excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


心因性視力障害-放置して大丈夫?

4年生の娘さんの視力についてのご相談です。

学校の視力検査で左右ともCで、初めて眼科に行きました。眼科ではどちらも0.2でしたが、心因性視力障害ということで、本当は1.5見えているので治療はいらないと言われました。このまま放置して大丈夫と言う事なのですが、心配なので視力回復の業者に行こうかと悩んでいます。行ったほうが良いのでしょうか。


ご安心ください。何も心配する事はありません。
心因性視力障害というのは、実際にはよく見えているのに、見えないと思い込んでいる状態です。原因はよく判りませんが、家庭や学校、友人関係などが影響していると思われます。放置してもそのうち必ず治り、後遺症は残しません。そのままの視力で固定してしまう事もありません。小学4年生ぐらいの女子に多く見られます。子供にとってストレスが無いかを見直す、良い機会かもしれません。

オートレフという器械があります。眼鏡屋さんにもありますし、チラシを見る限り業者さんにもちゃんと置いてあり、有効活用されているようです。心因性視力障害の場合、それで測ると特に屈折異常は見られません。視力は良いだろうと思って裸眼視力を測ると、十分な視力が出ません。それではと、遠視のレンズを入れてみると余計に視力が下がります。今度は遠視のレンズの上から近視のレンズを徐々に度数を上げて入れていくと視力が出てきます。もし、遠視のプラス1のレンズの上から近視のマイナス1のレンズを入れた状態で1.5出るとすれば、裸眼で1.5あるのと同じことになります。

本人がうそを言っているのではありません。本当によく見えないのです。間違っても「本当は見えてるんでしょ」というようなことは言ってはいけません。ですから、クラスでは前の方の席が必要になります。眼科では(少なくとも河野眼科では)保護者の方にこの事を説明して、治療をせずに経過観察します。完全に理解し納得された方は経過観察も不要です。それでは子供さんが納得しないと考えられるときは、保護者了承の下、仮性近視の治療や、疲れ目の治療をやってみたりします。結膜炎などの別の病気がある場合はその治療をしながら経過をみます。2-3ヶ月で治る場合もあれば、2-3年続く場合もあります。どうしてもメガネが必要だと訴えるときには、ゆるい度数の(もちろん本人の屈折度数に合わせて)メガネを処方する事もあります。

業者に行く件ですが、申し訳ありませんが、営業妨害と言われると困りますのでコメントは差し控えさせていただきます。放置しても治る病気ですので、治療をすればその人の手柄になります。お母さんの立場でしたら、例えば眼に良いといわれているブルーベリーのジャムを、毎朝パンにのせて食べさせてあげるとかすれば、お母さんの手柄になりますよ。(ごはんなら梅干し?のりの佃煮?)

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-06-26 11:12 | 視力・斜視

傷が痛くないから重傷?なんで?

「角膜に傷がいっぱい出来ていますよ」
「え、本当ですか?」
「本当です。痛くないのですか?」
「全く痛くないですが」
「これだけ傷があると、本当は痛いものなのですよ」
「という事は、まあ、割と軽いということですね。よかった」
「逆です。痛くないから重傷ですよ」
「そんなばかな。痛いほうが重傷でしょ」
「ある日突然こんな傷が出来たら、痛みで目を開けられませんよ」
「そうなんですか」
こういう会話が、河野眼科ではよく交わされます。

角膜に傷が出来ることがよくあります。
角膜表面は、タイルをビッシリ敷き詰めたように、角膜上皮細胞で覆われています。それがポロリポロリと剥がれ落ちると、眼科医の言う「傷」になります。

傷が出来る原因は様々です。
・コンタクトレンズによるもの
・角膜の乾燥
・結膜炎によるもの
・角膜の部分的な酸欠状態
・さかまつげが角膜表面をこする
等々、ほかにもあると思います。
このような状態が急に起こり角膜に傷が出来たら、敏感な角膜はものすごく痛いのです。ところが、長期間かかって徐々に傷が増えてきた場合は、痛みをあまり感じません。それは、角膜が慣らされてしまって鈍感になるからです。別の言い方をすれば、角膜の知覚が麻痺してしまったということなのです。
それでも、痛くないほうが良いじゃないかと考える人もいるでしょうが、本当にそうでしょうか。ちょっと想像してみてください。「あれ、けがをしたのに痛くないぞ」「傷が治らずにずっとジクジクしているのに痛くない」というような状況は何か変ですよね。

