excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:視神経 ( 21 ) タグの人気記事

一点を見続けると


片目で一点を瞬きせずに見ているとだんだん目頭側が暗くなってきます。瞬きしたり目をちょっとでも動かすと元に戻ります。これは普通のことでしょうか?教えていただけると幸いです。


普通のことです。

すごく難しい話を簡単に書きます。一点を見続けるということは、網膜の視細胞それぞれには、継続して同じ光が当たり続けることになります。そうすると、その細胞は同じ情報を脳に向かって出し続ける事になります。つまり、細胞は継続して神経伝達物質を出し続けなければならなくなります。ところが、そのうち神経伝達物質は枯渇して、それ以上情報を送れなくなってしまうのです。脳は情報を受け取れなくなり、その結果、暗くなったと感じるのです。

一点を見つめていると・・・
も参考にしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-06-10 17:25 | 網膜・脈絡膜

目の運動


3/16に緑内障の考え方と言う記事があり、そこで目の運動は悪影響と書いてありました。私はパソコンを見っぱなしの仕事です。疲れを解消するため、目をぎゅっと閉じて大きく開ける、目を閉じて左右上下に動かす、家では目元を温めるなどしておりました。多少は楽になるので昔からずっとやっていましたがこれはもうやらないほうがいいでしょうか?これらがダメでしたら、目の疲れを取るのに目薬以外に良い方法があれば教えていただきたいです。

もう一点なんですが強度近視について教えてください。これはどれくらいのレベルが該当しますか?私は悪いほうの目で-6Dで乱視が-1.5です。お忙しいところすみません。どうかよろしくお願いいたします。


上下左右に強く動かす事を継続してやるというのが問題で、それによって視神経乳頭部に損傷が起こり緑内障の原因となる可能性があるという学会報告があります。電気コードの付け根を上下左右に強く引っ張る事を繰り返すと断線するのと同じです。定説ではありませんし、極限まで動かすようなことを繰り返さない限り問題ないとは思いますが、控えめにする方が安心でしょう。それ以外は別に問題ありませんよ。

強度近視は度数で決まるというわけではありません。-3ジオプターで強度近視眼の人もありますし、-10ジオプターでも近視眼底ですらない人もありました。-6ジオプターが強度近視かどうかわかりませんが、可能性はあります。そうであるとしても、程度も様々ですし、どの程度の注意が必要かは診た眼科医にしか説明できません。「ある」と「ない」とに分けられるものではありません。

余談ですが「悪いほうの目」ではありません。「近視が強いほうの目」です。眼科では「近視が強い」ことを「目が悪い」とは表現しません。近視がなくても目が悪い人は多いですし、近視が強くても目が悪くない人も多いです。ついでに書いておきますが、裸眼の「視力が悪い」も「目が悪い」ではありません。「矯正視力が悪い」場合は「目が悪い」と言っても差し支えないでしょう。認識を新たにしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-24 18:19 | 視神経

目の運動


青い光(床や壁に映ったもの)を見ると視界の中心のみ青くみえません。
ブルーライトカットのメガネを使用しているのですが関係あるでしょうか。
なお、先日別件で眼底検査を行いましたが異常は見つかりませんでした。

また、たまに視界に黒い点やキラッと光る点などが一瞬見えるのですが、眼底検査で何もないと言われたら気にしないで大丈夫でしょうか。

裸眼視力を0.1まであげたいと思い、最近目の上下運動をはじめたのですが、目を早く動かしていると黒い円形の残像のようなものがみえるのですが、病気でしょうか。
また、この間眼科に行った時に、あなたは視力がだいぶ悪いから目の病気になりやすいと言われました。

どうにかして病気にならない方法や、気をつける点、0.1まで裸眼視力を上げる方法などないでしょうか。


青い光については状況がわかりませんが、光沢のある壁の光源の反射が見えているのだと思いますよ。光源は周りの青い部分より白っぽいですが。

黒い点や光る点は時々出るのは普通です。

目は普通に動かすことは問題無いのですが、日常的にはやらないような運動を繰り返すと問題が起こる可能性があります。

目を、限界まで動かすと、眼球後部から出ている視神経の付け根が横に引っ張られます。逆向きに限界まで動かすと、逆方向に横に引っ張られます。これを繰り返したらどうなるか。電気のコードなら断線します。視神経の場合、循環障害を起こし正常眼圧緑内障の原因になるという研究もあります。

近視が強い目は網膜が薄く、周辺部で傷みやすいのです。もしそれで網膜に穴が開いた場合、目の運動をすることで、硝子体が大きく動き網膜を引っ張って、穴を広げて網膜をはがしてしまうかもしれません。網膜剥離です。黒い円形の残像のようなものは、硝子体の濁りです。

