excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


見えるものがすべてチカチカ


河野先生のブログにて、補色残像のことを知りました。通常補色残像は害はないとわかったのですが、私の場合、補色残像が酷いのか、普段からずっと弱いフラッシュを浴びているように視界がチカチカしています。おそらく物だけではなく空間?見えている物すべてに残像になっているのだと思うのですが、とっても見にくくて仕方ありません。

日によってまだらにチカチカしていたり、格子状の光が大量に見えます。それにプラスして物の残像が見えるという感じです。ちなみに残像が見えるようになったのは、とっても酷い偏頭痛が起きた翌朝突然なりました。

起きてから見えるものがすべてチカチカしている為にまぶしいのです。ちなみに目を瞑っていてもずっと同じようにチカチカしています。それが4年ほど続いています。

地元の大学病院でアズールでは?と診断され検査しましたが何も悪いところは見つかりませんでした。残像が酷すぎるだけで、なにも無いのでしょうか?体に害は無くとも、出来ればこの視界を良くしたいのですがなにも解決策はありませんか?


AZOORが否定されたとなると、やるべき検査は全てやり尽くしたと思われますので、受け入れるしか方法はないでしょう。AZOORであったとしても確実な治療方法はないのですから。

まだまだ判らない病気はたくさんあるのです。あまり深刻に考えずに、年に1回程度の定期検査を続けながら、様子を見ていくしかないと思います。お力になれなくて申し訳ありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-25 13:50 | 何かが見える

両眼白内障手術をすべき


早速のお返事をいただきありがとうございます。先日、白内障手術後、物が大きく見えるとご相談させていただいた者です。前回は省略しすぎて、肝心なことを書いておらず、申し訳ありませんでした。

母は強度近視で日常はずっとコンタクトレンズをしていました(ー10)。眼鏡は夜だけかけていたので、眼鏡では実物より物が小さく見えること、コンタクトレンズの見え方は実物とあまり大きさが変わらないことも理解しています。

眼内レンズは、先生から焦点距離30㎝が良いと言われ、近くに合わせました。術後、まぶしさや色調変化にはすぐ慣れましたが、物が2割増に大きく見えることが受け入れられないようです。Sサイズの物がLLサイズに見えるので、物が選べないです。感覚が変わりすぎて買い物ができません。

不安をあおる人は誰もいませんが、今までと見えるサイズが違いすぎて、恐怖心が消えないようです。趣味の書道も半紙が大きく見えすぎて、文字が大きくなり手につきません。
先生が大きく見えることは良いことじゃないですか、と前向きにおっしゃって下さっていることはありがたいですが、今はまだ、もう片方の目の手術をためらっています。こんな気持ちの整理もつかないまま、手術を受けられないと嘆いています。

今は一日中、拡大鏡を通して見ているような世界ですが、本当に慣れてくるのでしょうか?眼内レンズを入れないで、水晶体の濁りだけを取る手術もあるのですか?話が飛んでしまって、申し訳ありません。


眼内レンズの度数の選択も含めて手術は完璧ですが、術後の左右のバランスが悪すぎるのでしょうね。手術をしていない眼の見え方を基準に考えてしまいますので、2割増し状態は変化しないでしょう。手術をしていない眼が見えている限り、この状態は決して改善しません。受け入れてください。

もう一方の眼も、出来るだけ早く白内障手術を受け、両眼とも同じように大きく見えるようにすべきです。両目とも大きく見えるようになれば、元の大きさを忘れて、それが普通になります。

まずは手術の準備として、手術をした眼だけを使って日常生活を送れるように訓練すべきです。十分お若いですので、必ず慣れてきます。慣れそうな兆しが少しでもあれば早急に手術を申し込みましょう。

水晶体の濁りだけを取る手術というのは、昔はそれが普通で、水晶体という濁ったレンズを取ってしまいますので、術後は強度遠視になり、強い凸レンズの眼鏡が必要です。眼鏡がなければ世の中100%ピンボケで、掛ければ凄く大きく見えます。水晶体を取らずに濁りを取る方法はないのです。

