excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:ノンコン ( 6 ) タグの人気記事

ノンコンで高眼圧


眼圧についてお尋ねします。

私は強度近視と乱視のため約5年程前から眼科で定期的に受診しています。その際、毎回のように空気式眼圧測定で左右25前後の測定値が出でしまい、診察室にて点眼麻酔をしもらい青い光をみる直接式眼圧測定をしてもらう事になります。直接式では左右17前後です。

主治医の先生は「毎回いつも緊張しているのね。直接式では正常範囲だから大丈夫」とおっしゃって頂いて高眼圧とはいわれず眼圧下降の目薬も処方されていません。

頭では直接式眼圧測定で正常範囲なら心配する事は無いと分かっているのですが、毎回検診に行く度に空気式で高く出でしまうことが不安です。苦手意識で上手く目が開けれなくなってきているように思います。

私のように空気式眼圧測定が毎回高く出る人は割と多いのでしょうか?直接式眼圧測定が正常範囲なら毎回空気式が高く出ても高眼圧症を心配しなくても良いでしょうか?眼圧に対して敏感になっているので回答して頂ければと思います。お忙しい所すいませんが宜しくお願いします。


無視して結構です。ノンコン(空気式眼圧計)はあなたが実体験しているように出鱈目です。

「眼圧に対して敏感になっている」のなら、当ブログの「緑内障」タグの記事を100個ほど読むことをお勧めします。あるいは「ノンコン」でブログ内検索してください。

ちなみに、眼圧下降の目薬が処方されないのは、眼圧が低いからではなく緑内障でないからです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-03-16 14:09 | 緑内障

本当に眼圧測定をしたのか


先日、「アレルギーと霰粒腫の関係 」で早速ご回答いただきありがとうございました。わかりやすいご説明で大変感謝しています。

さて、続けざまに申し訳ないのですが、今回「診療費請求明細書」をじっくり見てみて、ひとつ疑問に思ったことがありますので、また質問させてください。

検査内容についてですが、以下の三種類の検査が記載されています。
*スリットM(前眼部)
*精密眼底(両)
*精密眼圧

診察内容は、あごをのせる機械で光をあてて目をのぞき、マブタを裏返して観察、そのあと、「少ししみますよ」と言って黄色い目薬を点眼されました。

疑問点は、これで眼圧検査も行なったことになるのだろうか、ということです。というのは、風を眼にあてて検査するのが眼圧検査と認識しているためです。また、眼圧を診る、あるいは眼圧が正常云々というような説明もなかったためもあります。

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただければ幸いです。


その診察内容がすべてであれば、スリットM(前眼部)と処置の点眼だけです。

麻酔の点眼をした後、青い光を当てながら眼圧計の先が目に接触する検査をしたのなら、それが本当の精密眼圧検査です。

精密眼圧ということで一定の点数(現在82点、820円)で保険請求されるのは、
1.医師が麻酔の点眼をして、細隙灯に顎をのせて測る、ゴールドマンアプラネーション眼圧計
2.医師が麻酔の点眼をして、手持ちで測るアプラネーション眼圧計
3.医師が麻酔の点眼をして、手持ちで測るトノペン
4.医師または職員が手持ちで測るアイケア
5.職員が空気の出る機械で測るノンコン
などがあり、ゴールドマンアプラネーション眼圧計がすべての眼圧計の基準です。

ノンコンはあくまで簡易検査ですのでスクリーニングにしか使えません。ノンコンで緑内障診療をするなどもってのほか。医師免許返納に値する愚行だと個人的には考えています。「風を眼にあてて検査するのが眼圧検査と認識」されるようになってしまった背景には、どの検査も料金が同じということがあるのです。利益優先すれば当然そうなってしまいますね。

日本緑内障学会が「ゴールドマンでもノンコンでも緑内障診療をする上で差異は無い」と明言するまで、この主張は取り下げません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-07 12:51 | 眼科検査

メガネが必要かどうか


4年生の子供のことです。二年生のときに近視であることがわかりました。自宅で、目の運動を日課にしているためか、視力の低下は、抑えられていて、先日、眼科で測定したところ、右0.7、左0.5でした。矯正では、両眼とも1.2でした。途中で、レンズ交換とかはしてなかったので、自覚的屈折度数は、調べていないと思います。ただ、オートレフでの屈折度数が-3.75と進んていて、目を細める癖も出ているために、メガネを勧められています。「いきなり、度数の強いメガネは、きつく感じるので、かけられないから、今から慣らした方が・・・」と眼科の先生は仰いました。

ただ、オートレフの検査で、一緒に眼圧も測れるのか、空気が出てくるのが恐怖のようで、測定時には、機械を前に、ものすごく緊張して固まっています。検査員の人とは別に、2人がかりで抑えて、やっとのことで測定している様子です。それで、ちゃんと測れるものかなと疑問に思います。家では、本を読んでいて、1mm角もないふりがなも、45センチくらい離して読めるようです。