傷があるのに痛くない場合、知覚の麻痺した部分は、感染を起こしやすい状態になっています。痛みが無いから、治ったと勘違いして治療を中断する事も多く、そのせいでさらに重症化する事があります。また、長期間かかってじわじわと悪くなっているので、治るのにも時間がかかります。

現在通院中の患者さんの例です。何年か前から白内障の点眼と合わせて傷を治す点眼を続けていました。痛みは全くありませんでした。1年ぐらい続けたある日、目が痛くなったと来院されました。1年間、全く変わり映えしなかった角膜の傷が、少し減少していました。
「角膜の感覚が戻ってきたのかもしれません。しばらく我慢して目薬を続けてください」
と説明し、同じ治療を続けました。痛みは徐々に治まり、2ヶ月程度で傷はほとんど無くなりました。知覚が回復した事で、傷の治りも加速したと考えています。この方の場合、痛みが回復のサインだったようです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-06-24 10:56 | 角膜・結膜

しっかりしてよ薬剤師さん

先日来院した患者さんの話によると、
去年まぶたがはれて眼科に行きました。眼科医は「目には異常がありませんが、まぶたの腫れを引かせる塗り薬を出しておきます。」と言いました。薬局で「痒み止めの薬です」と言われました。痒くは無いので全く塗りませんでした。

別の患者さん。
薬局で、現在使っている薬を見せてくださいと言われて、眼科でもらったソフトサンティアという、防腐剤の入っていない人工涙液の点眼を見せました。薬剤師に「コンタクトレンズ用の目薬ですね」と言われたため、コンタクトをしていない患者さんは不信を抱いて眼科を替えました。当院で診察したところ患者さんはドライアイでした。

さらに別の患者さん。
イセチオンという還元型グルタチオンの点眼を処方された患者さんは、薬局で「この白内障の点眼を1日4回両目に点してください」と説明されました。目の表面に傷があると聞かされていた患者さんは、その眼科には二度と行きませんでした。

薬の効能は一つとは限りません。薬剤師ならちゃんと知っているはずです。実際に診察して処方したのは医師なのですから、診療内容を知らない薬剤師には、どういう目的でその薬が処方されたか判りません。憶測で説明していると、大変な事になりますよ。

それでは、患者さんはどう対処したら良いのか。
とにかく、診察した医師の説明を良く聞く事です。薬局での説明は、あくまでも一般論です。診察をしていない薬剤師にあなたの身体のことは判りません。医師の話と薬剤師の話が食い違う場合、必ず医師に訊いてみてください。あなたの身体は、みんなと一緒ではなく、あなた個人のものなのですから。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-06-22 10:50 | 重要な事

子供のまぶた-眼科?小児科?


2歳一ヶ月の子供のことでご相談させていただきます。1か月ほど前から左まぶたが少し赤くなっています。すこし腫れもありますが、痛みは訴えません。よくみないとわからない程度なんですが、”さんりゅうしゅ”のようにポコッとは出ていないみたいです。自然に消えるかな、と思っていましたが約1か月、消える気配がありません。まぶたはばい菌が入るから触らない方がいいと、私自身子供の頃から言われていたので一度も触っていません。
小さい子供ですので、小児科にいけばいいのか、眼科にいけばいいのか、分からず、ネットで調べていたところ河野先生のHPを拝見いたしました。お忙しい所申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


行くべきところは眼科です。

目だけに限局していますので、子供でも眼科です。
ただし、小児科ほど子供の扱いに慣れていないので、診るのに苦労しますが・・・・
でも、いったい何でしょうねえ。
1ヶ月も変化が無いとすれば、霰粒腫を想像するのですが・・・・
あいまいな返事で申し訳ありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-06-21 10:50 | まぶた

目の周りが赤くただれる

御主人の目のことでご相談です。

半年くらい前から、左目尻の周辺皮膚が赤くただれたようになりました。本人曰く、痒みはないそうで、少しちくちくするとのこと。その後だんだん範囲が広がり、今では両目の周りが赤くただれています。日によって、赤みの強い日と、そうでない日があるようです。飲酒後(翌日も)は赤みが増すようです。
3軒ほど皮膚科を回りましたが、塗り薬をもらうだけで、塗っても全然改善する様子はありません。血液検査も受けましたが異常はないとのことです。インターネットでいろいろ調べてみましたが、まったく原因がわかりません。


