excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


片目の凄い痛みと涙が1分で消失


こんばんは。
右目だけに凄い痛みがあるのですが、痛くなった後は目も開けられず、涙がたくさんでます。 1分くらい目を閉じていると痛みは引きます。 逆まつげかと思い鏡で見ても、そんな様子はありません。 仕事でずっとパソコンを見ているのですがそれが原因でしょうか?
お返事お願いします。


凄い痛みで目も開けられず、涙が大量に出て1分で痛みが消える・・・・

何かが入ったのでしょうか。重大な病気なら1分で症状が消えたりしません。大量の涙は異物を洗い流すためでしょう。

また、長時間のパソコン作業は眼を乾燥させます。乾燥して角膜に傷が出来ているのかもしれません。その場合、痛みが引いても傷が治っているわけではありません。繰り返すようなら、眼科受診をお勧めします。
# by kounoganka | 2007-08-04 00:09 | 角膜・結膜

コンタクトの無料体験


先日、何気なくコンタクトメーカーのサイトを見ていましたところ、取り扱いの眼科の紹介のページがありました。眼科によって、色んなレンズの無料体験が出来るのですね。また、無料体験クーポンが付いていたりしますが、これが有るのと無いのとでは料金に違いはあるのでしょうか。先生のところはクーポンが付いていませんが、無料体験は出来ないのでしょうか?


B社のホームページですね。無料体験が出来るところと出来ないところがあるような錯覚を誘うページですね。

どこの眼科でも、使い捨てレンズはすべて無料体験できますし、どこの眼科でも保険診療による検査費用が発生します。ですから、WEBクーポンなんかは一切必要ありません。メーカーの販売促進のための小道具に過ぎません。

当院では、B社のメダリスト系の3種類以外に、他社の2週間使い捨て、ワンデーも扱っています。もちろん全て無料体験できますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2007-08-03 00:05 | コンタクト・めがね

スーパーライザーの費用負担


数年前に眼精疲労で、河野先生に診ていただきました。その節は大変お世話になりました。
今年、神戸の眼科でPRK手術を受け、視力も順調に回復し現在は月に一回、術後検診に行っております。今のところは手術を受けた関係上、そこの先生にお世話になっているのですが、河野先生の所で、スーパーライザーを受けたいとおもっております。
この場合、やはり河野先生に眼の状態を検査をしていただいた後、スーパーライザーを受けることが可能になるのでしょうか?
当時は、ワックも無料で使用させていただき、大変恐縮いたしておりました。
私、個人的にはいくらか費用をお支払させて頂いた方が、行きやすいのですが、いかがなものでしょう?


スーパーライザーは、基本的に、現在通院中の患者さんへのサービスとして、無料で施術させていただいております
また、スーパーライザーは保険適応でないため自費診療になるはずなのですが、PRK(近視のレーザー手術)のように劇的な効果が実感できるものではなく、そのため無料にしています。

ですから、できれば一度、保険で診察を受けていただき、現在の眼の状態を把握させてください。眼科医が、眼の手術をした人の眼の状態も知らずに施術しているというのは、恥ずかしいことです。少なくとも「近視術後」などの病名は付きますので、保険診療が可能です。必要があれば点眼等の処方もします。その後、気兼ねなく希望時にスーパーライザーをしていただけます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2007-07-26 23:55 | スーパーライザー

点のようなものが見える(難問)


こんばんは、34歳会社員です。
最近気がついたのですが、やや暗い場所(トイレ、風呂場など)で、目を暫く閉じて開くと、一瞬、点のようなもの(眩しいものを見た時に残る残像みたいな)が見えます。 普通の場所でも不意に数秒ぐらい見えるときがあります。
コンタクトを使用しており定期的に眼科に行くので先生に相談しましたが話を聞いただけで「別に問題ない」と言われました。日常生活に問題は今の所問題ありませんが、心配性な所もあり、落ち着きません。何かアドバイスいただけると幸いです。


心配御無用。気にしなくても良いと思います。
これ以下は読まなくてもかまいませんが・・・・

「別に問題ない」という説明は、「はっきりした原因は判らないが病的なものではない」か「その症状の具体的な状況が理解できないので説明のしようが無いが、眼科的には異常が認められないので大丈夫」という意味でしょう。異常の無い眼でも、目の前に存在しない物が見える事があるのです。

