excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:結膜炎 ( 14 ) タグの人気記事

アレルギー性結膜炎の治療が必要では


子どもが持病で抵抗力が弱いため物もらいや結膜炎になりやすいのですが、なりにくくするためにはどうすればよいでしょうか?夜、暗いところで目を細めて光りを見つめると光が伸びます。目を細めないと大丈夫なのですが何故なのでしょうか?

それとうちの小学校低学年の子どもが将来眼科医になりたいらしく、眼のことを色々聞いてくるのですが難しいことを聞いてくるので回答に困っています。お忙しいところ申し訳ないですが子どもにはどのように答えればよいでしょうか?一応、こんな風には回答してみたのですが。
①目を閉じていても何かが見えるのは何故?→瞼の裏側が見えてるのでは回答しました
②目を閉じても明るさが分かるのは?→カーテンに例えてみました。
③涙がでると見えずらい→ママもだよでごまかしましたが
④明るいところから暗いところに行くと変なものが暫く見えるのは?→これもママもだよでごまかしました。
一応、考えたり、調べて答えてみるのですが回答に不満なようなんです。


以前から時々目を擦っていませんか。ものもらいや結膜炎になるのは、目を擦って雑菌を入れてしまうからです。擦ってしまうのは、アレルギー体質によってアレルギー性結膜炎を常に起こしているのかもしれません。ハウスダスト等の通年性のアレルゲンに反応しているのかもしれません。眼科受診して両眼の治療を続けた方が良いと思います。

もし、ものもらい等の片目の病気で眼科受診して、片目だけの治療しか受けられなかったとしたら、別の眼科を受診してください。当院では、ものもらいや細菌性結膜炎など、目を擦ることで起こる細菌感染に対して、片目だけの治療で済ませることは稀です。

子供の素朴な質問ほど難しいものはありませんね。正解はありません。いや、有るのでしょうが難しすぎて説明できません。疑問は疑問のまま、自分で調べることが出来るようになった時の課題として残しておいてもいいと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-07-22 16:02 | アレルギー

霰粒腫について


霰粒腫についてです。片方の目の上下に霰粒腫ができ、目立つのは下瞼のほうでした。(※下瞼のものだけ痛みはないのにずっと赤かったのは何故なのでしょう)半年間点眼をして下瞼のものが、まだよく見ると残っていますので、パッと見常に目尻は赤いですが、体面した人にできものだと解らない程度になったので点眼を終了しました。

質問なのですが、下瞼の目立つ部分は小さくなりましたが、瞼をめくると白い点や、透明なぷつぷつのものが、まだいくつもあります。こうやって痕として残ることは少なくないのでしょうか?ちゃんと数えたわかではないけれど、小さな輪郭も曖昧なものを合わせると8個ほどみえます。

そして上瞼の目立たない霰粒腫のほうですが、こちらが時々化膿するのかじくじくいたみます。痛みっぱなしということはなく、痛んでいるときに多少普段より腫れて霰粒腫が、目だっていますが1~2週間で治ります

ドライアイがあり炎症、化膿はしやしいと思いますが同じ目の上下で上だけ化膿しやすいことはあるのでしょうか。悪いものの可能性はほとんど無いと言われていますが、悪いものだから痛むというわけでも無いのでしょうか


霰粒腫にも色々ありますので、色の違いもあるでしょう。

小さなぶつぶつは結膜乳頭か結膜濾胞ではないでしょうか。おそらく結膜炎が起こっているのでしょう。もしかしたらマイボーム腺梗塞かもしれません。眼科で治療は終了だと言われたのですか。

>上だけ化膿しやすいことはあるのでしょうか。

よくあります。また、悪性腫瘍ならむしろ痛くないと思いますよ。

そんなことより、何でこのようなものがよく出来るか、理解し対策をしているのでしょうか。眼を擦るような事があっても、それを異常だとは感じず、そのまま放置していませんか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-11-10 14:51 | まぶた

偽膜でしょう


孫が大変ひどいはやり目になってしまいました。片方の瞼がひどく腫れててすぐ病院へ行きました。目薬を処方してもらい良くなるのかなとおもっていたら1日中泣くばかりだそうです。一番心配なのは、1日中両目をつぶっているそうなんです。

片方がお岩さんのようになり1日中目をつぶって泣いてばかり。食欲もあまりないそうです。孫の目はどうなってしまうのでしょうか?心配して再度同じ眼科で診てもらったところ目薬を差しているしかないとのことでした。

この4日間ばかりほとんど目をつぶっているそうです。ひどくなったのは1週間前からだそうです。孫の目が後遺症などでないか、心配です。このまま目薬をさしてじっとしているしかないでしょうか?それとも違う病院で診てもらった方がよいでしょうか?


