excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

視神経乳頭陥凹拡大と狭隅角


御相談させて下さい。視神経乳頭陥凹大と診断され再検査をし異常なしで、1年に1度の検査を受けてくださいと言われました。が、眼圧が21,20と高めなのが気になり心配性なので「もし、仮に私が緑内障になるとするならどのタイプの緑内障ですか」と聞いたところ「閉塞隅角緑内障です」と言われ、凄くショックでした。

というのも、私はメニエール病をもっておりトラベルミンやメイラックスを飲まずにはいられません。通常の緑内障の検査でそこまで分かるものなのでしょうか。それと、私の目が狭隅角ならば、今の視神経乳頭陥凹大の状態でトラベルミンを飲んで緑内障に繋がるということはないでしょうか。

主治医の先生に聞いても「薬との因果関係は分からないから、具合が悪いなら飲むしかないのだから、服用して1年後にどうなるかだね」とのことで不安で仕方ありません。

今回の眼圧の数値は人によってだから気にしなくてもいいと言いながら、予防の為に眼圧を下げる目薬をさす?自分で決めてと言われました。緑内障にもなってないのに先の心配ばかりして馬鹿みたいですが、よろしくお願い致します。ちなみに、両目が視神経乳頭陥凹大との診断でかなり大きいです。


かなり大きな視神経乳頭陥凹拡大で緑内障ではない。それは巨大乳頭でしょう。OCTで異常なしならばその程度の眼圧で点眼は不要でしょう。視神経乳頭陥凹拡大と、眼圧と、点眼の話はこれで終了です。

「閉塞隅角緑内障です」と言われたのなら狭隅角だと思われますが、通常の緑内障の検査で眼科医なら大体わかります。ほかの要素を含めて詳しく確認するなら隅角鏡を入れます。ただし、今まで抗コリン剤を服用してきて何ともなかったという事は、その程度のことで緑内障発作が起こるほど高度の狭隅角でないという事です。ただし今後も起こらないと保証は出来ません。

「服用して1年後」では無くて1時間後または数時間後ではないでしょうか。服用した翌日までに発作を起こしていなければ問題なし。それ以降は考える必要なしです。しかしもしかしたら、慢性閉塞隅角緑内障を疑っているのかもしれませんので、もう一度主治医に確認した方が良さそうですね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-31 12:32 | 緑内障

原田病か


左目の中心暗点(黄色から黒)、歪みを発症。一度中心性網膜症(CSC)と診断された直後、原田病の疑いありとして検査をしました。概ね次のような結果とその後の診察ですが、原田病の可能性は高いでしょうか。
・右目は症状なし。発熱、難聴等なし。
・左右とも脈絡膜が厚くなっている。
・左目のOTC結果による水ぶくれが、一つの山型でなく、三つの山が重なっているようになっている部分がある。
・蛍光造影剤画像で漏出がある(山型の画像に加えて、山の中腹から下向きにお椀のような点々が見られる)。
・頭部MRI異常なし。
・髄液はPT-INRが高く採取できず(ワーファリン服用)。
・白血球異常なし。
経過
・リンデロンを処方された後、左目中心暗点の暗さが薄くなっています。近くの文字等は見えませんが、遠くのものは影を通して見えるようになってきました。
・左目視力が低下(矯正後0.9→0.5)。近くの物の見え方が悪くなってきています。
・左目は発祥前より近視の度合いが少なくなった気がします(遠視化?)。元々両目とも-1.5程度の近視+老眼です。


OCTと蛍光眼底造影の所見からは原田病だと考えます。少し良くなってまた悪くなったような症状の変化ですね。近視の軽減、老眼の進行を感じるのは、網膜が前方へ移動しているのかもしれません。つまり剥離が大きくなったのではないかと推測されます。

十分な検査のできる病院で治療されていますので、そこに任せるのが良いと思うのですが、症状の悪化を感じたら遠慮なく予約外でも再診すべきです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-31 12:09 | 網膜・脈絡膜

飛蚊症の動く方向


3年前くらいから右目に白いモヤのようなものが現れました。白いモヤはごく薄く、飛蚊症の見え方に似ています。ただ、それは目の動きと反対に動きます。

症状はそれだけで、痛みも目の赤みもありません。ですが、目を動かすたびに動くので結構気になります。目を動かさないとモヤは現れず、普通にキレイに見えます。Webで調べましたが、この症状が見つけられませんでした。

