くも近くも見えにくくなりました。

なので週明けの月曜日に眼科を受診しましたら、左目の黒目に傷があるのでコンタクトの使用中止とクラビットのみの処方で、また次の週明けぐらいに来てくださいとの事。

色々なサイトを見ていると、黒目の傷は濁りが残ったり見えにくさが残ったりすることがあるので早期治療が大切だと書いてあるので不安です。クラビットのみの処方でヒアレインなどの処方はされなかったのですが、傷がそれほど深くなかったのでしょうか?また、傷が浅く日にちが経ち傷が治れば自然と白っぽいぼやけや視力は回復するのでしょうか?


>傷がそれほど深くなかったのでしょうか?
きっとそうでしょう。
>視力は回復するのでしょうか?
もちろんそれを目標に治療しているはずです。

傷と言いましても様々な原因、様々な状況があり、それを診た医師にしか分からないことです。クラビットのみなら、それ以外は必要がないと判断したということです。その判断が正しいかどうかは当方には全く分かりません。

不安なら別の眼科を受診するしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-05-28 14:23 | 角膜・結膜

角膜内皮細胞数が少ない


12歳 中学一年生の子供のことで相談させて頂きます。

小学校5年のころより眼鏡をかけています。視力は両目とも0.3ほどです。中学生になりコンタクトレンズに変えたいと眼科を受診しました。その際の検査で、目の細胞が少ないと医師から言われました。両目ともに2800くらい。この年齢ですと通常3000以上はあると言われました。

今回は2week使い捨てコンタクトレンズを試用させてもらい、購入はしていません。長時間コンタクトを使用しないように(学校から戻ったら眼鏡にする)と注意を受けています。

子供はコンタクトを使いたいと希望していますが、将来のことを思うとやめた方がよいでしょうか?また、2800という数値はどの程度悪いのでしょうか?


確かに年齢からすると少ないように思います。また、2weekはトラブルも多く、1dayの方がましなのではないでしょうか。まあ、誰にとってもコンタクトなんかは使わないのが一番良いのですが、どうしても必要なら仕方が無いですね。

角膜内皮障害の重症度分類
をご覧ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-05-01 17:43 | 角膜・結膜

治らない角膜の濁り


2009年にウイルス性結膜炎になりました。まず左眼発症し右眼発症の順です。その後左眼のみ、後遺症の角膜のにごりが治りません。

フルメトロン0.1パーセント点眼を使用し、徐々に減量して0.05パーセントを使用しています。にごりが綺麗になっても点眼を止めるとまた再発します。再発すると、視力低下、目の違和感など出てきます。またドライアイもあり、ムコスタ点眼とヒアレインも使用しています。

このように、長期にわたって治らない原因を教えてください。また、6年間ステロイド点眼を使用していますが、今後一生涯使用していっても定期的に眼圧や診察を受けていれば、問題はないのでしょうか?


6年も続いているとは驚きです。そういう事もあるのですね。その都度適切に治療を続ければ、いつか治癒すると思いますよ。

治らない原因は分かりません。ドライアイが基礎疾患として存在するからかもしれませんし、ステロイドの減量の仕方が悪いのかもしれません。また、ステロイドの長期使用は正しく管理されていれば問題ありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-03-17 14:57 | 角膜・結膜

義眼のこと


先日は右目の高眼圧のことで丁寧な回答をいただきありがとうございました。担当医師は視力もないのだし摘出したほうが楽になると以前から言ってくれているのですが、私の気持ちが固まらず今に至っています。

重ねて質問なのですが、
①もしも今のまま眼圧がさがらない場合や目薬をさし続けた場合は痛みが続く以外にどのような事になるのでしょうか?
②義眼についてですが、デメリットはありますか?
③今は黒目が大きく、黒目の輪郭がぼやけていて、眼球もすこし飛び出た感じで黒目が輪郭に寄っていて、左目を動かしてもついて動かないのですが義眼にしたら今とどう変わるのでしょうか?
④将来的に破壊された視神経を再生する治療が出る可能性はないですか?


1.特に何も起こらないとは思いますが、角膜の機能が落ちているのは確かでしょうから、感染を起こしやすくなっているでしょう。感染は眼球だけでとどまるとは限りません。また、点眼薬の副作用も心配です。ものすごくありますので調べてみてください。

2.何も無いでしょう。メンテナンスの必要性ぐらいでしょうか。

3.一寸見ただけでは本物と区別がつかないものもあります。動く義眼もありますが、手続きや費用の面で難しいかもしれません。調べてみてください。

4.視神経以外の眼球に全く異常がない場合に限っての視神経の再生は、100年後に可能かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-05-27 12:18 | その他の疾患