excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:視力 ( 92 ) タグの人気記事

裸眼視力の低下


子どもが結膜炎で眼科受診したのですが視力が1.0と1.2でした。去年測定したときは両目2.0でした。(どちらも途中まででなく見えるところまで測定してもらいました)

お医者様に確認したところ、2.0は見え過ぎであり、きちんと見えているので大丈夫と言われました。とは言え私が近眼なんで子どももこのまま視力が下がらないか心配です。大丈夫でしょうか?

また最近の子どもの視力回復はどのような方法があるのですか?


眼科で「視力」といえば矯正視力のことですが、ご質問には何とも書かれていませんので、裸眼しか測定しない、矯正を省いた不十分な検査と判断し、裸眼視力と考えて回答します。

2.0が1.0に低下しているなら、単純に近視が原因ではないかと捉えがちですが、必ずしもそうとは限りません。結膜炎がきつくて角膜に傷ができて、視界が霞んでいるのかもしれません。結膜炎がきつくて、瞼の裏のぶつぶつが角膜を圧迫して屈折状態が変わったのかもしれません。裸眼視力だけでは判断できないのです。

2.0は見えすぎではありません。2.0見えるのが理想です。ただし、近視の眼鏡を少し強めに処方した場合も2.0見えたりしますが、もともと近視の眼に対する処方ですので、少し緩めに処方するのが通例です。それより、同じ条件で測定し2.0見えていた目が1.0しか見えなくなったのであれば、「きちんと見えている」はずが無いと思いませんか。「それなりに見えている」が正しいと思います。しかし、もしかしたらただ単に、本人が視力検査に飽きて、返事がいい加減になってしまっただけかもしれません。

「大丈夫でしょうか?」という質問は実はものすごく難しいのです。視力低下の原因がわかりませんので、さらに低下するかどうかは当方には分かりません。近視であったとしたら進行すればメガネを掛けさえすればよく見えますので「大丈夫」です。近視が進むという事は、視力(矯正視力)が下がることではありませんので「大丈夫」です。つまり、眼科で言われた「大丈夫」は「近視はまだ眼鏡が必要なほどの強さではなく、それ以外の視力に影響する病気も無いので大丈夫」という意味ではないかと思うのです。

「視力回復」というのが「近視を治す」という意味なら、点眼で治る仮性近視以外は「そんな方法は存在しない」と言うのが正しいでしょう。「視力回復」というのが「近視は軽減しないが裸眼視力を回復」という意味なら、心因性視力障害や視力に係る病気は眼科で対処しますが、巷では胡散臭い業者や書籍など、或いはウェブサイトなどに、ウソ情報があふれています。中には眼科医がかかわっているものもあったりして、素人には嘘かどうか判別困難なものもあります。ご注意ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-21 17:51 | 視力・斜視

視力の回復?


最寄りにいい眼科がないので、いつも拝見させて頂いております。視力が、0.6なのですが、視力を1.0に回復させるのは、可能でしょうか??

可能な場合、
1.市販の視力回復マッサージ法の本やサプリメントは、有効でしょうか??
2.上記以外で、方法や生活習慣などがあれば、ご教授頂けますと幸いです。
宜しくお願いします


漠然としたご質問ですね。

視力には3つの物があります。裸眼視力と、最高の視力の出るレンズで矯正した矯正視力。そして、普段かけることが出来る眼鏡視力(実用視力)があります。眼科でいう視力とは矯正視力のことですが、一般的に言われる視力は裸眼視力のことだろうと思います。

一番多いパターン、近視によって裸眼視力が0.6しか出ない場合を想定してお答えします。

裸眼視力を1.0にする事は可能かもしれません。裸眼視力0.6といっても、屈折度数は-0.5Dかもしれませんし-2.0Dかもしれません。「裸眼視力が同じなら屈折度数も同じ」とは言えないのです。-0.5Dなら気合(!)で裸眼視力は出るかもしれません。サプリや遠くを見続けるなどの習慣で少しは良くなるかもしれません。

近視を治すことが出来るかという事でしたら、本当の近視なら基本的に無理です。近視等の屈折は、眼球の形で決まります。近視の場合は眼球の奥行きが長いのです。それを縮めることが出来れば近視を治せるのですが、無茶な話です。眼鏡かコンタクトか屈折度数を変える手術ということになります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-31 15:12 | 視力・斜視