お忙しいところ申し訳ございませんが何卒よろしくお願い申し上げます。


飛蚊症です。目の前にないものが目の前で動いているように見えますので、それを飛蚊症と言います。色んな原因で色んな見え方があります。

眼内にある濁り、おそらく硝子体膜の一部ではないでしょうか。

洗面器に水を張って、複数のごみを浮かべて、洗面器を少し回転させると、洗面器の縁の一点から見た場合、その点に近いごみと遠いごみは反対に動きます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-31 12:00 | 何かが見える

緑内障の進行の判断


前回も含め、いつも、親身に回答して下さり、ありがとうございます。「強い副作用はあるが、もっと眼圧をさげる薬」や「強度近視と遺伝」について、質問した現状初期と思われる正常眼圧緑内障の者です。本当に度々、質問をすみません。今回は、実は、ずっとあれこれ考えることがありまして、治療経過の件で質問したいのですが、

主治医の先生の総合的な判断では、このまま、今まで通り、キサラタン点眼で、様子を見るという事で、現在、多少副作用の眼の軽度の炎症があり、1度はそれを受け入れたものの、発覚当初(-何dかは不明)より、若干は、視野が進行していた事実が、、ショックで、やはり、目薬をもっと効果的な物を模索したり、等々しなくても、良いのかと、悩むようになってきました。

もちろん、自分は医師ではないので、最善の治療は医師に委ねるより、他は無いのですが、どういう風に考えて行けば良いのでしょう。

お忙しい中、申し訳ございませんが、お時間ある時に、宜しくお願いします。


どうお答えしていいのかよくわからないのですが、緑内障が進行しているかどうか、現在の点眼で大丈夫かどうか等の判断は眼科医にとっても非常に難しい問題なのです。

視野検査による進行の判断。前回の視野測定より悪化していれば、緑内障は進行していると判断してよいのか。自覚的な検査であるため、その時の体調や気分、検査に対する習熟度などによっても結果が変わります。また、視神経以外の要因、例えば白内障や硝子体混濁などの透光体の状態も影響します。瞳孔径や涙も影響します。

OCTによる進行の判断。神経線維層の厚みを測定しますので、視野より客観的に判断できます。但し、透光体の混濁などで写りが悪い場合、機械に判断を任せると悪化していると判断されてしまう事があり、眼科医の力量が試される検査でもあるのです。能力のある眼科医にとっては最強の武器ですが、そうでない者にとっては最悪かもしれません。

眼圧による進行の判断。点眼が効いているかの判断は出来そうですが、進行しているかどうかはわかりません。ノンコン(空気式)では参考程度にしかなりません。

これらを総合的に判断しながら、その都度治療を変化させたりしながら継続していくのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-31 11:58 | 緑内障

近視性眼底


先日、健康診断の眼底検査で緑内障性視神系乳頭の陥凹と近視性眼底の結果が出ました。

健康診断の受診後、結果が出る前に年に一度の眼科での緑内障検査と眼底検査をしてもらいましたが異常は無しでした。この後で、近視性眼底の所見が健康診断で出たのですが再度、眼科を受診した方がよいですか?


眼科で正しく診察が行われたのであれば、再診の必要ありません。健康診断と医療機関では、やっているレベルが全く違うはずです。

現在、緑内障にはなっていないということがわかれば十分です。近視性眼底は軽度の場合、眼科で説明することは少ないです。取り立てて言うほどのものではないのです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-30 12:04 | 緑内障

ワンデーコンタクトの再装着


普段、メガネですが月に5回くらいワンデーの使い捨てコンタクトレンズを使用していますが、たまにしか使わないので装着を失敗することがあります。

レンズにゴミがついていたようで痛い、レンズを装着したらまばたきの度にレンズが動いているかのように視界があわない?、触っているうちにレンズが曇ってしまったなどで、直ぐに外して新しいレンズを入れ直すと痛みやカスミなどなくキチンと見えており、定期的に眼科で受診もしているので問題はないようです。

ただセコイ話ですが装着失敗したワンデーコンタクトは入っていた液ですすいで使用はできませんか?一瞬入れたレンズを毎回捨てるのはもったいないような気がするので。


手垢等で汚れているようなら、液ですすぐだけで再利用しないでください。どうしても使うなら、ソフトコンタクト用の洗浄液で正しく洗浄すれば問題なく使えます。それをしないための使い捨てなのです。

