excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:網膜 ( 105 ) タグの人気記事

太陽凝視の本当の問題点


先日はありがとうございました。そもそも、太陽を昼間に見続けることは可能なのでしょうか?とても気になります。見ようと思えば見えてしまうものですか?だとしたらすごく怖いですね…

また、「中心暗点」になる、ということでしょうか?「中心暗点」になったら、もう文字の読み書きなどは不可能ですか?夏の太陽でも冬の太陽でも、同じように危ないのでしょうか?変わりありませんか??


普通は誰だって、あまりの眩しさに目をそむけるでしょう。でも、可能かどうかと聞かれれば、根性があれば可能でしょう。信じて疑わないのであれば可能でしょう。視力に未練がなければ可能でしょう。将来的に視力低下を起こす原因になることを知らなければ可能でしょう。

危険かどうかは程度の問題で、どれくらいの強さの光をどれくらいの時間見続けるかによって結果は変わってきます。太陽光の強さは太陽高度(角度)で決まります。季節は無関係ですが、同じ時刻の太陽でも夏と冬で高度が違います。高度が低いとオゾン層や大気の層を斜めに長距離で通過しますので、厚いフィルターを通したように弱くなりますし、真上近くから照り付ける光はフィルターが薄いので強くなります。

試しに、虫メガネで太陽光を集めて掌を焼いてみてください。朝夕の太陽ではほんのり暖かくなる程度ですが、昼間の太陽で長時間やれば火傷を起こします。

網膜も同様に、短時間の強い光なら暫く残像が続く程度で回復しますが、長時間になると網膜の神経細胞が焼死します。死んだ細胞は生き返りませんから、その部分の視野は永久に欠損することになるわけで、視野中心にそれが起これば中心暗点です。大きな中心暗点が出来ると当然読み書きは出来ないでしょう。

しかし本当の問題は、神経細胞が死滅するほどではなく、残像が続いてそのうちに治る程度の太陽凝視を繰り返すことで、将来病気にならないかという事です。可能性は大いにあると思いますよ。加齢黄斑変性や中心性網脈絡膜症やAZOORやMEWDSなど、原因不明の網膜の疾患の多くに太陽光線が関与していると推測されています。

ところで、パソコンやスマホ、LED照明などから出るブルーライトが目に悪いという事を聞いた事は無いでしょうか。太陽凝視をすることで、その何百倍何千倍ものブルーライトを一番大事な網膜中心部に浴びせることになるのですが、それでもいいのですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-16 09:44 | 網膜・脈絡膜

太陽凝視のような馬鹿なことは即刻やめましょう


夜分に失礼します。どうしても眼科医の方に質問がしたく、メールを送らせていただきました。

太陽凝視すると松果体が活性化する、と聴いて最近見てしまっています。

太陽を昼間、何十分も見続けることは可能でしょうか?
また、太陽を見続けると全盲になりえますか?

見えないところができたとしても、時間が経てば回復したりはしませんか?

太陽を見続けて失明した人は実際にいますか??


検索するとウジャウジャ出てきますね。どのサイトからもオカルト臭が漂ってきます。目の構造すら知らない人は好きなことを書けますね。まさに、

Fools rush in where angels fear to tread.

です。その証拠に、一番関連ありそうな眼科医のページは見つからないでしょう。そんな恐ろしいことを眼科医が認めるはずが無いからです。当たり前すぎて評価に値しないからかもしれません。

加齢黄斑変性をはじめ原因不明の黄斑疾患は多種多様にありますが、その多くが太陽光線が原因の一つだと思いますよ。そんな馬鹿なことは即刻辞めましょう。但し、朝日、夕日程度なら、短時間であれば問題ないと思いますので、信じてやっている人を止めはしません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-27 15:20 | 網膜・脈絡膜

病的近視?


私は近視がとても強くD-8.0と-8.5です。これは病的近視なのでしょうか。また、脈絡膜萎縮があると病的近視なのでしょうか。回答お願いいたします。


わかりません。近視の強さで決まるものでもありませんし、網脈絡膜萎縮の有無で決まるものでもありません。実際に眼底検査をして総合的に評価します。病的な変化が眼軸の延長に起因する場合に、病的近視と表現することがあります。また、ここまでは正常、ここから病的近視と線引が出来るものでもありません。

-2.0ジオプターの軽い近視でも、脈絡膜萎縮が強く視野が欠損している人もありますし、-10.0でも近視性の変化が全く起こっていない人もあるのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-18 16:13 | 網膜・脈絡膜