但し一つだけ方法が無くはないです。現在の人工水晶体の代わりに、元の濁った水晶体と同じ同数の人工水晶体を入れるのです。入れ替える手術ができるかもしれません。見え方は、元通り強度近視です。反対の眼と同じです。10センチの距離にピントが合います。しかし、普通こんな眼科的に非常識な手術はしません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-25 13:11 | 白内障

大きく見える


母のことで相談です。白内障の手術後、物が2割増に大きく見えるようになりました。先生に訴えても、信じてもらえず、心療内科を受診するように言われました。すべての物が大きく見えるため、怖くて、買い物や料理も出来なくなりました。インターネットや本などで、同じような症状の人がいるか調べてみましたが、いないため不安になっています。母は緑内障もあります。これも関係しているのでしょうか?


両目の手術か片目の手術か、単に大きいのが怖いのか左右で大きさが違って怖いのか、術前は近視だったのか遠視だったのか、等が分かりませんので的確な答は出せないと思いますが・・

もしかして手術の前は、近視が強く眼鏡を手放せない状態ではありませんでしたか。本来、人工水晶体は僅かに大きく見えるものです。さらに、強い近視の眼鏡をかけて生活していた人が、白内障の手術をして人工水晶体を入れ裸眼の状態になると、強い近視の眼鏡を通して小さく見えていた世界が、裸眼で普通の大きさに見え、すごく大きくなったと感じるでしょう

或いは逆に遠視が強かったという事はありませんか。強い遠視でも術後大きく見えるという説を聞いたことがあります。

普通は、「なるほど、手術をしたらこんなに大きく見えるんだなあ」と感じ、それを受け入れます。ところが何かの理由でそれが出来なかったのではないでしょうか。

大きく見えるという訴えに対して、眼科医も含めて周りの人が不安を煽るようなことを言っていませんか。例えば「それはおかしい。そんなことはあり得ない。何か別の病気になったのではないか。手術の失敗ではないか」のような無責任なことを言っていませんか。それによって余計に不安が増幅されたのかもしれませんよ。

白内障の手術は、カメラの修理と同じで単純なもので、濁ったレンズを取り換えるだけなのです。見える大きさが変わったとしたら、取り換えたレンズの焦点距離が変わったことぐらいしか原因がないのです。見たいもの、例えば1メートルぐらいの距離にピントが合うように移植する眼内レンズの焦点距離を決定するのですが、単純な1枚のレンズですので、マクロレンズとか望遠レンズとかの複雑な要素は持ち合わせていません。ピントを合わせたときに大きく見えているなら、それを受け入れるしか方法がないのです。大きく見えないように、ピントの合っていない人工水晶体を入れて、その上から強度近視の眼鏡をかけるような事はしたくないでしょう。

余談ですが、物が逆さまに見えるゴーグルをかけ続けるという実験をした人があります。世の中が完全に逆さまに見える状態です。最初は気持ち悪かったのですが、数日で慣れて、歩いたりテレビを見たり新聞を読んだりが何の問題も無く出来るようになったそうです。それに比べたら、大きく見えることは遙かに慣れやすいと思います。大きく見えたって良いじゃないですか。いやむしろ、大きく見える方が良いと思いませんか。前向きに考えましょうよ。

緑内障は無関係です。術前に近視も遠視もなかったとしたら・・・不思議ですね。でも、慣れるように心がけましょう。そういうものですから。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-23 14:33 | 白内障

10年以上前から見える


10年以上前からの悩みなのですが、片目で一点をジッと見つめてると、その見つめてる物の周りがボワっと黒くなり、目線を変えるとすぐに消え、またジッと見ていると黒くなり消えるという状況になります。左右どちらもです。最近眼科に行き、眼圧や眼底など様々な検査を受けましたが、特に何も言われませんでした。

また、片目で見るとモザイクのようなものが見えることがあります。これらは何か病気があるのでしょうか。回答お願いいたします。


病気であったら10年以上も放置していたら大変です。眼科で診てもらって異常なしだったのなら、異常がない目に起こる現象だと考えてください。「特に何も言わない」眼科は行く価値がありませんよ。

はじめのものは錯視でしょう。あるいは「黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る」で説明したように、網膜の視細胞の種類や密度の違いによるものかもしれません。

モザイクは「「完全なるメッシュ状」の残像 解決??」と同じものではないでしょうか。原因は不明ですが心配するほどのものでもなさそうです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-21 18:08 | 何かが見える

裸眼視力の低下


子どもが結膜炎で眼科受診したのですが視力が1.0と1.2でした。去年測定したときは両目2.0でした。(どちらも途中まででなく見えるところまで測定してもらいました)

お医者様に確認したところ、2.0は見え過ぎであり、きちんと見えているので大丈夫と言われました。とは言え私が近眼なんで子どももこのまま視力が下がらないか心配です。大丈夫でしょうか?