実際に診察して、何も異常を見つけられない状態で、症状の原因を説明するには、いろんな情報が必要です。点のようなものは1個でしょうか、複数でしょうか。点でしょうか、ある程度の大きさのあるものでしょうか。いつも同じ場所に見えますか、不定ですか。それ自体が何色かに光っていますか、真っ暗な部屋で見えますか。ぱっと消えますか、だんだん消えますか。こういった情報があれば、もう少し詳しい説明が聞けると思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2007-07-12 23:47 | 何かが見える

中心性網脈絡膜症と「光視症」


30代の男性です。中心性網脈絡膜症と診断され通院しています。

最近になって網膜の異常も回復傾向に向かい、投薬も飲みきりで良いと言われほっとしていたのですが、別に気になることが出てきました。中心性網脈絡膜症を発症した同じ目に異常があるのです。

眼を閉じている時なのですが、軽い刺激を与えると(眼を軽く叩いたり、頭を軽く叩く等)眼の中に稲妻のような強い光が走ります。稲妻の後、自分の眼の血管が浮き上がって見えます。

中心性網脈絡膜症を発症するまではこんなことは無かったのですが、関連性はあるのでしょうか?
また主治医に相談した方が良いでしょうか?アドバイスを頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。


実際に光を受けていないのに光を感じるものを「光視症」といいます。網膜は、押されたり引っぱられたりすると、興奮して信号を脳に送ります。脳は網膜から来た信号を全て光として認識します。つまり、何らかの原因で網膜が刺激されると「光視症」が起こるのです。

よくあるのが、目の中に詰まっているゼリー状の硝子体が、網膜を引っぱることによって起こる光視です。網膜はく離の前兆かもしれない症状です。また、瞼の上から眼球を指で押すと、押したところの反対側にぼんやりとした光を感じるはずです。

ご相談の症状は、かなり強い刺激が網膜に伝わっているか、弱い刺激でも網膜が強く興奮しているかだと思われます。網膜の疾患の可能性もあると思いますので、主治医に相談すべきです。中心性網脈絡膜症と関係があるかどうかは、これだけの情報ではわかりません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2007-06-15 23:42 | 網膜・脈絡膜

先天性白内障術後のアトロピン点眼


目薬アトロピンについて教えて下さい。
子供は生後6ヶ月先天性白内障の為、術後瞳孔の癒着を防ぐ為アトロピン1%を1日2回点眼してます。副作用で顔が真っ赤になります。口も渇いた感じです。しゃべれないので見た目だけしかわかりませんが、副作用がでるのにこの目薬を半年~1年使って下さいといわれてます。体に害はないのでしょうか?


おそらく心拍も血圧も上昇していると思われます。それを体に害があるとするかどうか・・・・難しいところですね。

普通そのような状態なら、アトロピンとは違う成分の散瞳剤の点眼に変更すると思います。副作用が出ているのにアトロピンを使い続ける理由は何なのか、主治医に聞いてみるしかないですね。アトロピンで散瞳状態を続けると癒着を起こす率が高くなる、と考える眼科医も世の中にはいるんですよ。

で、具体低には「顔が真っ赤になって口も渇いた感じで、可愛そうで見ていられません。こういう副作用の出にくい方法はないのでしょうか?」というふうに質問してみては如何でしょうか。
# by kounoganka | 2007-06-12 23:37 | くすり

坐薬も効かない眼の痛み


40代です。20歳ごろから片目の視力がなくなり明るさも分からなくなりました。その後、外斜視になり36歳の時に外斜視の手術を受けました。

ここ1年位前から黒目が白くなってきました。その頃から目が痛むようになり、保護用のコンタクトレンズを入れています。2ヶ月位前から痛みがひどくなり、角膜が剥 がれかけているということで、残りの角膜を医者で剥がしてくれたのですが、未だ痛みが治まらず辛い毎日を送っています。今も保護用のレンズをしています。

治療法として目薬、痛み止め、座薬を使っているのですが全く効きません。毎日痛みがひどく目も開きにくくなりとても辛いです。先生は何が原因だと思われますか?どうか良いアドバイスを宜しくお願いいたします。