目じり(外眼角)の皮膚は、目頭(内眼角)と共にただれやすい部分です。
ここは上の皮膚と下の皮膚に挟まれて、涙が溜まりやすい部分です。その溜まった涙が蒸発すると、塩分だけが残り、それが皮膚を刺激し炎症を起こします。年齢と共に皮膚がたるんできて、おこしやすくなります。普通は、副腎皮質ホルモンの軟膏を塗ることで、短期間で改善します。

ところが、ご相談の内容は初めの状態は同じように思われますが、その後は全く違うようです。申し訳ありませんが、いったい何なのか、正直言って見当が付きません。感染かもしれないし、何かに対するアレルギー反応かもしれません。
実際に診察をした皮膚科医の処方した薬で全く改善しないのに、診ていない眼科医に分かるはずがありません。

でも明言できる事はあります。
三軒も皮膚科を回ったのは正しいとは思えません。いくら腕のいい医者でも、一回診察をしただけで正しい診断を下せるとは限りません。
塗り薬をもらった>良くならない>やぶ医者だ>別の皮膚科に行こう>・・・・
これだと、どの医者も一から始めることになり、いつになったら正しい治療に巡り合えるか分りません。

治療をした結果、良くなったか悪くなったか、どう変化したかという情報が、正しい診断と治療に繋がります。信頼できると思う医師に繰り返し診て貰うことが大切です。どうしても手に負えない場合は、適切な病院を紹介してもらえるはずです。病院を渡り歩くのは患者さんの損になりますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-06-13 10:47 | まぶた

正常眼圧緑内障の疑い-緑内障禁の薬

メールでのご相談です

5~6年前に、少し近視があり、両眼とも0.2くらいで、ハードコンタクトを作ろうと眼科に行きました。その時に、視神経乳頭が陥没しているといわれました。念の為眼圧、視野検査をしました。眼圧は正常、視野も問題なかったです。半年に1回検診を受けてくださいといわれましたが、1年に1回検査していました。

今年の検診で眼圧は16くらいで、視野検査に異常が見られました。再度、視野検査をしましたが、盲点の近くの部分に欠損?している部分があったようです。数値が低いといわれました。4月に検査を受けたので、今度は3ヵ月後の7月に受診予定です。それで進行していなければ、半年に1回の検診と言われました。

日本では正常眼圧緑内障が多いと聞いています。眼圧も正常でも、低いほうがいいと新聞記事で読みました。眼圧が正常であれば、治療の必要はないのでしょうか?現在、自覚症状はなく、少し老眼がある感じです。ウツがあり、ドグマチール、トレドミン、パキシル、デパス、ソラナックス、サイレース、リタリンを服用しています。リタリンは緑内障には禁忌と書いてあったので気になっています。
セカンドオピニオンで別の眼科を受診してみようかとも思っています。ブログでここを見つけたので、相談にやってきました。定期検査だけで治療の必要はないのか?よろしくお願いします


結論から先に書きますと、定期検査を受けていれば治療の必要は無いと思います。
視野検査の盲点の近くの欠損というのは、おそらく盲点の拡大ではないでしょうか。それだけではまだ緑内障の変化とは言い切れません。近視の強い人の場合よくあることですし、検査時の頭の傾きの角度のわずかの違いで、検出されたりします。

次回は3ヵ月後、それで変化が無ければ半年後というのは、客観的に見て、過不足の無い理想的な頻度だと思います。よい眼科に巡り会いましたね。セカンドオピニオンというのも面倒でなければ良いと思いますが、その必要も無さそうですよ。

正常眼圧緑内障というのは、一般的に正常といわれている眼圧(10~20)なのに、その人にとっては高眼圧なために起こる緑内障です。例えば眼圧が16で安定しているのに視野欠損が進行するならば、その16という数値はその人にとって高眼圧ですので治療が必要です。あるいは眼圧がずーっと24ぐらいでも、視神経や視野に異常が出なければ、その人にとっては正常眼圧の範囲だったりします。

