excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


耳鼻科での点眼処方の落とし穴2

昨日のブログ記事に対するメールです。

○○で眼科を開業しています。眼科以外での点眼処方の件、激しく同意いたします。
実は当方も、近所の耳鼻科には、いささか困っております。
先生の件と同じような経緯で、耳鼻科でアレルギーの点眼をしておりました患者様が、角膜潰瘍の治療が遅れ、視力低下されてしまいました。患者様は、いつまでも耳鼻科に頼って眼科受診を怠った自分に非があると仰って、耳鼻科に対しては何も仰いません。

私は耳鼻科に出向き、直接この事を報告しました。耳鼻科医は、「患者さんのために・・・」とか言って聞く耳を持ちませんでした。しかし、「訴えられそうなところを自分が押さえてやったんだぞ」と言うと、ようやく「すみませんでした。今後注意します。」と言われました。ところがしばらくすると、やはりまだ点眼を処方しているようで、あきれた事に白内障の点眼まで出していると言うではないですか。

こいつはおかしい。これ以上何を言っても無駄だと感じましたので、患者様には「耳鼻科で目薬を出そうといわれたら、眼科でもらっているから不要ですと、きっぱり断ってください。」と指導しています。「耳鼻科へ行くのなら、少し遠いですが○○耳鼻科がいいですよ。」と言うこともあります。

だらだらと書きましたが、当方の状況はこんな感じです。近々、地区の医師会に相談しようかと考えています。このメールは匿名にして是非ブログに載せてください。こういったことは各地で起こっているはずですので、皆さんに知ってもらいたいのです。よろしくお願いします。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-11-02 17:14 | 重要な事

耳鼻科での点眼処方の落とし穴

昨年春に花粉症で河野眼科を受診された患者さんがいます。
そのとき糖尿病性網膜症と視神経乳頭陥凹の拡大を発見し、眼底写真を見せて詳しく説明しました。そして、アレルギー性結膜炎の点眼が切れるころ(1~2週間後)に再診するよう指示していました。これは、結膜炎の治療のためというよりも、網膜、視神経の経過観察のためであり、患者さんにもそのように説明していました。

再診したのは1年半後でした。その間、鼻炎で通っている耳鼻科で5~6回、ついでに目薬も、もらっていたと言います。耳鼻科医には眼科受診した事を確かに伝えたということですが、眼科受診の指示は無かったそうです。「営業妨害だ」というようなつまらんことは言いません。問題は他にあります。

1年半ぶりに見る眼底は、素人が見ても判るぐらい出血白斑が増えて悪化していました。幸いまだ手遅れというわけではなく、そろそろ蛍光眼底検査をしてレーザー治療が必要かもしれないという程度です。視神経乳頭陥凹の拡大は変化無く、眼圧の上昇も無くほっとしました。しかし、初診時には無かった白内障が発生していました。

耳鼻科で目薬を出すということは、それ以外の自覚症状の無い患者さんにとっては、眼科受診の必要がなくなり、都合がいい事です。いくら糖尿病性網膜症の説明を受けていても、自覚症状が無い場合は「まあ大丈夫だろう」という気分になってしまうのではないでしょうか。そういう気分にさせた張本人は耳鼻科医に他なりません。

糖尿病性網膜症は、自覚症状が無くても手遅れの場合があります。以前、視力1.2あり「大丈夫とは思うけど内科で行けと言われたから」と初診された方が、増殖性糖尿病性網膜症で手術を繰り返し、結局ほぼ失明してしまった事があります。視神経乳頭陥凹の拡大も、視野欠損が起こり緑内障になっているかもしれません。欠けた視野は決して戻りません。もし万が一、こういう取り返しのつかない事態になった場合、いったい誰が責任を取るのでしょうか。指示されていたのに眼科を受診しなかった患者さんが、全面的に悪いのでしょうか。

安易に点眼を処方する眼科以外の先生方。こういう事もあるのだということを認識した上で、くれぐれも慎重に対処してください。そして、眼科以外で目薬をもらっている方。眼科医は適当(いいかげん)に再診の指示をしているのではありませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-11-01 17:10 | 重要な事

涙の働き

健康教室 第4回

涙はどんな働きをしているのですか?