目玉を動かす運動で視力が良くなるようなことは考えられませんので、普通にしていましょう。

裸眼視力0.1まで上げる方法とは近視を緩くすることなら、眼鏡かコンタクトか手術しかありませんが、数値だけで満足できるのなら、なるべくメガネ等を使わずに日常生活を送り、視力検査の練習を繰り返せば0.1ぐらいは出るかもしれません。しかし、これは無駄な答かもしれませんね。

近視が強い目は確かに病気を起こしやすいです。毎日片目ずつ見え方に変わりがないか確認することを習慣にしてください。おかしな民間療法は避けましょう。むやみに心配しすぎないことも大切です。目の構造とか目の病気について正しく勉強することも大事です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-05-16 16:11 | 何かが見える

ぼやけた状態で視野検査


この前、視神経乳頭のへこみがやや大きいと言われ、緑内障疑いとなって、OCTや視野検査を行いました。

目が悪いので視野検査で目の前に矯正レンズをつけて行ったのですが、最初はピントがぴったり合ってよく見えました。しかしいざ検査となったら視界をぼやけたようにされて、かすみがかったような中で検査をしました。これは向こうの手違いではないと思うのですが、せっかくよく見えるよう合わせたのにぼやけさせるのは何か意味があるのでしょうか?

視野検査では異常がなく緑内障ではないと言ってもらえましたが、OCTによると神経の薄いところが(赤~黄)少しありました。先生はこれはそんな気にすることもなく、治療もまだ必要なしと言われました。

神経が薄くなる=緑内障にかかりやすいと思っているのですが、やはりその部分はなる確率が高いのでしょうか? 私は30代後半です。神経の薄いところはあっても視野欠損もなく老年まで過ごせるということもよくあるのでしょうか。お教えいただければ幸いです。


単純な手違いでしょう。プラスとマイナスを間違えたとか、乱視の軸を90度間違えたとかではないでしょうか。その状態で検査して異常無しですので別に気にする必要も無いと思います。おかしいと思ったら検査途中でも言って下さいね。

「その部分」と言われてもどの部分かわかりませんし、「その部分」を診た眼科医が大丈夫と言っているのに何を心配しているのですか。

「よくある」と思いますよ。でも「よくある」からといって安心はしないでください。診察をした眼科医が大丈夫といっていることを根拠に安心してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-01-14 12:09 | 緑内障

盲点が大きくなった


私は眼圧が高めなので、半年から1年に1回程度視野検査を行なっています。ハンフリー視野計だと思うのですが、中心のオレンジ色の光を見ていて、光が見えたらボタンを押す検査です。検査時間は片目で3分程度だと思います。

先日もこの検査を受けてきましたが、右目は盲点が真黒で教科書通りの結果でした。左目は盲点が少し薄くて上に向けて少し大きい丸のようになっていました。先生からは眼圧も両目とも18で正常、視神経も正常、視野検査も正常なので問題ないと言われました。

帰ってから左目の盲点が大きいのが気になり、本当に大丈夫か心配になってきました。検査をする時は右目から行いますので、左目をテープで隠して検査するのですが、右目の検査が終わってすぐに左目の検査をしますので、ぼやけて見えにくかった事も事実です。また、検査スタッフの方が新人さんみたいで目の位置なんかもいつもと違っていました。以前の検査の時も左目の盲点の左側に黒い部分があったのですが、問題ないと言われました。

そこで、お聞きしたいのが、正常な人でも視野検査が教科書的な完璧な結果が出ない事もあるのでしょうか? また、緑内障などで盲点が薄く上方に大きくなる事はあるのでしょうか? お忙しい事とは思いますが、アドバイス頂ければ幸いです。


このブログのトップの眼底写真を見てください。中央やや右に黄色っぽい丸い視神経乳頭があります。それが盲点の正体です。ここには視細胞がありませんので光を感じません。

自動視野計の一般的なプログラムは、視野の中心30度に対応した網膜の感度を測定します。その範囲をくまなく測定することは出来ませんので、等間隔に76点を決めてその部分の感度を測定します。●のように格子状に測定する点が並んでいます。実際に測定する点は、図よりはるかに小さく、点の面積は測定範囲の網膜の面積の数パーセント程度ではないでしょうか。隙間だらけの測定で全体を推測しているのです。

□□□●●●●
□□●●●●●●
□●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
□●●●●●●●●
□□●●●●●●
□□□●●●●

76の測定点のうち1個だけが視神経乳頭に重なれば、その部分の感度はゼロとなり、小さな盲点として描画されます。
□□□●●●●
□□●●●●●●
□●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
□●●●●●●●●
□□●●●●●●
□□□●●●●

ところが視神経乳頭の大きな人は2つ以上の測定点に引っかかり、大きな盲点になります。また普通サイズの乳頭の人でも頭を傾けて測定すると、測定点と測定点の間にちょうど乳頭がはまり込むようなこともあり、盲点が薄く大きくなったりします。
□□□●●●●
□□●●●●●●
□●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●
●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
□●●●●●●●●
□□●●●●●●
□□□●●●●