また最近の子どもの視力回復はどのような方法があるのですか?


眼科で「視力」といえば矯正視力のことですが、ご質問には何とも書かれていませんので、裸眼しか測定しない、矯正を省いた不十分な検査と判断し、裸眼視力と考えて回答します。

2.0が1.0に低下しているなら、単純に近視が原因ではないかと捉えがちですが、必ずしもそうとは限りません。結膜炎がきつくて角膜に傷ができて、視界が霞んでいるのかもしれません。結膜炎がきつくて、瞼の裏のぶつぶつが角膜を圧迫して屈折状態が変わったのかもしれません。裸眼視力だけでは判断できないのです。

2.0は見えすぎではありません。2.0見えるのが理想です。ただし、近視の眼鏡を少し強めに処方した場合も2.0見えたりしますが、もともと近視の眼に対する処方ですので、少し緩めに処方するのが通例です。それより、同じ条件で測定し2.0見えていた目が1.0しか見えなくなったのであれば、「きちんと見えている」はずが無いと思いませんか。「それなりに見えている」が正しいと思います。しかし、もしかしたらただ単に、本人が視力検査に飽きて、返事がいい加減になってしまっただけかもしれません。

「大丈夫でしょうか?」という質問は実はものすごく難しいのです。視力低下の原因がわかりませんので、さらに低下するかどうかは当方には分かりません。近視であったとしたら進行すればメガネを掛けさえすればよく見えますので「大丈夫」です。近視が進むという事は、視力(矯正視力)が下がることではありませんので「大丈夫」です。つまり、眼科で言われた「大丈夫」は「近視はまだ眼鏡が必要なほどの強さではなく、それ以外の視力に影響する病気も無いので大丈夫」という意味ではないかと思うのです。

「視力回復」というのが「近視を治す」という意味なら、点眼で治る仮性近視以外は「そんな方法は存在しない」と言うのが正しいでしょう。「視力回復」というのが「近視は軽減しないが裸眼視力を回復」という意味なら、心因性視力障害や視力に係る病気は眼科で対処しますが、巷では胡散臭い業者や書籍など、或いはウェブサイトなどに、ウソ情報があふれています。中には眼科医がかかわっているものもあったりして、素人には嘘かどうか判別困難なものもあります。ご注意ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-21 17:51 | 視力・斜視

病的近視?


私は近視がとても強くD-8.0と-8.5です。これは病的近視なのでしょうか。また、脈絡膜萎縮があると病的近視なのでしょうか。回答お願いいたします。


わかりません。近視の強さで決まるものでもありませんし、網脈絡膜萎縮の有無で決まるものでもありません。実際に眼底検査をして総合的に評価します。病的な変化が眼軸の延長に起因する場合に、病的近視と表現することがあります。また、ここまでは正常、ここから病的近視と線引が出来るものでもありません。

-2.0ジオプターの軽い近視でも、脈絡膜萎縮が強く視野が欠損している人もありますし、-10.0でも近視性の変化が全く起こっていない人もあるのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-18 16:13 | 網膜・脈絡膜

視野欠損と強度近視


現在、原因不明の右目視野欠損と強度近視で悩んでいる者です。

一部視野欠損に気づいたのは4年ほど前です。視界の中心から左上側の一部(直径5mmほど)ですが、1文字ほど見えません。すぐに近所の眼科へ受診し、検査を受けました。現在も、その病院にお世話になっています。

眼科医師からは、「視野検査で自覚している箇所に欠損あるが原因はわからないから当分半年に1回ぐらいは検査して様子見る」と言われ、現在までに7回~8回ほど検査を受けています。

