excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:視野 ( 23 ) タグの人気記事

点眼は一生続くのか


去年の年末に、眼圧が高いと診断されました。眼底写真も撮り、右目に少しの凹みがあるかも……ということで、「緑内障」との診断がおりました。

それから1年間二種類の点眼薬(チモレートとラタノプロスト)をずっと使って、眼圧も安定しています。眼圧は毎回測っていますが、他の検査はしていません。

質問は、視野検査なしに「緑内障」と診断されることは普通なのでしょうか?という事です。あと、万が一、緑内障ではなく高眼圧症だった場合でも、点眼は一生続くのでしょうか?(1度点眼治療を始めてしまうと、もう止められないと聞いたので)


視野検査なしに「緑内障」と診断することは普通です。というか、状況によって十分有り得ることです。

視神経乳頭陥凹が明らかで、ノッチと呼ばれる「くびれ」があり、その先に網膜神経線維束欠損が明らかに存在する場合は、それだけで可能です。眼底写真1枚で診断がつく場合もあります。但し現在では、OCTによる確認は不可欠です。視野の裏付けが取れればさらに確実ですが、初期の場合、自動視野計では正常判定となる場合も多いです。

一方、診断するだけなら眼圧測定は不要です。眼圧測定は、基準眼圧の設定、目標眼圧の設定、そして重要な点眼の効果判定などのために必要なのです。ですから、できるだけ正確な眼圧計が必要で、医師が自ら測定するゴールドマンアプラネーションか、それに類するもので測定する必要があるのです。空気式のノンコンで「高い」と言われても「高いのかもしれない」としか判断できないのです。(あなたの測定がノンコンで行われたかどうかは知りませんが)

視野検査は自覚検査ですので、異常が出た場合にそれが本当に異常なのかどうかは分かりません。体調などの影響を受け、悪く出る事があります。OCTなどによる他覚検査の結果と矛盾がないことを確かめなければ、診断を下せません。矛盾する場合はその原因を確かめる必要があります。

「点眼治療を始めてしまうと、もう止められない」というような恐ろしいことを言う人もいますね。「続けている点眼をやめると、初めから点眼をしないでおくより悪い結果になる」という風に読み取れるのですが、そんなことは決してありません。いつでもやめられます。やめることで点眼中より眼圧は上昇しますが、点眼前より上昇するわけではありません。当院でも実際に何人もの緑内障点眼を中止していますよ。

高眼圧症というのは、一般的な正常といわれる眼圧より高い眼圧が続き、緑内障性の変化の無い眼を言います。緑内障ではない、つまり、視神経が眼圧の影響を受けていませんので、必ずしも眼圧を下げる必要はないのです。今後影響を受けることが予測できる場合に点眼を使用します。

あなたの場合「右目に少しの凹みがあるかも……」だけで診断されたようですが、その言葉の通りだとすると、当方なら経過観察です。断じて点眼開始にはなりません。ということですので、別の眼科を受診することをお勧めします。もちろん、時間とお金に余裕があり点眼による副作用を厭わないなら、現在の眼科通院を続けるのも「あり」でしょうし、その方がもしかしたら少しは安全かもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-10-19 12:14 | 緑内障

視野の欠損と緑内障


強度の近視です。コンタクトの検査の度に眼科には通っていたのですが、そこではいつも異常なしの診断でした。緑内障簡易検査のホームページを見つけてやってみたところ、左目のみ、いくつか見えない部分がありました。左目の鼻の下部分が広範囲に見えません。それまでまったく気づきませんでした。

近くの眼科に行ったところ、眼圧は正常、瞳孔を広げて眼底カメラ等でも異常はないとのことでした。一週間後にゴールドマン視野検査をしたのですが、確かに左目の左下4分の1、水平方向から下に扇形に欠けているのでした。診断は緑内障でした。目薬が処方されました。

点眼は続けていたのですが、今度は都会の大きな病院に行きました。視野検査は予約制でできなかったのですが、OTC検査で先生から、視神経は正常ですが左目の12時の方向に赤いところがあってそこが見えてないみたいですね、というようなことを言われました。それ以外はどこも緑色でした。乳頭陥凹の拡大もないそうでした。多分進行しなさそうな欠損ですが次回の視野検査で詳しく見ましょうとのことでした。