上まぶたの裏に偽膜(ぎまく)という膜が張るとこのような感じに脹れます。偽膜があるとそれが角膜に当たり、痛いために目を開けられなくなります。またその膜が角膜を擦って角膜に傷を作ることがあります。赤ちゃんは嫌がりますが、べりべりっと捲り取ると、嘘の様にパッチリ眼が開くようになります。

乳児のはやり目ではよくあることです。同じ眼科に行って「瞼の裏に何かがあるような気がする」と訴えてもいいですが、別の眼科を受診した方が良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-10-14 15:49 | 角膜・結膜

治らない結膜炎


初めまして、こんばんは。20台女性です。1年以上前に細菌によるとみられる結膜炎になりました。量はそれ程多くはありませんが、濃い黄色のねばねばした目やにがでます。近くの眼科にかかり、いくつかの種類の目薬を試しましたが、どれをさしても治まりません。

瞼の裏をこすっての検査を何度もやっていますが陰性になるこてが多いです。自覚したときには、少しのかゆみはありましたが、それからはかゆみはなく目やにも充血も軽いです。瞼も腫れぼったいです。

実際に原因菌がいても、検査では何も出ないというのはよくあることなのでしょうか。数々の目薬が効かないので耐性菌ということもありますか。そうそう菌でも症状が軽いというのはありますか。

試した目薬…クラビット、トブラシン、ベストロン、コリナコール、オーハラキシン、タリビット、ガチフロ。これ以外にも有効な薬はありますか。とにかく早く治したいのです。アドバイスよろしくお願いします。


何が原因か分かりませんので、有効な薬を聞かれても分かるはずは無いですよ。経過が長いですので、通院中の眼科で出来る限りの検査をしていると考えれば、耐性菌ということもあるかもしれません。一度、大きな病院の眼科を紹介してもらって受診してみるのも良いかもしれません。

ところで、近年増加しているのがクラミジア・トラコマチスによる結膜炎です。この場合は長期間の内服も含め十分な治療をしなければ治りません。点眼だけで治療をされているようですので、検査したが陰性だったということでしょうか。もし心当たりがあればこれを疑ってみるべきでしょう。検索してどういう病気か調べてみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-04-26 11:13 | 角膜・結膜

結膜炎と眼圧


お世話になります。開放隅角緑内障で点眼治療中です。

先日眼底写真撮影の為、散瞳薬を点眼したところ、翌日から目やに、充血、ヒリヒリ感が1週間ほど続きました。治った後、担当医に話したところ薬剤アレルギーによる結膜炎ではないかとのことでした。

結膜炎を起こしている期間の眼圧は高くなるのでしょうか? 特に治療をしないで過ごしてしまったので心配しています。お答えいただけましたら幸いです。


そうですね、点眼によるアレルギー反応はたまにありますね。しかし、そんなことで眼圧が上がる事は決してありません。万一、眼圧が一時的に上昇したとしても、短期間ですので心配要りません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-11-02 10:43 | 角膜・結膜

結膜炎の検査と診断


夕方の西日が強い時間に窓を右側に本を読んでいた時、ふと右目に強い太陽のようなオレンジ色の一筋の光を横から感じ、思わず目を背けてしまいました。反射的に瞼を閉じた時、右目の外側に血管?雷?のような残像がありましたがすぐ消えました。光を感じた時は瞬きはしていません。

光視症で、目を開けている時に反射的に目を背けてしまうほど強い眩しさを感じることはあるのでしょうか?また、残像が残ったりしますか?ただ、思い当たる節がありまして、我が家のベランダの柵は簀の子のような構造で時間によってはステンレスの板と板の細い隙間から光が差し込むことがままあります。これである可能性もあるにはあるのですが…

もうひとつ、結膜炎について。酷いめやにや充血、かゆみなど、結膜炎の代表的な症状がまったく無くても結膜炎の可能性はあるのでしょうか?私の症状は目がゴロゴロする、若干の充血、空や白い物がいつもより眩しく感じる、コントラストが大きいものを見るとチカチカする、です。風邪、鼻水は出ません。また、結膜炎かどうかを調べる検査方法はありますか?