また、視野欠損に気づく数年前から、片頭痛が起きているので眼科医師に片頭痛のことも伝えました。眼科医師から脳神経外科を受診するよう勧められたので、脳神経外科を受診しMRI検査を受けました。脳神経外科の医師からは「脳に異常はなく、視神経にも画像見る限り異常ない」と言われ安心しました。

先月、眼科医師から検査後に「今までに数回視野検査などを行い欠損の状況などみてきているが、初回の検査と変わっていないので今のところは大丈夫だと思うが、強度近視なので、年を重ねていって近視が進むと将来的に欠損の部分が広がったり歪んで見えたりすることはあるかもしれない。変な見え方したらすぐに来院してください」と言われ、気になっています。

眼科医師に 現在ある視野欠損の原因が強度近視にあるのではと聞いてみましたが、「それもないとはいえないが・・・」と返答に困っているようだったのでそれ以上聞けませんでした。原因不明の視野欠損ということですが、強度近視が原因で、私のような一部視野が欠損しているということはありえないのでしょうか?

片頭痛が起こる前に必ず一時的な視野欠損が起きますが、原因不明の視野欠損の見え方と似ている部分もあり、もしかしたらこの片頭痛の影響が少なからずあるのではないかと思ったりもします。お忙しいところ申し訳ございませんが、河野先生のご返答いただけましたらうれしく思います。


網膜の一部か脳の一部に機能していない部分があるのでしょうね。4年以上変化がないのなら、原因が何であれ心配は要らないでしょう。治癒または固定した状態だと思われます。

片頭痛は脳血管の収縮で閃輝暗点がおこり、拡張で頭痛が起こります。もしかしたら、その領域の一部に小さな脳梗塞が起こったのかもしれません。OCTに比べ遙かに大雑把なMRIでは細かな異変は見つけられないのです。

「原因が強度近視にあるのでは」というような単純な質問は、眼科医にとっては難しすぎます。一言で「わかりません」あるいは「かもしれません」といえば済むのですが、説明しようとすれば困ってしまいます。

強度近視が原因で網脈絡膜萎縮がおこり視野が欠損することはよくあります。また、強度近視が原因で網膜剥離が起これば、当然視野は欠損します。しかしこれらは見れば分かります。診ても判らないから原因不明なのです。強度近視からは様々な問題が起こる可能性があるのですが、それを全て確認することは不可能に近いことなのです。世の中すべての事象に原因はあるのですが、ほとんどの事象で原因は不明なのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-18 16:11 | その他の疾患

positive dysphotopsia その後


早速のお返事ありがとうございます。先日左眼端にきらきらするものが見えるとご相談させて頂いたものです。

コンタクトレンズ、確かにハードレンズ使用者です。

ご回答にとても納得させられ、早速メガネでは現象が起こらないのか確認のため、メガネで外に出てみました。残念なことにメガネでも同じ症状が出てしまいました(涙)

先生から見られても不思議な症状なのですね。

・・・以下略・・・


うーん、これしかないと思ったのですが、残念です。申し訳ありません。メールで「心の問題かも」と仰っていますが、もしかしたらそうかもしれません。但し病的なものという印象は全く持ちませんのでその点は大丈夫です。

片目の視野の隅で起こる。日光の下で起こる。瞬きをすると現れ、瞬きをせずにまっすぐ見ていると消えたまま。スピードは早い。このことから、瞬きをした直後に起こる何かが原因となっていると考えられます。

瞬きをした直後に何が起こるかといえば、まず涙が目の表面で大きく移動します。角膜と結膜の境目あたりの涙が作る特殊な波立ちが、太陽光を屈折したのでしょうか。

また、眼球内の硝子体中に小さな光沢のある混濁が発生することがあります。目を閉じたときには眼球は上転し、開けると正面に戻ります。一瞬遅れて硝子体も動き、その中にある光沢のある混濁が、ある一定の場所を通過するときに、太陽光を反射するのかもしれません。これならば、眼球の上転のない一瞬の瞬きでは起こりません。

今、考えられるのはこれくらいです。眼科で検査しても確かめられないことですので、しばらく様子を見ることしか出来ないと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-13 15:43 | 何かが見える

