excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:外傷 ( 54 ) タグの人気記事

目の下のくぼみに指が


目の下のくぼみ(眼窩の眼球がない部分)に指が刺さりました。目に効くツボを押していたら勢いあまって、くぼみに刺さり押してしまいました、、。その後痛くて涙が出ました。しばらくして鼻の奥辺りというか指が刺さった奥の方、詳しい部分が表しにくいのですが痛みます。見え方や目を動かしたりしても痛みはないです。

この様な場合は、病院を受診した方がいいのでしょうか?眼球に指が刺さったなどは、ネットにも対処方法などがたくさんありますが、目の下のくぼみについてはなく大丈夫なのか不安です。眼球てはないので、そもそも眼科の範囲ではないかもしれませんがよろしくお願いします。


きっと大丈夫だとは思いますが、念のため眼科受診することをお勧めします。眼球に異常がなければ、眼球外の部分の内出血だろうと思いますので、冷やしたりすればそのうち治ります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-16 14:16 | 外傷

ミドリンとサンピロ


外傷性散瞳の件での回答ありがとうございました。申し訳ありません。また質問失礼させて頂きたいです。

ミドリンPとサンピロについて知りたいです。ミドリンPを処方されましたが1回使用して、少し痛みが出たので使用中止となり、あまり使用することはないんですけど。と先生が言いながら、サンピロ点眼液1%を処方されました。痛みが出たらまた中止して次の診察まで様子見と言われています。

使用したところ、目の充血ぐらいで痛みはありません。自分なりに調べてみたら、サンピロは眼圧を下げる緑内障の目薬とかいてありましたが、緑内障とはまだ言われてないし、眼圧は10~14ぐらいなのですがこのまま使っていても問題ないのでしょうか?

河野先生の言われた、ミドリンPで少し痛みが出た程度での中止より点眼続行。というのが気になっています。また外傷後からサンベタゾンを1日4回点眼しています。

あまり使用する事ない。と言われたのも気になって、、外傷性散瞳の治療はミドリンPの方が多いのでしょうか?散瞳はなかなか治らないと言われても、効果があるのなら治療して、少しでも縮まって欲しいです。

何度も申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。


処方された薬の目的は、処方した医師に聞きましょう。診療の妨げになっては困りますので、診ていない医者がとやかく言える問題ではないのですが・・あと、薬剤師には聞かないようにしましょう。理由はこのブログ内で「薬剤師」で検索してください。

サンピロは緑内障の薬ではなく瞳孔を縮める薬です。それによって緑内障発作の予防や治療に使われますが、眼圧を下げる作用があるわけではありません。

こういった場合には確かに普通は使いませんが、もし点眼が作用すれば、虹彩をミドリンとは逆方向に動かすことが出来るので、虹彩後癒着を解消しようとしたのかもしれません。また、点眼で縮瞳が起こるならば、回復の見込みも大きくなりますし見え方も改善しますので、それを確認するためもあるのかもしれません。気長に頑張りましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-10 09:29 | 外傷

虹彩後癒着


先日、外傷性散瞳のことで質問させていただきました。ご丁寧なお返事ありがとうございました。今よりは綺麗に見える様になる、治る見込みがあると聞いて不安が和らぎました。申し訳ありませんが、また質問させて下さい。

現在、事故を起こす前に使っていたメガネを使用していますが、片目ずつで見ると文字の大きさなどが全然違います。病院でこのメガネを使っていても問題ないのかと聞いたら、大丈夫です。と言われました。

裸眼でみるとボヤけがかなり強く、視力も下がっているのだと思いますが、このメガネを使っていて、右目の視力も落ちる様なことはないでしょうか?打撲からまだ日は浅いのですが、メガネ、使えたらコンタクトなど調整しなくていいのか気になります。一日中、パソコンで目を使う仕事をしているので視力が悪化しないか心配です。

将来、外傷性緑内障などになった時に早く発見できるように、普段から気をつけたいと思っているのですが、ここまでボヤけていると気付いたら悪化している…という事になりそうで恐いです。

また、茶目が固まってきているのでミドリンを処方され、1回使って少し痛みが出たので使用中止、次の受診まで様子見になりました。小さな癒着というのは悪化しないでしょうか?一度ついたらその箇所が駄目になるということはないのでしょうか?何度も申し訳ありませんが、宜しくお願いします。