事情があり、別の緑内障外来の先生のところへ診察へ行きました。ハンフリー視野検査では左目の左下4分の1の部分が、水平方向に盲点に向かってぐるっと黒くなっていました。先生の診断は、緑内障のような視野欠損があるとのこと。私の見方ですが、盲点を円の外の縁にして中心に欠損は無いように思えました。しかし鼻側階段?のようなものはあるな…と思いました。暗点のような孤立した欠損はありません。しかしOTCはその部分以外は緑色で、生まれつきのものか、進行するかわからないので目薬をしながら経過を見ましょうか、それとも薬はなくてもいいが何れにせよ長く経過を観察しましょうとのことでした。目薬を続けて、数年経っても欠損が広がらないんであれば止めてもいいとのことでした。

昔交通事故で左頭を強く打ち付けてしばらく病院に通っていたことがあり、直接目を打ったわけではないのですが、それも関係しているのでしょうか?一応先生には話しました。家族には緑内障はいません。これまでに緑内障のことを調べていたのですが、乳頭陥凹の拡大がなくとも緑内障ということはありえるのでしょうか?色々調べていたのですが視神経部分低形成?なんてこともあるのかなと思ったりして…これは先生には言われてませんが…。


強度近視ですので、視神経乳頭の所見が分かりにくいのでしょうね。OCTを使っても陥凹拡大があるのやらないのやら分からない場合もありますし。緑内障だという事で治療されている人の中にも、そうでない人が混ざっていることもあります。とにかく、緑内障の診断は非常に難しい場合があり、一筋縄ではいかないことが多々あるのです。ですから「乳頭陥凹の拡大がなくとも緑内障ということはありえるのでしょうか?」というような質問に「ありえない」とは言い切れないのです。

視野の状態がメールではよくわからないのですが、当方の印象としてはSSOH(視神経乳頭低形成)ではないかと思います。しかし、乳頭に全く所見が無いというのも不思議です。あるいは、昔の打撲による脳の一部の機能不全等という事があるのかもしれません。

昔から視野欠損を自覚していたのなら、原因が何であれ心配無いのですが、自覚が最近ですので、脳の方も確認してみる必要があるのではないでしょうか。最近できた小さな脳腫瘍なども否定できないと思いますので、念のため一度、脳神経外科を受診してみることをお勧めします。それで異常がなければ、3番目の眼科で点眼無しで経過観察してみてはいかがでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-10-04 15:56 | 緑内障

「絶対に大丈夫」なのに心配


正常眼圧緑内障で、右目が中期、左目が初期で、ミケランの点眼を開始しました。治療開始より数年間はほぼ視野に影響は出ていませんでしたが、1年前の視野検査で右目に悪化が見られ、ミケランのみ→ミケランとキサラタンに変更。そして1年後の最近受けた検査で、私が不安がったこともあり、念のためということで、ミケラン、キサラタン→アゾルガ、キサラタンに変更しました。左目はほぼ欠損なしで変わらずです。

緑内障の診断後、点眼はずっと真面目に行っていましたが、1年前の検査後にこのままでは50-60歳で失明するかもと言われ(いつもの担当医ではなく、別の医師の診察、発言)、ちゃんとやっていたのにとかなりショックを受けました。

OCTも年1回ほど撮影していますが、先日撮影したものが診断時に撮影したものより両目共に黄色の部分が増えていた=悪化している?と思われ、先生に聞いたところ、初期診断には役立つが経過や悪化はOCTではあまりよく分からない、視野検査が重要と言われました。

視神経の損傷と視野の悪化にはタイムラグもあるため、治療開始前の分が今出ているとも考えられるとの説明を受けています。眼圧も治療前が15-16のところ11程度に抑えられており、視野検査結果も体調などでばらつきがあるので、あまり振り回されないように、そこまで辛いならそんなに悪化しないから1年くらいほっといて病気のことは忘れなさいと言われました。先生はまだ緑内障の段階としては早いし、絶対に大丈夫とは言ってくださいますが、歳も若いので寿命の前に失明するのではと非常に不安です。

OCTで経過を見る医院も数あるようで、セカンドオピニオンを兼ねて他の病院に行くか迷っていますが、行くべきでしょうか?