ミドリンとサンピロ


外傷性散瞳の件での回答ありがとうございました。申し訳ありません。また質問失礼させて頂きたいです。

ミドリンPとサンピロについて知りたいです。ミドリンPを処方されましたが1回使用して、少し痛みが出たので使用中止となり、あまり使用することはないんですけど。と先生が言いながら、サンピロ点眼液1%を処方されました。痛みが出たらまた中止して次の診察まで様子見と言われています。

使用したところ、目の充血ぐらいで痛みはありません。自分なりに調べてみたら、サンピロは眼圧を下げる緑内障の目薬とかいてありましたが、緑内障とはまだ言われてないし、眼圧は10~14ぐらいなのですがこのまま使っていても問題ないのでしょうか?

河野先生の言われた、ミドリンPで少し痛みが出た程度での中止より点眼続行。というのが気になっています。また外傷後からサンベタゾンを1日4回点眼しています。

あまり使用する事ない。と言われたのも気になって、、外傷性散瞳の治療はミドリンPの方が多いのでしょうか?散瞳はなかなか治らないと言われても、効果があるのなら治療して、少しでも縮まって欲しいです。

何度も申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。


処方された薬の目的は、処方した医師に聞きましょう。診療の妨げになっては困りますので、診ていない医者がとやかく言える問題ではないのですが・・あと、薬剤師には聞かないようにしましょう。理由はこのブログ内で「薬剤師」で検索してください。

サンピロは緑内障の薬ではなく瞳孔を縮める薬です。それによって緑内障発作の予防や治療に使われますが、眼圧を下げる作用があるわけではありません。

こういった場合には確かに普通は使いませんが、もし点眼が作用すれば、虹彩をミドリンとは逆方向に動かすことが出来るので、虹彩後癒着を解消しようとしたのかもしれません。また、点眼で縮瞳が起こるならば、回復の見込みも大きくなりますし見え方も改善しますので、それを確認するためもあるのかもしれません。気長に頑張りましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-10 09:29 | 外傷

虹視


河野先生こんばんは。お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いします。

①子どもに、○○○と○○○の持病がありますが、目薬などに制限はありますか?眼科で受診したときは伝えているのですが、家で目にゴミが入ったと言われたときはマイティアなどの涙目薬を使用してもいいですか?

②先週、黒目を目尻の方に移動させた時に白目が少し弛んでいたので眼科受診したところ様子見でよい、酷くなったら処置しますということでドライアイの目薬を処方されました。この状態は大丈夫だそうですが、これは段々とすすんでいくものですか?

③夜、通りすがりの車のライトが一瞬虹のようなものに包まれて見えました。それ一瞬だけで帰りに見た他のライトは大丈夫でした。虹のようなものが見えると緑内障を疑うと聞いたことがありますが、毎年、緑内障の検査を受診して大丈夫ですと言われていますし、頭痛や吐き気もありません。先週、眼科受診したところです。ドライアイはありますが、それから特に変なところはないようです。メガネとマスクをしていたのでメガネが曇っていたかもしれません。一瞬のことなんで見間違いだといいのですが。


1.点眼に制限はありません。また、マイティアはどなたが使用しても問題を起こしません。

2.軽度の結膜弛緩症かもしれませんが、おそらく気にしすぎでしょう。弛みがなかったら目が動きませんし。目を擦ることの多い人は起こりやすい傾向があります。また、悪化したとしても手術で治療することが出来ます。

3.緑内障は無関係です。眼鏡のくもり、目の乾燥による角膜やコンタクトのくもり等で起こる場合があります。ガラスに息を吹きかけて曇らせても、そのような状況は再現できます。一瞬の症状ですので忘れて大丈夫です。ちなみに、緑内障で虹視が起こるのは、眼圧が50ぐらいに上がって角膜が浮腫状になっている緑内障発作の時です。当然視力も低下しますし、頭痛、眼痛、悪心、嘔吐などを起こす場合も多いです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-08 16:41 | 緑内障

虹彩後癒着


先日、外傷性散瞳のことで質問させていただきました。ご丁寧なお返事ありがとうございました。今よりは綺麗に見える様になる、治る見込みがあると聞いて不安が和らぎました。申し訳ありませんが、また質問させて下さい。

