excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:乱視 ( 34 ) タグの人気記事

アイパッチ


こんにちは。こどもの-5の最強度乱視で以前から相談させていただいているものです。先日も回答ありがとうございました。

中学生以上になると弱視になる心配がなくなるので、不便がなければ裸眼で良いとのことでしたが、娘は現時点で裸眼で両眼ともに0.1で-5の乱視もあるのできっと裸眼で不便がないということは考えにくいですよね…?

コンタクトに眼鏡の件は理解できました。ありがとうございます。バレエを習っているので、そのときだけでも矯正できる範囲のコンタクトをして眼鏡が外せるという選択肢を与えてやれたらなと思ったのですが…。

それと、お友達で同じく遠視性乱視で眼鏡で矯正している子がいるのですが、常時眼鏡で、視力に左右差はありませんが、片目ずつアイパッチをして1時間半の手元での作業をしているとのことです。視力検査を2週間に一度とのことで、うちは3カ月に一度で、常時眼鏡をかけるのみなのですが、眼科によって考えや方針が違うのは承知しておりますが、視力に左右差がなくてもやはりアイパッチをして眼をよく使う時間を増やせばそれだけ視力の上がりも良いのでしょうか?

また河野眼科でのこども弱視治療における視力検査の間隔はどのくらいですか?3カ月に一度というのは長く空いている方なのでしょうか?よろしくお願いします


申し訳ありません。前回、ご質問の趣旨を取り違えていたようです。コンタクトの乱視の度数は2.25Dぐらいが最大ですので、十分な矯正は出来ません。コンタクトが使えるようになったら、コンタクトで出来るだけ矯正し、それで不十分な場合に眼鏡で度数を追加するのが良いと思います。うまくいけばコンタクトだけで済むかもしれませんが、眼鏡で乱視を追加する必要があるかもしれません。ワンデーであれば小学生のうちから使えるかもしれません。

お友達の件ですが、同じ遠視性乱視という病名でも状況は同じはずがありません。全員違うと思ってください。治療方法もオーダーメイドなのです。「片目ずつアイパッチ」ですか。不思議な方法ですね。普通、アイパッチは健眼遮蔽とも言って、矯正視力の良い方の目だけを隠して、悪い方の眼を訓練する方法です。ところが、斜視や斜位の場合などに、交互にアイパッチを使用する方法もあるのです。計画を立てて状況を判断しながら進めますので、受診間隔は短くなります。つまりお友達はずっと重症なわけです。

また、アイパッチをすれば誰でも視力が上がるなどと考えないでください。アイパッチは視力低下の特効薬ではありません。必要のないアイパッチは弱視の原因です。ですから、受診間隔や訓練方法を他人と比べるのは意味なしです。当院でも受診間隔はまちまちです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-04-07 11:05 | 視力・斜視

コンタクトの上からメガネ


以前にもこどもの-5の最強度乱視で相談させていただいた者です。

またお聞きしたいことがあるのですが、コンタクトで乱視を最大限可能な限り矯正して、学校の体育や休み時間をコンタクトで過ごし、さらにもっとよく見えなければいけない授業中などにコンタクトの上からメガネをかけるなどということも可能なのでしょうか。

もちろん、コンタクトは自分で管理できる年齢になってからということと、コンタクトで最大限に矯正して本人が日常生活を困らないとすることは前提であると承知しております。


可能です。でも、小学校4年生または卒業までは常時眼鏡です。コンタクトは中学以上です。ところが、中学以上なら弱視になる心配がなくなりますので、常時眼鏡ではなくなり、裸眼で不便が無ければ必要時眼鏡のみ、または常時コンタクトになると思います。併用は不要です。

もしかして、よく見えるメガネ・コンタクトを使用したら目に悪いとでも思っていませんか。そんなことはありませんよ。適切な度数より強い度数の眼鏡を使うと疲れたりしますが、まともな眼科はそんな処方はしません。見え方と装用感のバランスを確認しながら度数を決定します。「適切な度数より強い度数」というのは、オートレフで測定された通り、或いは「完全矯正度数」のことです。ただし、10歳ぐらいまでの治療期間中は、あえてそのような度数を処方することはあります。

