excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

補色残像談義

何通ものメールをいただき、回答する前に次のメールが来る状態でしたので、まとめて順番に回答をつけていきます。


先日は補色残像の件でお答えいただきありがとうございました。先生には感謝しております。もう少しお答えをお聞きしたいのですが
前回も書きましたがよくネットでこのように、白い所《画面》をみると見えるという表現があります。それは、白はすべての波長が青、赤、緑の波長がまざっているから、白い所をみると見えると表現されている内容が多いのです。http://www.k4.dion.ne.jp/~soilshop/labo/labo%20opticalillucion.html
でも、白い所《画面》をみなくても普段の生活の中で見えるのに、どうしてこういう風に書かれているのでしょうか?白は見えやすいから?わかりやすいから?という理由でしょうか。?


そのページはわかりやすいですね。実際には眼科医でも理解不可能な複雑なシステムなのですが、よくまとまっていると思います。白い所と表現するのは単に見えやすいからでしょう。別の言い方をすると、白はすべての波長(青、赤、緑)がまざっているからでしょう。白以外では、条件によって見えなかったりしますので。


あと、太陽《反射も含む》を見たあと、色が変化する理由はわかったのですが、太陽は七色の光を含むので、そんなに色が変わるのですか?赤をみたら青緑に見えるなど、この色ならこの色とだいたいきまっていますが、、《でも青緑もしかしたら多少変化してるのか?》太陽や強い白色電気の場合だけ変化するのでしょうか?


太陽光が7色の光を含んでいるわけではありません。あらゆる波長の電磁波を放出していますが、可視光を人間の目で見ると、大体7色に分かれるだけです。その太陽光も時間や気象条件によって変わります。また、残像の色の変化は、太陽光などに限らず常に起こっているはずですが、気が付かないだけです。


あと、太陽の場合、目を閉じた状態と開けた状態で残像の色が変わります。そのときの光の量が違うからなのでしょうか?
でも、太陽だけではなく、赤をみたあとに青緑に見えるというのも、もしかしたら、目を開けたときと閉じたときでは、色が変わっているのでしょうか?
質問だらけでごめんなさい。河野先生を本当に頼りにしてしまっています。たぶん、他ではわからないと思うんです。もしよかったら、おしえてください。


残像の色が同じでも、そのバックの色が透過して見えますので、当然違って見えます。赤いセロファンでもバックが白の時と青の時では違って見えますよね。


すみません、教えてください。また補色残像のことですが、普段、生活しているとき、色々な色がいっぺんに目に写っているじゃないですか。その場合、赤、青、緑に反応する目の錐体の神経は全てに常に反応していることになるんですよねぇ?なので、補色残像は、赤なら赤を見続けた場合、赤に反応する神経が疲れてくるから青緑が見えてくるというけど、色んな色がいっぺんに見えている場合、どうなってしまうんでしょうか?赤、青、緑に反応するする目の錐体の神経は全部、常に使っていることになるので、すべてが疲れている状態じゃないですか?ごめんなさい、意味がわからないですよね。


日常生活では、いろんな色がいっぺんに目に写るようなことはありません。いろんな色が見えている時というのは、赤の部分もあれば青の部分もあるという事ですので、神経細胞単位で見ると働いている細胞もあれば休んでいる細胞もあるという事になります。錐体の細胞全てが反応するのは、視界が真っ白の時です。例えばカメラのストロボを目にくっつけて発光させたら、その瞬間視界は完全に真っ白になり、次の瞬間には真っ黒になるはずです。


あと、光が強い場合は短時間でも補色残像が見えやすいのはわかりますが、光が強くなくてもすぐ見えるときもあります。寝起きとか。あと、白と黒などの組み合わせのものとか、色の差がハッキリしているものがわかりやすいのでしょうか?
やはり、まだ見えることにこだわってしまっています。気付く前の無意識に過ごしていたころに戻りたいくらいです。


寝起きは視細胞が敏感なのです。色の組み合わせはその通りです。
無意識に過ごすよりずっと楽しいと思いますよ。



以前、補色残像の件で相談させていただきお答えをもらいありがとうございました。
その時の回答でちょっと気になることがありまた質問させていただきました。携帯で長い文章を読んでいるとき、行と行の間が黒く見えることですが、〔携帯は光りを放ってるから見えるのか?それも気になります。〕、それは錯視とお答えいただいたのですが、画面から視線を外してみると、シマシマの残像が見えるんです。なので、これも補色残像なのでは?と思うのですが、違うのでしょうか?残像と補色残像は同じなのか違うのかもよくわかりませんが、
画面から目を外すと、シマシマの残像がたしかに見えるんです。
すごく気になるので、よかったら、もう少し教えて欲しいです。
本当はそちらにいきたいのですがこちら遠くていけれず、断念していますが、河野先生のお答えは本当に素晴らしいのでぜひお答えいただきたいのです。宜しくお願い致します。