現在、事故を起こす前に使っていたメガネを使用していますが、片目ずつで見ると文字の大きさなどが全然違います。病院でこのメガネを使っていても問題ないのかと聞いたら、大丈夫です。と言われました。

裸眼でみるとボヤけがかなり強く、視力も下がっているのだと思いますが、このメガネを使っていて、右目の視力も落ちる様なことはないでしょうか?打撲からまだ日は浅いのですが、メガネ、使えたらコンタクトなど調整しなくていいのか気になります。一日中、パソコンで目を使う仕事をしているので視力が悪化しないか心配です。

将来、外傷性緑内障などになった時に早く発見できるように、普段から気をつけたいと思っているのですが、ここまでボヤけていると気付いたら悪化している…という事になりそうで恐いです。

また、茶目が固まってきているのでミドリンを処方され、1回使って少し痛みが出たので使用中止、次の受診まで様子見になりました。小さな癒着というのは悪化しないでしょうか?一度ついたらその箇所が駄目になるということはないのでしょうか?何度も申し訳ありませんが、宜しくお願いします。


メガネは見え方を変えるだけの道具であって、病気を起こす、病気を悪化させるなど目に対する影響は有りません。合っていないメガネで、疲れる、ふらつく等の影響があったとしても、それだけのことです。また、目を使って視力が低下することもありません。どんなメガネを掛けてどのように目を使っても大丈夫です。

点眼を1回使って「少し痛みが出た」程度で中止したのですか。炎症が強くなく、悪化の恐れが少ないとの判断だと思いますが、当院なら「我慢して点眼を続けてください」と言いそうな気がします。

「小さな癒着」というのは当方の推測ですが、そう仮定して説明します。虹彩は水晶体と瞳孔の部分で接触しており、常に動いています。虹彩の動きが無い状態で強い炎症が起こると、接触部分で水晶体とくっついてしまうことがあります。虹彩の後ろが癒着するので虹彩後癒着といいます。その部分だけ瞳孔の動きが制限されるのですが、見え方に大きな影響はありません。

ところが炎症が長引いて、滅多に無いことなのですが、虹彩後癒着が全周、つまり瞳孔部分全部でリング状に起こると、虹彩の後ろで作られた房水が前房に行けなくなってしまいます。その結果、房水は眼球外に排出されなくなり、緑内障発作を起こすことになります。これを防ぐために点眼をしている訳です。

よほど強い炎症が長引いて、よほどいい加減な治療をしない限り上記のような事は起こりませんので、どうかご安心ください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-05 14:13 | 外傷

外傷性散瞳


エアバックで左目を強打しました。前房出血をして、光は分かるのですが白くなって全く見えませんでした。次の日から血が引いてきて、少しずつ物は分かるようになりましたが、瞳孔が拡大していて外傷性散瞳になりました。

その後、左端に光がチカッとすることがあり受診したところ、今のところ問題なしと言われました。しかし、拡大した瞳孔の端っこが少し縮まってはいるけど、血が固まっているので水晶体にうつる?といけないと言われ、ミドリンP点眼液を寝る前に1回点眼する様に言われました。

現在、メガネを使用していますが、瞳孔拡大の影響で眩しさもあり、ピントが合っていないというかボンヤリ二重に見え、特に近くの物は裸眼でも二重にぼやけています。現在、治療中ですが次の診察まで不安で、不安でたまらないです。そこで質問させて下さい。

1.外傷性散瞳は治療はないというのは理解はしているのですが、二重に見えたりするのは治ってはくれないのでしょうか? 事故から2週間程ですが、少しでも綺麗に見える様になりますか?
2.瞬きをしたり、まっすぐ見てると左端がチカッとする事が今後の何かの病気に影響してるのでしょうか?
3.いまは問題なくても事故の影響で右目も何か影響が出たりするのでしょうか?
4.瞳孔が開いているのに散瞳薬を使用して悪化しないのか心配です。
5.外傷性散瞳で悪化しないように、今後、気をつけていかなければいけない事があったら教えていただきたいです。
6.授乳中なのですがミドリンPという目薬ですが、子供に何も影響はないでしょうか?
7.血が固まってるというのは涙と関係ありますか?看護婦さんに涙出てますか?と言われたのが気になりました。

