excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


無治療で変化なしの眼は失明しません


定期検査で緑内障の恐れがあると指摘されました。5年前から1年に1回、OCTと無散瞳眼底カメラで眼底検査をしております。4年前と今回はハンフリー視野計で視野検査を行いました。視力は右目が1.0、左目が0.2ぐらいです。中学生になったころより左目だけが視力が低下をし、そのまま今に至っています。

右目は眼底検査、眼圧検査、視野検査とも問題がないそうです。しかし左目に関してはOCT検査で視神経乳頭部に筋状のものが見られ、ハンフリー視野検査では下のほうに「反応できなかった」いう黒いマークが幾つかついたようです。4年前にも同じあたりについたそうで、その範囲は特に増えてはいないそうです。眼圧に異常はありません。

ここ数年、瞳孔を開いた眼底検査はしていただいておりました。左目の筋状の部分はその間変わらずにありますが、視野検査は4年ぶりに行いました。今の状態では緑内障とは言い切れないが、恐れがあるとのこと。疲れや不慣れな状態でも出ることはあるぐらいの程度のようですが、4年前と同じ場所にマーキングされているので、見えてない可能性がありますね、ということでした。半年に1回ぐらい経過を見てデータの蓄積が必要だとのお話でした。

どうぞ3点ほどお教えください。

①失明を恐れています。ネットを見ると、初期に受診すれば回避できるという説と個人差によるという説があります。私の場合緑内障としてもまだ初期のようですが、回避できますか。

②今の先生はとても信頼できる方なのですが、専門が白内障のようです。もし緑内障と確定した際は緑内障の専門外来に紹介状を書いていただきて受診し、その後また今の先生にお願いしたいと思っています。どういった段階でお願いするのがベストでしょうか。

③子供(成人しております)に気を付けるように促したいと思っています。特に下の子は視力が悪いので、その分気がかりです。無理矢理勧めても反発するか怖がらせるだけなので、とりあえずは「40歳になったら受診するように」というつもりでおりますが、それで問題ないでしょうか。

学生時代には1年に1回定期的に検診を受けさせておりましたが、ここ2~3年は受けておりません。片目ずつ隠して異常があれば受診するようにとは常々話していました。しかし、異常が感じた時には進行していると主治医から聞き迷っております。それぞれに仕事が忙しいので言っても受診はなかなか難しく、それならば異常が出た時に、という言い方でいいかなとも思っているのですが。

お忙しいところ、お目にもかかっていないままネットで質問させていただき本当に申し訳ございません。どうかよろしくお願いいたします。


1.今までの5年間、無治療で視野変化なしですので、それが正しいとすれば異常なしです。異常なしの眼が失明するはずありません。今後もずっと経過観察を続けるべきでしょうが、おそらく変化しないでしょう。もし検査所見に悪化が見られたら、その時点から治療すれば問題なしです。

2.それは主治医にお聞きください。検査所見に変化が起こってからでも遅くないと思いますが、心配ならいつでも構わないと思います。

3.20代でも緑内障の方はいらっしゃいますので、その子の眼を診察していない当方には「問題ない」と答えるほどの勇気はありません。自覚症状に「異常が出た時」というのは緑内障に限っては相当進行している場合が多いです。緑内障の9割は無症状で偶然見つかっているのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-04-13 14:16 | 緑内障

外傷性散瞳


以前、外傷性散瞳について質問させて頂いた者です。また相談させて頂きたく、メールしました。

事故で目を強打し、もうすぐ3ヶ月になろうとしています。瞳孔の大きさは打った時から少し小さくなった感じはありますが、ほぼ変わっておらず、光を当ててもあまり反応しないと言われています。また目を打っているので緑内障などの可能性も出てくる、白内障などになった時に手術が難しくなると言われました。現在は目薬などは何もしておらず、定期検査のみです。

いまのところ、特に問題ないとは言われたのですが、たまに目がズンと重く激痛ではありませんが痛む時があります。また、サンピロを点眼していた時に、元の大きさまでは縮まず、半分ぐらいは縮瞳したのですが、下の一部分が縮瞳しない箇所がありました。これはどういった症状なのでしょうか?