狭義の残像とは補色残像のことですが、広義には運動残像とか時間残像を含めたものです。ところが運動残像や時間残像は錯視のひとつとも考えられます。ややこしいですね。ご心配の症状は、残像と錯視の混じった物じゃないでしょうか。

決して診察には来ないでください。ざっと診察して「異常ありません。気にしないように」という答になってしまうはずです。このブログのような説明をしていたら、待合室の患者さんにどれだけ迷惑がかかることやら。


もう1つ質問お願い致します。私が気にしている補色残像は、生まれたときからある機能なんですよね? 最近気付いてしまったのですが、子供の頃から見えていたんですよね、おそらく。。。ただ、意識をしていなかったから気づかなかっただけですよね?


その通りです。


すみません、補色残像のことでまた教えてほしいです。
たとえば、黄緑の四角の絵の中に白い丸の絵があるとすると、補色残像がピンクっぽい四角の中に反対色の黒の丸がみえるはずなのに、ピンクっぽい四角の中に黄緑の丸が見えるんです。それはなぜなんでしょうか?
最初見ていた黄緑の四角の色が影響するから?なのでしょうか?教えてください。


初めに見た色が完全な白ではなく、また、その補色残像である「黒っぽい透過色」ごしに白を見たら、黄緑っぽくなってもおかしくありません。周りの四角の色も影響するでしょう。


すみません、教えてください。強い光を見たあとすぐに残像が見えるのはわかるのですが、光でもなく、普通にあるもの〔エレベーターのボタンや文字〕などでも、じーっと見つめているわけではないのに、短時間で残像がみえるものがあります。色がはっきりしているほうがみえやすいとは思いますが、光を放っていないのに、短時間でも見えるのはなぜでしょうか?ぜひ、教えていただきたいです。


黒以外で見えるものはすべて光を発しています。発光していなくても反射しています。反射光だと感じなくても、その物体の表面で太陽光や照明が反射して、その光が目に達するから見えるのです。もちろん透明な物体は透過光でも見えます。弱い光でも残像は起こっているはずですが、多くの人は気が付かないのです。目の状態、心理状態、周りの明るさ、色の組み合わせ、コントラスト、等々の条件がそろった場合に見えるのです。

申し訳ありません。補色残像関連のことはもう言い尽くしたと思います。臨床医は研究者と違いますのでこれ以上のことはわかりません。あとは専門書などを入手されてご自分で勉強してみてください。診療関連で多忙なこともあり、この件についてこれ以上の回答は控えさせていただきます。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-06-06 18:40 | 何かが見える

灯りの中の動く泡


近眼、乱視、飛蚊症持ちです。普段は眼鏡をかけています。たまたまベランダに裸眼で出たとき遠くのマンションの灯り(街頭のような灯りが4個並んでいます)を見たら灯りの光の中にたくさんの泡が動くのが見えました。同じ状態のものが4個の光全てに見え、両目で同じ状態でした。

慌てて眼鏡をかけて見たら泡は見えませんでしたが、裸眼で見るとやはり泡が見えます。

先週、眼底検査をして異常はありませんでしたが、この状態は大丈夫でしょうか?心配です。


ピントの合わない状態で光点を見ると、面積のある円形の灯りに見えます。カメラでも同様のことが起こります。カメラの場合は六角の絞りなら六角形に写ります。人間の瞳孔は丸いですので円形です。

その中に見える移動する丸いものは、角膜表面を移動する涙の中の油滴です。眼鏡をかけてピントが合えば、光点になりますので、灯りの面積は無くなり、その中の油滴は見えなくなります。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-06-06 08:53 | 何かが見える

強度近視とは言えません


最近、初期緑内障と診断されました。小学校低学年時より近視。高校卒業までに近視の進行は止まりました。両目ともに、-7ジオプター台なのだと思います。

家族歴を眼科医に伝えると、「それならOCTを撮っておこう」とのこと。すると、赤い部分が多く映し出されました。ちなみに、眼圧は両目ともに16~17ほど。視神経乳頭陥凹もあるとのことでした。