視力も、家で3メートル、両目で測定すると、午前中で1.2、良いときは1.5見えています。寝る前だと、ゆっくり見てですが、日によって0.6~1.0まで見えています。

学校でも、最後列からノートも取れているし、参観の日も、細かい文字も、目を細めずに注意して、それでも難なく写し取っていました。本人は、別段、困っていないのです。学校の測定では、ほとんどB測定で、たまにCが入ります。

子供は、困ってもいないし、メガネは、わずらわしいと思っているようです。ちなみに、眼科でワックをしますが、最初の数回は、見事に効果がありましたが、その後は、全く効果なしです。

今、メガネをかける時期を遅らせると、後々、必要になったときに、いきなり度数の強いメガネで苦しむことになるでしょうか?


途中でレンズ交換しない矯正視力測定ですか。視力がどれだけ出るかを計るだけならそれでいいのですが、近視の程度を調べるのなら不十分です。ですからオートレフで-3.75といっても正しいかどうかわかりません。例えば-2.5ジオプターで視力1.2出るかもしれませんよ。

現在困っていないのなら、急ぐ必要は無いと思います。仮にもう少し近視が強くなってから、緩い度数の眼鏡を開始した場合、次の眼鏡に変更するまでの期間が短くなるとは思いますが、その程度の問題だけでしょう。例えば、今眼鏡を作ったら1年もつものが、半年後に眼鏡を作ったら半年しかもたない、というようなことです。

小学生に空気の出る眼圧計で毎回計るのですか?理由は聞かれましたか?眼圧が高いのですか?視神経に変化が起こっているのですか?ノンコンについては、このブログの左の帯の下の方の[検索]というところで「ノンコン」を検索してみてください。当方のノンコンに対する考えが見られます。「「空気の出る機械が怖いので眼科には行きたくない」と子供が言います」と言ってみるのも一つの方法です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-01-20 16:27 | コンタクト・めがね

どの眼圧を信じるべきか


眼圧が高めということで年に4回くらい通院しています。眼圧はだいたいノンコンで18,19(右16~19、左17~19)です。もう3年はこれくらいです(7年通っていて当初19,22が2回ほど出た)。今は特に問題のない目だと言われています。しかし、一度もアプラで測定したことがなかったので、より正確な数値を知るため別の眼科を受診しました。

そこではノンコン19,20で、アプラ19,19でした。「問題ない。正常範囲。眼圧気にするからあんまり病院行かないほうがいいね」と言われました。それでも心配でまた別の眼科を受診しました。

そこではノンコン20,24(左右4回ずつ連射するタイプ)で、アプラ19,21でした。ここ何年も19あたり(ノンコンですが)だったのと、2つ目の眼科でも19だったのでとても驚きました。医師は「緊張してたのかもね。空気は高く出やすい。眼圧1,2の違いは気にしなくていい。近視もそんなに強くないし、神経もしっかりしてる」と言っていました。

たくさんの眼圧に関するサイトを見たのですが、「眼圧20までが正常」と書いてあるものと、「21までが正常」と書いてあるものがありました。眼圧21は前者なら高眼圧症、後者ならぎりぎり正常範囲になります。「アプラは医師によって誤差があり比較できない」と知っていますが、どこの数値を信じたらよいのでしょうか。先生の考えを聞かせてもらえますか。お願いします。


2番目か3番目の眼科に年に1回受診してください。最初の眼科は論外。

「アプラは医師によって誤差があり比較できない」というのは大間違いです。それぞれの医師が正しく測定すれば、1や2の違いは出ても極端な違いは起こりえません。アナログですのでそういうものなのです。また、一日の内でも変動しますので、別の眼科での測定値が違うのは当然です。しかしノンコンは驚くほどデタラメな数値を出すことがあり、誤差どころではないですよ。医師以外が測定しデジタル表示ですので、測定時の状況もわからず、それがどの程度ずれているか想像すらできません。ブラックボックスなのです。最近の機械はかなり正確になっていると期待したいところですが、信頼できる公立病院から、アプラネーションより10以上低く出たという報告もありました。高く測定されることの多いノンコンでこういう事もあるのかと驚かされました。

もう眼圧の数値に右往左往するのは止めましょう。現在視神経に異常がないということですので、何の心配もありません。アプラネーションで20前後ですので、確かにやや高い目かとは思いますが、年に1回程度アプラネーションで測定して、上昇傾向が無いか、OCTで視神経に変化が無いかを確認すれば十分と思います。

正常眼圧というのは、緑内障の無い人の多くがこれくらいの眼圧にあるというだけです。20であっても21であっても大差ないのです。眼圧25で何年経っても緑内障にならない人もいれば、眼圧10でも緑内障が進行する人もあります。つまりある人にとって25は正常眼圧で、別の人にとっては10でも高眼圧なのです。実際に診療していると、正常眼圧(治療前からずっと正常眼圧)緑内障の方が、普通の(未治療での眼圧が高眼圧)緑内障より遥かに多いのですよ。緑内障の無い人の多くが正常眼圧であるのと同様に、緑内障の人の多くが正常眼圧なのです。

