excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:視神経乳頭 ( 47 ) タグの人気記事

小さなうすい黒いかげ


お世話になります。ここ5日程、朝起きると左目に小さなうすい黒いかげがみえます。目をパチパチしていると1分もしないで消えてしまいます。

3日前に定期的な眼底検査を受けていて異常ないと言われました。しかし、上記の症状があることは言いませんでした。

以前にも似たようなことがありましたが、5日も続くのは初めてです。3日前に眼底検査をしていれば心配いらないものでしょうか。


黄斑または視神経乳頭が見えているのでしょう。
黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る
をご覧ください。きっとそれだと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-24 14:53 | 何かが見える

自慢していいこと


10センチ程の残像が見える件の相談について、お忙しい所丁寧に回答をして頂きありがとうございました。10センチ程の残像は、あれっきり見えていません。一過性のものでした。1メートル程離れた壁を見たときに残像のようなものが10センチ位の大きさで見えた感じでした。

右目の件で受診した時の主治医の先生のお話では「無意識に偶然に光源のようなものを見たか、せん輝暗点もしくは飛蚊症なのかも」と、首をかしげる感じでした。結局、精密検査をして異常が無いと判断され様子観察の状態です。今現在は両目共に残像のようなものは見えません。このまま様子観察で良いのでしょうか?

後、この場をお借りして、もう一点だけ気になることがあります。

熱めのお風呂で長湯をするのが好きなのですが、その際極たまに、瞼を閉じて開ける時に一瞬黒いクモの巣状の血管のようなものが見えます。瞼を閉じいる時は青白く光って蜘蛛の巣状の血管のようなものが見え、開けた時にそれがそのまま視界に転写している感じです。これは網膜の血管が見える内視現象というものですか?それとも何か病的なものでしょうか?宜しくお願いします。


10センチのものは、大きさと位置から考えるとマリオット盲点に間違いないでしょう。クモの巣は網膜脈管視現象という内視現象の一種です。「黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る」 をご覧ください。自慢していいことですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-12 09:46 | 何かが見える

10センチの大きさは


以前、眼圧について質問の回答をして頂きありがとうございました。今回、また少し気になることがあり質問させて頂きます。

左目視界の耳側に10センチ程の黒い丸い残像のようなものが数分見え消失しました。目で追うとその残像のようなものが動きます。

以前、似たような感じの残像が右目の耳側の視界に見え、散瞳検査をしましたが異常はありませんでした。似たような残像が今回は左目の視界に現れ不安です。

2月は眼底カメラ、3月は散瞳検査をしましたが、その時は異常はありませんでした。中心性網膜症のような病的なものが考えられますでしょうか?また病的なものなら持続的に視界に何か症状が現れるものでしょうか?一過性の症状なら様子を見ても大丈夫でしょうか?お忙しい所、度々申し訳ありませんが宜しくお願いします。


10センチという表現は距離が不明ですのでよくわかりません。どれくらいの大きさなのでしょうか。直径10センチのボールを顔の前に持ってくるとかなりの大きさです。また、例えば満月の直径は何センチと表現しますか。

耳側に見える黒いものなら盲点だと思うのですが、普通は認識できません。常にそこにあり大きさも変わらないからです。ところが、視神経乳頭の真上(盲点の位置)に濁りがあることが多く、それが目の動きなどの影響で一時的に位置が変わって、盲点からはみ出して見えることがあるのです。そうすると、盲点も含めて大きな黒い影として認識されたりします。

この通りであれば全く心配いらないのですが、10センチの件もあり正解かどうかわかりません。診察した眼科医からは説明は無かったのでしょうか。異常なしで終りでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-05 16:39 | 何かが見える

目の運動


3/16に緑内障の考え方と言う記事があり、そこで目の運動は悪影響と書いてありました。私はパソコンを見っぱなしの仕事です。疲れを解消するため、目をぎゅっと閉じて大きく開ける、目を閉じて左右上下に動かす、家では目元を温めるなどしておりました。多少は楽になるので昔からずっとやっていましたがこれはもうやらないほうがいいでしょうか?これらがダメでしたら、目の疲れを取るのに目薬以外に良い方法があれば教えていただきたいです。