よろしくお願いします。


1.慣れもあるとは思いますが、少しは綺麗に見えるようになりますよ。瞳孔が小さければ、光は水晶体の中心付近の正確なレンズの部分のみで屈折され、シャープな像を網膜に結びます。しかし、瞳孔が大きくなっていると、光はレンズとして歪みの多い水晶体の周辺からも入り、二重になったり滲んだりします。また、散瞳するのと同時に毛様筋が麻痺し、近くにピントを合わせることが出来なくなっていると考えられます。ミドリン点眼でその作用は増強します。

2.打撲によって後部硝子体剥離が起こっているための症状でしょう。眼球が動くと硝子体が大きく動き、網膜周辺部で硝子体が網膜を引っ張っているのでしょう。変化がなければ心配いりません。後部硝子体剥離は誰でもそのうち起こるものです。

3.右は大丈夫です。

4.点眼の効果は数時間で、決して永続しません。完全に散瞳していないから点眼するわけで、治る見込みがあるとも考えられます。また、点眼の目的は、虹彩を動かして水晶体と癒着させないためです。炎症を抑える効果もあります。「瞳孔の端っこが少し縮まって」いるのは、小さな癒着が起こっているのかもしれません。

5.特に無いのですが、見え方に変化がないかは注意してください。紫外線が眼内に入りやすいですので、直射日光下では裸眼で太陽を直視しないでください。UVカットの眼鏡かコンタクトなら安心です。

6.直接飲ませたりしない限り、何の問題もないですよ。

7.血が固まっていると聞こえたのは、血の塊があるということで、眼内にまだ吸収されていない出血が残っているという意味です。眼球の外の涙とは無関係です。「涙出てますか?」の質問の意図は不明です。涙が眼球の中から出ていて、それが血の塊を溶かして流してくれるとでも思っているんじゃないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-02 12:46 | 外傷

ハードコンタクトレンズによる positive dysphotopsia


はじめまして。近視で-7.5のコンタクトを使用しているものです。

ここ一カ月半程、左眼の端の方の視界にキラキラしたものが映り悩んでいます。眼科受診もしており、『飛蚊症かなぁ?』と言われ、散瞳して眼底検査を行った結果『網膜は大丈夫です。心配しなくていいですよ』と言われました。安心して帰宅しましたが、やはりキラキラ点滅する症状が続いて不快・不安だった為、3週間後に再診しました。再び散瞳して眼底を診てもらいましたが、異常なかったようで『気にしないで大丈夫ですよ』と言われました。(安堵感から結局自分が飛蚊症なのかは聞き忘れて帰ってしまいました。)

再診から2週間程経過しましたが、やはり左眼端のキラキラが気になって仕方ありません。症状としては、室内よりも日光の下で起こり、左眼左端に3~4個丸い光(ネオンカラー?)がキラキラっと光り無くなっていきます。しかしまた瞬きをすると現れ、瞬きをせずにまっすぐ見ていると消えたままです。結構スピードは早くキラキラっという感じです。

動作は関係なく、日光下では毎日起こり、室内でも窓際の陽が差し込んでいる場所ではテレビを観ていても左端がチカチカ(室内では陽炎のように左端がブレているように感じることもあります)してとてもわずわらしいです。カーテンを閉めた蛍光灯下の室内では無症状です。(ショップなどの明るい蛍光灯下では起こることもあります。)太陽が眩しいとかいう症状もありません。

気にしないようにするしかないのでしょうが、どういった現象が起こっているのでしょうか?毎日気になって仕方ありません。またこのキラキラが気になりだしてからは、目に注意がいっているからか、言われてみれば飛蚊症?といった糸くずが降ってくるものが見える症状が屋外では見えます。

お忙しいところ申し訳ありませんが、是非教えて頂けたら嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。


不思議な症状ですね。無い知恵を絞りだしてお答えします。

もしかしてハードコンタクトレンズを使っていませんか。ハードレンズの直径は角膜より小さいですので、レンズの縁も角膜の上にあります。角膜の周辺近くですので普通は見えないのですが、レンズが少し内側に偏ったりすると外側の縁が視界に入ることがあります。その時に、レンズの縁と涙で形成される部分がおかしな形のレンズとなり、異常な屈折や乱反射を起こす事も十分考えられます。