光視症でそれほど眩しいことはありませんし、残像が出来る事はありません。紛れもなく太陽光またはその反射が目に飛び込んだのだと思います。「血管?雷?のような残像」というのは、血管のように枝分かれしたものでしょうか。それならば、ある程度の面積のある光が入ったことによる血管の影でしょうか。稲妻のイラストのように一筆書きにできるギザギザでしょうか。点状の強い光(要するに太陽またはその反射)が短い時間(0.2秒とか)入れば、その間の目の動きによって線を描くこともあるでしょう。

次に、結膜炎は非常にありふれており簡単な病気のように思われがちですが、種類も多く治療も難しい病気です。目の症状が一切なく、快適そのものであれば結膜炎は無いかもしれません。しかし「目がゴロゴロする、若干の充血、空や白い物がいつもより眩しく感じる、コントラストが大きいものを見るとチカチカする」というように様々な症状が有るのなら、結膜炎は有ると考えてほぼ間違いないでしょう。検査は、眼科医が結膜の状態を診れば解るのですが、色素で染めたり、場合によっては結膜の細胞診や涙液の成分検査をすることもあるでしょう。眼科医以外に出来る検査は無いと思ってください。

ただし、結膜炎の診断自体、眼科医によってばらつきが多いように思います。結膜炎があってもそのことを指摘せず、治療しない眼科は多く存在します。「メバチコ」「ものもらい」で受診する人は多いですが、繰り返し発症しその都度眼科に行っているのに、その原因の説明を受け治療をしたことのある人はごく僅かです。その多くが慢性的なアレルギー性結膜炎を持っており、(かゆいという症状を自覚するしないに関わらず)時々目を擦っているのです。もし眼科医自身がその状態ならば、つまり少々目を擦ることを普通の事だと考えているのならば、その段階での治療は望むべくもありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-09-12 12:22 | 角膜・結膜

眩しさが続く


8月19日に眼底検査をしました。12日に左眉毛の上のおでこを強打した際、左目の奥がジュワ~ッと熱くなり涙がぶわっと出てきのがずっと心配だったのと、19日の朝起きて左目がゴロゴロしたためです。(おでこをぶつけた時は半端無く痛く、ぎゅーっと目をつむって相当な痛みをこらえました…。脳のCTは異常ありませんでした。)眼底検査の結果は問題無しでしたがゴロゴロ感を無くすための抗生物質など2種類処方され帰宅しました。眼底検査が夕方だったので目のピントが正常に戻ってから点眼しようと思いその日は寝ましたが、朝にはゴロゴロ感が無くなっていたので点眼薬は使用しませんでした。いつもの通り仕事をし、ゲームもバリバリ遊んでいました。

23日になると両目に少し多めの目やにと左目のゴロゴロ感が出てきました。両目の表面がヒリヒリ痛くなりました。朝起きて居間の白いレースのカーテンがいつもより眩しく感じ、屋外に出ても(晴れでも曇りでも)眩しく感じました。目が開けられないほどではありませんが自然と目に力が入ってしまいます。蛍光灯に照らされた部屋も眩しく感じます。エスカレーターの階段の模様やアスファルトの横断歩道の白い部分もチラつき始めました。

24日に眼底検査を受けた病院に行くと「眼の風邪のようなものだから前に出した点眼薬2種類を点眼すれば目やにも止まって、眩しいのも治る。ドライアイではなく軽い結膜炎のようなものだ」と言われ、丸2日点眼しましたがゴロゴロ感と眩しさだけは一向に治りません。26日に別な眼科に診てもらったところ、検査の結果ドライアイの診断を下されました。涙の量は右5mm、左3mmと少なく、右目には小さなキズが1カ所と涙に覆われていない部分がポツポツポツーっと複数ありました。キズなどはヒアレイン0.1%の点眼で次の日には無くなっていました。9月1日~現在までヒアレイン0.3%を1日6回点眼しています。おかげでゴロゴロ感は少なくなってきましたがまだ眩しさは残っています。