ということで、盲点が大きいとか薄いとかいうことは、あまり重視されないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-06-13 19:11 | 緑内障

不可解な2種の光


・小5で0.1の近視になり、今は「ど近眼」
・飛蚊症(無色)は一面といってよいほど多め(昔より確実に多い)
・2種の光が表れる回数が増えた
今回お教えいただきたいのは、この2種の光のことなんです

●光1
眼を動かしたりしなくても現れる。発生率は1分に10個以下くらい。大きさ1cm以下。場所は複数。数秒表れたのち、反転して黒くなります(その後また光り、また黒くなることも。)その後数秒で消えます。

1つの光(と影)が現れている時間は、合計で10秒程度ありますので、どちらの眼でそれがみえているのか、手で隠して確認いたしますが、どうやら、「どちらか片方の目だけで見ている」ようなのです。

よくある閃輝暗点などですと、両目で同じ光をみますが、そうではなく片方なので、眼の中の問題かと思っております。ちなみに、白い壁などには反転した黒い影がちゃんと見えるので確認もしやすくなっております。

●光2
大きさ2mm以下。現れる時間は一瞬。昼間眼を開けていてもわかるほどの鋭い光の点。これが1日2個程度見えるのです(以前よりは増えました)

以上、2種の光が気になって、眼底検査を受けたら、「今現在は、問題無し」とのことでした。しかしそれ以上のご説明が無く、今後おかしくなるのだろうか(?)と、心配が残りました。眼に問題がなくても、このような光が毎日毎日現れることはあるのですか?何かの前触れだとしたら何でしょう??


難しい問題です。ですから答はありません。

「光が見える」「何かが見える」と訴える方は多いです。多くの場合異常を見つけられませんが、眼科では「なぜそのような症状が起こるのか」を、推測でもいいので説明してもらいたいものですね。ただし、聞く側も十分に勉強しておかないと理解できませんので、普通は「異常なし」になってしまいます。

どちらの光も、目に対して場所が移動しないもののようですので、網膜の神経細胞が異常興奮したための症状かと思われます。一箇所の細胞が異常興奮して電気信号を脳に送ると、脳は網膜のその部分が光を受けたと判断します。

網膜には、視細胞、双極細胞、水平細胞、アマクリン細胞、神経節細胞の5種類の神経細胞が存在します。

光刺激は視細胞で電気信号に変換され、その信号(情報)は双極細胞と水平細胞に伝達されます。水平細胞は広い範囲の視細胞からの信号に対して抑制的に制御しています。

双極細胞はアマクリン細胞や神経節細胞と連絡しており、神経節細胞の軸策が視神経として大脳の視覚中枢に連絡しています。

光1はある程度の大きさがあり、残像がありますので水平細胞レベルのものかなと想像するのですが、これがどういう意味を持つかは、正直言いましてさっぱりわかりません。

>眼に問題がなくても、このような光が毎日毎日現れることはあるのですか?

あるでしょう。しかし原因があるために症状が出るのですから、目に問題が無いわけではないのです。必ず何か原因があります。ただしその問題(原因)が不明な上に、明らかな異常所見も見られないので、(現在対処すべき)問題無しなのです。もちろん、さらに詳しい検査(電気的な検査や遺伝子レベルの検査など)をすると、原因が見つかるかもしれませんが、それを見つけるための機材も知識も経験も一般の開業医は持ち合わせていません。どうしても心配ならば、大学病院などさらに詳しい検査の出来る病院を紹介してもらってはいかがでしょうか。(そこまでする意義があるかどうかは別です)

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-05-11 09:29 | 何かが見える

OCTは本当に必要か


私は8年くらい前から高眼圧症で定期検査を受けています。 3ヶ月に1回眼圧と眼底検査を行い、1年に1回視野検査を行なっています。 前回は12月に検査を受けましたが、眼圧は16と18でした。 視神経や視野にも異常は全くないと言われています。点眼薬も使っていません。

しかし、雑誌やインターネットなどを見ているとOCTと言う検査が重要だと書いてあるのをよく見ます。 私はこの8年間で総合病院や他の眼科でも診て頂きましたが、OCTの検査などは受けたことがありません。 今のかかりつけの先生にも検査を受けましょうと言われた事はありません。 やはり大学病院などのOCT設備があるところで一度検査したほうが良いのでしょうか?