その画像を見て、「強度近視特有の視神経の薄さがある。それ以外に、緑内障特有の視神経の薄さも出ている。これはかなり薄くなってるね~~。赤い部分は平均より視神経が少ない、危険な状態ってことですよ。この画像を見る限り、あなたも緑内障ですよ」と眼科医は言いました。加えて、以下のことを言われました。

「あなたの近視はかなり、相当強い。危ないですよ。網膜剥離などおこしやすい。他にも、近視性の黄斑変性とか、眼球が変形する病気(後部ぶどう腫などのことではないかと推測…)とかいろいろリスクがあるんですよ」

近視の人に網膜剥離が多いのは知っていましたが…。他のリスクも高いとは知らず、頭が真っ白になりました。

その後、勧められるがまま、2週間後に視野検査をしたところ、視野欠損はなし。「視野欠損はないが、OCTを見ると初期緑内障と言っていいでしょう。でも視野欠損はないから点眼はまだいらないかな…。来月また来てください。眼圧とOCTを撮ります。データを溜めて、視野欠損が進まなくても、画像が悪化するようなら点眼も考えるべき」

呆然としながらも、なんとか気を取り直し、「緑内障って、失明もありうる病気ですよね。私まだ若いんですけど、その分、失明の確率は高いんですか?」と質問しましたが、「うーん、そうならないようにしないといけないんだけどね!また来月きてください」と、なんとも煮え切らない返事でした…。

そこで質問です。

1. この眼科では初期緑内障と診断されました。しかし私は年齢も若く、強度近視。色んな眼病のリスクが高い目なのだとしたら、早めにセカンドオピニオンなどを求めたほうがいいのでしょうか。

2.私の近視の強さだと、網膜剥離、黄斑変性、後部ぶどう腫など、どんどん起こしてしまうんでしょうか…。

3. 強度近視は網膜が人より薄いと言われます。若くて強度近視だと、緑内障の進みも早くなりますか?

お忙しい中、大変申し訳ございませんが、回答を頂けると本当にありがたいです。よろしくお願い申し上げます


1.セカンドオピニオンというか別の眼科で診察を受けてみるのも良いと思います。ただし、「後医は名医」という言葉があり、後から診察した医師の結論が自分の希望する結論に近い場合、そちらを信用してしまうという事があります。それで治療の機会を失ってしまうようなことが無いよう注意が必要です。

2.いいえ。この程度の近視は強度近視とは言えませんし、そんなものがどんどん起こったりしません。

3.おそらくその通りでしょう。しかし、緑内障の進行の度合いなんて千差万別ですので、「こういう人は必ずこうなる」ということが全く言えません。判断能力の高い医師に状況を判断してもらいながら、治療を継続していくしかないでしょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-06-05 15:58 | 緑内障

強い副作用はあるが、もっと眼圧をさげる薬


3年前に初期の緑内障が発覚し、現在上部の端がうっすらとお碗がかかるように、三日月状にかけています。

本当にうっすらとなので、広範囲(もしかして30-2以上の広い範囲?直近の近場の眼科では視野は正常でグレーの判定だったので)の視野検査で判明し、キサラタン点眼を続けていますが、最近、若干、悪化していると言われました。

キサラタン点眼の効果も、当初は眼圧10位→12、13となり、現在は眼圧は上がっています。その事で不安を口にすると、強い副作用はあるが、もっと眼圧をさげる薬にするか?このままの点眼で、様子を見るか?と言われました。

自分自身、なにげなく結果を聞いて、若干でも、進行してると言われ、そうでなくても動揺してたので、ひとまず考えます、としか言えませんでしたが、どういう風に今後考えて行けばいいでしょう。

60、70の歳なら余命も考慮して、若干の進行も、考えられますが、まだ、年齢的にも、また、治療が始まってそんなに年数が経ってないのに、不安でいっぱいです。

あと、OCTは、赤い所だけで、今後それで目は持つのでしょうか?その割には、視野欠損があまり無いように感じます。数年前のOCT画像を持ってますが、赤い部分が多く不安です。

長文、申し訳ございませんが、お時間ある時に宜しくお願いします。


OCT拝見しました。網膜神経線維層が全体に薄いようですね。典型的な緑内障の視神経ならはっきりとした視野変化が現れるのですが、このように満遍なく薄くなっている場合は、ほとんど視野に変化を起こしません。緑内障かどうか判断に迷うタイプです。