<質問内容>
Q1 抗生物質の点眼ですが、丸2日の点眼だけでは短すぎたでしょうか?その後、ドライアイと診断されてはいますが…。

Q2 眼底検査について、先生の以前の回答を拝見しました。
http://kounoganka.exblog.jp/13754258/
>普通は3~4時間で効果はなくなりますが、点眼の種類によっては2週間以上作用が続きます。しかし、目が変化したままになる事はありません。

飛蚊症が良性かどうか気になるので数日後にまた眼底検査をしてもらおうかと思っています。今度は両目をやってもらおうと思うのですが、左目の眩しさが「点眼の種類によっては2週間以上作用が続きます」←これに当てはまっているとしたら、右目も眩しくなってしまうのではないかととても心配です。左目の眩しさがドライアイで眩しいのか検査の作用が残っているのか、わかるにはどうしたらよいですか?


点眼方法は完全に間違っています。点眼を入手したら指示通りに開始し、次回の診察までそのまま続ける必要があります。瞳孔を拡げているから点眼できないということは根拠がありません。もちろん、「症状が消えたら中止」「5日で中止」「点眼がなくなったら中止」などもありますが、それはその都度指示される事です。19日から24日まで必要な点眼をしていなかったために、治癒が長引いたのかもしれません。26日以降点眼していないのであれば、なおさらです。

パソコンやゲームを長時間続けていると、ドライアイになる可能性が高くなります。瞬きを忘れて熱中するために、角膜が乾燥してしまうのです。ですから、ドライアイはもっと以前から有ったのではないでしょうか。

眩しさの原因として考えられるのは、ドライアイ、点眼の2つだけではありません。打撲によって自律神経に異常を来たし、点眼をしたときと同じ状態になっている可能性も考えられます。近くにピントは合うでしょうか。左右とも同程度の見え方であれば、点眼と自律神経は考えなくても良いと思います。そうであれば、ドライアイまたは目の風邪(炎症)が治りきっていないのでしょう。主治医とよく相談の上、検査を受けてください。

ところで「後医は名医」という言葉をご存知でしょうか。一度検索してみてくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-09-07 15:07 | 角膜・結膜

コンタクト使用時の症状


コンタクトを付けると、右目だけよく曇り、瞬きするごとに上目蓋にコンタクトがよく引っ張られます。それがしばらく続くと、ごろごろ感が出てきて、目を閉じると瞳に痛みがあります。コンタクトを外すと徐々にごろごろ感も引いていきます。


コンタクトが上にずれるのは、レンズが汚れており、まぶたの裏にブツブツが出来ているためです。ブツブツが汚れたレンズを引っ掛けて持ち上げていると思ってください。結膜炎ですので眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-08-09 17:01 | コンタクト・めがね

慢性結膜炎が治らない


以前にも質問した者です。ブログの「治療の結果、充血がひどくなった」のタイトルの質問をした者です。回答して頂きありがとうございました。あれから3度目の受診をしました。

フルメトロンを付けていたら瞼が痙攣した事、充血、乾燥が良くなっていない事を医師に伝えました。すると「フルメトロンで痙攣する事はない」との事でした。涙の量も問題ないとの事です。コンドロンナファ1%を処方されました。それをさして2週間経ちましたが症状に改善は見られず、治まっていた目やにが復活しました。どの薬が効くのか教えて頂きたいです。

受診した医師は「自身が処方した薬が効かない」と患者から言われ気分を悪くしたようでした。クレームを付けているのではなく、治らなくて困っているので事実は話さなければなりませんので心苦しいです。症状が目やにが復活して充血も悪化しているように感じるのでまた受診しなければなりません。経済的、時間的にもストレスです。