片目のコンタクト


私は生まれつき、片目だけ視力が悪いです。右が2.0、左が0.3ぐらいです。右目がかなり良いので、生活に不自由することなく、裸眼生活を続けてきましたが、視力差があると疲れやすくなるという話を聞いたのと、最近スポーツを始めたのですが、スポーツをする際に遠近感のはかりにくさを感じたので、片目だけコンタクトを使い始めました。

コンタクトを一日中付けた後、外して数分は、少し目がしんどいです。眼鏡も一応は持っていますが、付けると少しクラクラする上に、見た目も好きではありませんし、子供に悪戯で奪われますし、両目の視力差がある場合はコンタクトの方が良いということで、あまり使っていません。

コンタクトをあまり長い時間付けているのは良くないということで、12時間以下にするのが良いと言われていますが、私の場合、コンタクトを長時間着けていることによる片目への負担と、コンタクトを付けないことによる視力差による両目や頭への負担、どちらを重く考えた方が良いのでしょうか?

もしコンタクトを長時間着ける方が悪いのであれば、帰宅後はすぐにコンタクトを外すようにしますし、両目の視力差があるまま、3~4時間の家事等の日常生活を送る方が悪いのであれば、コンタクトを就寝前またはお風呂に入るまで付けようと思います。


「視力差があると疲れやすくなるという話を聞いた」ということは、今まで、裸眼で生活していても疲れやすくなったりはしていなかったという事ですよね。

良いんじゃないでしょうか、どちらでも都合の良い方で。「コンタクトを着けないことによる視力差による両目や頭への負担」なんてものは存在しません。もしそれがあるのなら、今頃大変なことになっているはずですよ。「両目の視力差があるまま、3~4時間の家事等の日常生活を送る方が悪い」はずが無いのです。

目にとって異物であるコンタクトは、使わなくて済むものなら使わないのが良いのです。コンタクトを使わないことが危険、苦痛、不便など、やむを得ない事情がある場合に使うのです。危険性が高いカラコンも、当人にとっては正当な、馬鹿馬鹿しい理由があるのです。

スポーツをするとき、運転をするとき等には、出来るだけ酸素透過性の高い、出来ればワンデーのコンタクトを必要最小限に使用するようにしましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-13 15:51 | コンタクト・めがね

完全矯正は必ずしも必要でない


3歳児の-5の乱視について相談させていただいているものです。

前回の回答に、メガネだと中途半端に歪みが残るとありましたが、どの程度のものなのでしょうか。例えば、黒板の字や小説の文字などを読むことも困難となる可能性もあるのでしょうか。

また、メガネでの完全矯正が難しい場合、他にはどのような方法があるのでしょうか。将来的にもコンタクトはこの乱視の度数では難しいのですよね?


もう、お子さんは危機を脱したのですから、無闇に心配しないように。前回の回答をよく読んでください。「網膜に映る像の縦横の伸び縮み」という意味での回答の「中途半端」です。「本人が感じる歪み」という意味ではありません。

光学的な話なのです。-5ジオプターの乱視には-5ジオプターの乱視のレンズを使わなければ完全矯正にはなりません。ところがそれをやると、今まで乱視があるのが普通だった目にとっては、逆の乱視が加わったように感じるのです。ですから、眼鏡は緩く処方します。

普通、小さいお子さんには完全矯正に近い度数を入れます。乱視で過ごした時間が短いですので矯正状態に慣れやすいからです。逆に年長の子に初めて処方する場合は、緩くせざるを得ません。その分、最終的な視力に少しは差が出るのです。2.0出るはずの眼なのに1.2とか1.5までしか出ないという事です。これでは不十分でしょうか。

以前の回答に「半分ぐらいの矯正度数のメガネで1.2の視力が出ておりました」とあるように、半分の矯正でも視力は出るようになるのです。もちろん半分の度数のコンタクトでも然りです。ちなみに、この方は5歳から乱視のメガネをかけていたそうです。

ところで、乱視というのは決して特殊なものではありません。10人に9人、いや、30人に29人ぐらいが乱視持ちです。大多数の方は少しの乱視を持ったまま、それを矯正せずに視力1.5ぐらいで普通に生活しています。ですから、5ジオプターの乱視に4ジオプターの眼鏡をかけて1ジオプターの乱視が残っていても、全く気にする必要もないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-08 16:09 | 視力・斜視