メガネは見え方を変えるだけの道具であって、病気を起こす、病気を悪化させるなど目に対する影響は有りません。合っていないメガネで、疲れる、ふらつく等の影響があったとしても、それだけのことです。また、目を使って視力が低下することもありません。どんなメガネを掛けてどのように目を使っても大丈夫です。

点眼を1回使って「少し痛みが出た」程度で中止したのですか。炎症が強くなく、悪化の恐れが少ないとの判断だと思いますが、当院なら「我慢して点眼を続けてください」と言いそうな気がします。

「小さな癒着」というのは当方の推測ですが、そう仮定して説明します。虹彩は水晶体と瞳孔の部分で接触しており、常に動いています。虹彩の動きが無い状態で強い炎症が起こると、接触部分で水晶体とくっついてしまうことがあります。虹彩の後ろが癒着するので虹彩後癒着といいます。その部分だけ瞳孔の動きが制限されるのですが、見え方に大きな影響はありません。

ところが炎症が長引いて、滅多に無いことなのですが、虹彩後癒着が全周、つまり瞳孔部分全部でリング状に起こると、虹彩の後ろで作られた房水が前房に行けなくなってしまいます。その結果、房水は眼球外に排出されなくなり、緑内障発作を起こすことになります。これを防ぐために点眼をしている訳です。

よほど強い炎症が長引いて、よほどいい加減な治療をしない限り上記のような事は起こりませんので、どうかご安心ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-05 14:13 | 外傷

外傷性散瞳


エアバックで左目を強打しました。前房出血をして、光は分かるのですが白くなって全く見えませんでした。次の日から血が引いてきて、少しずつ物は分かるようになりましたが、瞳孔が拡大していて外傷性散瞳になりました。

その後、左端に光がチカッとすることがあり受診したところ、今のところ問題なしと言われました。しかし、拡大した瞳孔の端っこが少し縮まってはいるけど、血が固まっているので水晶体にうつる?といけないと言われ、ミドリンP点眼液を寝る前に1回点眼する様に言われました。

現在、メガネを使用していますが、瞳孔拡大の影響で眩しさもあり、ピントが合っていないというかボンヤリ二重に見え、特に近くの物は裸眼でも二重にぼやけています。現在、治療中ですが次の診察まで不安で、不安でたまらないです。そこで質問させて下さい。

1.外傷性散瞳は治療はないというのは理解はしているのですが、二重に見えたりするのは治ってはくれないのでしょうか? 事故から2週間程ですが、少しでも綺麗に見える様になりますか?
2.瞬きをしたり、まっすぐ見てると左端がチカッとする事が今後の何かの病気に影響してるのでしょうか?
3.いまは問題なくても事故の影響で右目も何か影響が出たりするのでしょうか?
4.瞳孔が開いているのに散瞳薬を使用して悪化しないのか心配です。
5.外傷性散瞳で悪化しないように、今後、気をつけていかなければいけない事があったら教えていただきたいです。
6.授乳中なのですがミドリンPという目薬ですが、子供に何も影響はないでしょうか?
7.血が固まってるというのは涙と関係ありますか?看護婦さんに涙出てますか?と言われたのが気になりました。

よろしくお願いします。


1.慣れもあるとは思いますが、少しは綺麗に見えるようになりますよ。瞳孔が小さければ、光は水晶体の中心付近の正確なレンズの部分のみで屈折され、シャープな像を網膜に結びます。しかし、瞳孔が大きくなっていると、光はレンズとして歪みの多い水晶体の周辺からも入り、二重になったり滲んだりします。また、散瞳するのと同時に毛様筋が麻痺し、近くにピントを合わせることが出来なくなっていると考えられます。ミドリン点眼でその作用は増強します。

2.打撲によって後部硝子体剥離が起こっているための症状でしょう。眼球が動くと硝子体が大きく動き、網膜周辺部で硝子体が網膜を引っ張っているのでしょう。変化がなければ心配いりません。後部硝子体剥離は誰でもそのうち起こるものです。