視野欠損と強度近視


現在、原因不明の右目視野欠損と強度近視で悩んでいる者です。

一部視野欠損に気づいたのは4年ほど前です。視界の中心から左上側の一部(直径5mmほど)ですが、1文字ほど見えません。すぐに近所の眼科へ受診し、検査を受けました。現在も、その病院にお世話になっています。

眼科医師からは、「視野検査で自覚している箇所に欠損あるが原因はわからないから当分半年に1回ぐらいは検査して様子見る」と言われ、現在までに7回~8回ほど検査を受けています。

また、視野欠損に気づく数年前から、片頭痛が起きているので眼科医師に片頭痛のことも伝えました。眼科医師から脳神経外科を受診するよう勧められたので、脳神経外科を受診しMRI検査を受けました。脳神経外科の医師からは「脳に異常はなく、視神経にも画像見る限り異常ない」と言われ安心しました。

先月、眼科医師から検査後に「今までに数回視野検査などを行い欠損の状況などみてきているが、初回の検査と変わっていないので今のところは大丈夫だと思うが、強度近視なので、年を重ねていって近視が進むと将来的に欠損の部分が広がったり歪んで見えたりすることはあるかもしれない。変な見え方したらすぐに来院してください」と言われ、気になっています。

眼科医師に 現在ある視野欠損の原因が強度近視にあるのではと聞いてみましたが、「それもないとはいえないが・・・」と返答に困っているようだったのでそれ以上聞けませんでした。原因不明の視野欠損ということですが、強度近視が原因で、私のような一部視野が欠損しているということはありえないのでしょうか?

片頭痛が起こる前に必ず一時的な視野欠損が起きますが、原因不明の視野欠損の見え方と似ている部分もあり、もしかしたらこの片頭痛の影響が少なからずあるのではないかと思ったりもします。お忙しいところ申し訳ございませんが、河野先生のご返答いただけましたらうれしく思います。


網膜の一部か脳の一部に機能していない部分があるのでしょうね。4年以上変化がないのなら、原因が何であれ心配は要らないでしょう。治癒または固定した状態だと思われます。

片頭痛は脳血管の収縮で閃輝暗点がおこり、拡張で頭痛が起こります。もしかしたら、その領域の一部に小さな脳梗塞が起こったのかもしれません。OCTに比べ遙かに大雑把なMRIでは細かな異変は見つけられないのです。

「原因が強度近視にあるのでは」というような単純な質問は、眼科医にとっては難しすぎます。一言で「わかりません」あるいは「かもしれません」といえば済むのですが、説明しようとすれば困ってしまいます。

強度近視が原因で網脈絡膜萎縮がおこり視野が欠損することはよくあります。また、強度近視が原因で網膜剥離が起これば、当然視野は欠損します。しかしこれらは見れば分かります。診ても判らないから原因不明なのです。強度近視からは様々な問題が起こる可能性があるのですが、それを全て確認することは不可能に近いことなのです。世の中すべての事象に原因はあるのですが、ほとんどの事象で原因は不明なのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-18 16:11 | その他の疾患

黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る


薄暗い部屋で(エアコンが作動している時に付く緑色のわずかな光のみ)目をぎゅっとつぶり開けた時に視界の中央に黒い物がみえます。片目ずつつぶってみましたがやはり黒い物が中央に見えました。これは何でしょうか?

後、明るい部屋でテレビを見てから薄暗い部屋へ行くと目の隅に影の様なものが見える時があります。目で影を追ってもいなくなってしまい、そのうち気にならなくなってしまいます。これは何でしょうか?お忙しい所すみませんが、ご回答宜しくお願い致します。


素晴らしい。よく気が付きましたね。その現象は、網膜の細胞分布の違いにより発生する一種の残像です。「才能あり」ですね。

このブログの左上の眼底写真を見てください。これは若い人の右眼の眼底写真です。位置関係は、相手の右眼の眼底を透視して、そのままスケッチした状態と思ってください。右の丸い部分から血管が出て広がっています。それが脳につながった視神経の先端、視神経乳頭です。左やや下にある、少し暗い色でコの字型の反射で囲まれている部分が黄斑です。黄斑は見つめた部分が写る場所で、視野の中心です。
e0137559_13203198.jpg

当院のOCTによる黄斑と視神経乳頭を通る断面です。真ん中の凹みと周囲の盛り上がりが黄斑です。黄斑の部分は、周囲と違って、網膜にある何層もの細胞層が少なくなっています。細かいものを見るために、そのための細胞ばかりがぎっしり詰まっています。それによって、視野中央と周辺で、同じ光に対しても反応が違ってくるのです。