自然治癒で少しでも縮まって、眩しさとボヤさがなくなってくれると願っているのですが、目を見ていると不安になってしまいます。お忙しいところ、申し訳ありませんがよろしくお願い致します。


痛みは、ピントが合わせられず目が疲れるのでしょうね。また、瞳孔括約筋を収縮させる神経の一部に断裂があると、その部分は縮瞳しなくなり、これは回復しません。でも、白内障手術が難しくなったりはしないと思いますよ。もう少しは良くなると思いますが、慣れるようにすることも必要なんじゃないでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-04-13 13:34 | 外傷

黒い線


30年前にに網膜剥離の手術をしました。

本日、黒い線が、一瞬、目の前を流れる感じに見えました。以前から飛蚊症はありますが、いつも見える飛蚊症とは違いました。今のところこの時1度だだけです。網膜裂孔、網膜剥離が心配ですが、様子を見ていて大丈夫でしょうか。眼底検査は2日前にうけたばかりです。


硝子体の動きによって、そのように見えることはあります。1回だけなら気にしなくても良いと思いますが、ご心配なら再診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-04-12 15:38 | 何かが見える

自慢していいこと


10センチ程の残像が見える件の相談について、お忙しい所丁寧に回答をして頂きありがとうございました。10センチ程の残像は、あれっきり見えていません。一過性のものでした。1メートル程離れた壁を見たときに残像のようなものが10センチ位の大きさで見えた感じでした。

右目の件で受診した時の主治医の先生のお話では「無意識に偶然に光源のようなものを見たか、せん輝暗点もしくは飛蚊症なのかも」と、首をかしげる感じでした。結局、精密検査をして異常が無いと判断され様子観察の状態です。今現在は両目共に残像のようなものは見えません。このまま様子観察で良いのでしょうか?

後、この場をお借りして、もう一点だけ気になることがあります。

熱めのお風呂で長湯をするのが好きなのですが、その際極たまに、瞼を閉じて開ける時に一瞬黒いクモの巣状の血管のようなものが見えます。瞼を閉じいる時は青白く光って蜘蛛の巣状の血管のようなものが見え、開けた時にそれがそのまま視界に転写している感じです。これは網膜の血管が見える内視現象というものですか?それとも何か病的なものでしょうか?宜しくお願いします。


10センチのものは、大きさと位置から考えるとマリオット盲点に間違いないでしょう。クモの巣は網膜脈管視現象という内視現象の一種です。「黄斑と視神経乳頭、網膜血管を見る」 をご覧ください。自慢していいことですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-04-12 09:46 | 何かが見える

アイパッチ


こんにちは。こどもの-5の最強度乱視で以前から相談させていただいているものです。先日も回答ありがとうございました。

中学生以上になると弱視になる心配がなくなるので、不便がなければ裸眼で良いとのことでしたが、娘は現時点で裸眼で両眼ともに0.1で-5の乱視もあるのできっと裸眼で不便がないということは考えにくいですよね…?

コンタクトに眼鏡の件は理解できました。ありがとうございます。バレエを習っているので、そのときだけでも矯正できる範囲のコンタクトをして眼鏡が外せるという選択肢を与えてやれたらなと思ったのですが…。

それと、お友達で同じく遠視性乱視で眼鏡で矯正している子がいるのですが、常時眼鏡で、視力に左右差はありませんが、片目ずつアイパッチをして1時間半の手元での作業をしているとのことです。視力検査を2週間に一度とのことで、うちは3カ月に一度で、常時眼鏡をかけるのみなのですが、眼科によって考えや方針が違うのは承知しておりますが、視力に左右差がなくてもやはりアイパッチをして眼をよく使う時間を増やせばそれだけ視力の上がりも良いのでしょうか?

また河野眼科でのこども弱視治療における視力検査の間隔はどのくらいですか?3カ月に一度というのは長く空いている方なのでしょうか?よろしくお願いします


申し訳ありません。前回、ご質問の趣旨を取り違えていたようです。コンタクトの乱視の度数は2.25Dぐらいが最大ですので、十分な矯正は出来ません。コンタクトが使えるようになったら、コンタクトで出来るだけ矯正し、それで不十分な場合に眼鏡で度数を追加するのが良いと思います。うまくいけばコンタクトだけで済むかもしれませんが、眼鏡で乱視を追加する必要があるかもしれません。ワンデーであれば小学生のうちから使えるかもしれません。