また、右目に軽い乱視があるのですが、コンタクト装用時は乱視矯正なしで視野検査を受けています。先生はこの程度の乱視では結果に影響ないとの事でしたが、私は光がブレて見辛いこともあると感じています。乱視も検査結果に影響するのでしょうか?次回はコンタクトなしで検査を受けようと思っています。


ずーっと診察を受けている医師の言う事と、初めて診察した医師の言う事のどちらを信用しますか。もちろん前者ですよね。前者が低能な医師で後者が神様なら話は別ですが。

セカンドオピニオンにしても、少ない情報で的確な診断を下せるはずがありません。特に緑内障の視神経の変化などは、今までの経過の情報なしでは今後の予測は不可能です。

コンタクトを入れての視野検査での問題は、乱視矯正していないことではなく、瞬き直後のレンズの動き、一点注視時のレンズの乾燥による曇りなどで、見えたり見えなかったりすることなのです。コンタクト無しの方が安定した結果が得られるでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-10-11 17:17 | 緑内障

視野のこと


一ヶ月ほど前、視野検査ををおこなったのですが、異常はありませんでした。
その後も、眼底検査等で目に異常はなかったのですが、視野がどうも狭いような気がしてしまいます。
視野というのは病気でなくても狭まっていくものなのでしょうか。


質問がおかしいのですが・・

普通、自動視野計は中心30度の範囲を測定します。それで異常なしでも、さらに外側で視野に変化が出ているかもしれません。

視野が狭くなるのは、病気があるから、または病気とは言えないが心因性の何かがあるためです。「狭いような気がする」というのは後者ではないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-05-21 14:36 | 眼科検査

視野計が変わって悪化した


前回4月にも相談メールをさせていただいた者てす。今回は、視野検査の結果について相談です。

前回までは視野30度を調べるもので2月に行いました。その時、右はMD値-5.5左は-3.2でした。

今回は昨日検査したのですが、機械が新しくなり、視野24度を調べるものでした。すると、MD 値は右が-9.02左は-6.0とかなり悪い結果がでました。たった3ヶ月てMD 値がこんなにも悪くなってしまい、ものすごくショックをうけています。

先生は、機械が変わったから心配ならまた来月やってみましょう!と言うことで終了しました。今回からは%での表示もあり、右は74%左は84%、よくわかりませんが、私の目は大丈夫なのでしょうか?


眼科の指示通り点眼をしているのであれば、こんなに短期間で悪化するはずはありません。24度の視野計のMD値も%表示についても、知らないですのでお答えできかねます。主治医にお聞きください。

違う視野計の結果を比較しても、算定基準が違いますのでするだけ無駄なのです。同じ視野計で経過観察するものなのです。だいたい、その眼科医も別段困ったような雰囲気ではなかったでしょう?

心配ならまた来月やったら良いじゃないですか。その時点でさらに心配なら、納得できる答が出るまで質問すればいいと思います。それが出来ないようなら、別の眼科を受診してみてはいかがですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-05-16 15:21 | 緑内障

md値が心配


私は、ハンフリー視野検査で、30-2という検査で、上部の端の部分が少し三日月状に欠けています。

前回の検査で、医師が、狭い範囲?を見る10-2という検査では、その三日月が出てないから、、生活に困らない状態、云々と言ってましたが、緑内障で、その10-2とかに、ひっかかる人と言うのは、障害者手帳をもらっている人達という事ですか?

あと、自分は、今、自分のmd値がー何dか、ショックが怖くて、聞いてません。なので、10-2のところにどれだけ近いのか?考えると不安で、いっぱいになります。やはりmd値を聞いたほうが、いいのでしょうか?


30度の範囲の端に僅かな感度低下があるだけの目は、10度の範囲には普通は異常は出ません。細かく調べますので微妙な変化が見つかることはあるでしょう。

障害者手帳の件は勘違いです。障害認定の要件に「両眼の視野がそれぞれ10度以内」というものがありますが、トンネル状の視野のことで緑内障では起こりません。

緑内障では、傷害される視神経の部位によって、初期の段階でも10-2視野に異常を認めることはあります。測定して異常無しですので、そういうタイプではなかったということです。

初期の緑内障と言われているのにmd値が心配なのですか。それじゃあ聞けばいいでしょう。驚くような答が返ってくると思いますよ。当院のその程度の視野をお持ちの患者さんのデータから推測すると、プラス1程度だと思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-08-25 16:58 | 緑内障

原因不明なのに放置して大丈夫か


先日、ネット上の簡易視野チェックにて見えない部分がある事に気付きました。早々にかかりつけの眼科を受診して視野検査を受けました。結果、右眼の耳側2時方向に暗点があり、その部分は見えていないようです。