「慢性結膜炎」という診断でしたね。当院で「慢性結膜炎」と診断した場合によくこんな風に言います。「結膜炎が今日から起こったなら治療によって数日で治るでしょう。1週間前からなら1ヶ月ぐらいかかるでしょう。1ヶ月以上前からなら1年以上かかるかもしれません。自覚症状の有無に拘らず何年間も結膜炎が続いていたなら50年ぐらいかかるかもしれません。治療を続けることで症状のない状態に持っていけるとは思いますが、完全に治癒させる事は不可能でしょう。」

以前に市販の点眼を使われていたようですが、点眼を使う理由は何らかの症状があったためですよね。つまりその頃から結膜炎があって、徐々に慢性化していったのではないでしょうか。その期間の何倍か、かかるかもしれません。大変でしょうが気長にやるしか方法は無いのです。僅か3度の受診で確実に効く薬とめぐり合えるとは限りません。医師も試行錯誤を繰り返しながらやっているのです。この病名にはこの薬、この病状にはこの薬というようなことは全くないのです。処方した薬が効かない事など日常茶飯事で、そんな事でいちいち気分を害したりしません。単に「効かなかったか~残念~」という気持ちだと思います。ただし「効かないから変更してください」は気分悪いですね。「慢性結膜炎」の場合、効果が現れるまで何ヶ月もかかることはよくあります。副作用がないことを確認しながら、効果が現れなくても続ける必要がある場合があるのです。

当方が知りうる情報は、主治医が知っている情報の5%程度でしょうか。「どの薬が効くのか」なんて判る筈がありません。僅かな情報で「○○が効くでしょう」と答えて、あなたが次の眼科受診時に「ネットで相談したら○○がいいと聞いたので○○が欲しい」と言ったら、今度は本当に気分を害し「それならその医者に遠隔治療でもしてもらってください。さようなら」と言われかねません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2011-02-08 18:07 | 角膜・結膜

治療の結果、充血がひどくなった


眼科を受診し、慢性結膜炎と診断されました。市販の目薬を日常的に付けていた為、その刺激による物だとの事でした。クラビット点眼液0.5%とフルメトロン点眼液0.02%を処方され、2ヶ月使用しています。

最初の症状は目やに、充血、目の乾きでした。その薬を使ってから目やにはほぼなくなりました。ですが充血が悪化しました。目の乾きも良くなっていません。受診したのは2回で(同じ医師)、2回目の診察時にその事を伝えたら、フルメトロンの使用を1日2回から3回に増やすよう言われました。その後症状に変わりはありません。

その処方薬も今の自分の目には刺激が強いのか?薬の使用を全く止めた方がいいのだろうか?と疑問に思っています。どうしたら治りますか?


日常的に使用していた市販の点眼の効能に「充血をとる」というのがありませんか。病気の治療のために眼科で処方される点眼には「充血をとる」という効果はありません。病気が治ってくれば、その後徐々に充血は引いていきますが、何年もかかる場合があります。

充血がなぜ起こるのかを考えたことがありますか。病気を治すためには血液が必要です。血中の白血球やリンパ球が働いて病気を治すからです。慢性結膜炎があってそれを治すために自ら充血しているのに、血管収縮剤で無理やり血管を細くして充血をとり、その結果血流が悪くなり病気は治りにくくなります。またその点眼をやめると当然充血はひどくなります。

「刺激が強いのか?薬の使用を全く止めた方がいいのだろうか?」疑問は診察時に聞きましょう。素人判断は恐いですよ。

追加Q
1.充血が引かないのは治っていないのではないのですね。
2.先の質問の補足ですが、処方された薬を使用していたら瞼が痙攣するようになったので今は止めています。
3.先生でしたらどう診察されますか?

追加A
1.めやにが減っていますので、治りきっているとは言えなくても、ましにはなっているのではないでしょうか。
2.結膜炎で瞼の痙攣が起こることはよくあります。もう一度点眼してみて、本当にそれが原因かどうか確認すべきでしょう。
3.実際に診ていないのでわかりません。とにかく、実際にその眼を診察した医師のみにしかわからないのです。診察を受けて、疑問点は質問をし、説明を聞きましょう。ここでの話はあくまで一般論でしかありません。どうぞお大事に。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-11-03 23:27 | くすり