明るさも分からなくなったという事は、角膜の病気ではなく、網膜や視神経などの眼の奥の病気ですね。失明した方の眼が外斜視になるのは仕方ないことです。

1年前から角膜の症状が出ていますが、眼の奥の病気そのものが、直接角膜に影響するとは考えられません。元の病気の影響で眼圧が上昇し水泡性角膜炎が起こったものでしょうか。坐薬まで使っても全く効かないのであれば、転医またはセカンドオピニオンも検討してはいかがですか。

情報を持たない眼科医にメールで聞くよりも、早急に現在の眼科よりランクの高い眼科へ行くことをお勧めします。一日でも早く今の症状を取り除いてほしいと、強く訴えるべきです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2007-06-04 23:32 | その他の疾患

調剤薬局で眼圧を聞かれるのですが

今日は、薬局に抗議に行きました。
緑内障の患者さんの眼圧を、その都度聞くというので、「薬局で眼圧を聞いて、もし、それに対する評価や感想を、薬剤師が患者さんに一言でも言う事があるのなら、即刻やめてもらいたい。」という内容です。

解りやすいように、Q&A形式で説明してみます。

Q(架空です)
数年前から、緑内障で眼科に通っています。視神経にも視野にも少し変化があるということですが、点眼で治療を始めてから安定した状態を保っているということです。一つ疑問に思う事があるのですが、調剤薬局の事です。調剤薬局に、処方された点眼を購入に行くたびに、眼圧が幾らだったかを聞かれます。眼科で聞いた数値を答えているのですが、薬局で聞いて何か役に立つのでしょうか。眼圧によって、薬を変更したりとかするのでしょうか。それとも、眼圧によって、薬剤師が眼科医にアドバイスをするものなのでしょうか。


薬局が患者さんの眼圧を知っても、何の役にも立ちません。視神経の状態と経過、視野の状態と経過、隅角の状態と経過、その他いろんな情報が無い薬局では、眼圧を評価するのは絶対に不可能です。10~20が一般的な眼圧の正常値ということだけを根拠に、千差万別の緑内障を治療していく事は出来ません。したがって、薬局に眼圧を知らせても、患者さんのメリットは間違いなくゼロです。

患者さんのメリットはありませんが、デメリットはあります。薬剤師がその眼圧に対して何か言った時、眼科医の説明と違った場合、患者さんは混乱します。例えば、正常眼圧緑内障で10ぐらいの眼圧を目標に治療しているのに、「眼圧12なら十分に低いですね」というような間違った説明をされ、患者さんがそれを真に受けたら、治療が疎かになり緑内障は進行してしまうかもしれません。眼圧22で安定している高眼圧症に「22は高いですね」の一言で、「眼圧が高いだけで視神経に変化を認めない高眼圧症に点眼を出さない」良心的な眼科医が、やぶ医者扱いされたりします。

ではなぜ眼圧を尋ねるのでしょうか。薬局では、処方した薬が正しく使われるように指導する必要がありますので、その一環として聞いてくるのだと思います。もし聞かれたら、正直に答えても良いですし、適当な数字を言っても問題は無いでしょう。知らないと言っても良いでしょう。それに対する薬剤師のコメントがあったら、聞き流してください。疑問点は薬剤師にではなく、眼科医に聞いてください。あなたの目のことを知っているのは眼科医だけです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2007-06-01 23:24 | 重要な事

運動中にボールが見えなくなる


はじめまして。友人のことでご相談致します。

友人はテニスをしているのですが飛んでくるボールが薄くなって(コマ送りのような感じで)見えなくなるようです。最初は見えてもある程度プレーをするとそのようになり、まるっきりボールがラケットに当たらなくなりテニスができなくなります。動いているボールは見えなくなりますが周りは見えているようです。暫く時間が経つと回復します。

今まで何カ所か眼科で診てもらっているのですが「異常なし」と言われています。神経内科も行きましたが同じでした。本人は現に見えなくなるので「おかしい」と医者に言っても、異常なしという診断にとても不安になっています。もし何か可能性のあるものがわかりましたら教えて頂けますでしょうか。ちなみに、友人は「今思えば子供の頃にボールつきしていて見えにくかったような気がする」と言っていました。どうか宜しくお願い致します。 


「異常なし」という診断は間違いです。異常が無いのに症状は起こりません。症状が出ている時は何か異常が起こっています。にも拘らず「異常なし」ですませる医師は「能力なし」かもしれません。そういう場合には、「検査では異常がみつからない」ので「わかりません」と正直に言うべきです。