レンズ装着に失敗してもレンズを汚さない工夫もできます。

レンズを入れる前に石鹸で洗顔します。汚れや化粧品などが目の周りに残らないように念入りに洗います。洗ったら顔はきれいなタオルで拭きます。次に手をブラシを使って石鹸で洗います。指紋の溝の奥の汚れも取り去るぐらいにブラシで十分こすってください。

石鹸を水で完全に洗い流し、タオルを使わず軽く水を切り、用意しておいたコンタクトレンズを指先にのせます。レンズが汚れたところに一切接触しないように装着します。どの指を使うとか細かい所は自分で工夫してください。タオルを使わないのがミソです。

水道水が少々目に入っても構いません。これなら失敗してもレンズはさほど汚れませんし、入っていた液ですすぐだけで再装着可能でしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-14 16:00 | コンタクト・めがね

視界のすみから現れるもの


振り向いた時に視界のすみから現れるものが近づいて来て見えたり、首を振ると視界の隅に見えるものがとても大げさに動いてみえる(早く動いてみえる)など、このような症状以外にも文章に表しにくい症状が現れました。

ですがそれらはどれも正面にまっすぐ見ているものが大げさ動いたりするのではなく、いずれも視界の端やピントのあっていない部分で見えます。勉強している時などは特に気になります。

もしかして一生このままなのではないかと考えると不安で押しつぶされそうです。なるべくはやく回答をお願いします。どうか宜しくお願いします。


眼内(硝子体内)にある濁りが動くのでしょうね。一生このままであればむしろ問題ないのですが、もしかしたら、網膜の端の方が剥がれそうになっているのかもしれません。

出来れば早い目に眼科で診察を受けることをお勧めします。


ご回答ありがとうございました。しかし、僕の説明が悪かったようでうまく伝わっていなかったようですね。もう1度詳しく説明します。

例えば自分の横に棒があって、その棒の方へ振り向くと、棒が近づいて(動いて)来て見えるということです。
それと正面を向いて歩いていると、真横にあるガードレールや柵などが上下に大袈裟に揺れて見えるようなことがあったり、目線のしたにペンがあったとして首を縦に振ると、ペンの一番端が曲がるような感じに動くように見えるようなことがあります。とにかく視界の端(上下左右)に違和感があって視界の端に見えてるものに圧迫されるような違和感を感じます。(意識しているから?)
これらの症状は他の目の症状で不安になって、周辺の視野を意識し始めてから起こるようになった気がします。それとこの症状を特に不安になった時や気にしている時はひどく症状が現れるような気がします。

これは不安になったことによる精神的なものなのでしょうか?それとも脳?ネットで調べたりしても該当する症状が見つかりません。説明し難いところがあって説明不足のとこがあるかもしれませんが足りないところがあれば、再度メールします。


錯覚でしょう。別の言い方をすると精神的なものでしょう。

でももし、網膜の周辺部だけが浮かんだ状態になれば、一時的にそのような見え方が起こっても不思議ではないような気がします。どうしても心配ならば、やはり眼科受診でしょう。


★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-08 17:18 | 何かが見える

本当に眼圧測定をしたのか


先日、「アレルギーと霰粒腫の関係 」で早速ご回答いただきありがとうございました。わかりやすいご説明で大変感謝しています。

さて、続けざまに申し訳ないのですが、今回「診療費請求明細書」をじっくり見てみて、ひとつ疑問に思ったことがありますので、また質問させてください。

検査内容についてですが、以下の三種類の検査が記載されています。
*スリットM(前眼部)
*精密眼底(両)
*精密眼圧

診察内容は、あごをのせる機械で光をあてて目をのぞき、マブタを裏返して観察、そのあと、「少ししみますよ」と言って黄色い目薬を点眼されました。

疑問点は、これで眼圧検査も行なったことになるのだろうか、ということです。というのは、風を眼にあてて検査するのが眼圧検査と認識しているためです。また、眼圧を診る、あるいは眼圧が正常云々というような説明もなかったためもあります。

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただければ幸いです。


その診察内容がすべてであれば、スリットM(前眼部)と処置の点眼だけです。

麻酔の点眼をした後、青い光を当てながら眼圧計の先が目に接触する検査をしたのなら、それが本当の精密眼圧検査です。

精密眼圧ということで一定の点数(現在82点、820円)で保険請求されるのは、
1.医師が麻酔の点眼をして、細隙灯に顎をのせて測る、ゴールドマンアプラネーション眼圧計
2.医師が麻酔の点眼をして、手持ちで測るアプラネーション眼圧計
3.医師が麻酔の点眼をして、手持ちで測るトノペン
4.医師または職員が手持ちで測るアイケア
5.職員が空気の出る機械で測るノンコン
などがあり、ゴールドマンアプラネーション眼圧計がすべての眼圧計の基準です。