検査で悪化しているのが確かならば、点眼を変更しても良いかもしれません。点眼の種類や回数を増やさない方法での変更が良いと思います。同系統別薬剤なら、タプロスやトラバタンズがありますし、同じ点眼回数の別系統の薬剤ならチモプトールXE、ミケランLA、ミロルなどがあります。2種の点眼の合剤もあります。

「強い副作用はあるが、もっと眼圧をさげる薬」と言われたようですが、キサラタン自体強い副作用のある薬ですし、副作用は強い弱いだけのものではありません。やってみないとわからないと考えた方が良いでしょう。緑内障の点眼は、非常に種類が多いです。いろいろ試してみて最適なものを見つけていくしかないのです。

最大5種類ぐらいの点眼を使う場合もあり、それでも進行するようなら手術という事になりますが、手術の方法も最近はかなり進歩していますよ。まあ、まだ手術を考えるのは早すぎますね。

今後も長期に付き合っていくしかないものですので、あまり深刻にならないようにしましょう。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-06-05 15:18 | 緑内障

大丈夫でしょう


幼い頃から、片目を隠すと視界に大きめの黒い円がでてきてその周りも黒っぽくなっていきます。また、暗闇で片目でいると視野全体が真っ暗になっていきました。両目で見ている何もないのですが… この症状は大丈夫でしょうか。


大丈夫でしょう。昔から症状があって、現在も何ともないのですから。

大きめの黒い円は隠した目の見ているものではないのですか。暗闇で・・は意味が分かりませんが・・・

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-06-02 14:33 | 何かが見える

「あるある」


小学生のころ飛蚊症で悩み、すごく不安になりました。眼科で診断したところ、大丈夫だと先生に言われました。

それからしばらくして、小さい光がひとりでに飛び回っているようなものが見えるという、飛蚊症とは全く違う症状が現れました。これも不安になり眼科で見てもらいましたが、異常なしでした。

それからたくさんの症状が増えていきました。薄暗いところで動いてるものに白っぽい残像のようなものが見えたり、周辺視野にあるシミや黒っぽいものが震えたり、暗闇でスマートフォン揺らすと、それにつられたかのように周辺視野にある光が揺れたり…などなど(片目でも、両目でも同じ)。これらの症状も眼科で診断してもらいましたが、異常はなく、あまり気にしないようにとだけ言われました。

でも、これからもこんな症状が増えていくのではないかと不安で不安でたまらなく、心配すれば心配するほど、不安になれば不安になるほど、症状が悪化していくような気がします。脳に異常があるのでしょうか?眼科とは違う病院へ行ったほうがいいのでしょうか?今も不安でたまりません。教えてください。僕は大丈夫なんでしょうか?


大丈夫です。それらの症状は、多くの人が「あるある」というような症状です。

専門家に診てもらって大丈夫と言われたのに、それでも不安なのですね。それは、何故そういった症状が現れたのかを医師から説明されていないためですね。しかしそれも無理からぬことで、大丈夫だが原因がわからない症状というものが限りなくあるからなのです。さらに、症状を完璧に医師に伝えることも至難の業ですので、状況を正確に把握できない医師からすれば、説明したくても説明できないのです。

脳に異常があるわけではありません。しかし、診察を受けて大丈夫だと言われて、不安が解消されるべきところで余計に不安を募らせるのは、精神的な問題があるのかもしれませんね。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-06-02 14:28 | 何かが見える

ドックの眼底検査で・・・


母が人間ドックの眼底検査で検査員に右目に対して「あー!何これ~わあー」とか「右目正常に見えてますか?異常はないですか?」などその場で言われ、それに対して母が「え?なんでしょう~白内障とか緑内障とか?でしょうか?」と聞き返しても「そんなんじゃない!何だろー」ととてもびっくりした様子だっと言います。

これだけの情報で眼科のお医者様は何を感じますか?もちろんわかる程度で良いのでお聞かせ願います。検査医が声に出して慌てるなんて患者としても動揺します。よろしくお願いします。


クイズのような質問は困るのですが、何を感じるかと言われれば、急いで眼科受診するのが良いと感じることでしょうか。

目の病気は様々で、眼科医でなければそのように声を上げてしまうような病気もあるのでしょうね。ここで病名を推測して言ったとして、それで受診を躊躇するようなことがあると大変ですので、とにかく早く受診するよう段取りしてください。健診の報告を待つ必要はありません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-06-02 14:24 | その他の疾患