見ようとするものが見えなくなるというのは、中心暗点または傍中心暗点というものだと思います。しかしその症状が、ある程度運動を続けた時に発生しますので、安静時の検査で解らないのだと思います。運動をした直後に視野検査を出来れば、はっきりすると思いますが、普通の眼科では無理でしょう。研究熱心な眼科医か大学病院とかなら、何とか原因を究明してくれそうな気がします。

具体的にどういう順序で症状が起こっているのか、さっぱり解りませんが、想像出来ることを書いてみます。

運動によって、全身の筋肉が酸素を要求します。その酸素を供給するために呼吸数も脈拍も増加します。しかし、筋肉の方にばかり酸素が行ってしまって、視神経か脳の視覚領域に酸素が十分に供給されなくなったのではないか。

閃輝暗点という症状があります。脳血管が一時的に収縮して視野の中央が見えなくなったりキラキラしたりします。運動による過呼吸で体内に酸素が取り込まれすぎ、それに反応して血管が収縮し、閃輝暗点が起こったのではないか。

視神経や視覚に関係する脳の部分の近くに腫瘍か何かがあり、運動によってそれが大きくなり、視神経や脳の一部を圧迫して暗点が出来たのではないか。(これならMRIなどで見つかるはず)

このような事が考えられますが、あくまでも想像であり、全く確信はありません。機能的な変化による症状と思われますので、器質的な異常を見つけるための検査では異常なしになってしまいます。大学病院等の深く追求してくれそうな病院の受診をお勧めします。
# by kounoganka | 2007-05-14 12:18 | その他の疾患

繰り返す角膜の傷とステロイド(続)


「繰り返す角膜の傷とステロイド」の事で、相談させていただいた者です。丁寧に回答していただき、有難うございました。

昨日、また眼科を受診しました。「引き続き、薬を使って下さい」と言われ使っています。まだ、ほんの少し傷が残っているそうです。昨日の眼圧は、右目が10、左眼(治療中の眼)が14でした。一年前に受けた、人間ドックでの眼圧検査では、両目とも10程度でした。この程度の眼圧の上昇は、心配ないのでしょうか…

パソコンなど、眼を使う事で悪化しているような気がするのですが、どうなのでしょうか?勿論、それが原因のすべてだとは思っていませんが…医師に言うと、関連性はないと言われました。しかし、今までの経験で、それは否定できないような気がしています。もし、眼を使う事で悪化しているとすれば、パソコンを使わないようにする事が一番良いのかも知れないのですが、仕事をしていると、そうもいきません。何か対策はないのでしょうか?

例えば、ステロイドと抗菌剤での治療中に、「ソフトサンティア」などの人口涙液を使うといった事はどうなのでしょう?処方箋がなくても購入する事ができる(知り合いの方に)と聞きました。使用した事は、もちろんありません。

最後にもうひとつ… もし、このまま何回も再発を繰り返したり、すっきりと治らない場合、今の眼科にずっと通っていても良いものですか? 大学病院などの、大きな病院で診てもらった方が良いのでしょうか?


まず、現在眼科にかかられている場合は、主治医に聞くのが一番確実で手っ取り早いですよ。聞き難い雰囲気があるのでしょうか。

眼圧上昇の件ですが、それまでずっと左右が同程度だったのが、左だけ上昇したとすれば、点眼の影響かもしれません。さらに点眼を同じように続けて今度は下がったとしたら、無関係ということになります。けれども14程度でしたら、すぐに下げる必要は全くなく、角膜の治療を優先すべきです。心配ないから何も言わなかったのだと思いますよ。

パソコン、あるいは目を使う作業は、原因にはなりませんが影響はします。パソコンに限らず集中して目を使う時というのは、人間は「まばたき」を忘れるものなのです。自分自身を、または周りの人を観察してみてください。1分間でも「まばたき」をせずに画面を見つめている事があるはずです。そのことで角膜が乾燥しますので、傷が出来やすく治りにくい状況になります。ですから、出来るだけ「まばたき」をして下さい。しすぎるという事はありません。お風呂タオルも忘れずに。

人工涙液は乾燥気味の人には良い点眼で、どなたにも勧められます。まばたきと同様に乾燥を防ぐ作用ですので、それなりの効果はあると思います。補助的には有効ですが、あくまでも補助です。直接的な治療効果は望めません。主治医に「パソコン作業で目が乾くので、防腐剤の入っていない人口涙液を欲しい」と訴えてみてください。「ソフトサンティア」が出てくると思いますよ。