3.右は大丈夫です。

4.点眼の効果は数時間で、決して永続しません。完全に散瞳していないから点眼するわけで、治る見込みがあるとも考えられます。また、点眼の目的は、虹彩を動かして水晶体と癒着させないためです。炎症を抑える効果もあります。「瞳孔の端っこが少し縮まって」いるのは、小さな癒着が起こっているのかもしれません。

5.特に無いのですが、見え方に変化がないかは注意してください。紫外線が眼内に入りやすいですので、直射日光下では裸眼で太陽を直視しないでください。UVカットの眼鏡かコンタクトなら安心です。

6.直接飲ませたりしない限り、何の問題もないですよ。

7.血が固まっていると聞こえたのは、血の塊があるということで、眼内にまだ吸収されていない出血が残っているという意味です。眼球の外の涙とは無関係です。「涙出てますか?」の質問の意図は不明です。涙が眼球の中から出ていて、それが血の塊を溶かして流してくれるとでも思っているんじゃないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-02-02 12:46 | 外傷

眼球打撲後の複視


子供です。友達が投げた本が眼に当たり、直後に視界がぼやけると言ったので、救急で眼科を受診しました。目には何も異常がないとのことで帰りました。ですが、本人は物が二重に見えると言い、目の下が痛いと言いだしたので、翌日近くの眼科を受診しました。そちらでも、目には傷もなし、瞳孔を広げる目薬で検査もしていただきましたが異常なし。目の下の骨を痛がると伝えましたが、本くらいでは骨折もしないとのこと。見ためには、赤くも青くも腫れてもないです。目の動きも問題ないそうです。CTなどは、大きな病院にしかないとのことで、救急で診ていただいた総合病院にも再度行きました。ですが、そちらでも骨は大丈夫でしょうとのことで、結局レントゲンもCTも撮ってもらえず。視力は問題ないとのことで、原因不明のまま、明日で一週間になるのですが、まだ二重に見えると言っています。

当初よりは、二重に見える範囲が狭くなってきたと言っているのですが、このまま経過観察で治ってくれるのか毎日不安です。日常生活は普通にしていますが、見る角度によって二重に見える。飛んできたドッチボールも二重に見えるからキャッチがずれるとのことです。目の下は、触るとまだ痛みはあるみたいです。この痛みがなくなると、複視もなくなることはありますか?近くの眼科には、明後日の予約ですが、御意見をお聞かせいただけないでしょうか?よろしくお願い致します。


申し訳ありません。今日までこのメールに気付きませんでした。今更ですが回答します。

「二重に見える範囲が狭くなってきた」という事から考え、心配ないと思います。おそらく打撲によって眼球の奥に小さな内出血または腫れが生じ、それが眼球を動かす筋肉を圧迫し、眼球運動に制限がかかり、見る方向によって2重になっていたのだと思います。時間がたてば回復します。もし万が一骨折があったとしても「ひび」程度だと考えられますので外科的な処置は不要です。要するに、レントゲンやCTは不要で、経過観察で良いと考えられます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-12-28 17:36 | 外傷

外傷性散瞳とアトロピン


野球の試合中に硬球が当たり、救急車搬送されました。そちらで撮っていただいたCTなどのデータと紹介状を持って、大学病院の眼科を受診しました。網膜の剥離はなく、今のところ眼圧も正常値なので、手術は現時点では必要ない。硝子体や前房に出血があり、今後眼圧が上がる可能性はある。また、外傷性散瞳の所見があり、これは治らない可能性があるとのことでした。

目薬を3本(リンデロンA液、アトロピン点眼液1%、コソプト配合点眼液)処方されたのですが、薬局でいただいた処方薬についての解説を読むと、アトロピンについて、「散瞳(瞳孔を開く)薬です」と書いてありました。素人考えですが、今後治らない可能性もあるほどの外傷性散瞳の状態のところにさらに瞳孔を開く散瞳の目薬を使ってよいのかと不安になり、ご質問させていただきました。よろしくお願いいたします。


現在炎症が強く、出血もある状態ですので、虹彩と水晶体が癒着してしまわないように、或いは、虹彩を休めて炎症を早く鎮めるために、アトロピンを使うのが最善と判断したからでしょう。もちろん状況に応じてアトロピンを使わない場合もありますが、このような場合は使うのが普通でしょう。