薄暗い部屋で瞬きをすると見えるのは黄斑そのものなのです。天井には豆電球等の発光物がない方が良く見えます。交互に瞬きをするとより確認しやすくなり、左右で黄斑の形が微妙に違うこともわかるでしょう。また、右眼で見たときは中央の黄斑より右15度のやや下方、左目で見たときは左15度やや下方に丸く黒い部分があることに気が付くかもしれません。これが盲点で、視神経乳頭の部分です。黄斑より内側15度上方にある視神経乳頭は、視野中心より外側15度下方に盲点を作ります。見えれば「特待生」です。

眠りに落ちる直前ぐらいが一番よく確認できるのですが、朝、覚醒したとき、部屋が暗ければ両目を開ける前に交互に瞬きをしてみてください。条件によっては、盲点の部分から伸びる網膜血管を見ることが出来ます。これが出来れば『名人』級です。私は数回成功しています。

後半は何かの残像でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-28 13:21 | 何かが見える

砂嵐のような霧雨のような


薄暗いところで砂嵐のような、霧雨のようなものが見えるようになりました。

気づいたのは半年ほど前で、外を歩いていたとき、小雨が降っているように見えたのですが、降っておらず。そのうち室内でも、茶色い窓枠や、背景が黒っぽいものに目を向けると霧雨が見え始め、最近は本棚の本の背表紙やテーブルクロスの柄など、濃い色と薄い色のコントラストを見ると、小刻みに揺れて見えます(陽炎のような感じです)。一定以上の明るさの元では見えませんし、また、暗闇でも目立たなくなります。目立つのは夕方や、昼間でも薄暗い店内、室内などでです。ちなみに両目どちらにも同じ症状があらわれます。

これまで3回、違う眼科に掛かりましたが、視野検査、眼底検査ともに異常なしで、「網膜が薄いので、血流が見えてるんじゃないか」と言われました。

病名がつかないので、心配事がいつまでも消えず。前は遠くのものにしか見えなかったのが、最近は手元のものにも注視すると霧雨が見えるようになり、不安です。

気にするから見えてしまうのかもしれませんが、病気ではないとするならば、以前は見えなかった霧雨が、見えはじめた理由というのはあるのでしょうか?また、眼科以外に行くとすれば、どの科に診てもらうのが良いでしょうか。


3軒も眼科を受診して異常なしですから、それは異常無しでしょう。病気ではありませんので病名が付かないのは当然です。安心してくださいという意味です。3軒とも再診してくださいとは言わなかったでしょう。

そのように表現できそうな現象は誰にでもあります。私にもあります。網膜のバックグラウンドノイズや飛蚊や錯視など、様々な要因が関与していると思います。気が付かない鈍感な人には見えませんが、一旦気が付いたら見えるようになります。大抵の人は、異常のない自分の眼に起こる症状なので異常の無い現象だと判断し、心配しません。たまに眼科受診する人もありますが、異常なしだと知ってそれ以降は気に留めません。稀にそれでも心配な人はありますが、そうなると眼科では手に負えません。心の問題を解決してくれる診療科を探してください。

「網膜が薄いので、血流が見えてるんじゃないか」というのは嘘です。網膜と血管の位置関係からして、そんなことはあり得ません。網膜が見えるのを邪魔するわけでなく、網膜で見ているのです。説明できないので適当なことを言ってごまかしただけです。説明できなくても異常は無いという事は言っている訳ですので、許してあげてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-24 15:43 | 何かが見える

よくあること


よく晴れた空の下で、じっとまばたきもせずに青空だけを見ていると、気にし過ぎなのかもしれませんが、いつもの飛蚊症とともに、なんと表現していいのか難しいのですが、点々としたもの、チカチカとしたものが点滅しているように見えました。瞬きをすると元に戻ります。

普通に空を見ているぶんには特に大丈夫でした。じっとしばらく凝視したときだけでした。その後、飛蚊症がよくでそうな白い壁などを見ても、いつもの飛蚊症だけで大丈夫でした。疲れているだけでしょうか?


普通です。誰でもその状況ならそのように見えます。べたっとした単色の物を見続けていると、網膜の神経細胞からランダムに信号が発せられて、そのような現象が起こると考えてください。暗黒状態でチカチカと見えるのと同じです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-18 14:59 | 何かが見える

飛蚊症が増えた?