お聞きした経過から判断すると、この病気は、再発する病気ですが、その都度開業医で治療が可能です。もちろん、誰が治療しても同じというわけではありませんので、別の眼科で診てもらうのも悪くは無いと思います。しかし、大学病院(研究病院)などの大病院を煩わせるほどの物ではありません。手に負えなくなったら、いやでも別の病院を紹介されます。このまま、積極的に質問をし、説明を良く聞いて続けていくのが、得策ではないでしょうか。
# by kounoganka | 2007-04-28 12:12 | 角膜・結膜

繰り返す角膜の傷とステロイド


ここ半年くらいの間に、三回も角膜に傷ができる…という事を繰り返しています。場所は三回とも左眼角膜の目頭よりで、白目との境あたりです

三回目になったのは三週間くらい前で、現在も治療中です。「クラビット点眼液」と「フルオロメトロン0.1%点眼液T」を使っています。最初の一週間で、角膜はきれいに治りました。その後、回数を減らして薬を使っています(医師の指示で)。

だいたい仕事でパソコンを使用している時に、発症します。鏡に写して、自分自身で肉眼で見ても分かるくらいです。二回目になった時は、潰瘍に近いくらいだと言われました。光は眩しいし、異物感もあって、とても辛いです。

その都度、眼科に行き、治療すると治りますが、しばらくすると、また再発します。頻繁にステロイドの点眼を使っているのも心配です。薬を使っている間は、眼圧のチェックはしてもらいながら使ってはいます。眼科医には「一回なってしまうと繰り返しやすい」と言われました。原因としては「アレルギーを起こしている」というような事も言われました。ですが、はっきりとした原因は不明です。その都度、治療するしかないのでしょうか?

普通、こんなに繰り返してしまうものなのですか? 普段から、予防する方法はないものでしょうか?


角膜周辺部潰瘍といわれる病気の一種です。種類は多いのですが、点眼とか医師の説明から推測すると、ブドウ球菌に対する免疫反応(アレルギー)で起こったものだと思います。類似した疾患の中では軽症のものです。

治療はステロイドによって炎症を抑え、抗菌剤によって菌を排除します。この場合、ステロイド以外の消炎剤は考えられません。フルオロメトロン0.1%点眼液は弱いステロイドですし、眼圧もチェックしているようですので、全く心配なしです。もし、眼圧が上がったとしても、短期間であれば潰瘍の治療を優先すべきです。

再発を繰り返す病気ですが、その都度きちんと治療をすれば、普通は、徐々に起こらなくなります。また、ブドウ球菌は皮膚や鼻の中に普通にいる菌ですので、それが目に入らないように、瞼のふちをきれいにしておくことが、予防になります。

瞼のふちを石鹸でゴシゴシ洗えれば良いのですが、完全にするのは痛くて不可能でしょう。瞼のふちに脂肪の出口の穴がずらっと並んでいるのですが、その付近に菌が潜んでいて、脂肪の流れが悪くなると菌が繁殖します。そこで、ある方法でそこを暖めて、「ねばい」脂肪を「さらさら」にして流し出すことによって、菌の繁殖を阻止します。具体的には、入浴時に湯につけたタオルを絞らずにたたんで目の上に乗せます。冷めたらまた暖めて乗せる事を入浴中に繰り返します。菌の繁殖を防ぎ、おまけに、目の疲れも取れて一石二鳥ですよ。
# by kounoganka | 2007-04-25 11:58 | 角膜・結膜

目の疲れが治らない


50代女性です。昨年秋に、飛蚊症もひどく目も疲れやすいので、近くの眼科で診てもらったところ、網膜に穴が開いてるとのことでレーザー治療を受けました。

眼科受診の前に、眼鏡店で検眼をしてもらって、遠近両用の眼鏡を初めて作った時は、右目の乱視の角度が変わっているとの事でしたが、その眼科では、乱視は無いと言われました。眼鏡店で作った眼鏡が疲れるので、再度、眼科で診て貰い度を緩めた眼鏡を作ったのですが又疲れ、今度は近視だけの眼鏡を作ったのですが、掛け続けていると、目尻の横や首筋が凝り、今は必要な時しかかけられません。近くを見るときは、老眼鏡をかけています。

どうしてこんなに目が疲れるのか、違う先生に診てもらった方がいいのでしょうか?


