excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:眼圧 ( 43 ) タグの人気記事

眼球圧迫を続けると


眼球圧迫について相談させていただいた者です。詳しい説明ありがとうございました。ただ、他の眼科医の方がおっしゃるには圧迫によって網膜の血流が止まったり、網膜動脈閉塞症になることはまずないだろう、とのことでした。その前に眼球が破裂するだろう、とも。そのあたりはどうでしょうか?

また、既に自分は心療内科には通っています。そちらの医師からは「無理に押さえるのをやめようとしなくていい」と言われています。なかなかやめられなくて…でも、眼科医の立場からしてはそれはどうなんだろう?ということをお聴きしきたくて…どうか、お願い致します。


単純な理屈です。圧力の高い方から低い方へ血液は流れます。血圧より高い眼圧になった眼球には、血液が流れ込むことは出来ません。また、眼球内容のうち房水は一部だけで、大部分は硝子体という半固形物です。眼球を圧迫しても、房水のように眼外に排出されたりしません。ですから、さらに強く圧迫すると眼球破裂してしまうのです。また、水晶体も後方に押し遣られるため、眼球破裂に至らなくても水晶体脱臼を起こす事が考えられます。どんな眼科医でもその行為は容認できません。

心療内科医は精神的にプレッシャーを与えないようにと、そのように言われたのかもしれませんね。実際にあなた自身を診察した医師が言うのですから、それも正解なのでしょう。きっと。

心療内科の診療に差し支えると困りますので、以上でこの件については終了です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-05 08:43 | その他の疾患

眼球圧迫


突然すみません。私はどうもイライラした時など自分を傷つけたい気持ちが湧くみたいで、眼球をギューっと強く圧迫してしまう癖があります。5分以上も頭の奥まで痛みを感じながら眼を強く押し続けていたこともあります。

何とか今は無事ですが、長時間圧迫することですぐ失明に至ったりなどはありますか?何かで読んだのですが、30分ほどで網膜動脈閉塞症に陥るとか。網膜の血流が止まる、など。

なかなかすぐにはやめられない癖ではあるのですが…どうか教えてください。


「頭の奥まで痛みを感じながら眼を強く」押すと、眼圧は凄いことになって、普通10~20程度のものが例えば150mmHgとかの眼圧になります。手首の脈の触れる部分を触ってみてください。その脈の強さが水銀を押し上げる力が血圧で、例えば120mmHgです。指先で簡単に堰き止めることが出来ますが、その程度の圧力なのです。眼球を圧迫し150mmHgの眼圧になったら、眼球の外から血圧によって入ってくる血液は、それより圧力の高い眼球内に入れなくなります。脳の神経細胞は4分の虚血で死に始めると言われています。視細胞もそこまで早くないと思いますが虚血で死んでいきます。ですから「30分ほどで網膜動脈閉塞症に陥る」というのも、十分有り得る話なのです。

ところが、そういうことが起こらないような仕組みが眼球には備わっているのです。眼圧は目の中にある房水という水の循環で調節されています。房水は眼内で血液から作られ隅角にあるシュレム管から眼外に排出されます。作られる量と出て行く量のバランスで一定の眼圧に保たれています。眼球を圧迫して眼圧を高めると、小さな出口であっても房水の排出量は多くなり、上昇した眼圧は下がってきます。

こんな実験をしたと考えてみてください。頭を固定し、眼球を押さえる道具を使って眼球を1センチ凹ませる状態で固定すると、初めは一瞬で眼圧は上昇するでしょうが、そのうち房水が排出されて元の眼圧に戻ります。押さえたままで正常眼圧になるのです。上昇したままにはならないのです。また、道具を外すと一瞬で眼圧は0になり、そのうち元の眼圧になります。

しかしこれで安心は出来ません。指で押さえるという行為は、1センチ押さえて止めておくというものではありません。眼圧が下がれば無意識のうちにさらに指を押し込んで同じ圧力を維持しようとしますので、高眼圧は解消されません。押さえている時間だけ高眼圧が維持されるのです。繰り返すと緑内障になる危険もありますし、長時間行うと動脈閉塞と同じ状態になる可能性もあります。また、押さえるのをやめて眼圧がゼロになる時に、網膜剥離や眼底出血を起こす心配も新たに発生します。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-29 08:33 | その他の疾患

ノンコンで高眼圧


眼圧についてお尋ねします。

私は強度近視と乱視のため約5年程前から眼科で定期的に受診しています。その際、毎回のように空気式眼圧測定で左右25前後の測定値が出でしまい、診察室にて点眼麻酔をしもらい青い光をみる直接式眼圧測定をしてもらう事になります。直接式では左右17前後です。