コンタクトとメガネの併用は可能ですが、この場合は意味がありません。屈折の左右差が大きい場合に、それをそろえるためにコンタクトを片目に使用し、その上から両眼同程度の度数の眼鏡で矯正することはあります。また、中年以上の場合に、遠くに合わせたコンタクトの上から老眼鏡を使ったり、近くが見えるコンタクトの上から遠用メガネを掛けたりしますが、あくまで老眼の場合です。お考えの方法も、中年になってからの方法で、子供のうちから考える必要はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-16 13:42 | 視力・斜視

完全矯正は必ずしも必要でない


3歳児の-5の乱視について相談させていただいているものです。

前回の回答に、メガネだと中途半端に歪みが残るとありましたが、どの程度のものなのでしょうか。例えば、黒板の字や小説の文字などを読むことも困難となる可能性もあるのでしょうか。

また、メガネでの完全矯正が難しい場合、他にはどのような方法があるのでしょうか。将来的にもコンタクトはこの乱視の度数では難しいのですよね?


もう、お子さんは危機を脱したのですから、無闇に心配しないように。前回の回答をよく読んでください。「網膜に映る像の縦横の伸び縮み」という意味での回答の「中途半端」です。「本人が感じる歪み」という意味ではありません。

光学的な話なのです。-5ジオプターの乱視には-5ジオプターの乱視のレンズを使わなければ完全矯正にはなりません。ところがそれをやると、今まで乱視があるのが普通だった目にとっては、逆の乱視が加わったように感じるのです。ですから、眼鏡は緩く処方します。

普通、小さいお子さんには完全矯正に近い度数を入れます。乱視で過ごした時間が短いですので矯正状態に慣れやすいからです。逆に年長の子に初めて処方する場合は、緩くせざるを得ません。その分、最終的な視力に少しは差が出るのです。2.0出るはずの眼なのに1.2とか1.5までしか出ないという事です。これでは不十分でしょうか。

以前の回答に「半分ぐらいの矯正度数のメガネで1.2の視力が出ておりました」とあるように、半分の矯正でも視力は出るようになるのです。もちろん半分の度数のコンタクトでも然りです。ちなみに、この方は5歳から乱視のメガネをかけていたそうです。

ところで、乱視というのは決して特殊なものではありません。10人に9人、いや、30人に29人ぐらいが乱視持ちです。大多数の方は少しの乱視を持ったまま、それを矯正せずに視力1.5ぐらいで普通に生活しています。ですから、5ジオプターの乱視に4ジオプターの眼鏡をかけて1ジオプターの乱視が残っていても、全く気にする必要もないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-08 16:09 | 視力・斜視

乱視と近視の裸眼視力は比較できません


三歳児の-5の乱視と中度の遠視について、以前にも相談した者です。現在、裸眼視力は0.2です。弱視治療用の眼鏡で矯正しています。

①矯正視力が上がっても、裸眼視力が上がることはないですか?

②同じ年の子たちは通常1.0程度あると聞きました。それでも、大人になるにつれて視力が下がっていく子もいますよね。スタートが、普通の子は1.0で、我が子は乱視で0.2ですと、やはり1.0あった子よりも視力は低くなる可能性が高いのでしょうか?

③3週間、眼鏡をかけて視力検査を行ったところ、矯正視力が0.7でした。-5の極度乱視でも矯正視力が0.7になっているということは歪みなどももう改善されているのでしょうか。それともまだ多少はぼやけているのでしょうか。

よろしくお願いします。


1.裸眼視力を上げるための治療ではないのですが、少しは上がるかもしれません。

2.乱視の裸眼視力と、その他の裸眼視力を比較しても仕方がないのです。比較できないのです。大人になるにつれ裸眼視力が下がっていくというのは、近視の場合は普通のことですが、ピントの合う距離が近くなるだけですので、乱視ですべての距離でピントが合わないのとは異質のものなのです。

3.ご質問の意味が分かりません。「歪み」というのが「網膜に映る像の縦横の伸び縮み」なら、裸眼では歪んでいますが、完全矯正すれば歪みは無くなります。眼鏡の場合は中途半端に残ります。「本人が感じる歪み」という意味なら、今はまだ「眼鏡をかけた方が歪んでいる」と感じているかもしれません。今まで3年間、歪んだ状態を普通だと認識していたわけですから。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-11-02 09:06 | 視力・斜視