目の疲れのような、本人にしか分からない症状の原因を探すのは大変です。

眼鏡が合っていない時には当然疲れますが、それ以外のことも多いです。遠近両用眼鏡を作った時点では、屈折異常が疲れ目の原因だと考えて作成したのでしょうが、残念ながら、屈折異常や眼鏡のせいではなさそうです。また、網膜の穴、およびそれに対するレーザー治療は、目の疲れとは関係ありません。

最近、疲れ目を訴えて来院する患者さんで多いのが、ドライアイとアレルギーです。そういうことについての説明は受けてないでしょうか。案外、屈折異常とは関係ないかもしれませんよ。

今後どうするかですが、現在の眼科で今までやってきたことが、今後の治療の参考になりますので、普通は眼科を替える必要はありません。繰り返し症状を訴えるべきです。現在の症状がなぜ起こっているのかを、理解できるように説明してくれる眼科医ならば、もう少しがんばってみてください。でも、どうしても納得できないなら、転医するのも良いかもしれませんね。でも、はやっている眼科が必ずしも名医とは限りませんのでご注意を。
# by kounoganka | 2007-04-24 11:52 | その他の疾患

網膜が薄い人の注意点と立体視


はじめまして。
私は近視が強く、網膜がかなり薄くてレーザー手術を受けたこともあります。そこで教えていただきたいのですが、
 ・このような人は眼球をあまり動かさないほうが良いのでしょうか?
 ・また、視力回復という訳ではありませんが、焦点がはっきりする気がして、本屋で売っている本で立体視を毎日しています。このために網膜裂孔等の支障がでることがありますでしょうか?
よろしくお願いします。


普通の生活で動かす事は、何ら悪影響はありません。頭を打つとか、目を打つとかさえ注意していれば、大丈夫です。水泳の飛び込み、ボクシングは禁止。柔道、レスリング、相撲、サッカーは注意というところでしょうか。物を見る時に眼を動かすという動作については、普通は問題になりませんが、既に網膜はく離を起こしている目(未治療)には、早い動きが影響するかもしれません。

「立体視」は楽しいですね。私は、平行でも交差でも出来ます。眼底の立体写真を見るときに役に立つのです。もちろん、目に悪影響はありません。視力が良くなる事もありません。
# by kounoganka | 2007-04-23 11:46 | 網膜・脈絡膜

視覚障害の認定基準


2年前に右目の視力が急に落ちた為、眼科を受診。検査の結果「視神経炎」と判断され入院治療を行いました。現在は1ヶ月ごとの定期検診を続けています。

残念ながら右目は視力0.05しかもどらず、矯正でも0.35です。一方左目は矯正で0.5です。仕事には復帰できましたが、パソコンを見るのが非常に辛く、一日を終えると目がヘトヘトです。仕事を早退せざる得ない日もあります。

病気で視力を失った人については障害者認定を受けることが出来ると聞いたのですが本当ですか? 主治医の先生にはまだ相談していませんが、私の視力レベルで認定を受けられるのでしょうか? こんなレベルで認定を受けるのは全盲の人に対して失礼かと思うと、なかなか主治医に相談出来ません。

自分で調べるのは限界があったので、もしご存知でしたらお教え頂けますか?宜しくお願いします。


主治医にご相談されるのが確実ですし、何も気兼ねすることはありませんよ。実際にお困りなのですから。視覚障害の等級の基準は次のようになっています。
----------------------
1級
両眼の視力(眼科的に最も適当な矯正眼鏡で測定した視力)の和が0.01以下のもの

2級
1.両眼の視力の和が0.02以上0.04以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が95%以上のもの

3級
1.両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が90%以上のもの

4級
1.両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10度以内のもの

5級
1.両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの
2.両眼による視野の2分の1以上が欠けているもの

6級
一眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので、両眼の視力の和が0.2を超えるもの
------------------------

両眼を同時に使えない強度の複視(左右の目が別のところを見ている状態)の場合、悪い方の眼を、視力0として計算します。

2級から5級は、1または2の一方があてはまれば、その級に認定されます。

視野が10度以内というのは、見つめた部分を中心に半径10度以下にまで、視野が狭くなっている状態です。求心性視野狭窄がこれに該当します。両目とも、中心部が見えて周りが見えない場合、つまりトンネル状の視野の場合は、視力が1.5でも等級がつくわけです。視神経炎でよく起こる中心暗点は、これには該当しません。また、損失率というのは、正常な場合の視野の面積に対する比率です。視野が半径10度の場合は、損失率は86%です。


おそらく、視神経炎を起こした方の眼が、外斜または内斜して、両眼視が出来ない状態でなければ、障害認定は無理だと思います。それでも6級です。条件はかなり厳しいです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2007-04-21 11:04 | 重要な事

調節緊張の点眼の効果は?


