excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:おしらせ ( 12 ) タグの人気記事

左上の眼底写真


突然のメールで失礼いたします。

Q&Aブログページの左上にある、眼底写真はどのような症状なのでしょうか?

自分の眼底写真に似たような、薄い雲がかかっていたような気がしたので、お問い合わせした次第です。

眼底写真に雲のような物が見受けられる疾患のケースとあわせて、ご返答いただければ幸いです。


読みやすく変更しました」に説明のあるように、全く異常のない子供の眼底です。
e0137559_0151630.jpg

「眼底写真に雲のような物」というのは図の水色で示した物でしょうか。これは、網膜の反射です。子供の網膜の表面にはつやがあり、眼底写真を撮るとフラッシュが反射してこのように写ります。年齢とともにつやは消失しますので、同じものが写っていたとしたら網膜が若々しいんだと思ってください。

赤の部分はアーチファクト(カメラのごみ?)です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2010-04-29 00:18 | おしらせ・その他

ステロイド点眼の強さを知りたい


私は薬剤師をしております。色々と調べてみたのですが、分からず、眼科のDrが直接答えて下さるこのサイトにたどり着きましたので、ぜひ教えて頂きたい事がありまして、メールを送らせていただきます。

ステロイドの点眼薬の強さのランクについて、教えていただけますでしょうか?色々と調べてみたのですが、分かりませんでした。メーカーに聞いてみたのですが、点眼は塗り薬と違って、個人差や条件その他もろもろの違いがあり、Drの経験上、リンデロンがフルメトロンより強いと認識してるDrが多いが、比較したデータがないとの返事でした。

濃度も、もちろんあるでしょうが、リンデロン>フルメトロンだとすると、サンテゾーンやオルガドロンは比較するとどこに入るのでしょうか?デキサメタゾンがよく分からないのですが、外用では、デキサメタゾンはmediumですが、プロピオン酸or吉草酸デキサメタゾンはstrongですよね。サンテゾーン、ビジュアリンはメタスルホ安息香酸デキサメタゾンナトリウムで、オルガドロンはリン酸デキサメタゾンナトリウムですから、よく分からなくなっています。

先生はどういう使い分けをされているのか、教えて頂けますでしょうか?患者さんから、この薬はこれより強いのか、弱いのか聞かれて、不勉強を痛感しています。どうか河野先生の見解を教えていただきたく、お願いいたします。


「患者さんから、この薬はこれより強いのか、弱いのか聞かれて、不勉強を痛感しています」ということは、患者さんに対して「強いです」とか「弱いです」とか答えたいわけですね。それでは、ステロイドの強い弱いとは何でしょう。即効性でしょうか。持続性でしょうか。それとも副作用の強さでしょうか。Aの病気に対する強さでしょうか。Bの病気に対する強さでしょうか。Cの副作用の発生率でしょうか。Dの副作用の重症度でしょうか。患者さんが質問されたとき、それがどの項目についての質問か判断できるでしょうか。或いは、どういう意図を持って質問しているのか判るでしょうか。

多くの患者さんにとっては、医師の説明と、薬剤師の説明は同等に扱われます。実際にその患者さんの眼を診察し眼疾患についての専門知識を持った医師と、診察もせず眼の専門知識も持たない薬剤師が同等なのです。いや、場合によっては、あとから説明する薬剤師の方を信用したりします。患者さんは薬局で薬の事を聞いたのですからそれも当然でしょう。そして今までの経験では、医師と薬剤師の説明が食い違う場合、患者さんは医師に対して不信感を抱き、その結果、適切な治療の妨げになります。これは多くの医師が感じている事だと思います。

ご近所の眼科で診察を受け、あなたの薬局に購入に来る患者さんは、その眼科医から説明を受けているはずです。或いは後日説明を受けるはずです。そのときに、あなたの説明と眼科医の説明が違ったら大問題ですので、当方の見解をここに載せることはしません。眼科医全てが同じ基準を持っている訳でもありません。また、基準があったとしても、患者さん一人ひとりの病状に対してその都度考える事ですので、無いも同然です。是非、その眼科医の見解をお聞きになり、患者さんに対して薬局で説明できる内容と範囲をご確認ください。

特にステロイドに対しては、異常に神経質になっている患者さんも存在します。最悪の場合、医事紛争にもなりかねません。もし質問があった場合には、薬の説明は一般論にとどめ、「実際に診察した医師でないとわからないので、診察時に聞いてください」と逃げてください。お願いします。切なるお願いです。

追加です。「強い薬ですよ」と説明して、それで患者さんが怖くなって点眼をやめたために、炎症が長引いて視力が(不可逆的に)低下してしまった場合、あなたは責任を取れますか。こんな恐ろしい事は、医師に任せた方が良いと思いませんか。調剤薬局には毎日お世話になっており、薬剤師さんにも大変感謝しています。決して敵意を持っているのではありません。本当に患者さんのためになる方法とは何かを考えると、余計な説明はしていただかないというのが最善なのです。どうか、ご理解ください。