強度乱視でも視力は出ます


先日、3歳のこどもの-5の重度乱視について相談させていただいた者です。早速メガネを作り、かけさせています。

メガネをかけて矯正していけば、いずれは視力もでて、文字なども二重などにならずに見えるようになるのでしょうか。

これほどの強い乱視だと、メガネで矯正し、メガネをかけていても黒板も見えずらく、教科書の文字も読みずらいという人の話を聞いたのですが、子供もそうなる可能性もあるのでしょうか。


眼鏡をかける目的は、普通に見えるようにすることです。ちゃんとやれば確実に矯正視力は上がりますし、二重に見えることも無くなるはずです。

眼鏡をかけても見えにくい人はいるでしょう。みんな条件が違いますので比較にはなりませんよ。同じデータの目に同じ時期から同じ治療をしても、同じ結果になるとは限りません。また、同じ目でも治療開始が遅いと結果は悪いです。他人の話を聞いて一喜一憂するのはやめましょう。

と言いながら、こういうことが最近ありました。コンタクトを作りに来た人ですが、片目の乱視が4ジオプター、もう一方がなんと6ジオプターもありました。両眼とも、半分ぐらいの矯正度数のメガネで1.2の視力が出ておりました。もちろん車も運転されます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-10-11 17:24 | 視力・斜視

5ジオプターの乱視の強さ


先日、こどもの強い乱視のことで相談させていただいた者です。早速、矯正眼鏡を注文してきました。

両眼に-5の乱視と右2.0と左2.75の遠視があるのですが、-5の乱視というのは重度のものなのでしょうか。普段生活していて、字も読めるし、絵も描いたりするのですが、この数値は高ければ高い程、見え方にも比例しますか?数値が高いだけで、歪みなど見え方には重度というほどそんなに不便していなければいいなと思っているのですが…。

-5の乱視ですと、子供はどのような見え方をしているのか知りたいです。視力は0.2なので、もちろん眼鏡での矯正は必須ということは承知しております。

また、眼鏡の処方箋に
S右+2.75D 左+4.00
C右-4.50D 左-5.00
A右10度 左180度
とありました。眼鏡合わせのときに、担当の方は最初にいれたレンズを子供にかけさせ、視力検査をし、入れ替えることなく、それで終了したのですが、本当に大丈夫なのか不安です。Sの数値の左右差や、Aの10度と180度は何を示しているのでしょうか。

最後に、主に車に乗った時や外で遊ぶ際にとてもまぶしがるのですが、これは乱視の影響でしょうか?それとも他の病気の可能性もあるのでしょうか?


5ジオプターの乱視はもちろん重度です。当方の視力検査用のテストレンズは、近視遠視のレンズは20ジオプターまでありますが、乱視は6ジオプターまでしかありません。それ以上の乱視が普通は存在しないからなのです。

乱視の見え方は、その逆の度数のレンズを掛けてもらえれば再現できるのですが、ご家庭では不可能です。簡易的な方法としては、出来上がった眼鏡を普通にかけるのとは90度回転させて覗いてみてください。そのまま掛けても、縦横の伸びは逆になりますが、乱視の目の見え難さは体験できると思います。細かいものは決して見えず、すべてのものにピントが合いません。

今回のメガネは普通の矯正用ではなく、弱視の治療用ですので、装用感よりも正しくピントを合わせることが目的なのです。本人がすごく嫌がる度数でなければ大丈夫なのです。Aは乱視の軸の角度で、両眼ともほぼ水平で、正乱視といえます。遠視の左右差はこの程度は普通です。普通の軽度の遠視の目を、上下に押して平べったくした状態だと考えてください。

裸眼視力0.2だから眼鏡が必要なのではなく、矯正視力が悪いから必要なのです。このまま矯正視力が伸びなければ、普通学級で授業についていけないかもしれませんし、車の運転免許も取得できません。それを出来るようにするのが眼鏡の目的です。近視で裸眼視力が0.2というのとは、対処方法が全く違います。

まぶしがることについては眼科で聞いてください。乱視のせいかもしれませんし、結膜炎やドライアイかもしれません。水晶体や網膜の病気でも起こることはあります。

今まで、お子さんは見えにくそうにはしていないでしょう。それは、乱視のない世界を見たことがないからなのです。脳がぼんやりした世界に慣れてしまっているからなのです。眼鏡をかけ始めると逆に見えにくいと訴えるかもしれません。心を鬼にして続けてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-09-28 11:25 | 視力・斜視