お友達の件ですが、同じ遠視性乱視という病名でも状況は同じはずがありません。全員違うと思ってください。治療方法もオーダーメイドなのです。「片目ずつアイパッチ」ですか。不思議な方法ですね。普通、アイパッチは健眼遮蔽とも言って、矯正視力の良い方の目だけを隠して、悪い方の眼を訓練する方法です。ところが、斜視や斜位の場合などに、交互にアイパッチを使用する方法もあるのです。計画を立てて状況を判断しながら進めますので、受診間隔は短くなります。つまりお友達はずっと重症なわけです。

また、アイパッチをすれば誰でも視力が上がるなどと考えないでください。アイパッチは視力低下の特効薬ではありません。必要のないアイパッチは弱視の原因です。ですから、受診間隔や訓練方法を他人と比べるのは意味なしです。当院でも受診間隔はまちまちです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-04-07 11:05 | 視力・斜視

10センチの大きさは


以前、眼圧について質問の回答をして頂きありがとうございました。今回、また少し気になることがあり質問させて頂きます。

左目視界の耳側に10センチ程の黒い丸い残像のようなものが数分見え消失しました。目で追うとその残像のようなものが動きます。

以前、似たような感じの残像が右目の耳側の視界に見え、散瞳検査をしましたが異常はありませんでした。似たような残像が今回は左目の視界に現れ不安です。

2月は眼底カメラ、3月は散瞳検査をしましたが、その時は異常はありませんでした。中心性網膜症のような病的なものが考えられますでしょうか?また病的なものなら持続的に視界に何か症状が現れるものでしょうか?一過性の症状なら様子を見ても大丈夫でしょうか?お忙しい所、度々申し訳ありませんが宜しくお願いします。


10センチという表現は距離が不明ですのでよくわかりません。どれくらいの大きさなのでしょうか。直径10センチのボールを顔の前に持ってくるとかなりの大きさです。また、例えば満月の直径は何センチと表現しますか。

耳側に見える黒いものなら盲点だと思うのですが、普通は認識できません。常にそこにあり大きさも変わらないからです。ところが、視神経乳頭の真上(盲点の位置)に濁りがあることが多く、それが目の動きなどの影響で一時的に位置が変わって、盲点からはみ出して見えることがあるのです。そうすると、盲点も含めて大きな黒い影として認識されたりします。

この通りであれば全く心配いらないのですが、10センチの件もあり正解かどうかわかりません。診察した眼科医からは説明は無かったのでしょうか。異常なしで終りでしょうか。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-04-05 16:39 | 何かが見える

眼球圧迫を続けると


眼球圧迫について相談させていただいた者です。詳しい説明ありがとうございました。ただ、他の眼科医の方がおっしゃるには圧迫によって網膜の血流が止まったり、網膜動脈閉塞症になることはまずないだろう、とのことでした。その前に眼球が破裂するだろう、とも。そのあたりはどうでしょうか?

また、既に自分は心療内科には通っています。そちらの医師からは「無理に押さえるのをやめようとしなくていい」と言われています。なかなかやめられなくて…でも、眼科医の立場からしてはそれはどうなんだろう?ということをお聴きしきたくて…どうか、お願い致します。


単純な理屈です。圧力の高い方から低い方へ血液は流れます。血圧より高い眼圧になった眼球には、血液が流れ込むことは出来ません。また、眼球内容のうち房水は一部だけで、大部分は硝子体という半固形物です。眼球を圧迫しても、房水のように眼外に排出されたりしません。ですから、さらに強く圧迫すると眼球破裂してしまうのです。また、水晶体も後方に押し遣られるため、眼球破裂に至らなくても水晶体脱臼を起こす事が考えられます。どんな眼科医でもその行為は容認できません。

心療内科医は精神的にプレッシャーを与えないようにと、そのように言われたのかもしれませんね。実際にあなた自身を診察した医師が言うのですから、それも正解なのでしょう。きっと。

心療内科の診療に差し支えると困りますので、以上でこの件については終了です。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-04-05 08:43 | その他の疾患

残像でしょう


私は飛蚊症です。2週間前に眼底検査をしてもらい、何も異常ないと言われましたが、やはり慣れず気になったため、1週間前に再診し、2回目の眼底検査をしてもらったところ、やはり何もないと言われました。目に対してすごく敏感になり、変な見え方をしてないかなど粗探しするようになってしまいました。

そこで、気づいてしまったのですが、黄色味がかったものや黄色の物などを見ると、瞬きの直後に一点だけ青く見えるところがあります。なんなのでしょうか?毎回見えるわけではないのですが、見えます。本当に一瞬です。そして小さいです。過去もそうだったが、気になりだして見えるようになってしまったのか、新しく見えるようになったのかわかりません。どこか悪いのでしょうか??