主治医の先生は「毎回いつも緊張しているのね。直接式では正常範囲だから大丈夫」とおっしゃって頂いて高眼圧とはいわれず眼圧下降の目薬も処方されていません。

頭では直接式眼圧測定で正常範囲なら心配する事は無いと分かっているのですが、毎回検診に行く度に空気式で高く出でしまうことが不安です。苦手意識で上手く目が開けれなくなってきているように思います。

私のように空気式眼圧測定が毎回高く出る人は割と多いのでしょうか?直接式眼圧測定が正常範囲なら毎回空気式が高く出ても高眼圧症を心配しなくても良いでしょうか?眼圧に対して敏感になっているので回答して頂ければと思います。お忙しい所すいませんが宜しくお願いします。


無視して結構です。ノンコン(空気式眼圧計)はあなたが実体験しているように出鱈目です。

「眼圧に対して敏感になっている」のなら、当ブログの「緑内障」タグの記事を100個ほど読むことをお勧めします。あるいは「ノンコン」でブログ内検索してください。

ちなみに、眼圧下降の目薬が処方されないのは、眼圧が低いからではなく緑内障でないからです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-16 14:09 | 緑内障

緑内障の考え方


飛蚊症の症状があったたため、自宅近くの眼科クリニックを受診したところ、右が初期、左が中期の正常眼圧緑内障と診断されました。治療開始前の眼圧は、両眼とも10.5~13.0でした。

 トラバンズ、コソプトを点眼していましたが、視野進行(右マイナス1、左マイナス2.7)が認められたため、○○大学病院での精密検査を紹介され、強度の近視による緑内障との診断で、上記の点眼薬にアイファガンが追加となりました。

 その後、掛かりつけの眼科クリニックに戻り、治療を続けていますが、クリニックの男性医師は、「視野進行は止まるだろう」とのことですが、同じクリニックの女性医師は、「もう少し様子を見ないとなんともいえない」とおっしゃっています。視野は3ヶ月に1回の検査で、2年以上測っています。

 現在、眼圧は両眼とも10.5~11.5と上がらず下がらずで推移しています。強度の近視が要因であれば、視野進行はないと思うのですが、どちらの医師の話が正しい判断なのでしょうか。大学病院では、「近視は進行することはあるだろう」としか言われていません。

 また、眼圧が原因ではないのに、このまま点眼薬を続ける必要があるのでしょうか。どうかよろしくご教示ください。


難しい問題ですが、点眼を続ける必要があります。緑内障というのは、眼圧を下げれば進行が止まる、または遅くなる病気なのです。いかなる原因であっても、眼圧を下げることが治療の第一選択です。ですからその緑内障が「強度の近視が要因であれば、視野進行はない」というのは間違いです。

もし「強度近視の変化だけで緑内障の変化はない」という診断であれば、眼圧を下げる必要はありません。それを確認するために大学病院へ紹介されたんじゃないでしょうか。その結果、緑内障だと確認できたために点眼の追加もされたのでしょう。

一般的に、正常眼圧緑内障というのは原因不明の病気なのですが、ある程度、原因が推測されているものがあります。その中で、強度近視によるものは、眼軸の延長によって網膜が薄くなることに加えて、視神経乳頭部に曲げようとする力が加わって、つまり物理的な要因で循環不全を起こし視神経が変化を起こすと考えられます。電源プラグとコードの境目を強く曲げると断線しやすくなるのと同じと考えられます。原因がそれであっても、眼圧を下げることで、内部からの圧力による機械的損傷を抑えることで進行が抑制されるなら、緑内障として降圧することは理にかなっています。

少し発想の転換をして、下のように考えると判りやすいかもしれません。あくまで「考え方」ですので数値はあてになりません。

緑内障は色んな要因で視神経に損傷を起こす病気です。その代表的な要因が眼圧です。眼圧が高いほど視神経は損傷します。その影響力を数値(ここではAとします)で表すと眼圧7mmHgならA=1、10mmHgならA=2、15mmHgならA=3、20mmHgならA=5、30mmHgならA=10、50mmHgならA=20、というように考えてください。

年齢も大きな要因です。10歳ならB=0、20歳ならB=1、40歳ならB=2、50歳ならB=3、60歳ならB=4、70歳ならB=5、とでも思ってください。

実は血圧も関連しているのです。収縮期血圧が100ならC=2.5、120ならC=1.0、130ならC=0.5、140ならC=0、というように血圧が低いほど緑内障は起こりやすいと言われています。

遺伝も影響大です。血縁に全く緑内障が無ければD=0、父方のみに複数の緑内障があればD=2、両親とも緑内障であればD=7ということにしてみましょうか。

目の運動は実は緑内障には悪影響があります。目を上下左右に大きく動かすと、視神経と眼球の接続部分が横に引っ張られ損傷を起こすことがあると考えられます。そのような運動をしない人はE=0、する人はE=1、常習する人はE=2。