3歳の強い乱視


3歳の子供が、両目の乱視と遠視と診断されました。散瞳薬を使用しての検査でした。乱視は両方-5です。

眼鏡での矯正と言われましたが、強い乱視は眼鏡矯正は眼や頭が痛くなるため向かないと調べたらあったのですが、子供はたえられるのか不安です。また乱視は治らないと言われましたが、この先も強い乱視と付き合っていく上で、コンタクトという選択もできるのでしょうか。

ちなみに子供の視力は両目ともに0.2で矯正視力は右0.5で左は0.3です。今後、視力は回復するのでしょうか。また、本当に眼鏡なしでの生活ができる日が来る可能性はないのでしょうか。

子供の乱視の程度は今から治療を始めたらどのくらいまで良くなる可能性があるのでしょうか。せめて中程度までさがってほしいです。

また乱視と遠視が強いとメガネは他者からみたらかなり眼がおおきく見えるようなレンズになるのでしょうか。お友達からからかわれたりしないか心配です。


現在は乱視のせいでピントが合わず弱視(矯正視力が出ない)の状態です。眼鏡できちんと乱視を矯正すれば視力は十分に回復するでしょう。視機能が成長する10歳まで、特に小学校に上がるまでは重要です。コンタクトの様な子供に管理できない物のことは忘れてください。10歳過ぎてから考えてください。他人がどう思おうと関係ありません。今きちんとやらなければ、取り返しがつきません。

「強い乱視は眼鏡矯正は眼や頭が痛くなるため向かない」というような一般論は無視してください。

眼鏡なしで生活できる日は必ず来ます。眼鏡なしでよく見えるのではなく、眼鏡なしでも矯正視力が下がらなくなるという意味で、よく見えるようにするには、眼鏡かコンタクトは必要です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-09-24 18:10 | 視力・斜視

子供の遠視と乱視


子供の視力ですが、乱視が増えてきてるので不安になりメールをさせていただきました。遠視についても度数が減らないのを心配してますが、どこの病院でも個人差があるとのお返事で…

これまでの経過です。

2歳10ヵ月の頃に遠視が分かり眼鏡を装着するようになりました。
裸眼視力 R0.1 L0.5
矯正視力 R0.3 L0.5

R S+8.0 C-1.0 A180°
L S+7.0 C-1.0 A180°

その後、4歳11ヵ月(丸2年)の時に眼鏡を作り替えました。
矯正視力 R1.0 L1.2

R S+7.5 C-1.25 A10
L S+7.0 C-1.5 A180

度数に合わせて眼鏡を作成すると斜視が出るので少し軽くしているとのことでした。

そして今回、眼鏡に傷が入ったので新しいのをもう一本作ることになりました。
両目裸眼視力0.7
両目矯正視力1.2
R S+7.5 C-1.25 A10
L S+7.0 C-1.75 A180

いつもは一週間点眼した後に視力を計ってましたが、今回は何もせずそのまま計測しました。裸眼視力が伸びてきたことにはほっとしてますが、度数が変わらないこと、このくらいの子供でも乱視が進むことはあるのでしょうか?このまま成長と共に増えてくるものでしょうか?それとも、点眼せずに視力検査をしたのも影響してるのでしょうか?


順調ですね。不安を感じることはなさそうです。

乱視が増えているかどうか、遠視に変化ないかどうかはわかりません。書かれている度数は、処方した眼鏡の度数ですので、その通りの度数の目だとは限らないのです。その時点でその度数が最適だったということです。乱視が進むかどうかですが、大きく変化はしないでしょう。点眼の影響は少しはあるんじゃないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-02-05 17:12 | 視力・斜視

逆の目に乱視?


私は右眼に角膜ヘルペスを持っております。そして、最近知ったのですが、なぜか、左のみに乱視があるのに、眼鏡は右に乱視矯正されております。

素人感覚では間違いとしか思えないのですが、これは何か意味があるのでしょうか?