もう一点なんですが強度近視について教えてください。これはどれくらいのレベルが該当しますか?私は悪いほうの目で-6Dで乱視が-1.5です。お忙しいところすみません。どうかよろしくお願いいたします。


上下左右に強く動かす事を継続してやるというのが問題で、それによって視神経乳頭部に損傷が起こり緑内障の原因となる可能性があるという学会報告があります。電気コードの付け根を上下左右に強く引っ張る事を繰り返すと断線するのと同じです。定説ではありませんし、極限まで動かすようなことを繰り返さない限り問題ないとは思いますが、控えめにする方が安心でしょう。それ以外は別に問題ありませんよ。

強度近視は度数で決まるというわけではありません。-3ジオプターで強度近視眼の人もありますし、-10ジオプターでも近視眼底ですらない人もありました。-6ジオプターが強度近視かどうかわかりませんが、可能性はあります。そうであるとしても、程度も様々ですし、どの程度の注意が必要かは診た眼科医にしか説明できません。「ある」と「ない」とに分けられるものではありません。

余談ですが「悪いほうの目」ではありません。「近視が強いほうの目」です。眼科では「近視が強い」ことを「目が悪い」とは表現しません。近視がなくても目が悪い人は多いですし、近視が強くても目が悪くない人も多いです。ついでに書いておきますが、裸眼の「視力が悪い」も「目が悪い」ではありません。「矯正視力が悪い」場合は「目が悪い」と言っても差し支えないでしょう。認識を新たにしてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-24 18:19 | 視神経

黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る


薄暗い部屋で(エアコンが作動している時に付く緑色のわずかな光のみ)目をぎゅっとつぶり開けた時に視界の中央に黒い物がみえます。片目ずつつぶってみましたがやはり黒い物が中央に見えました。これは何でしょうか?

後、明るい部屋でテレビを見てから薄暗い部屋へ行くと目の隅に影の様なものが見える時があります。目で影を追ってもいなくなってしまい、そのうち気にならなくなってしまいます。これは何でしょうか?お忙しい所すみませんが、ご回答宜しくお願い致します。


素晴らしい。よく気が付きましたね。その現象は、網膜の細胞分布の違いにより発生する一種の残像です。「才能あり」ですね。

このブログの左上の眼底写真を見てください。これは若い人の右眼の眼底写真です。位置関係は、相手の右眼の眼底を透視して、そのままスケッチした状態と思ってください。右の丸い部分から血管が出て広がっています。それが脳につながった視神経の先端、視神経乳頭です。左やや下にある、少し暗い色でコの字型の反射で囲まれている部分が黄斑です。黄斑は見つめた部分が写る場所で、視野の中心です。
e0137559_13203198.jpg

当院のOCTによる黄斑と視神経乳頭を通る断面です。真ん中の凹みと周囲の盛り上がりが黄斑です。黄斑の部分は、周囲と違って、網膜にある何層もの細胞層が少なくなっています。細かいものを見るために、そのための細胞ばかりがぎっしり詰まっています。それによって、視野中央と周辺で、同じ光に対しても反応が違ってくるのです。

薄暗い部屋で瞬きをすると見えるのは黄斑そのものなのです。天井には豆電球等の発光物がない方が良く見えます。交互に瞬きをするとより確認しやすくなり、左右で黄斑の形が微妙に違うこともわかるでしょう。また、右眼で見たときは中央の黄斑より右15度のやや下方、左目で見たときは左15度やや下方に丸く黒い部分があることに気が付くかもしれません。これが盲点で、視神経乳頭の部分です。黄斑より内側15度上方にある視神経乳頭は、視野中心より外側15度下方に盲点を作ります。見えれば「特待生」です。

眠りに落ちる直前ぐらいが一番よく確認できるのですが、朝、覚醒したとき、部屋が暗ければ両目を開ける前に交互に瞬きをしてみてください。条件によっては、盲点の部分から伸びる網膜血管を見ることが出来ます。これが出来れば『名人』級です。私は数回成功しています。

後半は何かの残像でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-28 13:21 | 何かが見える

盲点付近の症状


2点質問がございます。ご多忙かと思いますが、ご回答頂けると幸いです。

1.当方強度近視ですが、盲点の上部当たりが、盲点の下部と比べると少しぼやける、見えにくいということに気がつきました。しかし眼鏡をかけると問題無くはっきり見えます。強度近視で視界の1部が見えにくいということはありえるのでしょうか?緑内障の恐れは考えられますか?