リタリンなど抗うつ剤の多くには、抗コリン作用というものがあります。目に対しては、瞳孔が広がり毛様筋がゆるみ、近くにピントを合わせにくくなります。その時、虹彩の根もとの隅角という目の中の水の出口が狭くなります。もともとその隅角が狭い人があり、その場合に抗コリン作用が加わると眼圧上昇、時には緑内障発作を起こしたりします。
ですからこの場合の緑内障禁忌というのは、狭隅角緑内障または閉塞隅角緑内障なのです。厚生労働省が「ずぼら」して「緑内障」とひとまとめにしているのです。
隅角の事について聞かれていないようですし、眼圧も低いですので、おそらく狭隅角では無いと思います。でも念のため、今の眼科で聞いてみるのがいいでしょうね。丁寧に教えてくれると思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-06-01 10:37 | 緑内障

ボールが目に当たる-外傷性低眼圧

河野眼科に寄せられた相談メールです

私の友達のことなんですが、4月の始めにボールが目に当たり、眼科に行った結果、眼圧が低く、網膜はく離の寸前と言われ、しばらく安静にして通院してます。
目に良いと言われる「ブルーベリー」のサプリメントとか、実をそのまま食べたりしてます。でも、眼圧が全然上がらず今週計ったところ「6」という結果がでました。もしかして「ブルーベリー」がダメかな・・・と思ってみたりもしてます。眼圧を上げる方法ってあるんでしょうか?
わかりにくい文章ですみません。


まずはじめに、ブルーベリーは網膜の神経細胞を元気づけるような効果はあると思いますが、眼圧を変化させるような作用はありません。ご安心ください、でも、効果は期待できません。

低眼圧の原因はおそらく、打撲によって虹彩(茶目)の付け根(周囲の部分;そこから目の中の水が出て行く)が眼球壁から少し剥れたためだと思います。その部分を通って目の中の水がどんどん流れ出ていきます。つまり水の出口が広がったと考えてください。

目の中で作られる水と、出て行く水のバランスがとれたところで眼圧が決まり、一般的な正常値は10~20と言われています。出口が裂けて広がったら、出て行く水が増えて眼圧は下がります。眼圧が下がりすぎると低眼圧黄斑症と言う状態になり、視力が下がり中心部が見えなくなってしまいます。こうなったら、あるいはなる前に、水の流出を防ぐような手術をする場合があります。

網膜はく離の寸前と言うことですが、そちらが低眼圧の原因かもしれませんが、もし網膜震盪という状態ならば、そろそろ良くなっていると思います。

大がかりな手術も出来る、眼科医が2人以上いる病院で診てもらっているのなら、そのまま通院を続けるのが最善ではないでしょうか。間違っても、うちのような頼り無さそうな医者が一人の開業医には行かないでくださいね。結局病院を紹介することになりますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-05-31 10:34 | 外傷

アレルギーの点眼は、ずっと続けるのか

5月25日の投稿で「アレルギー性結膜炎は、治療で治ってしまって治療とおさらばできる病気ではありません。原因物質が目に入れば発症します。治療を続けることで、普通の状態、つまり全く痒くもなんとも無い状態を維持していくことが出来ます。」と書いたのですが、誤解があるといけないので、もう少し書き足しますね。

「アレルギー性結膜炎ですね」と説明したときに
「だったら、ずーーっと目薬を続けなくてはいけないのですか?」と、尋ねられる患者様が多くいらっしゃいます。

はじめは、例えば、抗アレルギー剤と消炎剤の2種類を1日4~5回点さなければならないとしても、そのうちに種類も減って、回数も減って、順調に回復すれば、症状が出たときだけ点眼して良いようになります。
季節性のものなら、ひとまず点眼終了を宣言しますが、通年性のものなら、「症状に応じて」まで行けるはずです。ずーっと同じように続けるわけではありません。

痒みがましになれば、治ったと勘違いして点眼を終了してしまう人が多いようです。徐々に慢性化して治りにくくなることも考えられます。是非とも眼科医の指示通りきちんと治療してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-05-28 10:29 | アレルギー

学校での視力測定と眼科受診

ありがとうございます。メール第1号です。学校での視力検査についてのご相談です。内容は、少々編集させていただいてます。

小学校4年生の娘です。学校から初めて視力の紙をもらってきました。左右ともCでした。眼科に行ったらメガネを掛けさせられそうで、○○○○(視力回復の業者)に行こうかと迷っています。教室では前のほうに座っているため、不便は無いということです。