アトロピンを使うことと、外傷性散瞳の有る無しは無関係です。また、アトロピンを使うことで外傷性散瞳がさらに悪化することはありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-06-19 15:38 | 外傷

黒目に傷


5月20日の夜、マスカラの繊維が混入したみたいで左目が充血し、少し痒みが出たのですぐにコンタクトの使用をやめました。翌日市販されている結膜炎の目薬をさしたら充血と痒みはおさまったのですが、白っぽくぼやけて眩しさを感じて遠くも近くも見えにくくなりました。

なので週明けの月曜日に眼科を受診しましたら、左目の黒目に傷があるのでコンタクトの使用中止とクラビットのみの処方で、また次の週明けぐらいに来てくださいとの事。

色々なサイトを見ていると、黒目の傷は濁りが残ったり見えにくさが残ったりすることがあるので早期治療が大切だと書いてあるので不安です。クラビットのみの処方でヒアレインなどの処方はされなかったのですが、傷がそれほど深くなかったのでしょうか?また、傷が浅く日にちが経ち傷が治れば自然と白っぽいぼやけや視力は回復するのでしょうか?


>傷がそれほど深くなかったのでしょうか?
きっとそうでしょう。
>視力は回復するのでしょうか?
もちろんそれを目標に治療しているはずです。

傷と言いましても様々な原因、様々な状況があり、それを診た医師にしか分からないことです。クラビットのみなら、それ以外は必要がないと判断したということです。その判断が正しいかどうかは当方には全く分かりません。

不安なら別の眼科を受診するしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-05-28 14:23 | 角膜・結膜

外傷性視神経症


質問なのですが、緑内障には、色々種類があると思うのですが、外傷性視神経症は緑内障に分類されるのでしょうか。

又、外傷性視神経症と外傷性緑内障とは、違う病気なのでしょうか。後遺症を残す事なく治療する事は可能ですか。


全く別のものです。日本眼科学会のサイトを引用します

<外傷性視神経症
 落下事故、交通事故などで前額部(特に眉毛の外側に近い部位)を強打した場合に、片側の視神経管内の視神経が挫滅して、視力・視野障害が起こることがあります。受傷早期(通常24時間以内)であれば、副腎ステロイドの大量投与が試みられます。視神経管開放手術については議論があります。>

受傷の程度、治療開始時期、治療方法などによって結果は変わってきます。

一方、外傷性緑内障は打撲などの外傷によって隅角に変化を起こし発症する、慢性的な続発性緑内障です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-05-27 15:09 | 外傷

術後の外傷性散瞳


金属の破片(1mm程度の大きさ)が目の中に入ってしまいました。角膜→虹彩→水晶体と突き抜けて、硝子体中に金属片があるのがわかって、すぐに摘出手術をうけました。

術後の診察で虹彩が動いておらず、瞳孔が、楕円がゆがんだような状態になっていることがわかりました。外傷性散瞳で虹彩を動かす神経が麻痺している可能性がとのことでした。

現在は自宅療養で経過観察となっています。現在使用している目薬は、クラビットとリンデロンです。術後2週間はミドリンP、コソプトも使用していました。

このまま経過観察のみで良いのか不安です。治療で何かできることは無いでしょうか。


術後の高眼圧もおさまり、炎症も順調に沈静化しているようですね。きちんとした手術の出来る病院ですので、まかせておいて問題ないと思います。なるようになると考えて、あまり思い悩まないほうが良いでしょう。

現在の点眼は、一番強い抗菌剤と一番強いステロイドです。決して「経過観察のみ」ではありません。十分に「治療中」です。点眼を忘れないこと、異常を感じたら受診することを心がければ、特に何もすることはありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2013-01-28 09:50 | 外傷

ダンボールで怪我


ダンボールで作った剣が眼に掠った?当たって今少し腫れてる感じです。
眼帯とかした方がいいんでしょうか?


ダンボールは不潔です。角膜に傷が出来て、感染を起こしているかもしれませんので、眼科受診してください。もし小学生未満であれば、眼帯は弱視の元ですのでしないように。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2012-09-28 12:15 | 外傷