2.盲点についてです。盲点は片目でないと自覚しないとのことですが、集中すると両目でも盲点を知覚することがあります。こちらについても緑内障の恐れがありますでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。


眼鏡をかければ問題ないという事ならば、問題ないとは思うのですが・・・

盲点というのは、両眼の視野中心より外側(右眼は右側、左眼は左側)約15度やや下の見えない部分です。視神経乳頭の部分に網膜が無いために起こる現象です。片目の場合はその部分の視野が欠けているのですが、動くものではありませんので普通は自覚することが出来ません。両眼で見た場合は反対の眼の視野がありますので、特殊な状況を作りださない限り自覚することはできません。

視神経乳頭の下方に異常があると、盲点の上方に症状が出ます。強度近視では視神経乳頭の周囲に網脈絡膜萎縮が発生することがあり、それによる網膜の一部の機能低下かもしれません。これは心配ないというか仕方のないことです。

また、緑内障の場合、視神経乳頭から下に延びる神経線維の減少が起こることが多く、その場合も上方の視野変化として現れます。盲点の直上からという事は少ないのですが、有り得ることです。

普通、盲点は両目をあけて集中すれば見えるというものではありません。両眼で見ていて気が付くとすれば、例えば右目の盲点の位置に左目の視野欠損が重なっているという疑いが出てきます。緑内障の場合にも起こり得る症状ですが、それ以外のものかもしれません。眼科受診すべきでしょうね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-13 11:25 | 緑内障

視神経乳頭陥凹拡大と狭隅角


御相談させて下さい。視神経乳頭陥凹大と診断され再検査をし異常なしで、1年に1度の検査を受けてくださいと言われました。が、眼圧が21,20と高めなのが気になり心配性なので「もし、仮に私が緑内障になるとするならどのタイプの緑内障ですか」と聞いたところ「閉塞隅角緑内障です」と言われ、凄くショックでした。

というのも、私はメニエール病をもっておりトラベルミンやメイラックスを飲まずにはいられません。通常の緑内障の検査でそこまで分かるものなのでしょうか。それと、私の目が狭隅角ならば、今の視神経乳頭陥凹大の状態でトラベルミンを飲んで緑内障に繋がるということはないでしょうか。

主治医の先生に聞いても「薬との因果関係は分からないから、具合が悪いなら飲むしかないのだから、服用して1年後にどうなるかだね」とのことで不安で仕方ありません。

今回の眼圧の数値は人によってだから気にしなくてもいいと言いながら、予防の為に眼圧を下げる目薬をさす?自分で決めてと言われました。緑内障にもなってないのに先の心配ばかりして馬鹿みたいですが、よろしくお願い致します。ちなみに、両目が視神経乳頭陥凹大との診断でかなり大きいです。


かなり大きな視神経乳頭陥凹拡大で緑内障ではない。それは巨大乳頭でしょう。OCTで異常なしならばその程度の眼圧で点眼は不要でしょう。視神経乳頭陥凹拡大と、眼圧と、点眼の話はこれで終了です。

「閉塞隅角緑内障です」と言われたのなら狭隅角だと思われますが、通常の緑内障の検査で眼科医なら大体わかります。ほかの要素を含めて詳しく確認するなら隅角鏡を入れます。ただし、今まで抗コリン剤を服用してきて何ともなかったという事は、その程度のことで緑内障発作が起こるほど高度の狭隅角でないという事です。ただし今後も起こらないと保証は出来ません。