実に様々な働きがあります。

まず目やまぶたの動きをスムーズにする潤滑作用。つまり、涙が無ければ眼球とまぶたはくっついてしまって目を動かせないのです。

次に目の表面を覆って目を乾燥から守る保護作用。これが今話題のドライアイを防ぐ働きです。

さらに埃や花粉などが入った時に洗い流す洗浄作用。例えば花粉症で涙が止まらなくなるのは、目に飛び込んだ花粉を洗い流そうとして、涙が大量に分泌されるからです。

そして空気中から取り込んだ酸素を目に送り届ける運搬作用。コンタクトをしている場合、目とコンタクトの間の涙が十分流れなければ、角膜は酸素不足になってしまいます。

その他には細菌やウイルスをやっつける防衛作用。少数の微生物なら抗菌目薬に頼らなくても自分の力でやっつけられます。但し自覚症状が現れたときには、もうすでに防衛網は突破されていますので、眼科へ直行してください。

また少し変わったところでは、不正乱視という目の表面の歪みや「でこぼこ」を、コンタクトと目の間に涙が充満することによって埋める充填作用。

それに関連して涙自体がレンズの働きをする屈折作用。

探せばもっとありそうですね。涙は様々な重要な働きをしている、目にとって無くてはならないものなのです。
# by kounoganka | 2006-10-30 17:07 | 角膜・結膜

白目の充血


充血についてですが 普通にまっすぐ向いた状態ですと充血しているように見えませんが、目を左や右に動かすと目の白い部分の半分が充血しています。黒目の周囲が充血するのなら乾燥して赤くなったのかな と思えますが、普段外に出ない白い部分が赤くなるのでとても心配です。

白目の血管は後ろから角膜に向かって伸びています。根元が太く赤い色も目立ちます。先へ行くほど細くなり、見えませんので白いままです。誰の目でも大体こんなものですよ。

黒目の周囲が充血するのは、角膜や結膜、あるいは目の内部の病気のサインですが、そうでないので気にしなくても大丈夫でしょう。
# by kounoganka | 2006-10-28 17:05 | 角膜・結膜

飛蚊症が10個!!


目の前に約10個くらいの点や小さな虫のようなものが、目を動かすたびに行ったりきたりするので、眼科に行ってきました。診断の結果「飛蚊症」でした。医師の方は、「あなたの場合、問題ありません」と言われました。しかしあまりにも沢山見えるので、「本当に大丈夫でしょうか?」と聞いたところ 医師の方は、「心配しすぎです、気にしないでください」と言われました。しかし友達や家族に聞いたところ 見えるけど2~3個と言っていました。私のようなケースもあるのでしょうか?


あります。私(河野)自身10個ほど見えています。これで正常です。

人間の眼球の中には、卵の白身のようなもの(硝子体)が詰まっています。これは細かい繊維で出来ており、完全な透明ではありません。ですから、繊維の密度の高いところは影となって見えます。光の条件さえ整えば、誰でもたくさんの繊維を確認できます。2~3個しか見えないのは、むしろ鈍感なのだと思ってください。

もちろん、飛蚊症は他の病気で起こることもありますので、眼科での検査は必要です。
# by kounoganka | 2006-10-28 17:03 | 何かが見える

ドライアイの原因と予防

健康教室 第3回

ドライアイって何ですか?