ご安心ください。眼科では無理にメガネを処方したりしません。強く勧めることはあっても無理強いは決してしません。現在困っているのでなければ、少なくとも今はメガネは不要だと思います。もしメガネを作ることになったとしても、授業中とか必要なときだけ掛けてもらうようになると思います。ずっと掛けっぱなしにしておく必要はありません。
それより、視力回復の業者に行くことについてですが・・・
まず重要なことなのですが、視力が下がるのは近視などの屈折異常だけではありません。
とにかく眼科に行ってみてください。県または市の委託で学校医をしている眼科です。分からない場合は、市役所、医師会にお尋ねください。お子さんの学校の校医なら間違いありません。精密検査をして報告書を書くのは学校医の責務です。
視力回復の業者に行くのは、眼科で回復の見込みは無いと言われてからにして下さい。回復の見込みがある場合は、相談の上、治療をします。眼科医は目の専門家です。多くの知識と経験を持っています。治るはずのものを放置するようなことは普通はしません。
もし、回復しないと言われた近視が治ったら、もう一度眼科を受診して、その眼科医をギャフンと言わせてやってください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-05-26 10:21 | 視力・斜視

学校健診とアレルギー性結膜炎と充血をとる目薬

学校眼科健診が例年のごとく、この時期にあります。今日も上荘小学校で健診してきました。
やはり例年のごとく、アレルギー性結膜炎にかかっている児童生徒が多いです。アレルギー性結膜炎で眼科受診を勧める紙を学校からもらって帰ったお子さんも多いと思いますし、毎年毎年でいやになるという親御さんもいらっしゃるでしょう。

でも実際に紙を持って帰るのは、アレルギー性結膜炎のごく一部、所見と症状のそろった子だけです。結膜炎の症状が出ており、まぶたの裏にぶつぶつが多く出来るなどの所見のある場合だけなのです。
軽いのも含めると、クラスの半数以上がアレルギー性結膜炎になっていますが、その内のきつい人にだけに眼科受診の紙を出します。ですから、引っかからなかったから異常は無かったというものではなく、たまたまその日はきつく無かっただけかもしれません。

結膜炎のきつい子に目薬を点しているか訊いてみると、市販の目薬を使っている子が非常に多いです。中にはある程度効果の有る物もありますが、結膜炎の治りを妨げるような成分の入ったものも多く売られています。特に充血をとる目的で使用される血管収縮剤が、曲者です。体は、病気を治そうとして、血液をどんどん送るために血管を太くします。ところが、充血をとる目薬は、わざわざ血管を細くして血流を悪くしますので、病気は治りにくくなります。本末転倒なのです。治療をして結膜炎が治れば、充血は自然に引いていきます。早く充血をとりたいという気持ちは分かりますが、注意してくださいね。

では、なぜアレルギー性結膜炎を治療しなければならないのでしょうか。痒いだけなのに・・・

目の表面と目の周りの病気の多くが、アレルギー性結膜炎のせいで掻いてしまうことによって起こります。
たとえば、めばちこ(ものもらい)は目が痒くて掻いてしまったときに、手から細菌が感染して起こります。手術が必要だったり、かなり治療に日数のかかる物もあります。
また、感染性の結膜炎も同様にしておこりますが、特にウイルス性のもの(流行性角結膜炎)に感染すると、感染力が強いため、学校を休まなければなりません。角膜の濁りを残し視力が低下してしまうこともあり、こうなったら取り返しがつきません。

アレルギー性結膜炎は、治療で治ってしまって治療とおさらばできる病気ではありません。
原因物質が目に入れば発症します。治療を続けることで、普通の状態、つまり全く痒くもなんとも無い状態を維持していくことが出来ます。できればちゃんと、眼科医の指導を受けてくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-05-25 10:15 | アレルギー

河野眼科Q&Aブログをはじめました

JR加古川駅前の河野眼科のウェブサイトを立ち上げました。そこに寄せられた質問や相談に対する回答や、日々の診療で感じたことなどを、このブログにアップしていきます。

ホームページに掲示板を設置することも考えましたが、掲示板荒らし等があると管理しきれないと思い、断念しました。ブログにコメントを受け付けるようにしようかとも思いましたが、リアクションを迫られているようで、忙しいときには対処できません。

それでこのような、メールを受け付け回答をブログに載せるという方法を考えました。一方通行に近いやり方ですし、回答が遅くなったり回答できなかったりすることもあると思います。でも、出来るだけ真摯に回答して参りますので、どうかよろしくお願い申し上げます。
# by kounoganka | 2006-05-24 09:53 | おしらせ・その他