次のページもご覧ください。
調剤薬局で眼圧を聞かれるのですが
しっかりしてよ薬剤師さん

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-12-10 15:08 | くすり

偏頭痛にスーパーライザー


はじめまして河野先生。頭痛 加古川で検索したところ河野眼科様のページがヒットし、大変恐縮ですが、質問させて下さい。

私は30代女性、元来頭痛はありましたが、2年程前より、ストレスからか、強い頭痛に悩まされるようになりました。脳外科より偏頭痛の診断で、6月から薬剤コントロールしているところです。最近は頻度が多く、強さも日常生活がままならない状態となることもあります。

今回スーパーライザーが星状神経ブロック様の効果があると貴院のページにあり読ませていただきました。昨年星状神経ブロックを体験したことがありますが、副作用が強く、怖さもあり継続するには困難だと思いました。初めてこのようなものがあるとききましたので、大変画期的だと感じ、眼科疾患はありませんが、この治療を受けることは可能でしょうか?可能でしたら受診を考えております。効果など先生のご経験からアドバイスいただけたらと思います


偏頭痛は閃輝暗点という前駆症状を伴う場合が多く、眼科の疾患でもあります。是非診察を受けてください。その結果、全く治療を要するものが無い場合、それ以降はスーパーライザーのみ無料で受けていただけます。治療を要する場合、診察は普通のペースで、スーパーライザーはいつでも受け付けます。週に3回でも、週に1回でも、あるいは1ヶ月に一回の診察としたら、その時だけでも構いません。

星状神経節ブロックに比べて遥かに安全ですが、効果は半分(以下かも)だと思ってください。気軽に受けられますが、しばらく続けないと効果は出ないと思います。スーパーライザーだけで15~20分かかりますので、終了30分前まで、できれば1時間前までに受付してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-07-12 08:59 | スーパーライザー

読みやすく変更しました


河野先生、新しいブログの完成おめでとうございます。
でも少しだけ目がチカチカするような気が・・

医療相談ではないのですが、ブログ右上の眼底写真についてです。
以前に眼科で見せてもらった自分自身の眼底(異常無しといわれました)とずいぶん印象が違うのですが、どうしてでしょうか。白っぽくなっている部分があり、何か特殊な眼底でしょうか。

これからも、悩んでいる方々のお力になって頂きますよう、よろしくお願いいたします。
また質問させていただく事があるかと思います。お身体に気をつけて、がんばってください。


ありがとうございます。
この眼底写真は、全く異常のない子どもの眼底です。ご本人とご両親の了承を得て使用しています。

子どもの網膜はこのようにピカーっと反射します。その反射がちょうどコウノの「コ」の字に似ていますので、採用しました。また河野眼科のロゴマークとして使っている左向きのランドルト環にも似ています。残念ながら、年齢とともに「つや」がなくなり、反射も無くなってきます。

>でも少しだけ目がチカチカするような気が・・

気になっていたのですが、スキンのプラネタリウムの黒バックに合わせて強調文字の色を決定していますので、白っぽいバックにすると、強調が見にくくなってしまうのです。色の変更がまた面倒なのです。色々悩んだ末、大きな文字のスキンに変更することにしました。色は、時間が有れば徐々に変更していきたいと思います。(すみません。右にあった眼底写真が、スキンを変えたため左に行きました)

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-06-28 12:52 | おしらせ・その他

ブログ引越し完了しました

6月26日ブログ引越し完了しました
河野眼科Q&Aブログ(びぃぶろぐ)の内容は、全てここに引越しして来ました。
★ご質問は河野眼科ホームページからお願いします。


by kounoganka | 2008-06-26 23:55 | おしらせ・その他

悲しいメールと嬉しいメール

「メールアドレス等を御記入になっても、メール等での直接の返事はいたしません。」
このように河野眼科ホームページの無料相談の説明に記載しています。読んでない人がいると思い、最近、赤で強調しましたが、立ち上げ当初からのルールです。にも拘らず、自分宛に個人的に返事をしてほしいと希望される方が時々いらっしゃいます。有料の医療アドヴァイザー契約をしたわけではありませんので、そういうご希望にはお答えできませんので、ご了承ください。ブログで相談内容を公開しているのは、多くの方々の役に立つからであって、個人的な相談のためだけではない事を、どうかご理解ください。いつまで待っても返事が来ないなあと思っている方は、これに該当するかもしれませんので、改めてもう一度メールをお送り頂けないでしょうか。

一方、当方の回答に対してお礼のメールもよく頂きます。基本的に公開はしていないのですが、非常に嬉しく、癒されます。

人に物を頼むときには頭を下げる。何かをしてもらったら礼を言う。こういう社会生活の基本は忘れたくないですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2008-05-27 10:08 | おしらせ・その他