ノンコンはあくまで簡易検査ですのでスクリーニングにしか使えません。ノンコンで緑内障診療をするなどもってのほか。医師免許返納に値する愚行だと個人的には考えています。「風を眼にあてて検査するのが眼圧検査と認識」されるようになってしまった背景には、どの検査も料金が同じということがあるのです。利益優先すれば当然そうなってしまいますね。

日本緑内障学会が「ゴールドマンでもノンコンでも緑内障診療をする上で差異は無い」と明言するまで、この主張は取り下げません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-07 12:51 | 眼科検査

強度近視と遺伝


両目が強度近視(-10D)で、両親とも、視力0.001(?)の近視です。

万が一、結婚となった場合、お相手も強度近視の場合、遺伝の影響で、子供は100%、軸性の強度近視になってしまうのでしょうか?

幼少時からの対策で、強度近視は防げますか?お忙しいと、存じますが、お手隙きな時に、宜しくお願いします。


確かに遺伝傾向がありますが、100%というわけではないと思います。

強度近視を防ぐ方法ですか。難しいですね。近くを見続けない。なるべく遠くを見ることぐらいでしょうか。

強度近視になったとしても、注意すれば重大な問題は回避できます。今はまだそこまで考える必要はないと思いますよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-07 12:07 | 視力・斜視

アレルギーと霰粒腫の関係


右目のマブタのしこりについてです。裸眼ですとほとんど違和感がありませんが、コンタクトレンズを装着していると圧迫感を感じることがあります。

日によって、あるいは時間によって圧迫が気にならなくなったりするので、できものが大きくなったり、小さくなったりしているように思えます。マブタは外見上特に腫れていません。二重の幅がわずかに広くなっているかな?という程度です。

年に一度程度行くA眼科ではアレルギーと診断されていますが、たまたま新しいB眼科に行ってみたら「霰粒腫」と診断され、完治するには切除しかないと言われましたが、相談してまずは薬で様子見となり、軽快したので切除はしませんでした。

今年はA眼科に行き、やはり「アレルギー」と言われました。たいていこの季節になるので、そうかな?とも思いますが、季節性とは限らない、また片目だけでもアレルギーになり得るとのことでした。どちらの眼科でもフルメトロンとクラビットが処方されました。今年はフルメトロンだけです。

ようやく質問ですが…「霰粒腫」と「アレルギー」の違いは何でしょうか。「アレルギー」から「霰粒腫」になるということでしょうか。また「霰粒腫」の場合、どの程度で手術の必要があるのでしょうか。

A眼科では聞きにくかったので、こちらで質問させていただきます。よろしくお願いいたします。


そのような基本的なことの説明のない眼科があるのでしょうか。困ったものです。

アレルギーというのはアレルギー性結膜炎のことですね。空気中の埃や花粉などが目に入って、結膜(白目と瞼の裏)でアレルギー反応を起こし、炎症を起こします。痒くなったり、充血したり、目やにが出たり、疲れた感じがしたり、涙っぽくなったり、乾燥感が起こったり、痒くはないが目が気になったりと、様々な症状を起こします。

霰粒腫というのは、瞼の縁に並んでいるマイボーム腺の開口部の穴から細菌が侵入し、奥の方でしこりを作るものです。アレルギー性結膜炎で目をこすっている人は起こしやすいのです。また、目立たない小さなしこりは普通は放置しますが、それが眼球を圧迫することもあり得なくはないです。

ですからあなたの目は、アレルギー性結膜炎があって、目を触ることで細菌に感染し、霰粒腫を作ってしまったのです。アレルギーが原因で霰粒腫が結果です。手術をするのは、大きくなって皮膚の側に破裂する可能性のある場合はもちろん、小さくても本人が希望するなら可能と思いますが、現在の程度なら手術は出来ないでしょう。

ところで二軒の眼科では診断が違うのに同じ処方なのですね。何にでもクラビットとフルメトロンを出す眼科が多く、情けない風潮です。抗アレルギー剤が何種類もあるのに知らないのだろうかと疑いたくなります。まあ「何にでも効く処方」と言えなくもないですので、間違いとは言い切れませんが・・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-07-04 15:48 | アレルギー