残像でしょう。気にしなくてもいいと思います。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-03-31 14:55 | 何かが見える

黒いシミ


最近黒いものがよく見えて気味が悪く、落ち込みます。突然目の前に2~3ミリ(感覚)の黒いシミのようなもの(縁にオレンジ色がついてる感じもする)が見えて数秒で消えそのあと10秒くらい白い残像が残り自然に消えていきます(動きません)。

30年来の飛蚊症もちです、また光視症のような現象もあります、1年前からは動かない水晶玉のようなぶつぶつも数個見えます(特に何かの物の縁に見えることが多いです)、それに加え2年前から閃輝暗点症もあります(頻度はまちまち)。

定期的に眼底検査はしてます、また脳のMRI検査も2回しました。とりあえず異常なしとのことです。自分では網膜が一瞬引っ張られているような感じです(あくまで想像ですが)。

網膜剥離が怖いので1ケ月に1回は眼底検査をしたほうが良いのでしょうか?とにかく動かない黒いシミが出現するのが気になります。たぶん左目と思います、右目は弱視で視力はほとんどないのでよけいに心配です。よろしくお願いします。


シミの場所も数もわかりませんので的確な回答は出来ませんが、「数秒で消えそのあと10秒くらい白い残像が残」るという事から考えると、黒いシミの段階で既にそれは残像ではないのでしょうか。しかし、いつも同じ場所に現れるのなら、その部分の網膜に異常があるのかもしれません。

「1ケ月に1回は眼底検査をしたほうが良い」かどうかは、実際に診察を受けて眼科医に聞いてください。症状だけでは目の状態はわかりませんので。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-03-31 12:18 | 何かが見える

一瞬目の前が明るくなった感じ


30年前、網膜剥離で手術をしています。手術後は定期検査を受けています。本日も眼底検査を受けて帰宅しました。瞳を開いての検査を受け、異常なしと言われました。

帰宅後3時間程たった時、新聞を読んでいる際、一瞬目の前が明るくなった感じがしました。今のところその時1度だけです。

光視症でしょうか?検査を受けたばかりなので様子を見ていて大丈夫でしょうか?


「一瞬目の前が明るくなった感じ」程度では、光視症かどうかもわかりませんし、光視症であったとしてもそれが悪いものかどうかもわかりません。様子を見て大丈夫かどうかは、診察を受けてみないとわからないのです。きっと問題ないとは思うのですが・・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-03-29 08:43 | 何かが見える

黒い点や白い穴


飛蚊症持ちで、視力はかなり悪いです。最近明らかに飛蚊症ではない黒い点や白い点のようなものが見えます。テレビを見ている時やふとした時いきなり黒い点や白い穴のようなものが現れて動きません。しばらく経てば消えます。

さらに、薄暗いところでたくさん黒い点や白い点が見えます。これは消えません。網膜剥離でしょうか、それともべつの病気でしょうか。


網膜剥離の症状ではないと思いますが、原因まで推測はできません。また、網膜剥離がないとも断言できません。眼科受診してください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-03-29 08:39 | 何かが見える

眼球圧迫


突然すみません。私はどうもイライラした時など自分を傷つけたい気持ちが湧くみたいで、眼球をギューっと強く圧迫してしまう癖があります。5分以上も頭の奥まで痛みを感じながら眼を強く押し続けていたこともあります。

何とか今は無事ですが、長時間圧迫することですぐ失明に至ったりなどはありますか?何かで読んだのですが、30分ほどで網膜動脈閉塞症に陥るとか。網膜の血流が止まる、など。

なかなかすぐにはやめられない癖ではあるのですが…どうか教えてください。


「頭の奥まで痛みを感じながら眼を強く」押すと、眼圧は凄いことになって、普通10~20程度のものが例えば150mmHgとかの眼圧になります。手首の脈の触れる部分を触ってみてください。その脈の強さが水銀を押し上げる力が血圧で、例えば120mmHgです。指先で簡単に堰き止めることが出来ますが、その程度の圧力なのです。眼球を圧迫し150mmHgの眼圧になったら、眼球の外から血圧によって入ってくる血液は、それより圧力の高い眼球内に入れなくなります。脳の神経細胞は4分の虚血で死に始めると言われています。視細胞もそこまで早くないと思いますが虚血で死んでいきます。ですから「30分ほどで網膜動脈閉塞症に陥る」というのも、十分有り得る話なのです。