目の乾燥によって、黒目の表面を覆っている角膜上皮細胞が剥がれて傷ができるなどの障害を起こす病気です。「乾燥感」だけでなく「疲れる」「重い」「ゴロゴロする」「赤くなる」「目やにがでる」など様々な不快症状を起こします。主な原因は、年齢やストレス、ある種の薬剤や病気などによる涙の減少や涙の質の悪化により、目の表面の保護が十分に出来なくなることです。

しかし最近多いのが、生活習慣によるドライアイです。平均的なまばたきの回数は1分間に20回と言われています。ところがゲーム、パソコン、車の運転など目を酷使する作業をする時は、誰でもまばたきを忘れてしまい、極端に回数が減ってしまいます。まばたきをせずに何秒か経つと、眼球の表面を覆いつくしていた涙の膜がところどころで破れて、濡れていないと生きられない角膜上皮細胞がむき出しになります。するとそこから脳にまばたき命令を要求する信号が発せられます。ところが見ることに集中して作業をしていると、まばたき命令の実行が後回しになってしまい、この繰り返しで、角膜上皮細胞が死んで脱落して傷になります。

ですから集中して目を使うときには、意識してまばたきを繰り返す必要があります。作業中は音楽をかけて、それに合わせてまばたきをするなどの工夫をするのも一つの方法です。

まばたきをしすぎても害はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-10-27 16:59 | 角膜・結膜

偏頭痛(片頭痛)とスーパーライザー


はじめまして 加古川で星状神経節ブロックが出来る病院を検索したところHPを拝見させていただきました。子供のころから偏頭痛で悩んでまして治療を受けてみたいのですが、可能ですか?それから料金など教えていただけないでしょうか?


星状神経節ブロックの代用としてのスーパーライザーのことですね。
もちろん治療は可能ですよ。典型的偏頭痛の前半の症状に閃輝暗点という眼の症状がありますので、眼科でのチェックも必要かと思います。一度診察をお受けください。特別な検査や治療が無ければ3割負担で2000円台です。目の方に問題がないと確認できれば、その後スーパーライザーを何度でも無料で受けていただけます。

ただし当院では普通、偏頭痛は内服薬で治療します。子供のころからの偏頭痛が、スーパーライザーを続けたぐらいで治ってしまうとは考えられませんが、発作の頻度を減らす事は可能かと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-10-23 16:54 | スーパーライザー

小学2年生の近視に眼鏡必要?


小学2年生の娘です。学校の視力検査で1年前は1.2と1.0だったのが先日の検査で0.2と0.3という通知がきました。慌てて眼科に行き診てもらったところ 軽い近視ですが眼鏡が必要とのことでした。生活面で気をつける等で治ることはないとのことでした。
親としては まだ諦めがつかないといった状態なのですが やはり今の段階では眼鏡が一番いいのでしょうか?今は本人も目に不自由はないらしいのですが これから先、眼鏡をかけたり はずしたりを繰り返すことになっても視力が更に悪くなることはないのでしょうか?


小学2年生のお嬢さんの「不自由がない」というのが確かなのか、まず確認してあげてください。眼鏡をかけたくないために「大丈夫、よく見えるよ」と言っている可能性はありませんか?

軽い近視で不自由がない小学2年生女子なら、普通はまだ眼鏡を処方することは少ないと思います。それでも眼鏡が必要と言われたということは、何か他に理由があるのではないでしょうか。例えば視神経乳頭に近視性の変化が現れていたら、回復することは考えられませんから、眼鏡を処方するのが普通でしょうね。そのような説明はなかったでしょうか。この場合は残念ながら、眼鏡を使う使わないにかかわらず、近視は進みます。

眼鏡をかけたりはずしたりの件ですが、確かに「眼鏡をかけたりはずしたりすると、近視がさらに進む」と言う人は多いですね。しかし実際には、そのことと近視の進行とは関係がありません。或いはもしかしたら、その逆かもしれないのです。誰でも、かけたりはずしたりの時期を経て、強い近視になって行きます。それを見て「かけたりはずしたりすると、近視が進む」と昔の人は錯覚したんですよ。

考えてみてください。眼鏡をはずして身の回りを見るときは、毛様筋が極限までゆるんで、遠方視の訓練をして近視の進行を予防しているのと同じ状態になります。一方、遠くまでピントが合う眼鏡をかけている場合、ピントの合う範囲では毛様筋が収縮しており、仮性近視を起こす余地も生まれます。「かけっぱなし」と「かけたりはずしたり」を比較すると、「かけっぱなし」の方が近視進行の可能性が高いということです。