化学調味料のグルタミン酸ナトリウムも悪影響があるとする説があります。摂取量の蓄積によってF=0~4ぐらいまであると思ってください。

問題の近視です。正視の人はG=0、-3DでG=1、-5DでG=2、-10DでG=4、-20DでG=7、とでも考えましょう。実際には眼軸長で決まるのですが、わかりやすいように屈折度数です。

その他の未知の要因をHとして0~5ぐらいと考えます。

A+B+C+D+E+F+G+H が10を超えるようなら緑内障になる、または進行するでしょう。

という風に考えれば、要因の一つとしての眼圧を下げることに意味があると納得できると思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-16 11:45 | 緑内障

繰り返すポスナー

あまりに長文なため返事が遅くなりました。また、あまりに長文のためかなり短縮しています。

片目がポスナーシュロスマン症候群で眼圧の上昇を繰り返しています。大学病院等で治療しており、サイトメガロウイルスと落屑が原因と聞いています。視野検査では未だ異常無し。視力は両目1.2です。

頻繁に眼圧が上がるなら外科的治療を…と先生はおっしゃるのですが「でも視野検査異常無いんだよね」とも言います。どうも視野検査で異常が無い事で対症療法とならざるを得ない様子です。私の方から、視野の異常が急速に進んだ場合、異常が無いとはいえ、リスクが高い状態なら予防的処置はできないですか?それが外科的なものかは別として、と話した事があります。先生は、悩みながらも、次に眼圧コントロールが効かなくなったら考えましょうか、とおっしゃいました。

私のような状態で、今後どのようなアプローチが最善と思われますでしょうか。症状は特に無く、視野ももちろん、OCT写真も緑色を示しています。人生の後半で片側の視力を失ってもなんとか生きてはいけると思いますが、そうなった時に、後悔する事の無い選択をしたいと思っております。

先生のアドバイスを頂戴し、今後の大学病院での受診時に自分なりのアプローチができればと切に願っております。どうぞ宜しくお願い致します。


視野に異常がないのなら急ぐ必要はないと思います。主治医の言うように眼圧のコントロールが出来なくなってから考えれば良いと思います。十分な診療を受けている状態ですので、部外者の意見は参考にならないと思いますよ。主治医とよくご相談ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-13 12:08 | 緑内障

下がらない眼圧


何度かご相談させていただいている緑内障治療3年目の者です。親切に回答していただき本当にありがとうございます!いつも先生のブログを拝見しておりますが、今回他の方の質問でとても似ている内容のものがあり、私も大丈夫かと不安になり、また質問させていただきました。

現在右目中期、左目初期、治療開始時も同じくらい。眼圧は点眼前両目14でした。最初はキサラタンで、すぐにザラカムに変更。昨年の12月にエイゾプトが追加になり、今月は右目だけグラナテックが追加になりました。

点眼しても、10~12の間をいったりきたりであまり眼圧が下がらないみたいで、先生は将来のことを考えて先手先手でいきましょう!っていうことで追加しますとのことでした。視野検査は進行してる感じはないようですが、私がすぐ落ち込むので、先生も悪いことはやんわりと伝えてくれます。毎日きちんと点眼してるのに、もう4種類になってしまいました。

治療を始めてまだ3年目なのに4種類というのがとても心配です。緑内障の治療法としては珍しいことではないのでしょうか?正常眼圧緑内障なのですが、点眼前が14だと点眼後の理想の眼圧はどのくらいでしょうか?また、この3種類の点眼の適当な順番を教えていただきたいです。宜しくお願い致します。


点眼が多いのは特に珍しくないのですが、それだけ使ってもあまり下がらないのは不安ですね。測定する時点以外の時間帯には低下していると考えられますので、あまり気にしなくても良いのではないでしょうか。治療開始時と比べてもあまり進行していないという事ですので、もう十分な効果が出ているのではないでしょうか。

普通、この状況なら目標とする眼圧は10ぐらいだと思うのですが、10以下であれば大丈夫かというと、それも後からでないとわからないのです。また、診察時はいつも低いのに夜中に高眼圧になっているようなこともあり、24時間の日内変動を調べなければ、どの時間帯に眼圧を下げるべきなのかわかりません。こういう条件なら目標眼圧は○○、という風にきっちり決められたら非常に楽なのですが。

また逆に、視野に悪化が見られないことから考えて、本当は眼圧を下げる必要が無い、という事も考えられます。以前に眼圧が高く視神経に影響していたが、その後なぜか、自然に眼圧が下がり影響がなくなっているかもしれないのです。

点眼の順序の指示が無いのならば、間隔をあければどうでもよいと思います。念のため、主治医の方針もありますのでそちらでお聞きください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-03 16:41 | 緑内障