瞬きで現れることから推測すると、レンズが瞬きで持ち上げられ、それが重力で下がってくる過程で「レンズの縁+涙」で「おかしなレンズ」が形成され、太陽光が異常屈折、乱反射されて網膜に届き、その現象が発生すると推測できます。或いは、レンズの辺縁部に刻印があって、それが影響しているかもしれません。

ハードコンタクトレンズによる positive dysphotopsia とでも言うべき現象ですね。飛蚊症とは無関係です。

ちなみに、人工水晶体では、positive dysphotopsia だけでなく、凸レンズであるため negative dysphotopsia という現象が発生する場合があります。興味のある方は検索してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-02-01 08:29 | 何かが見える

視力の回復?


最寄りにいい眼科がないので、いつも拝見させて頂いております。視力が、0.6なのですが、視力を1.0に回復させるのは、可能でしょうか??

可能な場合、
1.市販の視力回復マッサージ法の本やサプリメントは、有効でしょうか??
2.上記以外で、方法や生活習慣などがあれば、ご教授頂けますと幸いです。
宜しくお願いします


漠然としたご質問ですね。

視力には3つの物があります。裸眼視力と、最高の視力の出るレンズで矯正した矯正視力。そして、普段かけることが出来る眼鏡視力(実用視力)があります。眼科でいう視力とは矯正視力のことですが、一般的に言われる視力は裸眼視力のことだろうと思います。

一番多いパターン、近視によって裸眼視力が0.6しか出ない場合を想定してお答えします。

裸眼視力を1.0にする事は可能かもしれません。裸眼視力0.6といっても、屈折度数は-0.5Dかもしれませんし-2.0Dかもしれません。「裸眼視力が同じなら屈折度数も同じ」とは言えないのです。-0.5Dなら気合(!)で裸眼視力は出るかもしれません。サプリや遠くを見続けるなどの習慣で少しは良くなるかもしれません。

近視を治すことが出来るかという事でしたら、本当の近視なら基本的に無理です。近視等の屈折は、眼球の形で決まります。近視の場合は眼球の奥行きが長いのです。それを縮めることが出来れば近視を治せるのですが、無茶な話です。眼鏡かコンタクトか屈折度数を変える手術ということになります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-01-31 15:12 | 視力・斜視

眼科臨床医は悩まない


何度もごめんなさい。もう少し教えて欲しいのです。以前、文章を読んでいると行間が黒っぽく〔黒い字の場合〕見えてきて、空白の部分を見たり、画面から視線を外したりするとシマシマに見えると質問させてもらいました。そしてお答えは錯視と残像が混じったものじゃないでしょうかといただきました。

なんだかこのように見えるたびに、不思議に思ってしまいます。いまいち原因がわからなくて。黒い字の補色残像は白っぽくなると思うのですが、白い部分は逆に黒っぽくなるから黒っぽく見えるのか?でも、青い字の場合は行間は青っぽく見えます。なので錯視かもしれませんが。。そしてたしかに画面の空白を見てもシマシマがみえたり画面から視線を外しても、シマシマが見えるので残像はあるのと思うのですが、それは補色残像なのか?それともそれとは違う残像なのか?違う残像が何なのかも分かりませんが。。もうわけわかりません。なんだか理由というか原理がはっきりわからないのでモヤモヤします。すごく悩んでます。良かったら教えてください。お願い致します( ´Д`)


同感です。確かに訳が分かりませんね。眼科臨床医である私には、「そういうものです。異常はありません」とは断言できても、原理まで詳しくは知りませんので、説明は出来ません。だいたい解明されているかどうかも疑わしいです。そんな状態でも、同じ現象を自覚している眼科臨床医は全く悩まないのに、いや逆に楽しんでいるというのに、どうしてそんなに悩むのでしょうか。こういうものだと割り切って受け入れることも大事なんじゃないでしょうか。

それでもどうしても知りたいのならば、「網膜の視覚情報伝達のメカニズム」などで検索し、出来れば書籍を購入してご自分で勉強してください。驚異的に複雑なこと、簡単に説明することが不可能に近いことが理解できるでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-01-28 13:49 | 何かが見える