excitemusic

河野眼科ホームページに寄せられた目に関する質問や相談にお答えするページです。なお、コメントを付けることはできません。河野眼科ホームページからお願いします。
by kounoganka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

よくある残像


朝目覚めて、目を開け、瞬きをすると、黒い点が数個見えます。

黒と緑の混ざったような色です。それが2分ほどつづき、そのあとは見えません。左右どちらの目かは確認していません。黒い点は、飛蚊症のうごきとは違い、目の動きにつれて動くことはありません。以前からかなり多くの飛蚊症が見えていますが、今のところ増えた感じはありません。

何が見えているのでしょうか。このまま様子を見ていて大丈夫でしょうか。


目覚めて一瞬ちらっと見えた光の残像ではないでしょうか。状況によってはよくあることです。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-03-19 12:37 | 何かが見える

鈍感になりましょう


目の調子が悪く眼科を受診しました。飛蚊症と光視症があるとのことで治療の必要はないとのことでした。その後、頭痛の前にギザギザした光が見え、眼科を受診し、偏頭痛によるものだと言われました。それから、目のことが常に気になって仕方ありません。

1、目を閉じると指紋のようなものが見えるのですが誰にでもあることですか?
2.また、日中、特に暗闇で、目全体にうっすら斜線/////みたいなものが一瞬見えるような気がするのですが精神的なものなのでしょうか?

説明が下手ですが、指にはじっくりみたら指紋が見えますが、物体に線がないのに一瞬見えるような気がします。すでに3回眼科を受診しているのですが、この2点の症状についても受診する必要はありますか?

大変お手数ですか、ご回答いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。


人間の目は完璧なカメラではありません。涙の濁り、角膜の濁り、房水の濁り、水晶体の濁り、硝子体の濁りや、それぞれの境目での屈折や乱反射や回折などで不可解なものが見えて当然なのです。通常、そういった見えて当然のものは、見ようとする対象でないため、脳が抑制して見えなくされているのです。

そんなものは一切見えないという人は、単に鈍感なだけなのです。見えているのに脳が抑制して意識していないのです。もっと鈍感になっても大丈夫ですよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-03-19 12:36 | 何かが見える

オートレフの度数の意味


コンタクトを作りに眼科に行った時に、気球を見る機械?で計った近視度数が右-9D、左-7Dでした。ただ、いつも使っているコンタクトの度数は右-6.5D、左-5.25Dで1.2見えます。

医師に聞いてみると、機械で計っただけだからね、コンタクトの度数できちんと視力が出ているから大丈夫だよと言われ、度数の違いについてはあまりはっきりとした回答をいただけませんでした。このようにズレが生じることはよくあることですか?

6.5も9も強い近視であることは理解していますが、今まで、自分の近視は強度近視の入り口くらい?と勝手に思っていた部分があったので、ちょっとショックで…。また、こんなに強い近視でも、将来目の病気にならない可能性はあるんでしょうか。失明するんじゃないかという不安に押し潰されそうになっています。


気球を見る機械はオートレフラクトメーター、通称オートレフです。目の屈折度数を測定します。近視や遠視や乱視を計ります。できるだけ遠くを見た状態で計らなければ近視が強く測定されてしまいます。遠くにある気球を見るというイメージを持つことで、それを防いでいます。

オートレフの測定値は「この度数よりも強い度数の近視ではない」という意味を持っています。-9Dと出たならば、それより強くないという事しか判らないのです。本当は-8かもしれませんし-7かもしれません。

また、オートレフの-9Dが正確な度数だったとしても、それは目から12ミリ離れたレンズの度数であって、角膜に乗っているコンタクトに換算すると-8.12Dになるのです。その目にできる範囲で緩い度数を入れたら、-6.5が最適だったというだけです。

「こんなに強い近視」でもありませんし「不安に押し潰されそうにな」るなんてことは普通は考えられませんよ。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-03-19 12:34 | 眼科検査

角膜炎で視力低下


1ヵ月ほど前に左目が角膜炎にかかり、黒目が濁る様になりました。その時は曇りガラスの中にいる様でほとんど見えませんでした。

3週間程、通院と目薬をさしていく内に濁りが小さくなり徐々に見える様になりました。ですがそこから濁りの大きさは変わらず視力も低下(1.5から0.1)したままです。

このまま濁りと視力低下は続くのでしょうか?主治医の先生に聞いても「今は何とも言えない」との事で・・。濁りが小さくなり黒目にかからなくなっただけでもマシなのでしょうか?宜しくお願い致します。


何が原因の角膜炎でしょうか。感染性のものでしょうか。細菌ですか。それともヘルペスウイルス。カビやアメーバでしょうか。カラコンが原因ですか。免疫反応などの非感染性のものですか。全く原因不明でしょうか。「角膜炎」といっても列挙しきれないほどの種類があり、この程度の情報ではアドバイスは到底無理なのです。

主治医にどれほどの能力があり、どういう方針で治療をしているのか伺い知ることはできませんが、「今は何とも言えない」と言うだけで、病気についての説明が無いのなら、別の眼科を受診した方が良いかもしれません。

★ご質問は河野眼科ホームページから
by kounoganka | 2016-03-01 11:25 | 角膜・結膜