その他、眼底検査等を受けましたが、神経の状態は良好で色もよく問題なし、眼圧13でした。先生は緑内障ではない、また、脳の疾患も疑わないと言われました。治療も不要だそうです。また、2~3か月前に受診した際には、網膜もキレイと言われています。次回、半年後にまた視野検査を受けるよう指示を受けました。

以前にもネットの簡易視野チェックは試した事があります。その時は受診していないので、記憶にはありませんが以前は見えていたのだと思います。ということは、私の視野はどんどん欠けているのか?と、不安です。

緑内障ではない視野の欠けは、急速に進んだりしないのでしょうか?目薬も生活上の注意も一切なかったので、半年後の検査までは何もしなくていいのかと不安です。先生は、あまり深刻な状態ではないような口ぶりでした。

視野が欠けると聞くと、私達一般人はすごく大事のような気がしますが、専門の先生からみるとあまり心配する必要がない場合もあるのでしょうか?


視野検査で僅かな異常があるのに、他に何の問題もなく、経過観察しても変化しない方はたまに経験します。全身も含め、他に何の症状も無く、眼科医が視野、視神経、網膜の所見を適切に判断しているのであれば、その方針で問題ないと思います。「脳の疾患も疑わない」ということですので、太鼓判ということでしょう。ここまで読んで安心されたら以下は読まないで下さい。

しかし当方は、視野検査の結果を見ていませんし、視神経乳頭の詳細も、網膜の詳細も判りません。だいたい、診察した医師のことも知りません。視野検査の結果、正常範囲ではあるが両眼の右視野の感度がほんの少し低下しているかもしれません。右の視神経乳頭は正常に見えるが左と比べるとやや白っぽいかもしれません。正常な網膜に見えるが一部に小さな網脈絡膜萎縮があるかもしれません。ですから、大丈夫とは思いますが、ネット上で「大丈夫です」とは言い切れないのです。

症状がある場合は必ず原因があります。症状があって受診して、「異常なし」と言われる人は多いと思いますが、「異常無しなら何故症状が出るのか」と聞き返す人は滅多にいないのでしょう。また逆に「異常なし」で済ませる医者が多いのも事実です。「検査では異常を見つけられなかった」ということと、症状が発生する原因を推測してでも説明すべきでしょう。それをしない医者が多いから、悩む患者が多いのです。

もしご心配でしたら半年を待たずに再診し、疑問点を聞いてみて下さい。答えられないようなら、別の眼科を受診すべきでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-05-31 13:46 | 重要な事

測定の誤差と緊張の影響


最近緑内障と言われました。そこで、2つお伺いたいのですが、OCTについてですが、だいたい3回位受け、

1回目→まだ緑内障でない
2回目→なぜか若干改善
3回目→若干悪化→緑内障に

半年間のうちに色々あり、特に2回目。なぜ、若干改善したのか? 誤差らしいですが、なぜなのか心に引っ掛かっています。こういう事も、あるのか知りたいです。

もう一つ、私は視野検査が苦手で、色々思い詰めて、体が硬直し、視野検査が非常に悪い結果になってしまったりして、お医者様に申し訳ないと反省しています。視野検査の時は、リラックスできるよう、何か精神安定剤のようなものの内服が必要でしょうか?


よくあることです。一般には「最新の電子機器だから正確だ」と思われがちですが、検査員によってばらつきがあったり、僅かな位置ずれなどで結果が変わることは眼科では常識です。だから「誤差」なのです。繰り返すことで真実に近づいて行くのです。一喜一憂する必要はありません。

精神安定剤を使って視野検査をするなんて普通はしません。結果が悪くても良いじゃないですか。固視不良が多くても、偽陰性や偽陽性が多くても、視野の傾向がわかれば状態は把握できます。だんだん慣れてくるものですよ。気楽に行きましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-03-11 17:54 | 緑内障

ぼやけた状態で視野検査


この前、視神経乳頭のへこみがやや大きいと言われ、緑内障疑いとなって、OCTや視野検査を行いました。

目が悪いので視野検査で目の前に矯正レンズをつけて行ったのですが、最初はピントがぴったり合ってよく見えました。しかしいざ検査となったら視界をぼやけたようにされて、かすみがかったような中で検査をしました。これは向こうの手違いではないと思うのですが、せっかくよく見えるよう合わせたのにぼやけさせるのは何か意味があるのでしょうか?