それでは眼圧測定は無意味かといえばそうではなくて、以前に比べてどう推移するかが重要なのです。昔からずっと眼圧20だった人は心配しませんが、今まで10だった人が15になっていたら心配なのです。緑内障の点眼をして、眼圧がどれだけ下がるかも、治療効果の判定という意味で重要です。ですから正確な眼圧測定が必要で、アプラネーションで測定することが重要なのです。決してスクリーニングとしてのノンコンを否定するつもりはありません。手軽に誰でも測定できるということは捨て難い事です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-28 13:20 | 緑内障

緑内障診療ガイドライン


緑内障で6年ほどキサラタン点眼で治療中です。眼科での経過観察で空気眼圧計で毎回測定しているのですが13~20位できています。

アプラネーション眼圧計での測定は2回目か3回目の時に一度だけ測定して以来行っていません。河野先生のQ&Aブログで空気眼圧計についての回答をいくつか拝見して不安に感じましたが、空気眼圧計での経過観察は無意味なのでしょうか?他に毎回診察での眼底検査(倒像鏡)や年1回のOCT検査を行っていますが大きな変化なくきています。


誰でも検索すれば見つけられますが、
日本眼科学会 緑内障診療ガイドライン(第3版)を引用しますと、

Goldmann圧平眼圧計(アプラネーションのことですね)は、臨床的に最も精度が高く、緑内障診療において標準的に使用されるべき眼圧計である。Goldmann圧平眼圧計では、Schiotz眼圧計に代表される圧入眼圧計とは異なり、測定値が眼球壁硬性の影響を受けにくいという利点がある。
(中略)
非接触型眼圧計(ノンコンのことです)は測定手技が簡単であるが、スクリーニング目的に限定して使用されるべきである。測定値には角膜の物理学的特性の影響があることが知られ、例えば、角膜が薄いと眼圧が低く、角膜が厚いと眼圧は高く測定されることが知られている。

となっています。「スクリーニング目的に限定して使用され」ていない現状があるために、このような記載があるのでしょう。眼科の診療内容というのは眼科学会の方針に従わないければならないというわけではなく、それぞれの医師の裁量が認められています。当方は緑内障診療ガイドラインに全面的に賛成で、その立場で意見を書いておりますが、ノンコンを使う医師にも、それなりの根拠があるのでしょう。どうしても気になるようなら、尋ねてみてはいかがですか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2015-02-03 16:16 | 緑内障

ノンコンだけで高眼圧症の点眼治療


現在高眼圧症で通院していますが腑に落ちない所があります。眼圧検査法は空気眼圧計でしか計測した事が無く、高眼圧症診断で目薬治療開始してます。最近になり空気式より正確さのある直接目に触れる測定器があると知り私は本当に高眼圧なのか?と…。視野検査と視神経は異常無しです。

質問は。目薬治療が始まると一生途中で止める事が出来ないと聞きましたが、私の様な場合でも点眼中止は出来ないのでしょうか?(眼圧数値28で治療開始しました)

緑内障じゃなくても高眼圧の場合、予防の為に治療開始する事もと言う記事を見たのですが、高眼圧症の治療開始数値は平均値よりどれ位上がれば治療開始するのでしょうか?


医師が眼圧を測定する時間をとれないほど混雑しているのでしょう。正確ではないが医師以外でも簡単に測れる眼圧測定の保険点数と、医師が注意深く測らなければならない正確な眼圧測定の保険点数が同じであるところが元凶なのです。簡易眼圧測定として別の項目を創設すべきです。

高眼圧症というのは一般的な正常値(10~20)を超える眼圧にもかかわらず、視神経に異常を認めないものを言います。視神経の正確な診断と、正確な眼圧測定が必要です。OCT等で視神経の状態を正確に経過観察できるのならば、高眼圧症で必ずしも点眼治療は必要ありません。視神経に変化が起こり始めた段階で治療を開始しても決して遅くは無いでしょう。数値が幾らかとか決まっているわけではないのです。

ノンコンの測定値が28だったということですので、おそらく本当は20~30の間だったのでしょう。ノンコンは実際の眼圧より高く出ることが多いのですが、逆に低く出る場合もあります。もし本当の眼圧が30だったとしたら、遠からず緑内障になっていくでしょう。それを心配して点眼を開始したのでしょうね。もし20だったとしたら、永遠に緑内障にはならないかもしれません。

点眼の中止はいつでもできます。何も問題は起こりません。一度別の眼科を受診して、今までの経過を説明して相談されてはいかがでしょう。あっさり点眼中止になるかもしれませんよ。機械があれば大丈夫とは言いきれませんが、アプラネーション眼圧計とOCTは必要不可欠ですので、電話で確認してから受診されることをお勧めします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2014-10-24 16:05 | 眼科検査