9才女児ですが、花粉症で眼科受診した際に、近視が見られるとのことで調節緊張改善の目薬を使用しています。

先日、約1ヶ月経過後の検診を受けたところ、裸眼視力はほとんど変化ありませんでしたが、近視の程度が少し軽くなってるとのお話で、もうしばらく続けてみることになりました。
右:0.4(-1.25D)→(-1.00D)
左:0.7(-0.75D)→(-0.50D)
矯正視力は両眼とも、1.2~1.5出ているようです。

良くならないまでも、継続して使うことで、近視の進行を抑えることは可能なのでしょうか?ネットで調べたりしてみたのですが、先生によって見解が異なり、「裸眼視力は悪いながらも、続けて点眼していた子供達と、治療を止めてしまい、1年後ぐらいに再診してきた子供達では、近視の進み具合が違う」とおっしゃっている先生もいますし、「1ヶ月で変化がなければ無駄」とおっしゃっている先生もいます。知人の中でも、「良くならなかったし、遺伝しているから無理・・・」「良くはならないけど、少しでも悪くならないように続けている。」、様々です。

私は自分自身が強度近視で、眼鏡の調整では苦労していますので、娘の近視の程度を少しでも抑えられるのなら・・・と思ってしまいます。

河野先生のHPに出会い、Q&Aブログを拝見し、とてもわかりやすい説明をして下さることに感激しました。河野先生は、子供の点眼薬を使った近視治療についてどのように感じていらっしゃいますでしょうか?また、目薬を長期使用する場合、考えられる副作用などありますでしょうか?また、HPにありますワックですが、家庭用も出ているようですが、家庭で使用しても、同程度の効果が期待できるものでしょうか?(近隣の眼科さんでは機械の取り扱いがないので・・・。)
遠方に住んでおりますため、メールでご相談させていただきました。
お忙しいところ申し訳ございません。ご教授いただきたくよろしくお願いいたします。


点眼は調節緊張(いわゆる仮性近視)ならば、必ず効果があります。緊張して十分に緩まなくなった毛様筋を、確実に緩めることが出来ます。でも、実際には効果がはっきりしないお子さんが多いです。逆に言えば、本当の調節緊張があまり無いということだと思います。眼鏡をかけるほどで無い軽度の近視の場合、何もせずに放置するぐらいならと、治療をする場合が多いです。

「裸眼視力は悪いながらも、続けて点眼していた子供達と、治療を止めてしまい、1年後ぐらいに再診してきた子供達では、近視の進み具合が違う」・・・・確かにそういう傾向はあると感じています。

「1ヶ月で変化がなければ無駄」・・・・正論です。仮性近視は無いと考えられます。続けることが無駄かどうかは、やってみなければ、いや、やってみても判らないでしょう。

「良くならなかったし、遺伝しているから無理・・・」・・・・遺伝傾向がありますので、不便があるなら、早めに眼鏡を作って矯正してあげるのが良いと思います。

「良くはならないけど、少しでも悪くならないように続けている。」・・・・確かに、点眼している間は進行が遅いように感じます。もし、点眼していなかったらもっと進んでいた筈と、自信を持って言えるわけではないのが辛いところですが。

目薬の副作用は特にありませんが、強いて言えば、間違って年配の女性がそれを点眼したとき、緑内障発作を起こす可能性があるぐらいでしょうか。その点だけは気をつけてください。

ワックについてですが、医療機関においてあるものは、堅牢というだけで、特に違いはありません。家庭用でも同じ効果があります。この器械は、毛様筋の収縮と弛緩を繰り返すことによって、柔軟性を回復させるというもので、調節緊張であれば効果はあるはずです。が、これもまたやはり、効果てきめんとは言えません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2007-04-20 10:59 | 視力・斜視