excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:残像 ( 48 ) タグの人気記事

見えるものがすべてチカチカ


河野先生のブログにて、補色残像のことを知りました。通常補色残像は害はないとわかったのですが、私の場合、補色残像が酷いのか、普段からずっと弱いフラッシュを浴びているように視界がチカチカしています。おそらく物だけではなく空間?見えている物すべてに残像になっているのだと思うのですが、とっても見にくくて仕方ありません。

日によってまだらにチカチカしていたり、格子状の光が大量に見えます。それにプラスして物の残像が見えるという感じです。ちなみに残像が見えるようになったのは、とっても酷い偏頭痛が起きた翌朝突然なりました。

起きてから見えるものがすべてチカチカしている為にまぶしいのです。ちなみに目を瞑っていてもずっと同じようにチカチカしています。それが4年ほど続いています。

地元の大学病院でアズールでは?と診断され検査しましたが何も悪いところは見つかりませんでした。残像が酷すぎるだけで、なにも無いのでしょうか?体に害は無くとも、出来ればこの視界を良くしたいのですがなにも解決策はありませんか?


AZOORが否定されたとなると、やるべき検査は全てやり尽くしたと思われますので、受け入れるしか方法はないでしょう。AZOORであったとしても確実な治療方法はないのですから。

まだまだ判らない病気はたくさんあるのです。あまり深刻に考えずに、年に1回程度の定期検査を続けながら、様子を見ていくしかないと思います。お力になれなくて申し訳ありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-25 13:50 | 何かが見える

眼科臨床医は悩まない


何度もごめんなさい。もう少し教えて欲しいのです。以前、文章を読んでいると行間が黒っぽく〔黒い字の場合〕見えてきて、空白の部分を見たり、画面から視線を外したりするとシマシマに見えると質問させてもらいました。そしてお答えは錯視と残像が混じったものじゃないでしょうかといただきました。

なんだかこのように見えるたびに、不思議に思ってしまいます。いまいち原因がわからなくて。黒い字の補色残像は白っぽくなると思うのですが、白い部分は逆に黒っぽくなるから黒っぽく見えるのか?でも、青い字の場合は行間は青っぽく見えます。なので錯視かもしれませんが。。そしてたしかに画面の空白を見てもシマシマがみえたり画面から視線を外しても、シマシマが見えるので残像はあるのと思うのですが、それは補色残像なのか?それともそれとは違う残像なのか?違う残像が何なのかも分かりませんが。。もうわけわかりません。なんだか理由というか原理がはっきりわからないのでモヤモヤします。すごく悩んでます。良かったら教えてください。お願い致します( ´Д`)


同感です。確かに訳が分かりませんね。眼科臨床医である私には、「そういうものです。異常はありません」とは断言できても、原理まで詳しくは知りませんので、説明は出来ません。だいたい解明されているかどうかも疑わしいです。そんな状態でも、同じ現象を自覚している眼科臨床医は全く悩まないのに、いや逆に楽しんでいるというのに、どうしてそんなに悩むのでしょうか。こういうものだと割り切って受け入れることも大事なんじゃないでしょうか。

それでもどうしても知りたいのならば、「網膜の視覚情報伝達のメカニズム」などで検索し、出来れば書籍を購入してご自分で勉強してください。驚異的に複雑なこと、簡単に説明することが不可能に近いことが理解できるでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-28 13:49 | 何かが見える

黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る


薄暗い部屋で(エアコンが作動している時に付く緑色のわずかな光のみ)目をぎゅっとつぶり開けた時に視界の中央に黒い物がみえます。片目ずつつぶってみましたがやはり黒い物が中央に見えました。これは何でしょうか?

後、明るい部屋でテレビを見てから薄暗い部屋へ行くと目の隅に影の様なものが見える時があります。目で影を追ってもいなくなってしまい、そのうち気にならなくなってしまいます。これは何でしょうか?お忙しい所すみませんが、ご回答宜しくお願い致します。


素晴らしい。よく気が付きましたね。その現象は、網膜の細胞分布の違いにより発生する一種の残像です。「才能あり」ですね。

このブログの左上の眼底写真を見てください。これは若い人の右眼の眼底写真です。位置関係は、相手の右眼の眼底を透視して、そのままスケッチした状態と思ってください。右の丸い部分から血管が出て広がっています。それが脳につながった視神経の先端、視神経乳頭です。左やや下にある、少し暗い色でコの字型の反射で囲まれている部分が黄斑です。黄斑は見つめた部分が写る場所で、視野の中心です。
e0137559_13203198.jpg

当院のOCTによる黄斑と視神経乳頭を通る断面です。真ん中の凹みと周囲の盛り上がりが黄斑です。黄斑の部分は、周囲と違って、網膜にある何層もの細胞層が少なくなっています。細かいものを見るために、そのための細胞ばかりがぎっしり詰まっています。それによって、視野中央と周辺で、同じ光に対しても反応が違ってくるのです。