ところが、そういうことが起こらないような仕組みが眼球には備わっているのです。眼圧は目の中にある房水という水の循環で調節されています。房水は眼内で血液から作られ隅角にあるシュレム管から眼外に排出されます。作られる量と出て行く量のバランスで一定の眼圧に保たれています。眼球を圧迫して眼圧を高めると、小さな出口であっても房水の排出量は多くなり、上昇した眼圧は下がってきます。

こんな実験をしたと考えてみてください。頭を固定し、眼球を押さえる道具を使って眼球を1センチ凹ませる状態で固定すると、初めは一瞬で眼圧は上昇するでしょうが、そのうち房水が排出されて元の眼圧に戻ります。押さえたままで正常眼圧になるのです。上昇したままにはならないのです。また、道具を外すと一瞬で眼圧は0になり、そのうち元の眼圧になります。

しかしこれで安心は出来ません。指で押さえるという行為は、1センチ押さえて止めておくというものではありません。眼圧が下がれば無意識のうちにさらに指を押し込んで同じ圧力を維持しようとしますので、高眼圧は解消されません。押さえている時間だけ高眼圧が維持されるのです。繰り返すと緑内障になる危険もありますし、長時間行うと動脈閉塞と同じ状態になる可能性もあります。また、押さえるのをやめて眼圧がゼロになる時に、網膜剥離や眼底出血を起こす心配も新たに発生します。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-03-29 08:33 | その他の疾患

5年から10年くらいで


「緑内障の進行を止める」等々、質問させて頂いた者です。多々、相談させて頂き、前回で、最後にする予定でしたが、最近の診察で、一つ不安な点が生じたので、よろしくお願いします。

実は、現在、発覚当初の周辺視野に加え、一昨年の年末から、視野の中央部分の感度の低下も、あったことが、数ヶ月前に色々質問をした際に判明し、また、つい先日その件で質問をしたところ、「視野の感度低下の部位は、5年から10年くらいで、視野欠損になる可能性がある」と聞いて、動揺しています。

現在、キサラタンにアイファガンを追加してもらってますが、それでも視野欠損にいずれ、なるのでしょうか?お医者さまは、いつも悠長に構えてますが、自覚ができそうな中央付近の部位なので、感度低下も、ショックなのに、5年から10年で、そこまで、いくかも、と思うと不安です。


可能性だけなら幾らでもあります。「それでも視野欠損にいずれ、なる」のなら、点眼を増やして眼圧をもっと下げることになるでしょう。それをしないという事は、可能性はあるが「低い」という事だと思いますよ。経過を見ながら考えるという事でしょう。どうしても心配なら、転院するしかないでしょう。眼科医によって見立ては違うと思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-03-27 14:47 | 緑内障

老人環


20歳位の時ですが、角膜の上部が白いのに気が付きました。その後、さらに水晶体近くまで白く(銀色っぽい)なった部分が下がってきました。瞳は、光った感じで見えるし、人目が気になってしかたありません。まともに人と話す事も避けてしまうほどです。アドバイス宜しくお願いします。写真を送ります。


写真は非公開ですが、老人環ですね。少し大きめですが病的なものではありません。視力に影響することも有りません。どうしても気になるようでしたらカラコンを使用するしかないと思いますが、カラコン自体お勧めはしません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-03-27 08:46 | 角膜・結膜

眼球打撲


2歳児の外傷についての相談です。子供達が遊ぶ柔らかいボールをバットで打った打球が約5mくらいの距離で左眼を強打してしまいました。眼瞼周囲に発赤と結膜の充血があります。痛みのせいか10分位号泣し続けました。物言えぬ幼児ですし、明日は日曜日…とても心配ですが、週明けまで我慢して眼科を受診させるか、この程度のエネルギーの外傷で重大な後遺症を残す可能性があるならば、救急病院を受診させるべきかどうか…取り留めの無い相談で大変恐れ入ります。


5分前にこのメールを確認しました。大きなボールですので、おそらく心配要らないと思いますが、念のため眼科受診してくださいね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
# by kounoganka | 2017-03-27 07:56 | 外傷