今のあなたの状況ではOCTは不要です。視神経に全く異常がなく、もちろん視野も正常で眼圧が少々高めの場合、「3ヶ月に1回眼圧と眼底検査を行い、1年に1回視野検査」で十分すぎるほどです。

緑内障の治療は視神経に変化を起こさないようにする治療です。今までのやり方で変化を認めたら変化を止めるために眼圧を下げる点眼を開始します。OCTで検査をしたら「変化」が解るわけではありません。網膜の神経線維層の厚みが正常範囲にあるかどうかだけです。参考にはなりますし、ずっとOCTで経過を見ていければ問題ないのですが、あなたの場合、一度だけ受けて何の意味があるのか、甚だ疑問ですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-01-16 08:59 | 緑内障

文字が浮かんで動く


7年くらい前から、一点を集中して見ていると(特に文字)その文字が動いて円を描いているような感じで見えます。二重にではなく浮かび上がって動く感じです。

本当によく一点ばかり見てしまうものを見るときだけひどく動いて見えます。また、まっすぐの線が波打って見えます。(特に暗いところや裸眼のとき)

また、3年くらい前から視界の端に白い光がしずくのように通るのがひんぱんに 見えます。いずれも両目の症状です。症状は特にここ数年横ばいです。

もともと生まれつきテレビ画面の砂嵐のように視界が見えていて、ときどき砂嵐が激しく視界覆って3秒くらいでもとにもどったり、明るいところでみた残像がみえたり、の症状があったのですが、これらは眼科の先生によると理由の説明はできないが何年間も特に問題なくきているので眼底検査をしても異常ないし問題ないそうです。

ただ動いて見えるのと光は、目が悪くなってから(13歳くらい)の症状なので、近視が悪化したり老化が早まっているのではといわれました。とにかく一点を見ていなければ普通に見えるなら、大丈夫、とりあえず眼底検査を年一回程度するよういわれました。

他の眼科でも同じようなこと言われました。本当に大丈夫なのでしょうか。


実際に診察した眼科医二人が大丈夫と言ったのなら、大丈夫ですよ。

多分に精神的な作用が働いているのではないでしょうか。見つめた文字が動く事はあり得ませんが、周りより浮き上がったように見えることは多くの人が経験する事です。ですから更に進んで動いたように感じても良いじゃないですか。

誰の目にも、多かれ少なかれ「砂嵐」は見えているのです。誰でも真っ暗な部屋で目を閉じると「暗黒」ではありません。細かい光の不規則な点滅が無数に見えるはずです。網膜の視細胞は自ら興奮し電気信号を発生しています。それを単純に認識すると「砂嵐」になりますが、脳がそれを処理して砂嵐部分を認識しないように制御しているのです。脳での視覚信号の処理が不十分なのかもしれませんね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-06-10 15:06 | 何かが見える

盲点近くの視野欠損の自覚


両眼の盲点近くの視野欠損の自覚と視界のぶれるようなゆれるような感覚で大学病院の眼科を受診し、目薬をしての網膜の写真、医師の光を当てての眼の診察、視力、視野検査をしましたが、異常はありませんでした。緑内障か網膜の異常と思っていたのですが、眼科的には問題が見当たらないとのこと、脳の中の異常で出てくる異常も見当たらないとのことでした。

視野欠損は左右対称で、左目ですと左手の掌を向こうに向けて指を開いて伸ばし、視点を親指に持ってゆくと小指が見えなくなり、右目ですと右手の掌を向こうに向けて指を開いて伸ばし、視点を親指に持ってゆくと小指あたりが見えません。

視界のゆれは、本棚のびっしりとした本など、直線のものを見ると小さく揺れているように見えたりします。CTなどはとっていません。原因は眼でなく脳のほうなのでしょうか。とても不安です、御回答よろしくお願いします。


「両眼の盲点近くの視野欠損の自覚」ではなくて「両眼の盲点の自覚」です。しかし上手い方法を見つけましたね。感心しました。もちろんこれは全く異常ありません。当然の事です。

視界のゆれは、脳というより精神的なものが影響しているのではないでしょうか。ここでちょっとかわった話をしましょう。実は人間の目は常に小刻みに揺れているのです。それは、目というものが動くものしか認識できないからなのです。その証拠に、糖尿病性網膜症などで網膜に何百発もレーザー光線で斑点状に見えない部分を作っても、斑点状の視野欠損を自覚する人はいません。網膜そのものを焼くために、その部分が網膜に対して動かないからなのです。普通、盲点を自覚しないのもそのためです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-04 15:16 | その他の疾患

視神経損傷だけ?


10年ほど前に瓶で目を殴打され、ほば視野がありません。視神経損傷と思われるのですが、通院すれば改善の余地はあるのでしょうか?宜しくお願いします。


視神経損傷だけであれば、もう固定してしまっていると思います。でも、視神経損傷というのは10年前に言われた事ですよね。その後、変化は無かったのですか。

もし、水晶体や硝子体の混濁で視野が欠けているならば、改善の可能性はあります。しかし、眼科受診しなければ何も判りません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-01 15:52 | 外傷