お嬢さんの場合、もう一度眼科を受診して、疑問をぶつけてみては如何でしょうか。別の眼科でも良いと思います。眼底の状態まで確認して判断できるのは眼科医以外いませんので、眼科医でない「専門家」はだめですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-10-15 16:13 | 視力・斜視

コンタクトの手入れの要点

健康教室 第2回

コンタクトレンズの正しいケアの仕方を教えてください。

レンズや用品によって方法が変わりますので、取扱説明書をよく読んで理解した上で行う事が大切です。手入れの方法を間違うと、目に傷を付けたり障害を起こしたりすることがあります。

どのレンズにも共通する事は、まず手をきれいに洗う事です。汚れた手でレンズを扱うと、手の汚れがレンズについて余計に汚くなる事があります。特に女性は化粧品が指紋や手のしわの中に溜まっている事があり、それがレンズに付くとレンズが曇ってしまい、なかなか取れなくなってしまいます。石鹸とブラシを使って掌と指先を完璧に洗いましょう。ブラシが無い場合は石鹸を使って指先で何度も強く掌をこすって洗えば、完璧ではありませんが何とかなります。その際、薬用石鹸を使う必要はありません。こすり洗いの方が大切です。

また、レンズ自体のケアではないのですが、レンズ保存容器の洗浄が不十分で、容器内部の「ぬめり」の中に微生物が潜んでいる事があります。それがレンズに付着して目に感染すると大変です。容器は水ですすぐだけでは不十分です。中性洗剤とスポンジや歯ブラシを使って細かいところまでよく洗い、十分すすいだ後に乾燥させます。たまには食器乾燥機などを使って熱消毒をするのも良いでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-10-12 16:06 | コンタクト・めがね

弱視の治療


子供が不同視弱視と診断されました。まだ4歳なのでメガネをつけることになりました。
メガネをつけることで視神経に刺激を与えて弱視の改善が得られるということですが、左右の遠視度をバランスよく両方とも正視にするにはどうしたらよいのか悩んでいます。
遠視・近視は眼軸長と網膜の焦点位置からくるものということが判り、短いほうの眼軸長の成長を促せないものかと気になりましたのでメールさせていただきます。眼軸長は焦点が網膜より後ろ(遠視の状態)だと成長するというお話があり弱視治療と遠視治療の観点から、メガネの度数は、眼の遠視度に合わせたメガネよりも、やや弱いメガネがよいのでしょうか?弱視治療の観点からすると遠視度にズバリあわせたメガネのほうがよいようで、遠視治療だと遠視度よりやや弱いメガネのほうがいいように思えます。かかりつけの眼科の先生には質問しづらいことなので、回答願いませんでしょうか?


両眼に遠視があり、遠視の強さに左右差があり、強い遠視の目が弱視で、矯正視力が出ないのだと判断しましたので、この前提で説明させていただきます。

子供の視力は、近くの細かいものをはっきり見ることで成長します。遠視が強い場合は近くにピントを合わせることが出来ないため、細かいものをはっきり見るという経験がなく、脳がその状態を受け入れてしまって、将来ピントが合う眼鏡をかけたとしても、脳がそれを認識できなくて、視力が出なくなってしまいます。そこで、10歳ぐらいまでの眼の機能の成長段階で、凸レンズで矯正し、近くにピントが合うようにしてあげます。さらにアイパッチなどで訓練をすることで、視機能を回復させます。これを視能訓練といい、正しく行えば、かなりの成果を期待できます。

一方、眼軸長の伸長ですが、そういうお話もあるかもしれません。それなら弱視のない両眼遠視の場合、強い遠視は自然に弱い遠視に近づいて行くということになります。しかし残念ながら、成長とともに両眼とも眼軸長は伸びはするのですが、期待通りになるとは限らないのです。眼軸長を計画的に長くするというのは、不可能だと考えたほうが良いと思います。もちろん縮めることは出来ません。

