excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドクドク


10年ほど前から飛蚊症、3年ほど前から光視症があります。光視症は青い光も見えます。ストレスが溜まると閃輝暗点の様な症状もあります。また電気の動きに合わせてと言うのか、暗い所などで全体がチカチカして見えます。ここ1週間は、ふと白い壁を見ると心臓の動きに合わせてドクドクするのが見えます。

質問したいことは
1.ストレスで飛蚊症と光視症は悪化することはありますか?
2.チカチカして見えたりドクドクするのが見えるのは大丈夫ですか?
3.上の症状の場合、眼科以外にも脳神経外科にも行った方がいいですか?
4.悪化させない為に、日常生活で気をつけることはありますか?


1.飛蚊症や光視症は物理現象であって、精神的なストレスで悪化することはありませんが、ストレスのために余計に気になるかもしれません。
2.3.「拍動にあわせて視界がチッカチッカ」をご覧ください。
4.心配なら眼科受診し、異常なしなら気にしないことですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-08-31 15:19 | 何かが見える

光の束


夜中に起きて電灯を点け、消灯。 この後に、両目下辺りに光の束が見えてしまいました。その後、眠りに入りましたので、正確な時間の長さは解りません。光の残像は、同じ様な情況でよく見ます。6月の眼底検査では、異常がありませんでした。年に2回程度、閃輝暗点があります。自律神経失調のきらいがあります。飛紋症持ちです。この光の束は、何か悪い知らせでしょうか。


「光の束」が具体的にどのような症状かわかりませんが、光視症の一種かもしれません。網膜が硝子体によって内側から引っ張られて光ったのかもしれません。繰り返すようでしたら眼科受診してみてはいかがですか。おそらく異常なしだとは思いますが、網膜裂孔が起こる前触れかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-08-31 15:11 | 何かが見える

瞼が下がる


1年ほど前から左目瞼が自然と下がってくるというか意識しないと右目同様に開かなくなりました。同時に左目の周辺(眼球自体ではなく眼窩あたり?)に軽い鈍痛があり眼科に行きました。「瞼に異常はなく角膜に傷があるため瞼が開きにくいのだろう」と言われ、ステロイドとティアバランスを処方されました。

その後半年かかり傷は治りましたが、左瞼の開きにくさは常にあり、左目の周りの違和感(気が付くと目の周りを指で軽く押しています)は残っています。眼科で症状を訴えましたが、異常ないといわれ、気になるならとティアバランスを処方されました。

異常がないと言われた以上、血流が悪いのか眼精疲労なのか…と色々考えましたが、瞼が開きにくいことや目の周りの違和感は何か思いたある原因がありますでしょうか。早く治し目を気にしない生活が送りたいとおもっています。お教え願います。


角膜の傷を覆い隠そうとして瞼が下がってくることはあります。きっと傷はあったのでしょう。それが治っているのに瞼が下がるとしたら、傷以外に原因があるのかもしれませんね。

動眼神経麻痺とか重症筋無力症とかの検査をした方が良いかもしれません。あるいは「なぜだか」薄目を開けて眠ることがあり、それで角膜に傷が出来たり、乾燥したりするのかもしれません。

あと、ハードコンタクトレンズを長期間使用していると眼瞼下垂が起こることもあります。もしかしたら、瞼の裏に抜けた睫毛が入ったままになっているのかもしれません。別の眼科を受診して相談してみてください。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-08-22 17:08 | まぶた

視神経乳頭に出血

 
昨年4月末、急に左目に黒い太い線が何本も見え、それは1分以内に治まったのですが、数日後カーテンの模様や扉の木目が、ぞわぞわ動いている様に見えました。又、透明な窓ガラスや湯舟のお湯の表面が一面バラの花を敷き詰めてある様に見えたので、10年以上前からドライアイで通っている眼科を受診しました。左目視神経乳頭に出血があり、緑内障と診断されました。視野欠損はまだないとの事でした。

視神経乳頭に出血があった場合、視野欠損の進行が早いそうですが、(もちろん個人差によるところが大きいのでしょうが)一般的に通常の緑内障と比べてどのくらい早いのでしょうか?又、乳頭に出血あった人全員が進行性になるのですか?進行性かどうかは初期の場合何をもって判断するのでしょうか?自分で分かる方法はあるのですか?左目に乳頭出血した場合、右目も知らない間に出血したかもしくはこれから出血する可能性が高いということですか?左目が再び出血する可能性はどのくらいあるのですか?左目が進行性の場合、右目も進行性になるのですか?緑内障は全身の病気だから左右の進み具合は殆ど同じと言う人と、左右の目は別個の物であり、進み具合方も全く違うと言う人がいます。どちらが正しいのでしょうか? 

診断されて以来ニプラジロールによる1日2回の両眼への点眼を一回も欠かした事がありません。点眼開始前の眼圧は右目17、左目16でした。その後右目は19~11の間を上がったり下がったりで、最近は減少の傾向にあります。ところが肝心の左目は19~17の間で一度も16以下になった事がありません。主治医に尋ねても「20以上になっていないのだからこれで良い。薬は効いている。君は初期だからあえてゆるい薬にしている。」という事でした。でも1年以上も点眼続けているのに、一度も点眼前の眼圧にならないのに効いていると言えるのでしょうか?眼圧下がらなければ治療していないと同じ気がします。進行性かもしれないのにこんな悠長な事で大丈夫かすごく不安です。 

主治医は「気にしてストレスになるのがこの病気に一番悪い。何も考えるな。」と言うのが口ぐせで、あまり何も教えてくれません。進行性かもというのも自分で乳頭出血の事を調べてそう思っただけで主治医からは何も聞いていません。しかし今年1月の眼圧検査の時も「当初と何も変わりはない。右目もまだ発病していない。」と言っていましたが、不安になり別の眼科で検査しました。すると右目もすでに発病しており左右ともに視野欠損があるとの事でした。

主治医は私に気遣って悪い事を言わない事にしている様ですが、それがかえって疑心暗鬼になり、先生の言う事が信用出来ず、余計に不安になります。ものすごく恐い先生で患者も看護師もよく叱られています。治療の不満を言うなど絶対に出来そうにありません。ベテランの先生なので何か考えがあってニプラジロール一本にしぼっているのかとも思いますが、このままここで治療を続けるべきか他の眼科に移るべきか迷っています。良きアドバイスをお願いします。


後からの眼科が良いと思います。相談できない眼科、説明しない眼科に存在価値はありません。

視神経乳頭の出血の件ですが、「進行性」というよりも「進行している時に現れる所見」と言われています。正常眼圧緑内障では時々見られます。繰り返し発生する人は確かに少しは進行が早い気がしないでもないのですが、きちんと比較していないのでわかりません。

また時期のずれはあれども、両眼同じように進行する人が多いのですが、5年たっても10年たっても片眼だけという事もあります。正常眼圧緑内障も含めて原発性緑内障は原因がわかりませんので、その人その人によって治療方法を考えていくしかないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2017-08-22 16:46 | 緑内障