視野検査では異常がなく緑内障ではないと言ってもらえましたが、OCTによると神経の薄いところが(赤~黄)少しありました。先生はこれはそんな気にすることもなく、治療もまだ必要なしと言われました。

神経が薄くなる=緑内障にかかりやすいと思っているのですが、やはりその部分はなる確率が高いのでしょうか? 私は30代後半です。神経の薄いところはあっても視野欠損もなく老年まで過ごせるということもよくあるのでしょうか。お教えいただければ幸いです。


単純な手違いでしょう。プラスとマイナスを間違えたとか、乱視の軸を90度間違えたとかではないでしょうか。その状態で検査して異常無しですので別に気にする必要も無いと思います。おかしいと思ったら検査途中でも言って下さいね。

「その部分」と言われてもどの部分かわかりませんし、「その部分」を診た眼科医が大丈夫と言っているのに何を心配しているのですか。

「よくある」と思いますよ。でも「よくある」からといって安心はしないでください。診察をした眼科医が大丈夫といっていることを根拠に安心してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-01-14 12:09 | 緑内障

視野の結果が全く違う


先月、透明の細胞のようなものがみえるので、網膜剥離が心配だったため眼科を受診しました。また、親族が緑内障なので緑内障もみてもらいました。

眼底写真と先生がレンズでみたところは異常なしだったんですが、心配ならしてみる?ということで視野検査をしました。結果は左目左下を中心に半分ほど真っ黒でした。

一週間後にOCTと視野検査をもう一度行いました。OCTは正常とは言えない、視野検査は前回ほどひどくないが同じ場所(左目左下あたり)があやしいという結果でした。

そこで次はゴールドマン視野検査をしてもらいました。すると、ハンフリーで見えていなかった部分は見えているが、今度は両側の鼻側下がみえてないんじゃないか、と言われて脳外科にいきなさいと言われました。

脳に異常がなければ、またゴールドマン視野検査をする(レンズの調節がうまくいっておらず、中心部が正確に測れなかったため)と言われました。

まとめると、可能性としては、良くて「精神疾患」マシなのは「緑内障」1番怖いのは「脳の病気」と言われ不安がさらに増した状態で帰宅しました。

一方、別な眼科でもOCTを撮ってもらった結果は「正常じゃないけど、強度近視のひとがよくなる形。緑内障じゃないと思う。」と言っていました。

わたしは不安を強く感じやすいのでハンフリーもゴールドマンも正確に測れているのか心配です。かかっている眼科の先生は患者さんを怒鳴りつけたり、あまり詳しく説明しないので毎回不安がつのっています。

1.河野先生にお聞きしたいのは、やはり脳外科で検査をした方がいいのか。

2.ハンフリーで異常が出ている部分がゴールドマンで一致しないこともあるのでしょうか。

お忙しいとは存じますが、ご回答していただければ幸いです。


1.もちろん脳外科で検査をした方が良いでしょう。異常がないことを確かめ安心するためですよ。もう一度別の検査員によって、または別の手順でゴールドマン視野検査をしてからでも遅くないと思いますが。

2.ハンフリー(静的量的視野)では網膜上の基準点(例えば正面直径60度の範囲に76点)それぞれの感度を測定します。一方ゴールドマン(動的量的視野)は光を端から中心に向かって動かして見えるようになる位置を測定するもので、視野の形を把握できます。だいたい一致するのが普通です。しかし、片眼耳下側欠損と両眼鼻下側狭窄のような違いは出ません。

ゴールドマンは人間が測定しますので、検査員の力量で結果は大きく違ってきます。例えば何らかの理由で検査の終盤に反応が悪くなる人を検査する場合を考えてみましょう。もし両眼とも鼻上側→耳上側→耳下側→鼻下側という順に測定したら、鼻下側あたりで反応が悪くなりその部分の視野が狭くなったように測定されます。そこで終わると両眼鼻下側の視野狭窄と診断されます。そのまま続けて再び鼻上側を測定すると、今度は鼻下側よりさらに感度が低くなり、螺旋(らせん)状の視野として測定されます。前者は緑内障の疑い、後者は心因性視覚障害の疑いとなります。

自分なら、今までのことは忘れて、「別な眼科」で定期的に通院して経過観察をしてもらいます。選択は自己責任で。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-12-06 11:57 | 眼科検査