薄暗い部屋で瞬きをすると見えるのは黄斑そのものなのです。天井には豆電球等の発光物がない方が良く見えます。交互に瞬きをするとより確認しやすくなり、左右で黄斑の形が微妙に違うこともわかるでしょう。また、右眼で見たときは中央の黄斑より右15度のやや下方、左目で見たときは左15度やや下方に丸く黒い部分があることに気が付くかもしれません。これが盲点で、視神経乳頭の部分です。黄斑より内側15度上方にある視神経乳頭は、視野中心より外側15度下方に盲点を作ります。見えれば「特待生」です。

眠りに落ちる直前ぐらいが一番よく確認できるのですが、朝、覚醒したとき、部屋が暗ければ両目を開ける前に交互に瞬きをしてみてください。条件によっては、盲点の部分から伸びる網膜血管を見ることが出来ます。これが出来れば『名人』級です。私は数回成功しています。

後半は何かの残像でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-28 13:21 | 何かが見える

残像の色の変化


昼間、暗い部屋から窓の外を見ると、窓の形の残像が見えることがあります。残像は目を開けていると黒っぽく見えるのに、目を閉じると白っぽいエメラルドグリーンっぽく見えたり。目を開けたり閉じたりで色が違って見えるのは、光の刺激が強いものほどそう見えるのでしょうか?太陽や車のヘッドライトもそうなりますし。

そして先ほどの窓の件ですが、部屋から窓を見るとそうなるのに、屋外にいるときは空を見ていてもそうならないと思うのですが、それは目が慣れるからなのでしょうか?よかったら教えて下さい。


光の刺激が強い、あるいは明暗の差が大きいほど残像は認識しやすくなります。また、目を閉じると背景の色が変わるために残像の色も変わって見えます。目を閉じなくても、残像がはっきり見えている状況で、白いもの黒いものを交互に見ると、残像の色が変わるのがわかります。またその色は、時間がたてば徐々に変化していきます。残像の色の変化を楽しんでください。

屋外でわからないのは、光の強さ、明暗の差などの条件が満たされないからです。屋外でも太陽の残像は確実に見えます。残像を利用して、望遠鏡もサングラスも使わず裸眼で、大きな太陽黒点や日食の欠け具合を確認することもできます。残像は、面白いだけでなく役に立つこともあるのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-25 12:16 | 何かが見える

砂嵐のような霧雨のような


薄暗いところで砂嵐のような、霧雨のようなものが見えるようになりました。

気づいたのは半年ほど前で、外を歩いていたとき、小雨が降っているように見えたのですが、降っておらず。そのうち室内でも、茶色い窓枠や、背景が黒っぽいものに目を向けると霧雨が見え始め、最近は本棚の本の背表紙やテーブルクロスの柄など、濃い色と薄い色のコントラストを見ると、小刻みに揺れて見えます(陽炎のような感じです)。一定以上の明るさの元では見えませんし、また、暗闇でも目立たなくなります。目立つのは夕方や、昼間でも薄暗い店内、室内などでです。ちなみに両目どちらにも同じ症状があらわれます。

これまで3回、違う眼科に掛かりましたが、視野検査、眼底検査ともに異常なしで、「網膜が薄いので、血流が見えてるんじゃないか」と言われました。

病名がつかないので、心配事がいつまでも消えず。前は遠くのものにしか見えなかったのが、最近は手元のものにも注視すると霧雨が見えるようになり、不安です。

気にするから見えてしまうのかもしれませんが、病気ではないとするならば、以前は見えなかった霧雨が、見えはじめた理由というのはあるのでしょうか?また、眼科以外に行くとすれば、どの科に診てもらうのが良いでしょうか。


3軒も眼科を受診して異常なしですから、それは異常無しでしょう。病気ではありませんので病名が付かないのは当然です。安心してくださいという意味です。3軒とも再診してくださいとは言わなかったでしょう。

そのように表現できそうな現象は誰にでもあります。私にもあります。網膜のバックグラウンドノイズや飛蚊や錯視など、様々な要因が関与していると思います。気が付かない鈍感な人には見えませんが、一旦気が付いたら見えるようになります。大抵の人は、異常のない自分の眼に起こる症状なので異常の無い現象だと判断し、心配しません。たまに眼科受診する人もありますが、異常なしだと知ってそれ以降は気に留めません。稀にそれでも心配な人はありますが、そうなると眼科では手に負えません。心の問題を解決してくれる診療科を探してください。