飛蚊症が気になり、受診したところ、加齢による後部硝子体剥離が始まっていて、現在のところ網膜に異常はないが、網膜にうすいところがあるので、飛蚊が急に増えたら再受診するように言われたのが、およそ1ヶ月半ほど前のことです。

最近、飛蚊が2個ほど増えたような気がするのですが、それは「急に増えた」うちに入りますか?後部硝子体剥離の症状と、病的(網膜裂孔、網膜剥離など)な変化と区別できることは何かありますか?少しの変化にとても敏感になっています。どうか、アドバイスをお願いいたします。


その程度なら急に増えたとは言えませんが、それをもって、何も起こっていないとは断言出来ません。また、何かが起こるとしたら、後部硝子体剥離が発生して1~2カ月と言われていますので、受診した方がよいでしょう。

毎日、片目を隠して視野の確認をしていますか。一部分が見えないという事があれば網膜剥離等が起こっている可能性が高いです。急いで受診しましょう。ただし、そのような症状が無いのならば、起こっていないというわけではありません。気が付かないだけかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-13 11:27 | 網膜・脈絡膜

治っても見え方が戻らない


1年ほど前から一部直線が歪んで見えたり、暗点がありましたので、家近くの眼科を受診しました。医師から精密検査が必要なので検査機器のある病院に紹介するということで病院を紹介されました。

紹介させた病院でOCT検査、眼底検査を受けて医師から「両目とも中心性漿液性脈絡網膜症」と診断されました。「自然に治るので3カ月後に再検査する」ということでその日は家に帰りました。

3カ月後の検査で、網膜色素上皮下にあった水は自然に吸収されたとわかったのですが、見え方が変わらなかったので医師に確認したところ、「水がたまり網膜に栄養がうまくわたらず網膜細胞の機能が低下したため歪んだり、一部見えずらいところがあるけれど、中心よりすこし離れているので問題ない」と言われました。現在も症状は、悪化はしていませんが、見え方は変わりません。

中心性漿液性脈絡網膜症が治っても見え方は、元には戻らないのでしょうか?お忙しいとは存じますが、先生のご見解いただけますと幸いです。


網膜はその下の脈絡膜から栄養をもらって生きています。中心性漿液性網脈絡膜症では、網膜と脈絡膜の間に隙間(剥離)が生じることで、網膜への栄養補給が出来なくなります。長期にわたると網膜が栄養失調になって、細胞レベルで死んで行きます。網膜が復位するまでの期間が長いほど、網膜の機能は戻らなくなります。それで一部に見えない部分が残ったのでしょう。1年は少し長かったのでしょうね。

また、剥離した網膜は完全に元の場所にくっつくとは限りません。少しずれた位置にくっついて治癒してしまうと、歪んだ見え方のままになります。慣れるしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-03 16:43 | 網膜・脈絡膜

近視による網脈絡膜萎縮


強度近視(右-10/左-11程度)で、失明を心配しています。先日飛蚊症があり眼科を受診したところ、網膜が一部薄くなっていると言われました。それ以外の問題は特にありませんでした。

それから色々調べるうちに、強度近視で失明することもあるということを知り、とても不安に感じています。近視で失明した目には、幼少期より視神経周囲びまん性萎縮があるというニュースをみました。幼少期の状態は分かりませんが、網脈絡膜萎縮は特に伝えないこともあるという先生の以前の回答を見て、自分も萎縮している部分があるのではないなどの心配を感じてしまいます。通常びまん性萎縮があれば伝えられるものなのでしょうか。

検査はOCT・眼底・視野などの検査をしました。少しのことでも色々考えてしまいとても不安になっています。何かアドバイスいただけませんでしょうか。よろしくお願いします。


詳しく検査をして説明を受けたのに、何か重大な問題を隠しているのではと心配しているわけですね。まあ、もしかしたら、そういう先生もいらっしゃるかもしれませんね。どうしても心配なら、電話して確かめてはいかがでしょう。それでは申し訳ないと考えるなら、再診すればいいんじゃないでしょうか。

でも、再診して、びまん性萎縮は無いが軽度の萎縮がありますと言われたらどうしますか。今度は、それが広がって失明するんじゃないかと心配するのですか。軽度の網脈絡膜萎縮は近視の眼には普通にみられるものですので、これは避けられないと思いますよ。「網膜が一部薄くなっている」というのが、これにあたるのかもしれません。

近視の強い目には、様々なリスクがあるのは確かですが、注意をすることで重大な問題は回避できると思いますよ。定期検査を受けるとか、異常を感じたら早急に再診するとかです。心配することは何の解決にもなりません。疑問は診察した眼科医にぶつけて解決してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-10-19 17:49 | 網膜・脈絡膜