それより一刻も早く、弱視を治して矯正視力が出るようにして、その後、眼鏡やコンタクトを利用して快適な両眼視を得られるようにすべきです。遠視の程度によっては、中学ぐらいからは眼鏡なしでも日常は不便がない状態にすることが出来るかもしれません。

まずは完全矯正が基本ですが、不同視の状態によっては、やや弱めることはあります。主治医とよくご相談ください。
# by kounoganka | 2006-10-11 16:02 | 視力・斜視

健康教室>コンタクトの種類

東山書房の「健康教室」という、学校の養護教諭向けの雑誌の10月号に掲載された私の文章です。
5~600字という枠内で言いたい事は書ききれませんが、6回シリーズで転載します。
第1回

コンタクトレンズにはどんな種類がありますか?

硬くて小さいハードコンタクトレンズと、柔らかくて大きいソフトコンタクトレンズがあります。

ハードレンズは硬い素材のため鮮明に見える反面、処方が不適切だったりすると異物感があります。最近のハードレンズは、酸素透過性も高く、適切に処方されたハードレンズは理想的なコンタクトレンズだと言えます。反対にソフトレンズは、異物感は少ないですが、ハードよりは鮮明さが落ちます。また、柔らかい素材ゆえ汚れがつきやすく、それが結膜炎の原因になったりします。

それを解消するために、最近の主流は、使い捨てまたは定期交換のソフトレンズになっています。手入れが不要、または簡単な手入れだけで何日かで新品に交換し、汚れの蓄積による悪影響を排除できるものです。ハードレンズは痛くて出来ないし、ソフトレンズではすぐに汚れてしまって結膜炎を起こし、レンズ寿命も短いというような人には、最適なコンタクトと言えます。

レンズカーブの種類も少なく処方するのも簡単という事で、眼科専門医でない人間によって安易に安売り店などで販売され、さらに快適さから油断して手入れを怠り、結膜炎や角膜炎を起こして眼科受診する人が後を絶ちません。コンタクトレンズは危険なものです。購入するときには、眼科専門医とよく相談しましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-10-10 16:00 | コンタクト・めがね

市民健康フォーラム(第2報)

加古川市民健康フォーラム「聞いて得する!白内障・緑内障の話」が、10月1日(日)午後1時に加古川総合保健センター3階で、私、河野の司会で開催されます。来場に予約は必要ありません。当日、のじぎく兵庫国体の関係で高校野球の「ハンカチ・・・」君が、隣の高砂市に来るということですが、気にせず保健センターにいらしてください。

木村眼科の木村先生が「これならわかる白内障」、稲美中央病院の大道先生が「40分で学ぶ緑内障」という講演をします。先日、打ち合わせをしたのですが、それぞれ非常によくまとまっており、しっかり聞いていただければ、勉強になると思います。

質問は事前に受け付けておりまして、9月22日(今日ですね)までに郵送かファックスで市民健康フォーラム事務局までお送りください。お送りいただいた質問は(時間があれば)講演の最後に演者が回答します。その場での質問は、スライド等の準備の関係上、お受けできません。

フォーラムはあくまでも一般論で、個別の質問は、フォーラムに続いて3時から2階で開催される、目の無料相談で受け付けます。私を含め、4人の眼科医が対応いたします。こちらも予約は必要ありません。個別の相談ではありますが、診察をするわけではありませんので、医療機関を受診する代わりになるとは思わないでくださいね。

詳しくは、河野眼科ホームページ>加古川市加古郡医師会>市民健康フォーラムのご案内をご覧下さい。
# by kounoganka | 2006-09-22 15:45 | おしらせ・その他

視神経乳頭陥凹>拡大してないぞ


先日受けた健診で、視神経乳頭陥凹拡大ということで要精検という結果をもらってきました。初めての事です。精密検査の依頼票と眼底のポラロイド写真をもらいました。インターネットで調べたりしていますが、視神経乳頭陥凹の部分は決して大きくないように思います。例えば貴ホームページの眼底検査のページの、「緑内障の前段階」「緑内障」の写真と比べても、もう少し小さいように思います。いったいどういう基準があるのでしょうか。単なる判定ミスではないかと期待しているのですが。