「網膜が薄いので、血流が見えてるんじゃないか」というのは嘘です。網膜と血管の位置関係からして、そんなことはあり得ません。網膜が見えるのを邪魔するわけでなく、網膜で見ているのです。説明できないので適当なことを言ってごまかしただけです。説明できなくても異常は無いという事は言っている訳ですので、許してあげてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-24 15:43 | 何かが見える

瞼を通して赤い色の光が届く


本当にくだらない質問かもしれませんが、気になったのでもし良かったら教えていた抱けると嬉しいですσ^_^;

以前の他の方の質問で田舎の母が昼間ウトウトしていたら、目を開けたら緑色になっていたという質問があり、その回答で日向で目を瞑ると赤く見えるので、その補色が見えたというお答えでした。それは正常です。補色残像だと。

そこでふと思ったのですが、夜寝るときなど目を閉じると暗く?黒く?なりますが、その場合、目を開けたとき、白くみえるのでしょうか?田舎の母が。。。という質問も目を閉じた状態なので、どうなるのかな?と気になりました。

でも、黒をみてその補色の白っぽい色が見える状況というのは、目を開けた状態でしかそうならない気がしますが。。。光が目に届くから色がわかるんですよねぇ?でも、目を閉じてしまうと。。。届かないですよね。。でも、田舎の母がという質問では、目を閉じていてもなるので、目を閉じて暗く黒くなる場合ももしかしたら、補色の白っぽい色が目をあけたらみえてしまうのでしょうか?

すごく気になります。よかったら教えていただけますでしょうか?すみません。


2010年、チリのコピアポ鉱山落盤事故の映像を見たことがありますか。救出された人達が出て来た時、濃い色のサングラスをしていました。暗黒状態に慣れてしまった眼には普通の明るさでも眩しすぎるのです。ですから、夜、目を閉じて暗い状態から目をあけると、普通よりも明るく見えるということです。白くなるというより、明るく感じるというのが正解です。気になるなら自分で試してください。というより、こんなことは試せばわかると思いますが。

後半は質問の意味が理解できないのですが、目を閉じていても瞼を通して赤い色の光は届きますよ。赤い色を見続けた後は、実際の色より赤が少なく感じます。それを補色残像と説明したまでです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-01-18 14:57 | 何かが見える

優越感を持って楽しむ対象


補色残像談義という以前の回答で気になることがあり、質問させていただきました。黄緑の四角の中に白い丸がある絵があると、その白い丸をずっと見ていると、黒緑っぽく見えてきます。それは、初めに見ていた色が完全な白ではなく、周りの色も影響されるでしょう。とのご回答があったのですが、白や黒や灰色などは無彩色なので、そうなりやすいのでしょうか?オレンジカードのように中の丸も有彩色[赤 青 黄色など。。。]の場合は、周りの色に影響されずにちゃんとその補色がみえますよねぇ。

白や黒や灰色などの無彩色だとなぜ周りの色に影響されるのでしょうか?刺激が弱いからですか?お忙しいとは思いますが気になるのでもしよかったら教えていただきたいです。宜しくお願い致します。

すみません追加なのですが、そもそも、確認ですが、白の補色→黒、黒の補色→白ですよね?灰色はよくわかりませんが。。あ、でも、無彩色の場合は補色とは言わないみたいなので、反対色と言えばいいのかわかりませんが、とにかく反対色の関係はこうなるはずですよね?

あと、残像は元の像と重なっているかという題の回答で、均一な色の物なら、その縁で残像を作りますので、残像が僅かにずれて重なっているかのように見えるのです。という回答がありますが、均一な色でない場合はどうなのでしょうか?均一でない場合も同じではないのでしょうか?本当にご迷惑おかけします。もし宜しかったら回答いただけたら幸いです。


網膜の構造はものすごく複雑で、そこでの神経伝達の仕組みも、輪をかけて複雑なものなのです。ですから、この種の質問の正しい回答を平凡な眼科臨床医に求めるのは筋違いなのです。また、眼科医でも理解困難な内容を、素人でも納得できるように簡略化して書いています。網膜の研究者からすると笑止千万、突っ込みどころ満載かもしれませんので、そのつもりで読んでください。

>白や黒や灰色などの無彩色だとなぜ周りの色に影響されるのでしょうか?

純粋な無彩色の補色は純粋な無彩色ですので、残像にそれ以外の色が混ざっていると気になるのでしょうね。赤青緑の錐体によって反応時間が違うからでしょう。

以前に『初めに見た色が完全な白ではなく、また、その補色残像である「黒っぽい透過色」ごしに白を見たら、黄緑っぽくなってもおかしくありません。周りの四角の色も影響するでしょう。』と回答しています。「周りの四角の色も影響する」の部分は錯視が起こる可能性もあるということです。

>刺激が弱いからですか?