点眼をしても眼圧が下がらない


昨年、初期と中期の緑内障と診断され、点眼治療を開始しました。

点眼治療開始前の眼圧が、左右とも10.5~13.0の間(点眼開始前に2回測定)で、両眼ともキラサタン1剤の点眼でした。その後、両眼とも眼圧が十分に低下しない(両眼とも10.0~11.5)ため、平成28年7月から両眼ともザラカムに変更となりましたが、眼圧に変化なく、さらに平成28年9月にエイゾプトが追加になりましたが、両眼とも10.0から低下することはなく、10月の視野測定で、視野の狭窄が進行してること指摘を受けました。

MDのグラフを主治医から示されても、特に左目が進行していることが分かりましたが、主治医からは、「目薬点してます? もう少し様子見てください。」といわれており、毎月の眼圧測定と、3ヶ月に一回のハンフリーによる視野測定を継続することになっています。

もともと眼圧が高くない場合は、さらに眼圧を下げることは難しいとのことですが、点眼薬ではこれ以上下げることはできないのでしょうか。点眼も4剤が限界とのことですが、できない場合は手術となるのでしょうか。手術となる場合、早めに手術ができる病院に移った上で治療を受けたいと思っています。お忙しいところ申し訳ございません。よろしくお願いします。


ザラカムはキサラタン+チモプトールですから、エイゾプトを加えると現在3剤で治療していることになります。それだけやれば普通はもっと下がるものですが、何故でしょう。不思議ですね。ちなみに眼圧計はゴールドマンアプラネーションですよね。まさか空気で測るノンコンではないでしょうね。もしそうであるなら当ブログ検索窓で「ノンコン」といれて検索してみてください。

「早めに手術ができる病院に移った上で治療を受けたい」と申し出て、紹介してもらっては如何でしょう。主治医も困ってられるようですので、嫌な顔はされないと思いますよ。手術が出来る病院だからと言って、必ず手術することになるわけではなく、手術すべきかどうかは、経過を見ながら相談することになります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-19 09:08 | 緑内障

緑内障の進行を止める


緑内障の治療の目標は、調べてみると、緑内障の進行を完全に止める事と、緑内障を緩やかにして、余命を考慮して治療する事の、2つの目標がありました。そこで、進行を完全に止める事が出来ないタイプの場合

1、もし緑内障の進行を完全に止める事が出来ないタイプと判明した場合、なるべく目を使わない(縫い物等)方が、目が長もちするのか?
2、例えば、目薬と手術(SLT)を両方使って、眼圧5ぐらいにすれば、完全に止めれるのか?
3、鍼や灸は効果があるのか?
4、そもそも緑内障の視野進行は、完全に止める事が難しいのか?

大変申し訳ございませんが、宜しくお願いします。


1.物を見るという目の使い方で目が悪くなる事は無いです。
2.緑内障の進行は止まっても、網膜剥離や眼底出血は起こしやすくなるでしょうね。
3.少しは効果があるかも・・・信じる人にとっては・・・
4.難しいでしょうね。本当の原因がわかっていない病気ですので。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-08-25 12:02 | 緑内障

脳動脈瘤


会社の健康診断で左右で視力が違うといわれ、眼科へいきました。眼圧が22で高いと言われ、写真撮ったりはして今のところ大丈夫で、来週目薬を入れて検査をしますといわれました。

私は頭に、視神経付近に2ミリの脳動脈瘤があります。関係ありますか?眼科にははなしました。

今肩凝りがひどく左が痛いとかで頭痛がありロキソニンのんだりしてました。市販目薬をしようして大丈夫ですか?


脳動脈瘤と眼圧とは無関係です。市販の点眼を使いたいのなら、次回眼科受診時にそこで聞いてください。眼科に通院しているなら市販の点眼は必要ないはずですから。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-04-01 16:52 | その他の疾患

眼圧計の精度


飛蚊症持ちで少し増えたような気がして眼科にて受診をした際に、空気が出るタイプの測定器で眼圧を測定してもらいました。最初、左が15で右が11とのことでした。普段、18くらいなので再度測定してもらったろころ18でした。

測定してくださった助手のかたは、瞬きとかがあるので数値変化はありますとのことで、結果は正常値なので、その後、眼底の写真撮影と拡大鏡での眼底検査を行ってもらい、結果は異常無しとのことでした。

異常無しとのことなのでその時は何も思わなかったのですが、11と18だと結構差がありますが、眼圧測定の結果は気にしなくて大丈夫なのでしょうか?


どうでしょう。その結果を眼科医はどう説明しているのでしょうか。そこで気にしなくてもよいと言われたのならきっと大丈夫なのでしょう。眼科医がアプラネーションを使って正確な眼圧を測定してくれなかったのですか。

しかし、同じ眼圧計で連続して計って11と18ですか。ノンコンは所詮その程度の道具だと認識してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-12-20 11:48 | 眼科検査