「眼科医でないと判らない部分があるのですよ」と言ってしまうと、終わってしまいますので・・・・ご面倒ですが、もういちど河野眼科ホームページの眼底検査のページの、「緑内障の前段階」「緑内障」の写真を見ていただけますか。

左上の写真「緑内障の前段階」の方は、緑内障かもしれないと思って視野検査をしましたが、視野に異常は見られませんでした。現在経過観察中です。

中上の写真「緑内障」の方は、最初の眼底検査だけで「緑内障ですよ。」と説明してから眼圧測定と視野検査を行い、予想通りの緑内障性の視野変化を認めました。

視神経乳頭陥凹(丸い視神経乳頭の中の色の薄いだ円)の大きさは「緑内障の前段階」の方が「緑内障」より大きいと思いませんか。なのに、大きい方が前段階で、小さい方が緑内障だったのです。実は、陥凹の大きさ以外の要素があったのです。「緑内障」の写真の視神経乳頭の右上と右下から、アーチ状に伸びて広がる色の濃い部分がわかりますか。その部分を走る神経線維の数が少なくて、そんな色に見えているのです。その部分に沿って網膜の感度の低下があります。あなたの眼底写真にも、視神経乳頭から伸びるアーチはありませんか?

ほかにも緑内障を疑う所見というものは色々ありますが、書ききれないので今日はこの辺で。

健診で視神経乳頭陥凹拡大という判定を下すのは、視神経乳頭陥凹が拡大している時だけでなく、写真上からほかの部分も読み取って、「緑内障の疑い」があると判断したときです。さらに写真以外に、その人の年齢、視力、眼圧などの項目があれば、非常に参考になります。文字通りの意味だけでなく、深い意味があったのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-09-14 15:42 | 緑内障

看板に偽りあり!?


質問ではないのですが、よろしいでしょうか。
JR加古川駅上りホーム、東の階段の河野眼科の看板ですが、電話番号が古いままです。
河野眼科ホームページの窓の写真でも、古い電話番号が表示されたままです。ご参考までに


電話番号が (0794)25-4715 から(079)425-4715 に、今年の5月に変わりました。

ごめんなさい。看板を書き換えるほど資金力がありません。加古川の人は局番が25から425になったことを知っていますし、市外の人は、今までと変わりません。ですから、ダイヤル間違いは起こりませんので、今まで通りで放置しています。

番号がそのままのうちは、経営が苦しいんだなと思ってやってください。
ご指摘ありがとうございました。
# by kounoganka | 2006-09-13 15:39 | おしらせ・その他

ものもらいの本当の原因


以前から気になっています。体質だろうとあきらめていたのですが、ものもらいがよく出来ます。
大体年に2-3回出来ているようです。ほっておいて治ったりしますが、2年に1回ぐらいは眼科で治療します。
出来やすい体質ってあるのでしょうか。出来にくくする方法とか食べ物とかあるのでしょうか。


う~~ん、どうしようかなあ。しかたが無い。質問してくださったあなただけに、内緒でお教えします。

ものもらい(めばちこ)の原因は細菌です。細菌は風に乗って侵入するのではありません。風とともに入った細菌は自分の免疫力で退治できます。ものもらいが出来るのは、手でこすって細菌を「植えつける」からです。手でこするのは、アレルギー性結膜炎などで痒くなったりするからです。ですから、ものもらいを作らない方法は、「目をこすらない事」これに尽きます。

眼科を受診する方の半分はアレルギーがもとで起こった病気です。また、アレルギー性結膜炎があっても、決して目をこすらない人は、それ以上の病気は滅多に起こしません。

誰も目をこすらなくなったら、眼科の患者数は半減して、河野眼科のような弱小医院はつぶれます。決して他言しないように!

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2006-09-12 15:36 | まぶた