それもあるでしょう。絵に描いた白は完全な白ではないでしょう。黒い補色残像を出したいならば強烈に明るいライトで目を焼くしかないでしょう。細胞によって反応が違うために緑っぽくなっても何の不思議もありません。

>中の丸も有彩色[赤 青 黄色など。。。]の場合は、周りの色に影響されずにちゃんとその補色がみえますよねぇ。

本当にそうでしょうか。残像で見えた色が元の色の補色だと厳密に確認する方法も無いのに、そう言えるのでしょうか。影響された色だという事が認識されないだけだと考えるのが妥当でしょう。そもそも色というものは3原色の組み合わせで無限にあります。ちなみにパソコンモニターの色数は最低でも65000色です。補色もそれだけあります。○の補色は●と単純に言えるものではないのです。

>白の補色→黒、黒の補色→白ですよね?

白も黒も3原色の組み合わせですから、白っぽい色の補色は黒っぽい色で、黒っぽい色の補色は白っぽい色です。

>均一でない場合も同じではないのでしょうか?

もちろん同じです。均一の方が認識しやすいという事です。

目が機能している限り、残像は全ての場面で常に発生しています。自覚しない状況でも必ず発生していますが、短時間の僅かな残像は、当然それ以外の光刺激より小さいですので、発生はしていても認識できないのです。しかし中には、そのわずかな残像を認識できる能力の持ち主もいると思います。自分がそのうちの一人だと思えば良いのです。残像いう物は、悩む対象ではなく、優越感を持って楽しむ対象なのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-07 08:30 | 何かが見える

補色残像


悩んでおります。自分の顔を鏡で見た後、目を閉じたり壁を見ると顔が青黒っぽく髪が白い顔が見えます。目や眉毛なども白っぽく。

他人の顔を見ていても、同じように見えたことがあります。見え方の色は、若干違いがあるようにみえます。髪がクリーム色みたいに見えたり、黄色っぽくみえたり、〈顔も同じく〉照明のライトの色や周りの色の明るさで変わるのでしょうか?その時の目の状態でも若干違いがでたりするのでしょうか?これは、みんなも見えるものでしょうか?

ここまでハッキリみえず、白っぽい影だけのときもありますが。。おそらく長時間みていると、顔が黒っぽくみえたり目や眉毛も見えるかと思います。みんなも見えるものなのでしょうか?お忙しい中申し訳ありません。真剣に悩んでおります。お答えいただけたら幸いです。


悩むことはありません。補色残像です。当ブログ内を検索してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-02 09:07 | 何かが見える

硝子体混濁でしょう


光視症の症状が出たので心配になり、眼底検査をして問題はなかったのですが、後日、目を閉じてしばらくすると同じ位置(盲点ではない)にいつも出てくるフラッシュ残像のようなものに気づきました。目を閉じて顔を振ったときにも見えます。大体数秒で消えます。片目あけて確認にしましたが、その残像の場所が欠損しているわけではありませんでした。

また、両目を開けた状態でも目を強めに上に向けると盲点の位置にシミっぽいものが見えます。横を向いたときも見えます。それに加え、左目だけ目を横に強めに動かしたとき、一瞬めまいの時のように少しぼわっと暗くなります。

この症状はなんなのでしょうか?よろしければご回答おねがいします。


数秒で消えるのなら残像でしょう。後半の症状は硝子体混濁かなと思うのですが、詳しいことは検査をしてみないとわかりません。再診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-10-05 14:54 | 何かが見える

瞬きをした時の真ん中の黒い影


初めて質問させていただきます、よろしくお願いします。

右眼ですが、まばたきした時にちょうど真ん中辺りに、黒い丸い残像が見えます。左眼は薄く飛行機の形のような十字が見えます。右眼のその黒い丸の中にハートマークのような白抜きがあり、早くまばたきをすると同じ場所に現れて、まばたきを止めると残像がぼんやり残り、両目だと自分の意志で残像を視界から消せますが、症状の出ている片目だと、残像は消せません。

また、片目で残像が出ている時は残像の色は茶色で、目に力を入れると灰色になります。あまり目をパチパチやり過ぎて、夜間両目で見ると違和感が出ました。

初めてなのですが、この症状は何でしょうか?放っておいてもいいのでしょうか?網膜剥離か緑内障の前ぶれではないかと心配でなりません。とても、悩んでおります、どうぞ、よろしくお願いします。


薄暗い部屋で横になって天井を見ているとそのような症状が現れることがあります。眠りにつく直前、または覚醒した直後によく見えます。網膜の中心部分の細胞の種類、密度の違いによって、周囲と残像の出方が違うためにそのように見えます。条件が整えば網膜の血管や視神経乳頭の影を見ることもできます。

但し、十字やハートマークは、黄斑部に何か変化が起こっているのかもしれません。網膜剥離や緑内障は無関係です。もし心配なら眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-09-24 17:37 | 何かが見える