最近知ったということは、何の違和感も無く眼鏡を使用していた訳ですね。それなら、間違いではなく何か意味があるんじゃないでしょうか。処方した医師に聞いてみてください。

当方の印象では、右眼にヘルペスがあるのに、左のみに乱視があるという方が不自然なのですが。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-26 14:14 | コンタクト・めがね

アイパッチは急ぐか


4歳2ヶ月の娘の目についてご相談願います。 先日、病院にて娘の左目が弱視ということで、眼鏡をかけることになりました。 眼鏡の処方には以下のように書かれていました。(視力検査は目薬を差してから行いました)

右: SPH+0.25 CYL+1.00 AXISx100
左: SPH-0.5 CYL+3.25 AXISx80 (弱視)

「弱視」という無知な病名だった為、その場では詳しく質問できず、帰宅してから自分なりに調べ、娘の症状について今はそれとなく把握していると思います。ですが疑問に思うこともあり、次回の検診が4ヶ月後まで待たなければならないので、こちらにて回答を頂ければと思いました。

①まず、SPHは近視か遠視を表すというのがわかったのですが、娘はプラスマイナスもあって、眼鏡屋さんに聞いたところ「書き方の問題なので、両目とも遠視」と言われたのですが、だとしたら娘の遠視の度数を教えて頂けませんか?娘の遠視はどの程度のものでしょうか?(数値を見ると軽い方なのでは?と思ってしまうのですが)

②CYLは乱視だというのが分かったのですが、娘の乱視(特に左)は強い方でしょうか?将来遠視が治ってきたとしても、この乱視の度数は常に眼鏡が必要なほどでしょうか?

③素人の私の判断で、娘の弱視は遠視というより乱視による弱視なので、比較的矯正視力が伸びやすいのでは?と思っているのですが、間違いでしょうか?

④病院の先生に、初めの4ヶ月は眼鏡に慣れさせるだけで、その後でアイパッチを一日2時間から最高で4時間、8歳までやらせましょうと言われました。ですが、調べていくと、弱視治療にアイパッチは早ければ早いほどいい、と聞いたので、4ヶ月間も何もしないのは、すぐ5歳になってしまうし不安です。アイパッチをやることはもう決まっているので、1~2ヶ月後に娘の様子を見て勝手に始めてしまうのは無理でしょうか?(もちろん、病院の先生に電話して承諾を得たいのですが、次の診察までになんだかんだと3-4ヶ月はまたされると思います。)


眼鏡処方箋は
 右 S+0.25DこC+1.0DA100°
 左 S-0.5D こC+3.25DA80°
となっていますが、右の100°と左の80°は左右対称ですので、10度だけずらして表現すると、
 右 S+0.25DこC+1.0DA90°
 左 S-0.5D こC+3.25DA90°
となります。これは普通は
 右 S+1.25DこC-1.0DA180°
 左 S+2.75DこC-3.25DA180°
のように表現されることが多いと思います。全く同じ処方です。図示するとこうなります。

+0.25
I
I
L_______+1.25

-0.5
I
I
L_______+2.75

右は水平方向には+1.25Dの遠視、垂直方向には+0.25Dの僅かな遠視。平均すれば+0.75Dの遠視です。左は水平方向には+2.75Dの遠視、垂直方向には-0.5Dの近視です。平均すれば+1.125Dの遠視で、右よりやや強いです。眼球が上下から押されて、少し平べったくなり、水平方向の角膜のカーブが緩くなり遠視側に変化し、垂直方向は角膜のカーブがきつくなり近視側に変化しているのです。

もし乱視が全く無く、眼がまん丸ならば、右は+0.75Dの遠視、左は+1.125Dの遠視で、この程度では弱視は起こりません。弱視の原因は3.25Dというやや強い乱視のせいなのです。治療により弱視は治りますが乱視は残ります。「弱視が治る」というのは眼鏡をかければ良く見えるということで、「乱視が残る」というのは眼鏡をかけなければ良く見えないということです。ですから、将来「常に眼鏡が必要」かどうかは本人の決めることなのです。ちなみに今は眼鏡をかけても良く見えない状態です。

眼鏡をかけているだけでも訓練はもう始まっているのです。焦る気持ちも分からなくはないのですが、ここは指示通りやってみてはどうでしょう。弱視といっても0.1も出ないものもあれば、右に比較して悪いという程度のものもあり、状態によって訓練の厳しさも変わってきます。大急ぎでアイパッチを始める必要がない程度だと判断したのでしょう。もちろん眼科医の承諾を得てアイパッチを始めても、おそらく問題はないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-02-25 09:54 | 視力・斜視