本当に心因性視力障害かどうか


高校生のとき心因性視力障害ではないかといわれていたのですが、特に治療はできずに○○歳になってしまいました。

こちらのQ&Aのブログでも、とくに治療が必要なものではないとかかれていますが、治療方法はないものなのでしょうか?眼鏡をしようしても0.5から0.6しかなく、免許をとることもできず不便です。

眼科ではなく心療内科とかへ相談した方がいいのでしょうか?とくに目の病気は見つかってませんが、ますます見えづらくなってきています。


それが本当に心因性視力障害かどうか、改めて、別の眼科で診てもらうのが良いでしょう。本人が心因性視力障害ではないかと自覚して矯正視力を測定しても0.6しか出ないとなると、何か別の病気が隠されている心配もあります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-02 09:09 | 視力・斜視

強度乱視でも視力は出ます


先日、3歳のこどもの-5の重度乱視について相談させていただいた者です。早速メガネを作り、かけさせています。

メガネをかけて矯正していけば、いずれは視力もでて、文字なども二重などにならずに見えるようになるのでしょうか。

これほどの強い乱視だと、メガネで矯正し、メガネをかけていても黒板も見えずらく、教科書の文字も読みずらいという人の話を聞いたのですが、子供もそうなる可能性もあるのでしょうか。


眼鏡をかける目的は、普通に見えるようにすることです。ちゃんとやれば確実に矯正視力は上がりますし、二重に見えることも無くなるはずです。

眼鏡をかけても見えにくい人はいるでしょう。みんな条件が違いますので比較にはなりませんよ。同じデータの目に同じ時期から同じ治療をしても、同じ結果になるとは限りません。また、同じ目でも治療開始が遅いと結果は悪いです。他人の話を聞いて一喜一憂するのはやめましょう。

と言いながら、こういうことが最近ありました。コンタクトを作りに来た人ですが、片目の乱視が4ジオプター、もう一方がなんと6ジオプターもありました。両眼とも、半分ぐらいの矯正度数のメガネで1.2の視力が出ておりました。もちろん車も運転されます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-10-11 17:24 | 視力・斜視

3歳の強い乱視


3歳の子供が、両目の乱視と遠視と診断されました。散瞳薬を使用しての検査でした。乱視は両方-5です。

眼鏡での矯正と言われましたが、強い乱視は眼鏡矯正は眼や頭が痛くなるため向かないと調べたらあったのですが、子供はたえられるのか不安です。また乱視は治らないと言われましたが、この先も強い乱視と付き合っていく上で、コンタクトという選択もできるのでしょうか。

ちなみに子供の視力は両目ともに0.2で矯正視力は右0.5で左は0.3です。今後、視力は回復するのでしょうか。また、本当に眼鏡なしでの生活ができる日が来る可能性はないのでしょうか。

子供の乱視の程度は今から治療を始めたらどのくらいまで良くなる可能性があるのでしょうか。せめて中程度までさがってほしいです。

また乱視と遠視が強いとメガネは他者からみたらかなり眼がおおきく見えるようなレンズになるのでしょうか。お友達からからかわれたりしないか心配です。


現在は乱視のせいでピントが合わず弱視(矯正視力が出ない)の状態です。眼鏡できちんと乱視を矯正すれば視力は十分に回復するでしょう。視機能が成長する10歳まで、特に小学校に上がるまでは重要です。コンタクトの様な子供に管理できない物のことは忘れてください。10歳過ぎてから考えてください。他人がどう思おうと関係ありません。今きちんとやらなければ、取り返しがつきません。

「強い乱視は眼鏡矯正は眼や頭が痛くなるため向かない」というような一般論は無視してください。

眼鏡なしで生活できる日は必ず来ます。眼鏡なしでよく見えるのではなく、眼鏡なしでも矯正視力が下がらなくなるという意味で、よく見えるようにするには、眼鏡かコンタクトは必要です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-09-24 18:10 | 視力・斜視

視力低下の原因


眼科へ受診したきっかけはアレルギー症状が悪化したためなのですが、その時に緑内障の疑いがあると言われ、OCT/視野検査(再検査あり)/眼底検査をして、正常眼圧緑内障(初期)と診断されました。

初診時、視力が両目共に0.8でした。矯正視力が1.0でないことを指摘されましたが、少し様子を見ることになっていました。

1か月後、右目:0.7 左目:0.5
視力が上がらない+視力が下がってしまったため、「視力が上がらないのはおかしいので近視専門の先生に診て頂くよう」に言われましたが、緑内障の検査で疲れていたこともあり「疲れてると思うのでしばらく様子を見ましょう」と言われました。