市民健康フォーラム(第2報)

加古川市民健康フォーラム「聞いて得する!白内障・緑内障の話」が、10月1日(日)午後1時に加古川総合保健センター3階で、私、河野の司会で開催されます。来場に予約は必要ありません。当日、のじぎく兵庫国体の関係で高校野球の「ハンカチ・・・」君が、隣の高砂市に来るということですが、気にせず保健センターにいらしてください。

木村眼科の木村先生が「これならわかる白内障」、稲美中央病院の大道先生が「40分で学ぶ緑内障」という講演をします。先日、打ち合わせをしたのですが、それぞれ非常によくまとまっており、しっかり聞いていただければ、勉強になると思います。

質問は事前に受け付けておりまして、9月22日(今日ですね)までに郵送かファックスで市民健康フォーラム事務局までお送りください。お送りいただいた質問は(時間があれば)講演の最後に演者が回答します。その場での質問は、スライド等の準備の関係上、お受けできません。

フォーラムはあくまでも一般論で、個別の質問は、フォーラムに続いて3時から2階で開催される、目の無料相談で受け付けます。私を含め、4人の眼科医が対応いたします。こちらも予約は必要ありません。個別の相談ではありますが、診察をするわけではありませんので、医療機関を受診する代わりになるとは思わないでくださいね。

詳しくは、河野眼科ホームページ>加古川市加古郡医師会>市民健康フォーラムのご案内をご覧下さい。
by kounoganka | 2006-09-22 15:45 | おしらせ・その他

看板に偽りあり!?


質問ではないのですが、よろしいでしょうか。
JR加古川駅上りホーム、東の階段の河野眼科の看板ですが、電話番号が古いままです。
河野眼科ホームページの窓の写真でも、古い電話番号が表示されたままです。ご参考までに


電話番号が (0794)25-4715 から(079)425-4715 に、今年の5月に変わりました。

ごめんなさい。看板を書き換えるほど資金力がありません。加古川の人は局番が25から425になったことを知っていますし、市外の人は、今までと変わりません。ですから、ダイヤル間違いは起こりませんので、今まで通りで放置しています。

番号がそのままのうちは、経営が苦しいんだなと思ってやってください。
ご指摘ありがとうございました。
by kounoganka | 2006-09-13 15:39 | おしらせ・その他

立体駐車場が怖い


河野眼科の契約駐車場についてお聞きします。
私の乗っている車は○○○○で、平成パーキングのようなエレベーター式のパーキングに停めることは出来ません。また、駅前立体駐車場ではありませんが、自走式の立体駐車場で思いっきり壁に擦ってしまった事があり、怖くて入れる事が出来ません。平面の駐車場で契約しているところは無いのでしょうか。


平成パーキングは小さめの3ナンバー車は大丈夫です。○○○○は背も高く無理ですが、駅前立体は○○○○より大きな車でもよく入っていますよ。
契約駐車場はその2箇所だけですが、それ以外の駐車場にとめて駐車券を河野眼科受付にお出しいただければ、1時間分の駐車料金として、300円をお支払いいたします。駐車場によって料金は違いますが、あくまで300円ということでご了承ください。その際、駐車券のコピーをとらせていただきますので、必ず駐車券をお持ちください。(駐車券の無いコインパーキングは不可です)

例えば、駅前立体駐車場の少し東、但陽信用金庫とユニクロ(現在はマルアイ)の間のオーエムパーキングは、自走式の立体駐車場ですが通路も広くゆったりしていますので、腕に自信の無い方でも大丈夫です。
路上駐車を決してしないよう、また、誰かの借りている駐車スペースに停める事の無いよう、お願いします。

オーエムパーキングも契約駐車場になりました。また、契約駐車場は2時間無料です(例外あり)。
http://www.eonet.ne.jp/~kounoganka/tyuusya.html
をご覧ください。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2006-09-11 15:32 | おしらせ・その他

市民健康フォーラム

強烈に忙しく、更新が全く出来ませんでした。ごめんなさい。

加古川市民健康フォーラム「聞いて得する!白内障・緑内障の話」というのが、10月1日(日)午後1時に加古川総合保健センター3階で行われます。
木村眼科の木村先生が白内障の話を、稲美中央病院の大道先生が緑内障の話をされます。私、河野は司会ですので、少しは喋りますが講演はしません。質問は事前に受け付けています。

フォーラムに続いて3時から、2階に移動して目の無料相談をやります。私も相談員の一人として参加しますので、この機会にぜひご相談ください。無料相談はそれぞれ個室で行われますので、プライバシーは守られると思います。また、会場では、目の病気のパネル展示などもあります。

詳しくは、河野眼科ホームページ>加古川市加古郡医師会>市民健康フォーラムのご案内をご覧下さい。
by kounoganka | 2006-08-13 12:04 | おしらせ・その他