「服用して1年後」では無くて1時間後または数時間後ではないでしょうか。服用した翌日までに発作を起こしていなければ問題なし。それ以降は考える必要なしです。しかしもしかしたら、慢性閉塞隅角緑内障を疑っているのかもしれませんので、もう一度主治医に確認した方が良さそうですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-31 12:32 | 緑内障

近視性眼底


先日、健康診断の眼底検査で緑内障性視神系乳頭の陥凹と近視性眼底の結果が出ました。

健康診断の受診後、結果が出る前に年に一度の眼科での緑内障検査と眼底検査をしてもらいましたが異常は無しでした。この後で、近視性眼底の所見が健康診断で出たのですが再度、眼科を受診した方がよいですか?


眼科で正しく診察が行われたのであれば、再診の必要ありません。健康診断と医療機関では、やっているレベルが全く違うはずです。

現在、緑内障にはなっていないということがわかれば十分です。近視性眼底は軽度の場合、眼科で説明することは少ないです。取り立てて言うほどのものではないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-30 12:04 | 緑内障

OCT判定の誤り

読みやすく書き直しています

 こんにちは。○○からの留学生 △△と申します。昨年○○で健康診断を受け「C/Dが高いです、早く病院で精密検査を受けてください」と勧められました。

 その後、緑内障の検査(視野検査、OCT、角膜の厚さ、眼圧の24時間検査)を受けました。第一回の視野検査報告で60%黒い影があり、24時間眼圧では左眼15~30、右眼15~22でした。さらにOCT検査ではRNFLに赤い部分がありますので緑内障と診断されました。それゆえ、眼圧を下げる点眼薬とビタミンB12をもらって、●●●因子という注射液を半月分注射してもらいました。

注射をしてもらった14日後、2回目の視野検査で、視野は驚くほど改善して普通の人とほぼ同じ程度になりました。医者の不注意でしょうか、第一回の視野検査で近眼レンズをかけてくれませんでしたが、第二回の検査ではかけてくれました。私の目は両眼ほぼ同じ、-5.00程度の近眼があります。

 3ヶ月後、別の病院で三次検査を受けました。新しい先生は報告書を見て、視野の検査をもう一度受けてくださいと指示しました。検査の結果、視野は正常人と同じ程度で、緑内障とはいえないと判断されました。さらに先生は「できれば、点眼薬を一旦やめてくれませんか。半年ぐらいで視野の検査をすれば大丈夫」といいました。

 先生の指示の通り点眼をやめていましたが、健康診断以前と同じ、目の肩こりのような僅かな痛みが感じられました。それで自分の判断で点眼薬を再び点眼しています。点眼するとその僅かな痛みはなくなります。 

今の状況では点眼する必要はありますか。点眼しないと目に痛みを感じる場合どうすればいいのでしょうか。(激しい痛みではありません、疲労で起こったのかも知れません)

最初の先生は私が原発性開放隅角緑内障にかかっていると判断しました。検査の結果は添付しております。どうぞご覧ください。お時間いただいたこと、まことにありがとうございます。

e0137559_17502874.jpge0137559_17505813.jpg

安心して大丈夫ですよ。OCT像は両眼とも異常なしです。右目が異常と判定されたのは、視神経乳頭の右に大きく写っているアーチファクト(黒い部分、赤黄の部分)のせいです。OCTの写りが悪いために起こったことであって、網膜や視神経の異常で起こった物ではありません。その状態で視野が60%も欠損することはありません。近視の矯正をせずに視野測定したためでしょう。ただし、右の視神経乳頭陥凹は左に比べてやや大きく、定期的な検査は必要でしょう。

現在の眼科医の指示に従って、緑内障の点眼は止めるべきです。「目の肩こりのような症状がある」ということを眼科医に伝えて、それに合った点眼を処方してもらってください。おそらくドライアイなどの目の表面の疾患でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-06 17:53 | 緑内障