キサラタンをはじめて一週間が経過したころ、右方向に視線を動かすと霞みがかった白いもやが見え始め、片目でみた時に視界がぼやけることに気づきました。ただぼやけてるのではなく見たい物が見えない感じです。(もともと視力がよくないのでよく片目で変化がないか見ていたのですがいつも以上にぼやけていました)一時的なものか疲れなのかなと思い様子をみていました。(8/10現在も上記の状態のままです)

2か月後、右目:0.6 左目:0.3
視力検査の際レンズを変えたり足したりして下ったのですが、小さくなってくると判別しづらく、左目の視界がぼやけすぎて開いてる方向がどこと言う前に、ランドル環自体が見えない状態でした。

眼底検査(散瞳)・中心フリッカー・OCTなどをしましたが、視力低下につながる異常は見つからず原因が分りませんでした。「両目の視力が下がってきているのと、右と左に少し差がでてきてしまっているので、近視専門の先生に紹介状を書きますので、診て頂いた方が良いです」と言われました。予約の都合で来月末になってまうため質問させて頂きます。

1.霞みがかった白いもやが見える/視界がぼやける原因
2.どういった原因があると視力が下がってしまいますか?


原因もなく両眼とも十分な矯正視力が出ない方は稀にいらっしゃいます。また、検査の疲れで視力が出にくいこともあります。しかし、キサラタンを始めてからの症状の変化が大きく、これの副作用は考えられないでしょうか。角膜の浮腫は起こっていないと聞いていますか。

光の経路の一部に混濁があると、そういった症状が出て視力も低下するでしょう。それは否定されているんですよね。となると原因は脳または精神的なものかも知れませんね。

それ以上のことは当方では推測しかねます。特に変化がなければ精密検査の予約まで待つしかないでしょうね。気楽に待ちましょう。それまでに症状の変化や疑問があれば遠慮なく主治医に電話で相談すべきです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-08-31 08:44 | その他の疾患

強度近視と遺伝


両目が強度近視(-10D)で、両親とも、視力0.001(?)の近視です。

万が一、結婚となった場合、お相手も強度近視の場合、遺伝の影響で、子供は100%、軸性の強度近視になってしまうのでしょうか?

幼少時からの対策で、強度近視は防げますか?お忙しいと、存じますが、お手隙きな時に、宜しくお願いします。


確かに遺伝傾向がありますが、100%というわけではないと思います。

強度近視を防ぐ方法ですか。難しいですね。近くを見続けない。なるべく遠くを見ることぐらいでしょうか。

強度近視になったとしても、注意すれば重大な問題は回避できます。今はまだそこまで考える必要はないと思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-07 12:07 | 視力・斜視

オートレフの度数の意味


コンタクトを作りに眼科に行った時に、気球を見る機械?で計った近視度数が右-9D、左-7Dでした。ただ、いつも使っているコンタクトの度数は右-6.5D、左-5.25Dで1.2見えます。

医師に聞いてみると、機械で計っただけだからね、コンタクトの度数できちんと視力が出ているから大丈夫だよと言われ、度数の違いについてはあまりはっきりとした回答をいただけませんでした。このようにズレが生じることはよくあることですか?

6.5も9も強い近視であることは理解していますが、今まで、自分の近視は強度近視の入り口くらい?と勝手に思っていた部分があったので、ちょっとショックで…。また、こんなに強い近視でも、将来目の病気にならない可能性はあるんでしょうか。失明するんじゃないかという不安に押し潰されそうになっています。


気球を見る機械はオートレフラクトメーター、通称オートレフです。目の屈折度数を測定します。近視や遠視や乱視を計ります。できるだけ遠くを見た状態で計らなければ近視が強く測定されてしまいます。遠くにある気球を見るというイメージを持つことで、それを防いでいます。

オートレフの測定値は「この度数よりも強い度数の近視ではない」という意味を持っています。-9Dと出たならば、それより強くないという事しか判らないのです。本当は-8かもしれませんし-7かもしれません。

また、オートレフの-9Dが正確な度数だったとしても、それは目から12ミリ離れたレンズの度数であって、角膜に乗っているコンタクトに換算すると-8.12Dになるのです。その目にできる範囲で緩い度数を入れたら、-6.5が最適だったというだけです。

「こんなに強い近視」でもありませんし「不安に押し潰されそうにな」るなんてことは普通は考えられませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-03-19 12:34 | 眼科検査