散瞳して眼底検査は必要か


初期緑内障と診断されキサラタンを点眼しています。現在、緑内障専門医として地元では有名な先生に診ていただいています。最新の設備も整っています。ですが、一度も瞳孔を開いての眼底検査と細微灯顕微鏡検査をしていません。先生は、OCT検査で詳しくデータが出るので、必要がないとおっしゃいます。点眼前はアプラでの眼圧が16から21でしたのが、点眼後12から15に下がって先生は十分効果がでているとおっしゃっています。

ですが、私は現在の病院にかかる前の1年間、なかなか緑内障の確定診断がつかず、数か所の眼科にかかりました。その際すべての病院でOCT検査に加えて、眼底検査もしていただいています。その際、視神経乳頭出血が2回見つかりました。

いつも乳頭出血がおきていないか気になっていましたが、OCT検査を半年に一度行い、眼底検査はしていただけないので、出血に気づかないのではないかと思いました。

そこで、他の病院にいってみたところ、眼底検査にて乳頭出血がみつかりました。そこでのアプラでの眼圧も16,17で先生はもう少し下げた方がいいとおっしゃいました。

数日後いつもの病院での計測結果はノンコンで21,19アプラで両目14でした。計った時間帯はどちらも同じです。いつもの病院では、毎回ノンコンでの数値より大幅にアプラの方が低いので気になっておりました。アプラの計測値とノンコンでの計測値がここまで大きく違いがでることはありますでしょうか?また、アプラでの計測値も先生によって違ってくることはありますでしょうか?

キサラタンのみで十分に眼圧が下がっていると思っていたのですが16,17の値がでたことで不安になっております。点眼をしていない1年前に、アプラでの眼圧が16,17の時が一度ありましたので。再び乳頭出血が見つかり、後者の病院に転院しようかと考えております。先生のご意見をお聞かせいただけますでしょうか。


検査内容の違いは、それぞれの眼科医の方針の違いでしょう。余計な検査はせずとも的確な診断を下せる医師もいれば、患者さんの不便も考えず、やたらと散瞳する医師もいますね。当院でも散瞳していない緑内障の方はたくさんいらっしゃいますよ。

「一度も瞳孔を開いての眼底検査と細微灯顕微鏡検査をしていません」とのことですが、視神経乳頭を見るだけなら、若い人なら散瞳は要りません。あるいは眼底写真のことを眼底検査と勘違いしているのでしょうか。しかし細微灯顕微鏡検査をしていないとしたら、何かのミスでしょう。

「すべての病院でOCT検査に加えて、眼底検査も」するのは普通のことです。OCTと眼底写真と眼底検査をした場合、眼底写真は保険請求できませんので、領収書にはOCTと眼底検査が表示されます。実際に眼底写真を撮っていた場合は、眼底写真のことを眼底検査という名前だと勘違いする人があります。

「OCT検査を半年に一度行い、眼底検査はしていただけないので、出血に気づかない」のようなことはありません。診察の度に無散瞳であっても眼底検査をしているはずです。

そんなことより、緑内障にノンコンを使用すること自体が間違っていると思います。アプラと数値を比較できません。「アプラが正確・ノンコンが不正確」ではありません。「アプラが基準・ノンコンは模倣」なのです。両方計っている場合は別にいいのですがノンコンは無駄です。

アプラネーションで正しく計ればそれが正確だということですが、確かに検者によってばらつきがありますし、被験者によって正確に計れないときもあります。同じノンコンを使えば誰が計っても同じ結果だとは思いますが、本当の眼圧だとは確信できません。

1年前の眼圧と最近の眼圧は、数値は同じでも検者が違いますので単純に比較できませんので、下がっていた眼圧が上がったとは言い切れません。また、出血が起こったのは緑内障進行のサインではありますが、眼圧が上がったから即影響したわけではありません。

眼圧を下げて緑内障の進行が止まるのが理想です。しかし、眼圧が下がっているのに進行するものや、効いていたはずの点眼では効かなくなってくることがあるのが、緑内障診療の難しいところなのです。転院すべきだという積極的な理由は見出せませんが、転院するかどうかはご自身で判断してください。メールだけではそれぞれの医師の真意と力量がわかりませんので。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-12-14 17:39 | 緑内障